脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

タグ: includegraphics

TeX Live 2012/Debian
screenshot01screenshot02


*****
Package xetex.def Warning: No clipping support in XeTeX yet on input line 56.

<use  "./pdf/tiger-w10.pdf" >

Package xetex.def Warning: No clipping support in XeTeX yet on input line 58.

*****

screenshot03screenshot04screenshot05

まあ、TikZでのクリッピングはできているので、ヨシとするか。

なお、TeXPortal(TeX Live 2012)でも同様
(ちなみに、TeXPortalでは、zxjatypeが使えるので、zxjatypeでも確認)

画像挿入:「切り抜き」の続き
まずは、切り抜きたい箇所の位置確認。
なお、挿入用画像は前記事で得たtiger-w10.pdf
screenshot01screenshot02

切り抜きたい箇所は、赤枠の部分で、赤枠の左下隅(1,6.5)、右上隅(3,8)
ちなみに、tiger-w10.pdfのサイズは、10cm✕10.3cm
screenshot03

これで、準備は完了!
******
pgfuseimageの場合と同じように、TikZを使って「切り抜き」をしてもいいのですが、
includegrapficsの場合は、「(見た目)既存の画像から切り抜いた画像を、指定の大きさの枠内いっぱいに挿入する」ことができます。

正確には、どちらも「既存の画像全体」を「指定の大きさの枠」にあわせて挿入できるのですが、includegrapficsの場合は、「既存の画像の一部」を「指定の大きさの枠」にあわせて挿入することもできるということ。
指定の大きさの枠」の指定方法は、①幅のみ、②高さのみ、③両方、④両方で元画像の縦横比率そのまま の4通りある。
既存の画像の一部」の指定方法は、①viewport、②trim の2通り
指定の大きさの枠」外を見えなくする(clipオプション)ことで、見た目切り抜いた感じになる。
screenshot01
したがって、「指定の大きさの枠」で②高さのみをした場合の例は

screenshot01screenshot02

(ア)viewport+clip
*****
赤枠の左下隅(1.5cm, 6.5cm)、右上隅(3cm, 8cm)
\includegraphics[viewport=1.5cm 6.5cm 3cm 8cm,clip,height=5cm]{./pdf/tiger-w10.pdf}
*****

(イ)trim+clip
*****
左から1.5cm、下から6.5cm、右から10-3=7cm、上から10.3-8=2.3cm
\includegraphics[trim=1.5cm 6.5cm 7cm 2.3cm,clip,height=5cm]{./pdf/tiger-w10.pdf}
*****

続く。。。

pgfdeclareimageコマンドは、プリアンブルに書ける!?←pgfuseimageに+数票

(1)まずは、TikZを使って、挿入画像の一部の「切り抜き」の例
screenshot01screenshot02screenshot03



以下のプリアンブルでincludegraphicsコマンドも使える!?
*****
\documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage{amsmath,amssymb}
\usepackage{tikz}
\pgfdeclareimage[height=7cm]{tiger}{./pdf/tiger.pdf}
*****
上の例は、図1の「虎」の右目部分(赤枠で囲まれた部分)を切り抜き(図2)、それを拡大する
(図3)例です。

赤枠の位置(図の左下隅を起点とする)は
図のノードに名前を適当につけて、図の左下隅から右上隅までグリッドを表示させればわかります。
screenshot01screenshot02



これは、includegraphicsコマンド使用にも必要。大体、2頂点(1cm,4.5cm)と(2cm,5.5cm)を対角とする矩形

*****

(2)includegraphicsコマンド
tiger.pdfのサイズを見てみると194mm✕200mm
screenshot01
A4 の縦置き (210 x 297 ミリ)だから、サイズオーバー
screenshot01
挿入用画像(PDF)は、そのままでもいいように作成する。
(続く。。。)


 (ア)viewport+clip
 (イ)trim+clip

********
TeXでeps以外の画像を挿入する方法ーebb : macでの研究に便利なものたち:

https://livedoor.blogimg.jp/enc10sure/imgs/e/4/e4ea3b9a.png48)

むむ。。。

********

TeX入門/図表 - TeX Wiki:

apple.png (426x496)

apple.pdf というPDF形式

apple.eps というEPS形式

BoundingBox を直接指定する場合は
\includegraphics[bb=0 0 横ピクセル数 縦ピクセル 数,width=幅]{ファイル名}
を挿入します。

むむ。。。
********
PDFの作り方 - TeX Wiki:

OS X では,どんなソフトからでも「印刷」メニューで PDF が作れます。 これをうまく使えば EPS を経由せずに高品位の画像が挿入できます。
・・・・
\includegraphics[bb=100 400 500 700,clip,width=5cm]{zu.pdf}
・・・・
ここで (100, 400) が挿入したい長方形部分の左下隅の座標,(500, 700) が右上隅の座標です。 もちろん数値は適当に変えてください。 単位はポイント (= 1/72 inch) で,紙の左下隅が原点 (0, 0) です。

むむ。。。適当にとは?当てずっぽうでいいのかな?

*******
QA: pdf図の挿入:

古い*.xbbファイルをいったん消して再度platexをかければどうなるでしょうか。

*******
QA: PDFのデータの取り込みについて:

なお,dvipdfm, ebb , .bb ファイルは,過去との互換性のために残してあるもので,できるだけ使用しないほうがベターということになっています。

*******
QA: xbbファイルが作成できない:

「bbファイルを作成せずに常にbbオプションでBoundingBoxを指定する」派です。
なんと!そういう派閥もあるのか。。。
「幅と高さ」は、どうやってみつけるのだろう?私と同じ方法かな?

*******
QA: pngが入らない!:

*******
QA: extractbbに失敗:

pdfLaTeXや、XeLaTeXでは、挿入できるから異常には気づかないんだろうな。

*******
QA: PDFファイルの任意のページの画像を使いたい:

xbbファイルには、1ページめの情報しか入らないので、すべてのページサイズが同じものしか扱えない。
pdfLaTeXやXeLaTeXと同じように、xbbファイルにたよらなければいいんだが。。。ただ、一番近いと思われるXeLaTeXの場合は、clipが効かないからなあ。。。









Texpad(iPad)の場合は、残念ながらNG。。。
おそらくタイムオーバー。オンラインだからな。前のテストでは文字数が少なくてうまくいったのだろう。
画像2

TeXPortalは、オフラインでもOK!
画像1

ここで、新たなる事実が判明!
パソコンでの結果をみてみよう。

screenshot1screenshot2screenshot3

Beamerクラスでは、AtBeginDocument、AtEndDocumentが使えたが、articleクラスでは使えないな(^_^;)

実は、エンジンがpdfLaTeXのときは、includegraphicsのオプションに「bb=1 2 3 4」を入れると、以下のようなワーニングが出る。
*********
Package pdftex.def Warning: Option `bb' does not make sense,
(pdftex.def)                using `viewport' instead on input line 32.
*********

ま、当然と言えば当然か。。。

書き換えたところで、前記事のAdobe Readerの不具合は直りませんよ(´;ω;`)

画像挿入は、includegraphics単独より、TikZと合わせて使おう!
TikZについては、TikZ - TeX Wiki: ですぐ使えるようになります。

・切り抜き(切り出し、クロッピング)
画像1画像2

TikZを使う利点は、図とテキストの位置決めが容易にできることです。
例えば、

画像1画像2画像3

・トリミング(切り落とし、クロッピングと区別しないことがあるのか。。。多いのか?こちらは、不要な部分を切り落としていくイメージ)

省略

注意.
Texpad(iPad)のLaTeXは、「TeX Live 2012/Debian」を使用しているので、デフォルトでは「xbbファイルの自動作成」は行われません。
また、iPadでは、「xbbファイル」を作成することができないのですが、pdfLaTeXで画像挿入するとコンパイルログには挿入画像の「幅と高さ」の情報が出力されます。
ところが、Texpad(iPad)では、エラー無しではログが見れないので、エラーが出るようにしないと挿入画像の「幅と高さ」の情報が手に入らない。。。(^_^;)


また、初心者は/usr/local/texlive/2012/texmf/web2c/texmf.cnf を編集するな!

。。。
Σ('◇'*)エェッ!?
でも。。。
Linux/Ubuntu - TeX Wiki:
には、
screenshot1
となっているんですが。。。(^_^;)

ちなみに
なぜ、「texmf.cnf」の「shell_escape_commands」の部分を編集するかというと、「--shell-escape」を使わないでもいいようにするためなんですよね。

ところが、/usr/local/texlive/2012/texmf/web2c/の中のtexmf.cnf を編集するためには、sudoでエディタを開く必要があります。初心者にスーパーユーザ(Super User)になって編集させるなんて、ちょっと無茶だな。。。


じゃ、どうするの?

編集するのは、「/usr/local/texlive/2012/texmf/web2c/ 」の中のtexmf.cnfではなく、「ホームの中にあるtexmfフォルダ」の中のtexmf.cnfです。
screenshot1screenshot2

あれ?texmf.cnfがない。。。(^_^;)

なければ、新規に作成するか、もしくは「/usr/local/texlive/2012/」のtexmf.cnfをコピーします。
screenshot1screenshot2
このtexmf.cnfの内容は
screenshot1
となっています。


ここに、修正箇所だけを入れます。
screenshot1
これで、以下の設定でplatexでもPDFをインクルードすることができるようになりました!
screenshot1screenshot2

実際、確かめてみましょう!
screenshot1screenshot2

apple.xbbはありません。ここで、クイックビルドすると


( ̄▽ ̄;)!!ガーン

完全に寝ボケている。。。

ということで、この修正texmf.cnfを、sudoでフォルダ「/usr/local/texlive/2012/」にコピーです(^_^;)


screenshot1screenshot2



screenshot1screenshot2screenshot3
オオーw(*゚o゚*)w


このページのトップヘ