2009年03月21日

ダウト!フェイク三国志エヴォリューション

☆2月25日

『フェイク シティ ある男のルール』

フェイク シティ ある男のルール

 ベー師匠が出たはります。
 『ラストキング・オブ・スコットランド』以来、この人の笑顔は逆に怖すぎます。
 ぜったいなんかウラがあります・・・。

満足度:★★★☆(3.5点)


☆2月28日

『三国志』

三国志

 おそらくレッドクリフの尻馬に乗ったと思しき作品です。
 趙雲が主人公です。アンディ・ラウって確かに趙雲っぽいかも。
 とくに晩年の感じはなんとなくイメージにピッタリ。
 でも、映画の中身はめちゃくちゃでしたけど。
 しかし、ひさびさにサモハン観たわぁ・・・。
 そして、寝たわぁ・・・。疲れてたうえに、オープニングから駄作感満載だったので、開始10分から爆睡です。

満足度:★★(2点)


☆3月14日

『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』

ダウト 〜あるカトリック学校で〜

 地味〜にいつの間にやら、ソラリアシネマでだけこっそりやってました・・・。
 おっと、あぶない!思わず見逃すとこでしたね。
 オスカーWノミネーションのメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンの演技合戦が見応えありです。
 に、してもこの校長・・・あきれてものが言えん・・・。
 まぁでも、こういう性格異常っぽいクソババァ、たまに居ますよね。おいらの職場にも居るんよね・・・。まぁ直接関わらんでも済むんでいいけどね。
 それはそうと、この映画、またまたおいら好みな感じでよく出来てます。
 あちこちダウトがちりばめられまくってて、鑑賞後、多少のモヤモヤ感がのこりますが、そこがまたああだこうだ想像できたりして、あと引く美味しさです。

満足度:★★★★☆(4.5点)


☆3月15日

『DRAGONBALL EVOLUTION』

DRAGONBALL EVOLUTION

「おっす!オラ悟空!」
 とはさすがに言いませんでしたね。
 それはさておき、一応架空の世界みたいなんですけど、思いっきりアメリカナイズされた感じの舞台設定です。
 で、悟空のキャラ自体が、色気づきまくったティーン感満載のアメリカのガキって感じです。
 こんな悟空はイヤだ・・・。
 せめて、世間知らずな純朴なカッペ少年の設定にしてほしかった。
 チチとディープなチューをする悟空なんて見たくありません!
 端からこんなもんだろ・・・という仕上がりではありましたが、それなりに映画として評価しようかと思いましたが、やっぱ『ドラゴンボール』のイメージはアタマから消えません・・・。せめてキャラのイメージくらいは大事にしてよね・・・。

満足度:★★(2点)


・・・最近、観たい映画があんまりないので、今月はまだ2本しか観てません。
 とか言いながら、ただ、『バイオハザード5』に夢中なだけですけどね。でももうだいぶ飽きてきたので、ぼちぼち映画三昧に戻ることにします。



ti728 at 21:52│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔