脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

タグ: ルートなしAndroid

機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

(2)吹き出し(Callout)
screenshot01

Shapes ライブラリのcalloutsに
retangle callout(矩形)、 ellipse callout(楕円形)、 cloud callout(雲形)
の3種類あるが、矩形の場合はオプションに rounded corners を指定することで、4隅を丸くすることができるので、実質4種類。

注意.絶対位置のポインタ指定(callout absolute pointer )は、最新では使えるが、そうでなければ、エラーになる。
例えば、
screenshot01

機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)


(1)画像挿入
*******
【補足・マニュアル3.0.0より】
・(174ページ) As always, when you include an external graphic, you need to put it inside a \node.
・(1066ページ) To be quite frank, LaTeX’s \includegraphics is designed better than pgf’s image mechanism. For this reason, I recommend that you use the standard image inclusion mechanism of your format. Thus, LaTeX users are encouraged to use \includegraphics to include images.
However, ...
*******

【画像を好きな形に切り抜く】

screenshot01image
ハート型。。。(^^ゞ

機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

アプリはあるんだけど。。。

ペンギンコラ画像作成
screenshot01


TeXLive-for-Android(uPLaTeX,TikZ)を使ってペンギンコラ画像作成してみよう!

1.画像挿入について
2.吹き出しは、既存のもの(callout)を使ってみる。
3.縦書き日本語
4.文字の色を一部変更したい
5.手書きフォントを使いたい
---------------------------
6.他のエンジンではどうか?(TeXPortalでもできる?)
7.iPadでもできるのかなあ?

以上のことをメモっとけばいい気がする。


機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)


まずは、例題より overpic を使う方法
TeX入門/図表 - TeX Wiki:

screenshot012014-04-26-14-53-19

ま、例題通りやれば、OK!、日本語も使えるみたいだ。

TikZで同じようなことをするには?

画像をノードの中に入れて、適当なところに置き、あとでグリッドを覆い被せるようにかけば、位置指定できます。

とりあえず、やってみよう!
2014-04-26-17-13-34

。。。少しイメージしてたのと違うような気がする。どうしよう?



機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

texlive-for-android - TeX Live for Android - Google Project Hosting:

実は、この機種の端末エミュレータでは、コマンド入力でタブ補完ができないので、非常に使いづらいのです。
それでも、「端末エミュレータ (日本語処理改変版)」のように、インテントを受け取ってスクリプトが走れば全く問題ないのですが。。。TL4A端末にはその機能がありません!

ということで、KBOX2を導入するしかないのですが。。。

OneBox パッケージマネージャ」は、Jack Palevich's terminal emulator専用なので、当然使えません。

また、「cpenv.zip」では、「 [: not found 」等のエラーが発生し、導入できないのです。

そこで、KBOX2 manual installation の手順でインストールします。
screenshot01screenshot02screenshot03

上の手順で、「/data/data/jackpal.androidterm」の部分を「/data/data/texlive.androidport」に置き換えて、Step 7の下から2番めを除いて、手順通りにやればOKです。

Step 7の下から2番めのコマンド
kbox$ cd /data/data/texlive.androidport
これは誤りで、正しくは
kbox$ cd /android_root/data/data/texlive.androidport
です。

imageimageimage


kboxを導入したら、
kboxのホームに、tl4a-2013-06-18.tar.xztl2013-ln.sh で、TeXコマンドの導入
および scripts-kbox.tar でスクリプトの導入です。


そして、パスの設定で完了です。
【パスの設定】
vi エディタを使って、/etc/profile または ~/.profile に
export PATH=$HOME/scripts-kbox:$HOME/bin:$PATH
を入れる。
なお、~/.profile なら echo コマンドまたは cat コマンドを使ってもいい。
また、KBOXパッケージから、vimまたはnanoを導入してもよい。

日本語を使いたいなら、好みのエディタを使って端末外の適当な場所で作成し、それをコピーしてもよい。(echo コマンドまたは cat コマンドでも日本語が使える)

設定が済めば、端末を起動しなおして完了です。

TEXMFツリーはすでに構築済みとして
タイプセット時にfmtファイルがなければ、自動的にmktexfmtが走り、fmtファイルを作成してくれますが、あらかじめ fmtutil --all で作成してもよい。

TEXMFツリー(パッケージツリー)の構築は

A500、ルート化できなくてもTeXLive2013(3a)TeXLive2013 パッケージツリー導入

あるいは

A500、ルート化できなくてもTeXLive2013(3b)W32TeX パッケージツリー導入

を参考

機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

1.texmf.cnf
texmf-dist/web2c内のtexmf.cnfを/sdcard/texlive 直下にコピーし、TEXMFROOTをtexmf-distのあるディレクトリに変更する。(必須)

2.ls-R
ルートなしAndroidでは、ウィンドウズ同様ls-Rファイルはあってもなくてもよい。
しかし、tl2013のtexmf.cnfでは、ls-Rを利用する設定になっている。
*********
tl2013のtexmf.cnfとw32texのtexmf.cnfのls-Rの部分
screenshot01screenshot02

**********

したがって、!!を削除し、texmf-distのみls-Rを作成することにした。

3.XeLaTeX
Android用Fontconfigは、不完全なので、
xeCJK - TeX Wiki:
screenshot01

fontspec error: "font-not-found"
のエラーが発生するが、フォントファイル名を指定すればタイプセットできる。

\usepackage{zxjatype}
\setjamainfont{ipaexm.ttf}
\setjasansfont{ipaexg.ttf}
\setjamonofont{ipaexg.ttf}

4.現在の/sdcard/texlive/の内容
image

・texmf-localは、tl2013のツリーのもので、修正パッケージや追加パッケージの格納場所にしている。
ls-R不要にしている。
・ツリーの切り替えは、texmf.cnfにw32texが含まれていれば、
cat texmf.cnf-tl2013>texmf.cnf
そうでなければ、
cat texmf.cnf-w32tex>texmf.cnf

機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

シェルスクリプト fmtutil.sh を使おう!
kboxシェル端末なら、シェルスクリプトは無修正でいける場合が多い。(awkコマンドはないので、注意する)

1.tl2013のツリーを使う場合(2013以降、TEXMFMAIN と TEXMFDIST は同じ)
ディレクトリ $TEXMFMAIN/scripts/texlive/ に fmtutil.sh があるので、直接 sh してよい。

が、ホームにパスの通ったスクリプトの格納場所を作り、ここにコピーし、実行権(chmod 755 fmtutil.sh)を与えよう。
さらに、fmtutil および mktexfmtにリンクしておく。(ln -s fmtutil.sh fmtutil; ln -s fmtutil.sh mktexfmt )

2.w32texのツリーを使う場合

ディストリビューションW32TeXには、シェルスクリプトは含まれていない!
したがって、別途用意する必要がある。(あとでアップしよう)
ここでは、tl2013のツリーも導入しているので、そこからコピーした。

しかし、 fmtutil.shだけではfmtファイルは作成できません(-_-;)
そこで、必要なものを見つけてみる。
******
ti5942@Ubuntu-D:/usr/local/texlive/2013/texmf-dist/scripts/texlive$ grep 'TEXMF' fmtutil.sh
#   get $MT_TEXMFMAIN from $TEXMFMAIN
  case $MT_TEXMFMAIN in
    "") MT_TEXMFMAIN=`kpsewhich --var-value=TEXMFMAIN`;;
  export MT_TEXMFMAIN
  MT_FEATURES=none "$MT_TEXMFMAIN/web2c/mktexdir" "$@" >&2
  "$MT_TEXMFMAIN/texconfig/tcfmgr" "$@"
  "$MT_TEXMFMAIN/web2c/mktexupd" "$@"
    : ${MT_TEXMFVAR=`kpsewhich -var-value=TEXMFVAR`}
    destdir=$MT_TEXMFVAR/web2c
ti5942@Ubuntu-D:/usr/local/texlive/2013/texmf-dist/scripts/texlive$
******
必要なものは、
$MT_TEXMFMAIN/web2c/mktexdir
$MT_TEXMFMAIN/texconfig/tcfmgr
$MT_TEXMFMAIN/web2c/mktexupd

$MT_TEXMFVAR/web2c
******

・texconfigディレクトリは、w32tex ツリーにはないので tl2013 ツリーから持ってくる。
・web2c ディレクトリは、とりあえず両方の内容を確認する必要がある。
【tl2013のweb2c】
・tcxファイル多数
fmtutil.cnf,fmtutil-hdr.cnf
mktexdir,mktedir.opt
・mktexnam,mktexnam.opt
mktexupd
・texmf.cnf
・texmfcnf.lua
・updmap.cfg,updmap-hdr.cfg
【w32texのweb2c】
・fmtファイルの入ったディレクトリ群
・tcxファイル多数
・fmtutil.cnf
・texmf.cnf
・updmap.cfg

なお、w32texのtexmf.cnfではTEXMFVARが使用しない設定になっている。
*******
% TEXMFVAR, where texconfig/updmap/fmtutil store cached runtime data.
% TEXMFVAR = ~/w32tex/texmf-var
%

%
% W32TeX does not define TEXMFCONFIG
%
% TEXMFCONFIG, where texconfig/updmap/fmtutil store configuration data.
% TEXMFCONFIG = ~/w32tex2013/texmf-config
%

% List all the texmf trees.
%
%
TEXMF = {$TEXMFHOME,$TEXMFPROJECTS,$TEXMFLOCAL,$TEXMFMAIN}
*******
これを、以下のように修正する。
*******
% TEXMFVAR, where texconfig/updmap/fmtutil store cached runtime data.
TEXMFVAR = ~/w32tex/texmf-var
%

%
% W32TeX does not define TEXMFCONFIG
%
% TEXMFCONFIG, where texconfig/updmap/fmtutil store configuration data.
% TEXMFCONFIG = ~/w32tex2013/texmf-config
%

% List all the texmf trees.
%
%
%%TEXMF = {$TEXMFHOME,$TEXMFPROJECTS,$TEXMFLOCAL,$TEXMFMAIN}
TEXMF = {$TEXMFVAR,$TEXMFHOME,$TEXMFPROJECTS,$TEXMFLOCAL,$TEXMFMAIN}
*******

ということで、tl2013のtexconfigディレクトリと修正w32tex用texmf.cnfに置き換えたweb2cディレクトリをアップした。2つのディレクトリをw32texツリーのtexmf-distに入れる。web2cディレクトリは、上書きでいい。
w32tex-tuika-pkg.zip

また、とりあえずのkbox用のスクリプトもアップした。
scripts-kbox.tar


以上。

機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)


W32TeX - TeX Wiki:
あるいは、
W32TeX (Japanese page)
を参考にして、必要なものをダウンロードして、適当な場所(例えば、/sdcard/texlive/w32tex/)に展開するだけ。

以下のリストより、スクリプトを組めば面倒なく導入できる。


# ダウンロードするファイルのリスト #
最小インストール
latex.tar.xz
mftools.tar.xz
platex.tar.xz
pdftex-w32.tar.xz
ptex-w32.tar.xz
web2c-lib.tar.xz
web2c-w32.tar.xz

標準インストール
dvipdfm-w32.tar.xz
dvipsk-w32.tar.xz
jtex-w32.tar.xz
ltxpkgs.tar.xz
luatex-w32.tar.xz
makeindex-w32.tar.xz
manual.tar.xz
newtxpx-boondoxfonts.tar.xz
pgfcontrib.tar.xz
t1fonts.tar.xz tex-gyre.tar.xz timesnew.tar.xz ttf2pk-w32.tar.xz txpx-pazofonts.tar.xz vf-a2bk.tar.xz xetex-w32.tar.xz xindy-w32.tar.xz xypic.tar.xz フルインストール aleph-w32.tar.xz biblatex-biber.tar.xz
cjkzr.tar.xz
context-doc.tar.xz context.tar.xz cweb-w32.tar.xz dvi2ps-w32.tar.xz dvi2tty-w32.tar.xz dvitools-w32.tar.xz lcdf-typetools-w32.tar.xz luajittex-w32.tar.xz luatexja.tar.xz m-tx.tar.xz omegaj-w32.tar.xz otfbeta.tar.xz plain2-2.54-w32.tar.xz pmx.tar.xz pstricks.tar.xz
pstoedit-w32.tar.xz
psutils-w32.tar.xz qpdf-w32.tar.xz sam2p-w32.tar.xz t1utils-w32.tar.xz tex4htk-w32.tar.xz texinfotools-w32.tar.xz tiff2png-w32.tar.xz ttf2pt1-w32.tar.xz txtutil.tar.xz ums.tar.xz uptex-w32.tar.xz utf.tar.xz vf-n2bk.tar.xz xymtex.tar.xz

機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

(1)導入場所を適当に決める(例えば、mkdir -p /sdcard/texlive/tl2013)
(2)その場所に install-tl2013-pkgtree2.zip を展開する。
(3)まず、「in-texmf-dist-nokbox.sh」(仮)以外を「OneBoxシェル」で sh する。
(4)「in-texmf-dist-nokbox.sh」(仮)を「端末エミュレータ」(kboxは起動しない)で sh する。
(5)/sdcard/texlive/tl2013/texmf-dist/web2c内のtexmf.cnf を/sdcard/texlive/ 直下にコピーする。
「端末エミュレータ」(kboxは起動しない)では、コマンド入力しづらい(タブ補完できない)ので、別のファイラを使えばよい。
(6)/sdcard/texlive/texmf.cnf のTEXMFROOTを導入場所に書き換える(例えば、TEXMFROOT=/sdcard/texlive/tl2013)
また、別のファイラで操作できるようにTEXMFHOMEも変更しておく。(例えば、TEXMFHOME=/sdcard/texlive/hoge とか。。。)
TEXMFHOMEで指定したディレクトリは、修正パッケージや追加パッケージを入れる場所です。
・したがって、パッケージ名指定でダウンロード、展開、削除のスクリプト(展開があるので、kboxでshする)も作っておきます。
・texmf-distの中にあるdvipdfmxディレクトリをTEXMFHOMEで指定したディレクトリにコピーし、その中にあるdvipdfmx.cfgの中のKとPで始まる2行をコメントアウトしといてください。

以上。

【補足】
1.最小構成のscheme-small.tar.xzをダウンロード・展開することから始める。
tlpkg/tlpobj/scheme-small.tipobj の内容
*******
name scheme-small
category Scheme
revision 30937
shortdesc small scheme (basic + xetex, metapost, a few languages)
relocated 1
longdesc This is a small TeX Live scheme, corresponding to MacTeX's
longdesc BasicTeX variant.  It adds XeTeX, MetaPost, various
longdesc hyphenations, and some recommended packages to scheme-basic.
depend collection-basic
depend collection-latex
depend collection-latexrecommended
depend collection-metapost
depend collection-xetex
depend lualibs
depend luaotfload
depend luatexbase
depend revtex
depend synctex
depend times
depend tipa
depend zapfding
depend babel-basque
depend hyphen-basque
depend babel-czech
depend hyphen-czech
depend babel-danish
depend hyphen-danish
depend babel-dutch
depend hyphen-dutch
depend babel-english
depend hyphen-english
depend babel-finnish
depend hyphen-finnish
depend babel-french
depend hyphen-french
depend babel-german
depend hyphen-german
depend babel-hungarian
depend hyphen-hungarian
depend babel-italian
depend hyphen-italian
depend babel-norsk
depend hyphen-norwegian
depend babel-polish
depend hyphen-polish
depend babel-portuges
depend hyphen-portuguese
depend babel-spanish
depend hyphen-spanish
depend babel-swedish
depend hyphen-swedish
*******
これに、日中韓のコレクション(collection-langcjk)とピクチャーズコレクション(collection-pictures)を合わせればいいのだが、これら以外に
dehyph-exptl.tar.xz, hyphen-ancientgreek.tar.xz, hyphen-greek.tar.xz, ruhyphen.tar.xz, ukrhyph.tar.xz
がないと、fmtutil.sh(fmtutil,mktexfmt) が正常終了しない。

2.別にコマンドを使わなくてもいいのだが、ダウンロード・展開が面倒。
ま、最後の(4)「in-texmf-dist-nokbox.sh」(仮)は、ls-R作成以外は、別ファイラーを用いても面倒ではない。

3.ls-R作成の部分を、mktexlsr としてよいが、めったに使わないからなあ。。。

4.すべてkboxシェル端末でやりたいなら、
「ディレクトリごとコピー(cp -r )」部分を、「圧縮して、目的のディレクトリに展開する」
にすればいいと思う。

これで、OKかな?

このページのトップヘ