脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

カテゴリ : xeCJK を含む記事

機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

1.texmf.cnf
texmf-dist/web2c内のtexmf.cnfを/sdcard/texlive 直下にコピーし、TEXMFROOTをtexmf-distのあるディレクトリに変更する。(必須)

2.ls-R
ルートなしAndroidでは、ウィンドウズ同様ls-Rファイルはあってもなくてもよい。
しかし、tl2013のtexmf.cnfでは、ls-Rを利用する設定になっている。
*********
tl2013のtexmf.cnfとw32texのtexmf.cnfのls-Rの部分
screenshot01screenshot02

**********

したがって、!!を削除し、texmf-distのみls-Rを作成することにした。

3.XeLaTeX
Android用Fontconfigは、不完全なので、
xeCJK - TeX Wiki:
screenshot01

fontspec error: "font-not-found"
のエラーが発生するが、フォントファイル名を指定すればタイプセットできる。

\usepackage{zxjatype}
\setjamainfont{ipaexm.ttf}
\setjasansfont{ipaexg.ttf}
\setjamonofont{ipaexg.ttf}

4.現在の/sdcard/texlive/の内容
image

・texmf-localは、tl2013のツリーのもので、修正パッケージや追加パッケージの格納場所にしている。
ls-R不要にしている。
・ツリーの切り替えは、texmf.cnfにw32texが含まれていれば、
cat texmf.cnf-tl2013>texmf.cnf
そうでなければ、
cat texmf.cnf-w32tex>texmf.cnf

注意.タイプセットは、Cloud Typesetで行います。

xeCJKは、うまくいきますが。。。
画像4
画像5
画像6


ところが、ZXjatypeの場合は、
画像2
画像3

エラーになります。PDFは、一応出力されますが。。。

何故かというと、Texpad(iPad)では、「TeX Live 2012」とは言っても、Debianのパッケージ「TeX Live 2012/Debian」が使われているからです。
画像1

XeTeXのグループは、「TeX Live 2012」の初期のままで更新されてないからだと思います。
エラー内容をみたのですが、私の力不足で意味がよくわからなかった。。。(^^;;

画像1


マニュアルをみてみる
画像1
画像2
画像3
画像4



インストールといっても、展開するだけ
展開すると、「TeXPortal-master」というフォルダができる。
画像1


これでコンパイルすると、「パッケージがない」エラーで自動的にそのパッケージをインストールし、再コンパイルしてくれる。これは、便利なんだが。。。
MANAGEで予め、ある程度パッケージをインストールしておかないと何度も再コンパイルが走るが。。。
また、他のエラー(ワーニング)では自動的にはインストールされず、MANAGEを使って手動でインストールしないとダメなものもある。

********
TeXPortal はインターネットに接続しなくても Android で TeX や LaTeX ドキュメントのコンパイルが可能です
pdflatexだけでなく、xelatex、lualatexも使え、しかもIPAフォントも!?
つまり、CJK-LaTeX、xeCJK/ZXjatype、LuaTeX-jaでIPAフォントを埋め込めるのだ。

/usr/share/texmf/tex/latex/beamer/base/beamerbasercs.sty
screenshot1
\def\beamer@version{3.10}

一方、

ということなので、Ubuntu 12.10 のtexliveでは、「 Beamerのナビゲーションシンボル」は、「XeLaTeXで」は機能しないということだな。

なお、Ubuntu 12.10 の XeTeXパッケージの情報をみてみると
screenshot1screenshot2
Canonical は TeX Live: XeTeX packages のアップデートを提供しません。アップデートの一部は Ubuntu コミュニティによって提供されるかもしれません。

ということなので、xeCJK/ZXjatypeは、そのままでは使えないということだな。

今は、xeCJKを使うのかな?(XeLaTeX)

とりあえず、pdfLaTeXを使っての場合を考える。

例1.
在 Beamer class 中使用 CJK 套件 | Steven's Academic Writing:

screenshot1

screenshot1screenshot2

screenshot1screenshot2screenshot3

例2.
rivanvx / beamer / source / examples / beamerexample4.tex — Bitbucket:
screenshot1

screenshot1screenshot2



screenshot1screenshot2screenshot3screenshot4screenshot5screenshot6

日本語のときと同じ修正をしてみても、うまくいかない。。。何故なんだろう?
screenshot1screenshot2



*****
なお、sectionに中国語がはいってなければ、subsection以降に中国語が入っていても文字化けは起こらないみたいだが。。。
screenshot1screenshot2



まあ、しおりの文字化けは、後でなんとかなるだろう。。。


screenshot1screenshot2screenshot3

まずは、テンプレートdefault.beamerをコピーします。
screenshot1screenshot2

Ubuntuの場合は、$HOME/.pandoc/templates/の中

修正箇所は、とりあえず
screenshot1screenshot2

これで、habits-ja.txt
screenshot1
に対して
コマンド
pandoc -t beamer habits-ja.txt -V theme:Warsaw -o habits-ja.pdf --latex-engine=xelatex
を実行すれば、xeCJK/ZXjatype
screenshot1screenshot2screenshot3screenshot4

コマンド
 pandoc -t beamer habits-ja.txt -V theme:Warsaw -o habits-ja.pdf --latex-engine=lualatex
で、LuaTeX-ja
screenshot1screenshot2screenshot3screenshot4

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
「作者」が文字化け。。。

\hypersetup{pdfencoding=auto}の位置を以下のように変更
screenshot1

これで、再度実行すると
screenshot2screenshot3
オオーw(*゚o゚*)w

日本語でやってみましょう!
前記事habits.txtを和訳し、habits-ja.txtにする。
screenshot1

今、プリアンブルに追加するテキストをh.txtとします。
screenshot1

コマンドを
pandoc -t beamer habits-ja.txt -V theme:Warsaw -o habits-ja.pdf -H h.txt --latex-engine=xelatex
とすれば、
screenshot1screenshot1screenshot3screenshot4

オオーw(*゚o゚*)w

さて、「h.txt」を以下のように変更するとどうなるでしょうか?
screenshot1

xeCJKのZXjatypeですね。
screenshot1screenshot2screenshot3screenshot4
オオーw(*゚o゚*)w
フォントが明朝に変わりますが、大丈夫のよう。

では、LuaTeX-ja、CJK LaTeXも同様にできるでしょうか?

LuaTeX-jaの場合
「h.txt」を以下のように変更する。
screenshot1

コマンドは、エンジンをlualatexにします。
pandoc -t beamer habits-ja.txt -V theme:Warsaw -o habits-ja.pdf -H h.txt --latex-engine=lualatex

screenshot1screenshot2screenshot3screenshot4

目次やプロパティのタイトル・作者の日本語が文字化けします。
デフォルトのテンプレートでは、対処は無理っぽい。
一旦、LaTeXソースに出力して、ちょっとした修正をするか、「LuaTeX-ja+Beamer」用のテンプレートを作成する必要があります。

CJK LaTeXの場合は、
「h.txt」「before-body.txt」「after-body.txt」を以下のようにしてみます。
screenshot1screenshot1screenshot2


コマンドは
pandoc -t beamer habits-ja.txt -V theme:Warsaw -o habits-ja.pdf -H h.txt  -B before-body.txt -A after-body.txt

screenshot1

エラーになります。
この場合も
デフォルトのテンプレートでは、対処は無理っぽい。
一旦、LaTeXソースに出力して、ちょっとした修正をするか、「LuaTeX-ja+Beamer」用のテンプレートを作成する必要があります。

(´;ω;`)

(u)pLaTeXの場合も含めて、一旦LaTeXソースに出力しましょう!

(今夜の課題)




screenshot1
Ubuntu 12.10のTeXLive 2012は最新にはならないのでエラーになります。
私のはxeCJKの件で一部新しくしてますが、エラーですね。


そこで、TeXworks。
screenshot1

設定で、以下のように変更する(検索パス)
screenshot1

再度、タイプセット
screenshot1screenshot2

オオーw(*゚o゚*)w

縦書きにすると
screenshot1screenshot2
screenshot1

句読点の位置がおかしい(T_T)



このページのトップヘ