脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

タグ: Latexmk

参考
Texmaker/設定/Linux - TeX Wiki:

screenshot1

screenshot2

う〜ん、やっぱりuplatexでいきますか。。。
screenshot1

.latexmkrcもuplatexに変更
screenshot1

Latexmkのコマンドを
latexmk -pdfps %.tex
とする場合もあるかな?

PdfLaTeXコマンドをxelatexにすることがあるかもしれない。。。

Dvipdfmでは、あえてフォントを埋め込まないようにしてます。
また、埋め込んでないことがすぐにわかるように、
.fonts.conf
screenshot1

で、Ryuminに当たる部分に「みかちゃんフォント」を表示させるようにしてます。

クイックビルドもやっぱり「Latexmk+PDFファイルの表示」にします。
screenshot1

今、Latexmkのコマンドをlatexmk %.texで、.latexrcが、アレなんで
uplatexとdvipdfmxでPDFを作成
ということになります。

Live Previewといえば、Gummi

screenshot1

Gummiの設定をみてみると

screenshot1


選択肢の中にLatexmkがあります。
Gummiで日本語使うなら、XeLaTeXなのだが、ひょっとしたらLatexmkでも?
と期待してしまいました。。。(T_T)

そこで、Vimのvim-live-latex-previewです。
以前、短いドキュメントなら、LuaTeX-jaでも機能することは確認済みです。
Vim: vim-live-latex-previewでLuaTeX-ja : いわにぃのブログ:

Vim: vim-live-latex-preview(live-latex-update.shを変更) : いわにぃのブログ:

など。。。

そこで、今回もlive-latex-update.shに少し手を加えました。
screenshot1

screenshot1
screenshot2

jsarticleクラスにしてみました。
screenshot1
screenshot2
仕事の休みの日にもうちょっと詳しく。。。

となると、気になるのはQTikZ(KTikZ)だな。

screenshot1


*****
$latex = 'platex -synctex=1 -interaction=nonstopmode';
$bibtex = 'pbibtex';
$makeindex = 'mendex -U';
$dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
$dvips = 'dvips %O -z -f %S | convbkmk -g > %D';
$ps2pdf = 'ps2pdf %O %S %D';
$pdf_mode = 3;
*****

最後のpdf_mode = 3というのは、
screenshot1

If equal to 3, generate a pdf version of
the document from the dvi file, by using the command specified by the $dvipdf variable.

これは意味は私でもわかるが。。。

しかし、次の行では。。。
Equivalent to the -pdf-, -pdf, -pdfdvi, -pdfps options.
となっている。
むむ、どっちが正しいのかな?

ということで、TeXworksの設定を

screenshot1
としました。

また、Texmakerの設定も以下のように変更。
screenshot1


latexmk %.tex

TeXworks/設定/Linux - TeX Wiki:
screenshot1

(ノ`Д´)ノ

なぜ?’-norc’ ?q|゚Д゚|p

とりあえず、設定
screenshot1
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ま、まずは、私の場合のLaTeX環境は?
一般ユーザuser002でTeX Live 2012を利用するには?(2) : いわにぃのブログ:

screenshot1
だったから、/usr/local/texlive/2012/bin/x86_64-linuxを一番上に移動
screenshot1
「タイプセットの方法」を新規追加し、デフォルトを「Latexmk」にした。
screenshot1screenshot2
これでいいのかな?
まずは、エラーあり
screenshot1

ぬぬ、やっぱり止まるじゃないか!(゚Д゚)ゴルァ!!。。。
screenshot1

まあ、エラー内容はわかるけどな。
screenshot1screenshot2


もう少し、latexmkrcをイジってみようかな。。。

Make - TeX Wiki:

screenshot1

初心者です。。。どうしましょ?
(いつの間にか増えてる(^_^;))

私は、一番上のTeXworks用のものを選びました。
screenshot1

ところが、私は初心者なので、試しにTexmakerを使ってみたところ、Texmakerでは
しかし、エラーがある場合、Latexmkではわかりにくい? : いわにぃのブログ:

さて、どうしましょ?というのが問題です。
この解決案のひとつが、latexmkrcの使い分けなのでしょうが。。。これじゃ、面倒です。

もうひとつ、解決案があります。
それは、Texmakerのコマンド設定で、latexmakのコマンドオプションをひとつ追加するという手です。
そのオプションは-quiet(あるいは-silent)もしくは-latexoption=' -interaction=nonstopmode'のいずれか。
今、
screenshot1
のときは、
screenshot2screenshot3
ですが、Latexmkのコマンドに-quietを追加すると

screenshot1

screenshot2

! Package xcolor Error: Undefined color `indigo'.


`indigo'の色が定義されてない」ということなので、とりあえず以下の修正をしてやると、
%\filldraw [fill=blue, opacity=.5, draw=indigo] (5,0)  arc (0:45:2) --(3,0)--cycle;
\filldraw [fill=blue, opacity=.5, draw=blue!80!black] (5,0)  arc (0:45:2) --(3,0)--cycle;
screenshot1

ということで、初心者でもエラー内容と修正箇所がわかりますね。ヾ(=^▽^=)ノ


このページのトップヘ