2010年07月28日

天津ライフラインのブログお引越し!

1年半お世話になったライブドアブログからお引越しすることになりました!

せっかくこのブログを沢山の方に見ていただけるようになったので(毎日約70名の方が来てくださっています!)できればここで続けたかったのですが、写真が表示できない状況が全然改善されない。。

ということで、今日からアメーバブログに引越しです。

天津ライフラインのブログ2  ←ここをクリック!
http://ameblo.jp/tianjinll/


これからは写真を沢山載せていくつもりなので、少しでもみなさんの天津生活のお役に立てられればと思います!頑張ります!

ぜひこれからもご覧になってくださいね

tianjinll at 18:50コメント(0)トラックバック(0)* ひよこ娘mocha *今日の天津 

おいしい松茸あります!


ライフラインは秋まで

松茸の販売を始めました。

長白山の天然松茸です。
ミネラルウォーターにもなる長白山の渓流で自然に育ちました。

Sサイズ 280元
Lサイズ 500元
(各1キロ 約12本入り)

ご注文いただいてから収穫、丁寧に梱包して届きます

ご注文からお届けまで3日間。


パッケージ
CIMG8262

Sサイズ
CIMG8260


Lサイズ
CIMG8261

写真が見られない人はこちらをご利用下さい↓
https://aniscartujo.com/webproxy/

ご注文、お問い合わせは
ライフラインまで


tianjinll at 15:40コメント(0)トラックバック(0)* ひよこ娘mocha *天津生活情報 

2010年07月23日

こうもりパニック!

昨日の深夜、ひよこ娘の家にこうもりが出現しました

突然の音が怖すぎて、しばらく布団の中で現実逃避。。
こうもりが室内で飛んだらすんごい音って知ってました?笑

寝室をばたばた飛び回ったあと、隣のリビングにいったので慌ててドアを閉める。
ドアの隙間から謎の飛行物体は、こうもりだと確認。

「羽を広げると意外におっきいなぁ。。」と思いつつ、そのまま何もなかったことにして、リビングに放置。寝ました。

「なんか
爆音で飛び回ってるし、こうもりも狂犬病があるらしいし、危ない。うん。」と自己完結したのですが、要は怖かっただけ

さすが夜行性、一晩中隣の部屋を飛び回るこうもり
愛犬マメは興味深々らしく、ドアを見つめ、しきりに首を傾げてました。

朝探したけど発見できなかった。。リビングは密室だったので絶対いるはずだから、物陰で寝たんでしょうか?

帰ったら門衛さんに捕獲協力をお願いしよう。。。
それにしても11階で窓も全部締め切ってたのに、一体どこから入ったんだ!恐るべしこうもり

もし狂犬病のこうもりだったら糞からも感染するっていうし、室内消毒液も買って帰らなくちゃ
とんだ騒動でした。(まだ解決してないけど。)



今スタッフに「部屋で死んでたりしてね。ははは」って言われた。。生きてるのも勘弁だけど、死んだこうもりはもっと無理かも。。怖すぎ!!


tianjinll at 11:25コメント(6)トラックバック(0)* ひよこ娘mocha *今日の天津 

2010年07月22日

おしゃれレストランその2


誠基中心の洋食レストラン 海納金


夜も当然雰囲気がいいですが、お昼のランチもおすすめです。

ランチはなんと28元から
メイン、パン、サラダ、スープがついています。
お徳ですね!

近くに行ったときはぜひ試してみてください

お店のHPです。写真があります。


tianjinll at 12:51コメント(0)トラックバック(0)* ひよこ娘mocha *食べる 

2010年07月19日

おしゃれバーに行こう!


古堡35



ご存知の方も多いと思いますが、とってもおしゃれなお店。

メニューの半分がワイン?!という位ワインの種類が豊富です。

ひよこ娘個人的にはハンバーガーがなくてがっかりでしたが、ラザニアが美味しかった!

古堡35 ←写真がたくさん載っています。


天津もこういうお店が増えてきて嬉しいですね

天津市和平区常徳道79号対面(華光中学隣)
2331ー5678


tianjinll at 14:13コメント(1)トラックバック(0)* ひよこ娘mocha *食べる 

2010年07月11日

完全帰国

 ご無沙汰していたたくろーです。

 今日は11日。ということは明日の船で僕は帰国します。

 2005年から天津で生活してほぼ5年になります。
 2007年からは大学も卒業し、社会人として天津で生活してきました。

 そらぁもういろんなことがありました。
 でも、明日帰国です。帰国してしまえば生活の基盤は日本に移すつもりで、天津に旅行で来ることはあっても生活することはしばらくはないでしょう。 

 6月いっぱいで仕事も辞めたので7月からは仕事にも行かず、のんびり暮らしていました。
 友人と会うたびに「どうせ帰ってくるでしょ?」と言われます。
 それくらい僕は天津になじみ、天津生活を楽しんでいるように見えているのでしょう。ま、自分でもそう思うので、そう言われるのは仕方がないと思います。

 天津の友人たちと別れるのは非常に寂しいです。
 家で飼っているすっぽんと別れるのも相当寂しいです。
 天津という街と別れるのが非常に寂しいです。
 しかし、寂しさはよい出会いの証明ですので、みんなとの別れを寂しく感じられているということは、僕は幸せなのでしょう。

 というわけで明日天津を離れます。
 皆さんお元気で。

 そして、10月か12月に遊びに来ようと思ってます(はやっ!)

                           たくろー

tianjinll at 19:00コメント(2)トラックバック(0)* たくろー *住む 

2010年07月07日

天津で夜間急診!


先日ひよこ娘の友人がじんましんが出て夜中に病院(第一中心)に行きました。

中国の病院は日本とシステムが違うので最初は混乱する人が多いと思います。まして夜間の急患で病院に行ったらパニックになる人もいるかも。。ということで、今回は夜間急患の手順(第一中心バージョン)をご紹介。

1、病院に行く (今病院の前の道、白堤路は工事の為、病院入り口を見つけるのが困難。落ち着いて探しましょう。)

病院に入ったら、「急診」の「内科」と「外科」に分かれています。
受付付近には「薬房」「挂号」「清算」の3つの窓口があり、急患であっても自分で3箇所を回る必要があるので、付き添いは必須です。

2、「挂号」(GUA4HAO4)窓口に行って、診察ナンバー(挂号)と電子カルテ作成の為に書類に記入する。(名前と電話番号、自費or保険の記入だけでいい)
カルテ作成費は2元

3、内科の診察室を探すに行く。
薬や注射が必要な場合、先生から紙を渡される。

4、「清算」窓口へ。費用を払う

「薬房」窓口へ。薬や注射をもらう。(服用方法が記されたレシートがもらえる)

6、注射が必要な場合は、看護婦さんを探しに打ってもらう。
看護婦さんは緑のナース服を着て歩き回っている。紙を見せると検査・処置室で注射を打ってくれる。

7、帰宅


中国と日本の病院の一番違うところは、薬や注射を先に購入することだと思う。
自分の目で使われる薬品を確かめ、費用を払ってから、治療が行われる。そのため、診察→支払い→薬購入→治療 と患者本人(または付き添い)が病院内をうろうろする必要があり、勝手を知らない病院だと苦労する。
でもその分、「治療を受けたものの思ったより高額だった。。」と支払いの時にお財布の心配をする必要はないし、医者になぜこの薬が必要かを確認し、不要だと感じたものは購入する必要はない。

ちなみに、今回の友人じんましん騒動では、薬と注射を打ったにも関らず治療費はなんと3元!!!衝撃ですね。


中国語が不安な方はライフラインまでご連絡くださいね。
24時間365日医療通訳対応してます。


tianjinll at 11:26コメント(0)トラックバック(0)* ひよこ娘mocha *健康 
天津情報記事を検索
にほんブログ村
TrackWord
おすすめ
天津ライフライン
  • ライブドアブログ