脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

カテゴリ : EDUbuntu

screenshot1
****
\documentclass[a4paper,11pt]{article}
% 日本語関係
\usepackage{myjapanese}
% 画像関係
\usepackage{pdfpages}
\usepackage{wrapfig}% 2010/10/26 追加

\title{\XeLaTeX{} 勉強のすすめ}
\author{初心者の写し}
\date{2010年10月25日}

\begin{document}
****

本文は
screenshot1
****
\paragraph*{力石}
私は兵庫県西宮市の北西部、六甲山系に連なる山の麓の丘陵地帯に住んでいる。
\begin{wrapfigure}{l}{5cm}
\includegraphics[width=5cm]{tikaraisi.jpeg}
\end{wrapfigure}

昔は田畑の広がる農村であった。つい二、三十年前はまだ狐や狸もいた。ここに越木岩(こしきいわ)神社という古い神社がある。

この越木岩神社の鳥居をくぐると左手に「力石」という大きな石が置いてある。江戸時代、この辺りの村ではこの力石を持ちあげるとはじめて一人前と認められ、耕す畑などが割り当てられたそうである。かつてはどんな社会も一人前として認められる関門があった。

江戸時代は
****

原本は
screenshot1
なのだが。。。
HTML版では
screenshot1


なお、画像は原本のPDFをEvinceで開き、「画像を別名で保存。。。」で保存した。
screenshot1


****
あれ?
EDUbuntuのEvinceでは、セクション名の日本語が出ないな?
今夜の課題だな。。。

myjapanese.styを以下のようにしました。
****
% myjapanese.sty
\RequirePackage{xltxtra}
% フォント設定
\setmainfont[RawFeature=-palt,BoldFont=TakaoExゴシック]{TakaoEx明朝}
\setsansfont[RawFeature=-palt]{TakaoExゴシック}
\setmonofont[RawFeature=-palt]{TakaoExゴシック}
% 日本語を含む段落を行分割するための設定
\XeTeXlinebreaklocale "ja"
\XeTeXlinebreakskip=0pt plus 1pt minus 0.1pt
\XeTeXlinebreakpenalty=0
% 半角分戻る
\def\<{\@ifstar{\zx@hwback\nobreak}{\zx@hwback\relax}}
\def\zx@hwback#1{\leavevmode#1\hskip-.5em\relax}
% 簡易レイアウト設定
\RequirePackage[scale=0.8]{geometry}
\RequirePackage{indentfirst}
\RequirePackage{setspace}
\setstretch{1.3}
\parindent=1em
% EOF
****
エディタはKile、入力メソッドはanthy(m17n)

まずは、どんな出来になるか見てみたいので、既存のものの写しをとることにします。
写しなのだが、コピペは使わないようにします。

写しの見本は青空学園数学科玄関 :にある

勉強のすすめ:

です。PDFファイルもあるので、比較ができますからね。

screenshot1screenshot2




screenshot1
これを選んだら
screenshot1
****
\documentclass[a4paper,10pt]{article}
%\documentclass[a4paper,10pt]{scrartcl}

\usepackage{xltxtra}

\setromanfont[Mapping=tex-text]{Linux Libertine O}
% \setsansfont[Mapping=tex-text]{DejaVu Sans}
% \setmonofont[Mapping=tex-text]{DejaVu Sans Mono}

\title{}
\author{}
\date{}

\begin{document}
\maketitle

\end{document}

****
EDUbuntuのフォントに「Linux Libertine O」は入っていませんが、「DejaVu Sans」および「DejaVu Sans Mono」は入っています。
また、「DejaVu Serif」というのも入っています。
そこで、ソースを以下のようにしました。

****
\documentclass[a4paper,12pt]{article}
%\documentclass[a4paper,10pt]{scrartcl}

%\usepackage{xltxtra}

%\setromanfont[Mapping=tex-text]{Linux Libertine O}
\usepackage{myjapanese}
 \newfontfamily\enrm[Mapping=tex-text]{DejaVu Serif}
 \newfontfamily\ensf[Mapping=tex-text]{DejaVu Sans}
 \newfontfamily\entt[Mapping=tex-text]{DejaVu Sans Mono}

\title{\XeLaTeX{} 入力テスト}
\author{匿名希望}
\date{}

\begin{document}
\maketitle

English日本語%
\enrm{English}\rm{日本語}
\end{document}

****
結果は
screenshot1

いろいろと試してみたいですね。

あれ?
myjapaneseにやっぱり以下を追加しようか?
\newfontfamily\engrm[Mapping=tex-text]{Times New Roman}
\newfontfamily\engsf[Mapping=tex-text,Scale=0.92]{Arial}


インプットメソッドがAnthyのとき
Kileでは
screenshot1screenshot2
確定すると入力文字が消えてしまいます。。。
そこで、Anthyのアイコンの王冠をクリックして、インプットメソッドをanthy(m17n)に変更
screenshot1screenshot2

操作方法を調べないといけないのだが、そこは適当にΣ(´д`;)
screenshot1screenshot2

screenshot3
入力することができました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

しおりを付けるだけなら、
\usepackage{xltxtra}
\setmainfont[Mapping=tex-text]{TakaoEx明朝}
だけでいいとおもうのだが。。。

長めの文になると、段落の折り返しができないとか、字下げが一文字ではないとか不都合なことがあるみたい。

そこで、結局、次を参考。。。
XeLaTeX で日本語する件について [電脳世界の奥底にて]:

screenshot1

なんか、面倒そう(´−д−;`)

まあ、初心者だからな。。。。欧文フォントは考えないことにした。

****
% myjapanese.sty
\RequirePackage{xltxtra}
% フォント設定
\setmainfont[RawFeature=-palt,Scale=0.92,BoldFont=TakaoExゴシック]{TakaoEx明朝}
\setsansfont[RawFeature=-palt,Scale=0.92]{TakaoExゴシック}
\setmonofont[RawFeature=-palt]{TakaoExゴシック}
% 日本語を含む段落を行分割するための設定
\XeTeXlinebreaklocale "ja"
\XeTeXlinebreakskip=0pt plus 1pt minus 0.1pt
\XeTeXlinebreakpenalty=0
% 半角分戻る
\def\<{\@ifstar{\zx@hwback\nobreak}{\zx@hwback\relax}}
\def\zx@hwback#1{\leavevmode#1\hskip-.5em\relax}
% 簡易レイアウト設定
\RequirePackage[scale=0.8]{geometry}
\RequirePackage{indentfirst}
\RequirePackage{setspace}
\setstretch{1.3}
\parindent=1em
% 後は名前定義を適当に
\def\contentsname{目次}
\def\listfigurename{図目次}
\def\listtablename{表目次}
\def\refname{参考文献}
\def\bibname{参考文献}
\def\indexname{索引}
\def\appendixname{付録}
% EOF

****
このファイルの置き場所だが、簡単なところでソースと同じフォルダに入れました。

とりあえず、この設定でやっていきます。

ああ、それでも注意事項がありますね。
screenshot1
****
行末の扱い:XeLaTeX では「欧文文字」と「和文文字」の区別をしないので、 日本語文字の後にある改行も空白として解釈される (pLaTeX ではこのような改行は無視される)。 従って、ここで空白が不必要な場合は % で改行を無効化する必要がある。
****

例。
screenshot1screenshot2

ありゃ、拡大したほうがわかりやすいと思ったのだが。。。
screenshot1screenshot2

screenshot1

使い方は。。。
新しい TeX ドキュメント制作環境 TeXworks の紹介 - がべこれログ - Garbage Collection Log:

screenshot1

****

TeXworks のエディタは、LaTeX コマンドの補完機能が備わっています。

コマンドを途中まで入力してタブキーを押すと、コマンドの補完候補が順次表示されます。

****


私だけかもしれないが、UbuntuのKileでは日本語変換後の文字が入らないからなあ。。。
geditは、少し鬱陶しいところもあるし。。。

初心に戻ってやるには、これがいいかも?(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


このページのトップヘ