Screenshot01Screenshot02

ひとつのデータ・フレームを作成すればいいだろう.

合計行は後で考えることのして,

Screenshot01Screenshot02




まず,各列を編集し,それらを束ねてデータフレームDFを作成して,
最後に日本語の列名をセットする.

このデータを表示すると,表形式になっているので,これをLaTeX形式に変換して画面表示させる.

ライブラリxtableを呼び出して関数xtable()を使う.
画面表示データをテキストファイルに出力する関数がsink(”ファイル名”)で,使い終わったらsink()で終了処理を行う.
***
library(xtable)
sink("/home/ti5942/R/WD/tex/度数分布表.table")
xtable(DF,caption = "度数分布表")
sink()
***

こんな感じである.これで,captionは表の下につけられる.表の上につけるには直接TeXコードを修正するしかないかも...

注意.tikzpicture環境はフロート環境(table環境,figure環境)内に入れることはできるが,tikzpicture環境内にフロート環境を入れることはNGなんだが...
standaloneクラスならミニページ環境にフロート環境(table環境,figure環境)を入れることでtikzpicture環境のノードに入れることができます.(previewパッケージはNG)

standaloneクラスはOKで,previewパッケージはNG
Screenshot01Screenshot02

ミニページ環境を外すとどちらもエラーになる
Screenshot01Screenshot02

table環境を外す,すなわちtabular環境ならどちらもOK
Screenshot01Screenshot02


さて,カッコつきは扱いにくいので,パーセント表示(百分率)は別の列にして書き直す.
ついでにF列以外は数字項目にした
Screenshot01

Screenshot01
ありゃ,「以上」「未満」「階級値」を整数表示にしたいんだけど...

Screenshot01

これでいいのかなあ?

Screenshot01

おお,なんか見えてきたぞ\(^o^)/