脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

タグ: dvipdfmx

エラー内容は、前記事に記した
******
(./test01.aux
! Undefined control sequence.
l.2 \pgfsyspdfmark
                   {pgfid1}{10998600}{41167695}
? x

******

このエラーは、
pdflatexで処理後、test01.auxを削除せずに、
続けてソース編集後、(u)platexをすると、
発生する。

実際、
screenshot1screenshot1

これで、ptex2pdf -l test01をすると
screenshot1screenshot2screenshot3

ワーニングメッセージ
Package pgf Warning: Your graphic driver pgfsys-dvipdfmx.def does not support m
arking the current position. This warning is given only once on input line 7.
は、出るけど、うまくPDFは出力されている。(ようにみえる?)

続けて、LaTeX-CJK用にソースを変更し、pdflatexする。
screenshot1screenshot2screenshot3screenshot4screenshot5

(^_^;)途中、操作ミスしちゃった。。。

次に、ソースをplatex用に戻して、続けてptex2pdf -l test01をすると
screenshot1screenshot2screenshot3

というように、エラーになる!
(./test01.aux
! Undefined control sequence.
l.2 \pgfsyspdfmark
                   {pgfid1}{10998600}{41167695}
? x

test01.auxを削除すれば、最初に戻るけど。。。

screenshot1screenshot2screenshot3

これって、どうなんだろ?

ヒント:
奥村 晴彦[改訂第5版]LaTeX2e 美文書作成入門』付録C 基本マニュアル p.319〜

********
・例えば、pLaTeXの従来版とe-拡張版はそれぞれ次のコマンドで起動します。
platex [オプション] ファイル名[.tex]
eplatex [オプション] ファイル名[.tex]
********
とありますが、私のパソコンの「TeX Live 2013」にはコマンドeplatexはありません!
そこで、platexのバージョンを見てみましょう。
screenshot1


一方、「TeX Live for Android」のplatexのバージョンは
参考:
tkyon: Android で TeXLive2013:

screenshot1device-2013-07-13-092704




同じplatexコマンドでも
・パソコンでは
e-pTeX 3.1415926-p3.4-110825-2.6 (utf8.euc) (TeX Live 2013)
なので、拡張版
・「TeX Live for Android」では
pTeX 3.1415926-p3.4 (utf8.euc) (Web2C 2013 for Android)
なので、従来版
になってます。


(1)GIF形式は未対応のため、別形式に変換する
(2)PNG、JPEG(、PDF)は、適当な大きさのPDFにする
(3)(2)で作成した「適当な大きさのPDF」の「幅と高さ」を調べる
(4)余分なものが含まれている場合は、「切り出す」必要があるため、グリッドを付ける
********
(1)スクリーンショットでPNG形式のものが得られる。
(2)pdfLaTeX(XeLaTeXでもいいと思う。TexpadではLuaLaTeXは使えない)で、previewパッケージもしくはstandaloneクラスを使う。
(3)(2)のログで、例えば、
*******
<Htree.png, id=5, 404.51125pt x 230.8625pt>
File: Htree.png Graphic file (type png)
 <use Htree.png>
Package pdftex.def Info: Htree.png used on input line 23.
(pdftex.def)             Requested size: 404.51025pt x 230.86192pt.
*******
Requested sizeが出るのだが、実際出来上がったものとはほんの少しの差がある。
そのため、「適当な大きさのPDF」の挿入処理が必要。
また、Texpadの場合、エラー無しではログを見ることができないので、例えば存在しないダミー画像を挿入する指示を与えて、故意にエラーを発生させる必要がある。
(4)「切り出す」には、viewportを使うのだが、領域外まで指定してしまうかも?その場合はどうなるんだろう?
確認する必要がある。
「切り出す」よりも「切り落とし」(トリミング、trimオプション指定)の方がいいかも?
トリミングを使うには、左下を格子点に合わせたものと、右上を格子点に合わせたものの2種類のグリッドを入れるとよい。
なお、見やすいグリッドを提供するpdffillパッケージはTexpad(iPad)では使えない。(TeX Live 2012/Debianのl3kernel,l3packageが少し古いからなのだろうか?) 



まずは、導入前サンプルをDropboxにアップ

ptex-beamer-guide-v3.pdf  189.8 kB

screenshot1screenshot2
変更箇所
・Beamerオプション dvipdfmx追加、hyperref={unicode}削除
・\usepackage{pxjahyper}%しおり等文字化け対策
・\usepackage{pxpgfmark}%remember picture
・他の日本語環境をコメントアウト

確かに「ナビゲーションシンボル」は、機能しない。(「ナビゲーションバー」「しおり」「目次」は機能する)

*******
OS: Ubuntu 12.10 64bit
・ダウンロードしたファイルを、ホームのtexmf/tex/zr-tex8rに移して、展開する。
screenshot1

・上のソースを名前を変えて(ptex-beamer-guide-v3-navisymb.tex)保存
screenshot1

・\usepackage{bxdpx-beamer}を\usetheme{Antibes}の後に追加し、タイプセット2回
screenshot1screenshot2

Dropboxにアップ


ptex-beamer-guide-v3-navisymb.pdf 206.0 kB


Screenshot_from_2013-02-19 22:55:35

確かに、「ナビゲーションシンボル」は、機能します。(マウスカーソルをシンボルに合わせる「どこそこに移動します」というメッセージが出る)


xetex - Transparency in tikz, preview package and xelatex - TeX - LaTeX:

dvipdfmxの場合も同じ問題であろうと私は思う。
LuaTeX-ja + previewパッケージは大丈夫みたいだ。

pLaTeXなら、スタンドアロンクラスで、platex+dvips+ps2pdfという手がある。
xelatex(xeCJK/ZXjatype),LuaTeX-jaで、スタンドアロンクラスもここで試しておく。

まずは、xelatex(xeCJK/ZXjatype)
screenshot1
(^_^;)

クラスをarticle
screenshot1screenshot2
オオーw(*゚o゚*)w
figurer環境を一つだけ入れてみた。。。
screenshot1screenshot2
キャプションだけのページができた(´;ω;`)
2つめもfigurer環境を入れると

screenshot1screenshot2
こいうふうになるのか。。。

次は、LuaTeX-ja
screenshot1screenshot2
あっ、古いソースを使ってたみたいだ(^_^;)

全角スペース。。。
ありゃ?なんか変だと思ったら
gedit 3.6.1 の検索文字列の入力で漢字変換ができない!
(ノ`Д´)ノ
コピペで、入力
screenshot1screenshot2screenshot2

交点のところ、分割するのを忘れてますね(^_^;)
ま、いいか。。。



dvipdfmx で preview パッケージする件について - マクロツイーター:

standaloneクラスでも
screenshot1screenshot2
うまくいくみたいなので、別にdvipdfmxでできなくてもいいんじゃないか?と思ったのだが。。。

実は、
スタンドアロンクラスの使い方(1)私的解釈 : いわにぃのブログ:

documentclassにtikzオプションをつけると。。。
screenshot1


しかし、
プレビューパッケージではどうかな? : いわにぃのブログ:

platex→dvipdfmx
screenshot1
オオーw(*゚o゚*)w
順序を入れ替えても
screenshot1
オオーw(*゚o゚*)w

******

【導入方法】
platex+dvipdfmx でも、previewパッケージで crop !? : いわにぃのブログ:

このときは
*******
このtexmfフォルダの中なら、「どこでもいい」みたい。。。
この「
どこでもいい」も初心者には敷居が高い(^_^;)
そこで、私の場合は
ホーム>texmf>tex>platex の中に置いてみました。

*******

しかし、今回は、ホーム>texmf>texに「zr-tex8r」フォルダを作りました。

screenshot1

そして、

prdvipdfmx.def 等(gist/zr-tex8r)

からダウンロードしたファイルをこの「zr-tex8r」フォルダに入れて、展開しました。
screenshot1screenshot2

これで、導入完了です!

【動作確認】
screenshot1screenshot2
オオーw(*゚o゚*)w


。。。
platex→dvips→ps2pdf

screenshot1
(´?д?;`)

platex→dvipdfmx
screenshot1
オオーw(*゚o゚*)w
順序を入れ替えても
screenshot1
オオーw(*゚o゚*)w

ちなみに
platex→dvips→ps2pdf
で、プレビューパッケージを使わなければ
screenshot1

screenshot1screenshot2screenshot3

ちゃんと、PDFは作成できるのですが。。。

ま、platex→dvipdfmxでうまくいくので、ヨシとするか。。。

dvipdfmx で preview パッケージする件について - マクロツイーター:
screenshot2

LaTeX: To use priview package ('tightpage' option) with dvipdfmx — Gist:
screenshot1
このサイトでダウンロードして、ダウンロードファイルの中のprdvipdfmx.defを「適当な場所」に展開(保存)すればいいのだが。。。
初心者の場合、この「適当な場所」がわからなかったりする。。。
私の環境は、「Ubuntu 12.04 + TeXLive 2012」なので、ホームにtexmfフォルダがあります。
screenshot1
このtexmfフォルダの中なら、「どこでもいい」みたい。。。
この「
どこでもいい」も初心者には敷居が高い(^_^;)
そこで、私の場合は
ホーム>texmf>tex>platex の中に置いてみました。
screenshot1

そして、テスト。。。
screenshot1
オオーw(*゚o゚*)w

screenshot1screenshot2

screenshot3
オオーw(*゚o゚*)w
(注.私の場合、フォント非埋め込み時の明朝体に「みかちゃん」フォントを割り当てている)

次は、QTikZのテンプレートを修正しましょう!
以前使ったテンプレートは
screenshot1
これを
screenshot1
とすればいいのですが、不要なコードを削除して名前を変えましょう!
screenshot1
これを使うことにします。

screenshot1
オオーw(*゚o゚*)w
QTikZの設定は
screenshot1screenshot2




フォントを埋め込んでます。

でも、プレビューじゃ、うまくいってるか?は分からないので、EPS、PDF、PNG形式でエクスポートします。

screenshot1screenshot2test

(つд⊂)ゴシゴシ
EPSファイルが。。。

以前作った「習慣」に入れてみた
screenshot1
あれま、これじゃ。。。
もうちょっと

今度は、ちょっとマシ?
screenshot1

どうしましょ?

「furikana」と「okumacroのルビ」とを比較
screenshot1screenshot2

目の錯覚かな?
「okumacroのルビ」の漢字の高さが不揃いに見える(つд⊂)ゴシゴシ
screenshot1screenshot2

どうかな?


このページのトップヘ