在大量互聯網金融公司退出消費金融市場後,行業集中度加大,特許消費金融公司應運而生,長跑中獲得了馬力。今年到目前為止,中國22家消費金融公司中有6家增加了注冊資本。

「好現金」私人貸款計為香港初創公司提供信用低息貸款服務,讓有意在香港創業人士輕鬆獲得創業基金進行投資和營運。「好現金」私人貸款之貸款額最高可達120萬,還款期長達60個月,助你一步步,輕鬆實現創業夢!

最近,這家消費金融公司正計劃將收入與債務比率模型納入其風險控制決策,以防止過度負債在經濟下行周期中下降。

今年6月,即時消費金融增加了20億美元的戰略融資,注冊資本從22.1億元增加到40億元,僅低於外國資本農行消費金融的70億注冊資本,高於合資消費金融和中國銀行的消費金融。成為國內最大的資本消費金融公司。

“現在消費金融公司的資本能力非常重要,因為金融機構需要資金來支持風險和發展。通過老股東增持股份的比例,公司的權益資本達到40億,所有者權益有近60億。在資本能力方面,它得到了進一步加強。”消費金融創始人兼首席執行官趙國慶告訴21世紀經濟報記者。

香港的股票市場和中國內地的股票市場大不相同,為了加強直接的合作,於是兩地推出了滬港通,在上海可以買香港的股票,港股通就是在香港能夠買內地的A股,而深港通其實就是在深圳購買港股,而認股證其實就是我們內地的期貨在香港也稱為窩輪。

去年迄今,消費金融公司的業績出現了大幅增長。今年上半年,招商銀行合資消費金融的總資產達到607.4億元,收入和淨利潤分別達到30.4億元和6.04億元,分別比去年同期增長32.3%和11.6%。在行業中處於領先地位。盡管中國銀行(BankofChina)沒有公布上半年業績,但2017年的收入和淨利潤分別達到40.005億元和13.75億元,分別比去年同期增長70.65%和157.78%。它還是一家擁有2017年最高淨利潤的消費金融公司。

相關文章

深耕細分行業自信參與競爭

專家:量子計算機將“顛覆”現有的信息安全

深圳:建宣泄室 讓司機減壓

量子互聯網六階段發展路線圖出爐

經濟全球化離不開會展業國際合作


「われわれにかわってウルヴォンがやってくれるさ。ウルヴォンならわれわれが思いもつかん仕打ちをするだろう」
「そのウルヴォンとは何者なんです?」ブレンディグ将軍がたずねた。
「トラクの三番弟子だ」ベルガラスは答えた。「昔は三人いた――クトゥーチク、ゼダー、そしてウルヴォン。だが、いまはウルヴォンしか残っておらん」
「ザンドラマスのことがまださっぱりわからないな」シルクが言った。
「二、三のことはわかっているぞ。たとえば、現在の〈闇の子〉とは、ザンドラマスのことなんだ」
「それだとつじつまがあわないぜ、ベルガラス」バラクが野太い声をあげた。「なんでウルヴォンは〈闇の子〉の邪魔をしたがるんだ? ふたりは同じ側にいるんだろう?」
「そうではないようだ。あちら側の階級をめぐる意見には、食い違いがあるらしい」
「それはありがたいね」
「だが、ほくそえむのはまだ早いぞ。もう少し知りたいことがある」
 午後三時ごろ、レオンの南東部で最後までつづいていた狂気の抵抗が壊滅され、うなだれた捕虜たちが焼け落ちた町の街路を先導されて広場にいるその他の捕虜のもとへ連れてこられた。
 ガリオンとブレンディグ将軍はハラカンが住まいとしていた家の二階バルコニーに立って、喪服姿の小柄なドラスニア王妃と静かに話し合っていた。「捕虜たちをどうします、女王陛下?」ブレンディグ将軍は広場でおびえている捕虜たちを見おろした。
「真実を話して、自由の身にしてやるわ、ブレンディグ」
「自由の身に?」
「もちろんよ」
「わかりかねますね」
「マロリーのグロリムにだまされてアロリアを裏切ろうとしていたのだと聞かされたら、かれらも少しはうろたえるでしょう」
「かれらがあなたの話を信じるとは思えませんな」
「全員が信じなくてもいいのよ」ポレン王妃は落ち着いて答えると、黒い服のえりもとを直した。「すくなくとも一部の者には真実を悟らせることができるでしょう。そうすればかれらがそれを広めてくれるわ。熊神教がこのハラカンというグロリムにいいように利用されていたのだということが、知識として広く浸透すれば、新たな改宗者を得ることはずっと困難になるはずよ、そう思わない?」
 ブレンディグは考えこんだ。「おっしゃるとおりです」かれは認めた。「しかし、聞き入れようとしない者は罰するのでしょうな?」
「そんなことをすれば、専制政治になってしまうわ、将軍、統治者はつねに専制政治の出現を避けることに務めるべきなのよ――とりわけ、それが不要な場合には。真実が広まれば、南の諸王国を服従させるとかいうアロリアの聖なる使命をまくしたてるような者は、石つぶてをもって迎えられることになるでしょう」
「わかりました、それでは、ハルダー将軍はどうなさるおつもりです?」ブレンディグは真剣にたずねた。「ハルダーも逃がしてやるおつもりじゃないでしょうな?」
「ハルダーはまったく別の問題だわ。かれは反逆者よ、その種のことを野放しにしておくわけにはいかないわ」
「ここで起きたことを知ったら、やつは逃げようとするでしょう」
「見かけは当てにならないものよ、」ポレン王妃はぞっとするような微笑をうかべた。「わたしはかよわい女に見えるでしょうけど、おそろしく長い腕を持っているの。ハルダーは遠くへは行けないわ、つまりわたしの腕からは逃げられないということよ。部下たちにつかまれば、かれはボクトールへ連れ戻されて、鎖につながれ、裁判にかけられるでしょう。その裁判の判決がどう出るか、いまから容易に想像がつくわ」
1434435185_kyLuEniT

「失礼していいかな?」ガリオンはていねいにたずねた。「おじいさんと話しにいかなくちゃならないんだ」
「もちろんだわ、ガリオン」ポレン王妃はあたたかい微笑をうかべて言った。
 ガリオンが下へおりていくと、シルクとジャヴェリンはまだ緑の絨緞敷きの部屋で箪笥や戸棚をさがしまわっていた。「なにか役にたつものを見つけたかい?」ガリオンはたずねた。
「ええ、じつのところ相当ありましたよ」ジャヴェリンが答えた。「捜索が終わるころには、アロリア中の信者の名前がわかるでしょう」
「おれがつねづね言っていたことの正しさがこれで証明されるよ」書類に目を通しつづけながら、シルクが感想を述べた。「どんなことも文字に残しちゃならないってことさ」
「ベルガラスがどこにいるか知らないかな?」


「ぼくは本当に王になりたくなどなかった」ガリオンは慌てて言った。「きみを前の地位から追い立てるつもりなんて、まったくなかったんだ」
 ブランドはかれSCOTT 咖啡機評測をじっと見つめていたが、やがてゆっくりと笑みを浮かべた。「何でわたしが部屋に入るたびに不安そうな顔をするのか、やっとこれでわかったよ。それが原因で落着きがなかったんだね」
1413624W60S10-19604

 ガリオンは無言でうなずいた。
「ベルガリオン、あなたはまだわたしどもをよくご存じないようだ」ブランドは言った。「まだここに来られて一ヵ月ちょっとでは無理もない。だが、わたしたちはきわめて特異な国民なのだよ。〈鉄拳〉がはじめてこの地を踏んでいらい、われわれの祖先は三千年にもわたって〈珠〉を守り続けてきた。わたしたちが今あるのはまさにその目的のためなのだ。そして長年の歳月のあいだにわたしたちは他の人々がもっとも重きをおく自我の観念をすっかり失ってしまった。なぜわたしがただブランドとだけ呼ばれているのか、わかるかね」
「今までそんなこと考えてもみなかった」ガリオンは白状した。
「むろんわたしにはちゃんとした名前がある」ブランドは続けた。「だが人前でそれを使うことはできないのだ。代々の〈番人〉はみなブランドと呼ばれてきたので、その職務における個人的栄誉などというものはありえなかった。われわれ〈番人〉は〈珠〉に仕えるものであり、そのためだけに生きているのだ。それに実のとこ公開大學 學位ろを言えば、きみが来てくれたときはほっとしたんだ。わたしはそろそろ後継者を選ばなければならない時期にきていた。むろん〈珠〉の助けを借りながらだが、わたしには誰を選んでいいものやらまったくわからなかったのだ。きみはその手間をすっかりはぶいてくれたのだよ」
「じゃあ、ぼくたちは友人になれるんだね」
「もうすでにそうなっているんじゃないかね、ベルガリオン」ブランドは静かな声で言った。
「わたしたちは共に同じ主人に仕えている。そういったことは人と人を強く結びつけるものなのだよ」
 ガリオンはためらいがちにたずねた。「ぼくは王としてうまくやっているだろうか」
 ブランドはしばらく考えてから言った。「わたしだったらやらないだろうと思えることもいくつかはあったが、それは当然だろ公開大學 學位う。ローダー王とアンヘグ王でさえいつも同じことをやるとは限らない。まあ、人それぞれのやり方というものもあるからな」
「でもみんなぼくのことをおもしろがっているんだよ――アンヘグもローダーも、それから他の人たちも。ぼくが何かやるたびに、横からみんなで口を出すんだ」
「わたしだったらあまり気にしないでおくね、ベルガリオン。なにしろかれらはアローン人だ。連中はあまり王というものを重んじていないのだよ。またそのことで互いをからかいあっては楽しんでいるのだ。だから、かれらにからかわれている限りは大丈夫だと思っていい。だがもし、かれらの態度がまじめな堅苦しいものになったらそれは危険信号だと考えた方がいいだろう」
「そんなこと、今まで考えてもみなかったよ」ガリオンは素直にみとめた。
「まあ、そのうちに慣れるさ」ブランドは力づけるように言った。
 ブランドとの会話はガリオンの心をすっかり軽くしてくれたようだった。かれは護衛を引き連れて自室に戻ろうとしたが、途中で決心を変えてポルおばさんをたずねることにした。ポルおばさんはガリオンの古い長衣を入念に縫い直していた。そのすぐ横にじっと彼女を見守るアダーラの姿があった。娘はガリオンを見ると慌てて立ち上がり、ぎごちなくお辞儀した。
「お願いだ、アダーラ」かれはつらそうな声で言った。「ぼくらだけでいるときはそれをやめてくれないか。もういいかげんあっちで見飽きているんだから」そう言いながらかれは公務の部屋のある方をさし示した。
「陛下のお望みとあれば、そういたしますわ」アダーラは答えた。
「その陛下というのもやめてくれ。ぼくはただのガリオンなんだから」
 彼女はその静かな美しい目でじっとガリオンを見つめた。「いいえ、違うわ」彼女は答えた。
「あなたはもう〝ただのガリオン?ではないのよ」
 いとこの言葉に現実を思い知らされたガリオンは思わずため息をついた。
「よろしければ、失礼させていただきますわ」アダーラが言った。「これからシラー王妃のもとへ行かなければなりませんの。何でもご気分がすぐれないとかいうことなんですけれど、わたしがそばにいた方が落着かれるそうなので」
「きみがそばにいれば誰だって心が落着くさ」ガリっていた。
 彼女は愛情のこもった微笑を浮かべた。
「少なくともこれであなたも一縷の望みができたわけね」ポルおばさんは忙しく針を動かしながら言った。
 アダーラはガリオンを見やった。「わたしのいとこ殿はそれほどお困りになってるわけではありませんわ、レディ?ポルガラ」彼女は二人に向かって身をかがめると、静かに部屋を出ていった。
 ガリオンはしばらくあたりを歩きまわっていたかと思うと、椅子にどさりと腰をおろした。今日一日だけであまりにも多くのことが起こりすぎた。かれは突然、世の中にたいして激しい憎しみを覚えた。
 ポルおばさんはそんなかれを見ようともせず、針を動かし続けていた。
「何でそんなことをやってるんだよ」ガリオンはついにかんしゃくを起こした。「もうぼくはそんなもの着やしないのに」
「でも、ちゃんと繕っておかなくちゃいけないのよ」彼女は穏やかな声で答えた。
「ここには使用人がごまんといるのに、何でおばさんがそんなことまでしなくちゃいけないんだ」
「わたしは自分の手でやりたいのよ」

↑このページのトップヘ