Screenshot01Screenshot02Screenshot03

・読み込めるテキストファイルのデータ形式
共通で読める形式は2つの数の組でセパレートは空白(space)
なお,plot fileでは先頭文字が#, % の行はコメント行ですが,DataVisualizationでは,#はエラーになる...

例えば,
# ではDVがエラーになるが...
Screenshot01Screenshot02Screenshot03






% のときは正常に完了します.
Screenshot01Screenshot02Screenshot03






【Data Visualization】

折れ線(line),曲線(smooth line),マークのみ(scatter)の3種類あり,座標も2種類(school box axes,scientific axes)自動でつけられる.
マーク付き折れ線のような重ね描きもできる.
Screenshot01Screenshot02Screenshot03

Screenshot01Screenshot02Screenshot03

また,座標軸のみの表示もできる.
Screenshot01


【plot file】

・指定なし→折れ線グラフ,マーク指定,マークのみ指定でDVと同じ形状のグラフが描ける
Screenshot01Screenshot02Screenshot03

Screenshot01Screenshot03


・座標軸等を描くのはちょっと面倒なので,DVの座標軸に重ね書きする.単位長さを一致させることが重要.
Screenshot01

x axis={ticks ={step=10},length=10cm,include value=100,label},

school book axesでは,原点を含めるので

x軸が0から100までで長さ10cmとるので1単位0.1cm

(もし100を含まなければ,xの最大値90で10cmだから1単位10/90cmで誤差がでる.)

だから


\begin{scope}[x=0.1cm]

【棒グラフ(ybar)を描こう!】

棒グラフとヒストグラム


Screenshot01Screenshot02