天空更蓝

中国語(2011.04.15-現在)
英語(2015.09.19-現在)
上海话(2016.4.3-現在)

今年のヴァーチャル夏休みは英語を読む

 今年もヴァーチャル夏休みに参加させていただくことにした。
 参加方法は簡単で、夏休み中にする課題を決めて、それについてTwitterでtweetするとき、 #vana9 というハッシュタグをつけるだけ。
 
ヴァーチャル夏休み
 
 今日で6日目。三日坊主2回分がすんだのでここに書いてもいいかな、ってことで。
 
 今年は英語の記事を毎日一つずつ読むことにした。
 本は、CNN ENGLISH EXPRESS April 2017を使っている。
 


 
 もちろん私には難しすぎて、たった数行の記事を辞書をひきひき頭を抱えて、15分20分かけて読んでいる。
 
 いつも薄ぼんやりと「英語ができたらいいなあ、英語の本が読めたら最高なのに」と思っているくらいなので、ちっとも勉強に熱が入らないんだけど、今回はもう少し具体的な目標がある。
 
 英語のニュースが読めるようになりたい。
 今年の上半期、不安なことがいろいろ起こったので、世界情勢を知るために、英語のニュースが読めるようになりたいと思った。
 
 話せなくても書けなくてもいい。読めればいい。聞ければそりゃもっといいけど、とりあえず、読めればいい。
 ということで、英語のニュースが読めるようになるためには読むしかない、ということで、始めてみた。
 
 普段思ってはいても、腰が重いというか、なかなか始めるきっかけがないので、こういう機会に巡りあえたこと、与えていただいたことに感謝したい。
 
 今、学び始めの、あの、「わかるって楽しい」という感覚を味わっている。
 まずは8月31日まで続けたい。
 

 
 
 

『中国語解体新書』の音読

 中国語解体新書


 
 NHKラジオの講座を聞いてから、密かに丸尾誠先生のファンなので、この本を買った。
 
 この本に載っている文を听写したあと、50回音読して、録音する。
 ひとつの文章が60字前後なので、听写も音読もさほど億劫にならずに始められるのがありがたい。
 出てくる単語や文章は難しくないので、見れば意味はわかる。見てわかる文章を、聞いてわかるようにするのが目的。
 
 Instagramで昨日を1日目として听写の100天挑战を始めた。ーーと、自分を追い込むために書いておく。
 

 

 

 

 

 
 
 
にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村 
 
 

第3課終わり。オンライン中国語レッスンはしばらくお休み

【授業回数】
 オンライン中国語レッスン124回目。
 Zx老师10回目。
 
【フリートーク】
 この先生はフリートークはいつもほぼない。それで今日はこの先生の授業を受けることにした。
 オンライン中国語レッスンは今日で一旦終わりにして、2ヶ月休んだ後、また9月から再開する予定。
 だから今日の授業で第3課を終わっておきたかった。
 
【教科書の進度】
《汉语口语速成 中级篇》第3课 练习 五 〜 六 (第3課終わり)
 
【授業メモ】
・一蹶不振 (yi4 jue2 bu2 zhen4) 一度失敗したら二度と立ち直ることができない
 蹶 (jue2) 転ぶ、失敗、挫折
 振 (zhen4) 奮い立つ、奮い起こす、奮起する
 
・小伙子连走都走不稳,哪会跑呢?
 小伙子连站都站不稳,哪会跑呢?
 この「连〜都…」はこのまま覚える。(この二つの文の何を目新しく感じているのか、理由はもちろんあるけど、うまく説明できない)
 
・吃得苦中苦,方为人上人。
 苦中苦 = 非常大的苦
 方… = 才能…
 
・三人行,必有我师焉。
 三人でやると、必ず自分が模範にしたいと思う人がいる。
  
【感想】
 問題文は全て読んでから答えるんだけど、最後の报告だけは読んでいる時間がないと思ったので、「内容は理解しているので、回答させてください」とお願いして、第3課を最後まで終えることができた。 
 とりあえずきりのいいところで終われた。
 
 夏は人の出入りが多いし、忙しいので、落ち着いて授業が受けられないと思うのでお休みすることにした。
 
 9月にHSK6級を受けようかと思っているんだけど、まだ少し迷ってる。受験料が高いし、朝早いし、なにより自信がない。
 受験申し込みの締め切りまでまだ少しあるので、ちょっと勉強してみて、なんとかなりそうなら、受けようかなあ。
 
 
 
にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村 
 
 

『東京奇譚集』村上春樹



 
【紹介】
 短編集。日常の中に起こった常識から少しずれた出来事が描かれている。
 
【感想】
 学生のとき、半強制的に『ノルウェーの森』を読まされて以来、正直に言って、ずっと村上春樹さんの小説が嫌いだった。登場人物は不愉快だし、もってまわったような表現が多いし、ストーリー展開もなんだかイラつくし、彼の作品など二度と手に取るものかと思うくらい嫌いだった。
 
 でも世の中には村上春樹さんの作品が好きな人がたくさんいる。海外での評価も高いと聞く。
 私が理解できないだけで、面白いのか? と思い、そのときちょうど上梓されたばかりの『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読んでみた。失敗した、と思った。ますます彼の小説が嫌いになった。
 
 最近、どこだったかのブログで、筆者は村上春樹さんの作品が好きだけど、嫌いな人も理解できる、と書かれている記事を見つけた。嫌いな人は、『ノルウェーの森』か『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』しか読んでいないのではないか、と書かれていた。
 ドンピシャだった。
 筆者によるとこの二作品は村上春樹さんの作品の中でも特異な作品なのだそうだ。
 筆者は村上春樹さんのエッセイを勧めていらした。面白いのだそうだ。
 
 じゃあ試しにエッセイを一冊と思ったのだけれど、私はもともとエッセイをあまり読まない。できれば小説で、面白さを体験してみたかった。
 その筆者が最初に読んだと書いていらした小説も見てみたけれど、文体が、肌に合わなかった。ときに、村上春樹さんは翻訳もされるから翻訳調の日本語になることもあると思えば、とおっしゃる人もいるけど、嫌いから入る私にしてみれば、「どうしてこっちがその辺を差っ引いて読まないといけないのか」と思ってしまう。
 
 それで、しばらくこのことは忘れていたのだけれど、おととい本屋でこの『東京奇譚集』に出会った。パラパラ見てみたら、さほどカンに触る文体でもない。
 
 今朝から読み始めたのだが、存外に面白い。家事の合間合間の二、三時間で読み切ってしまった。
「村上春樹はファンタジー作家だ」とおっしゃる人がいるが、確かにそうかもしれない。
 一つの話以外、普通の日常にちょっと変わったことが紛れ込む。理由も原因もわからない。ただそこにあるだけ。認識し、感じ、ときに受け入れるだけの不思議。
 三十年来の村上春樹嫌いだった私だけれど、この本はとても面白かった。(ただし、淳平とそのメンタリティはやっぱり嫌い)
 
【読書期間】
 2017.7.12
 
【その他】
 


 


 
 
 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
 
 

越学越难

【授業回数】
 オンライン中国語レッスン123回目。
 W老师17回目。
 
【フリートーク】
 前回专家观点をやったのだけれど、注释が終わっていることを言い忘れたので、授業後いただくコメントの返事に、今日は练习をやりたいと書いておいた。
 挨拶もそこそこに授業。
 
【教科書の進度】
《汉语口语速成 中级篇》第3课 练习 一 〜 四
 
【授業メモ】
・着实:①副词。表示肯定:这孩子功课着实不错|这几年上海变化着实巨大。②结实,有力量:着实地说了他几句。着实,一般用于陈述句中,表示对于某一事物特性的着重强调。有可能会有上下文语境,一般不需要。
 
・实在:①形容词,表示人的扎实,地道,不马虎(例:他这个人很实在) ②副词。表示真的,的确,确实
(例:我实在没有时间去教你中文)
 
 实在には形容詞としての用法がある。 
 着实と实在が副詞として用いられるとき、その違いは程度。着实の方が意味が強い。程度的深浅。
 
・适应 (shi4ying4) 適応する、順応する、添う
 
・无缘无故 なんの理由もない
・无声无息 音も気配もない、誰にも知られない

・有增无减 増えるが減りはしない(〜はあるが〜はない)
・有意无意 故意にか知らずにか、なんということもなしに(あるようなないような)
 
・大吃大喝 派手に飲み食いする
・大红大绿 彩が派手である
・大红大紫 人気者になる、売れっ子になる
・大操大办 冠婚葬祭の儀式を盛大に行う
 
・一年不如一年 年々悪くなる
 
・没有一样能学好
 一样 = 一种、一个
 
・功底 基礎的な技能
 
【感想】
 質問って、中国語をある程度勉強してから、できるようになった。それまではただ与えられたものを覚えるだけ。
 汉语越学越难。
 
 
 
にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村 
 
 
最新コメント
Amazonライブリンク
記事検索