2005年11月18日

KAT-TUN ワールドグランドチャンピオンズカップ2005 画像

KAT-TUN ワールドグランドチャンピオンズカップ2005 画像

2005.11.15 Tue   ワールドグランドチャンピオンズカップ2005・女子
19:00-20:54 日本テレビ独占
東京大会・東京体育館

イメージキャラクター・KAT-TUN

KAT-TUN(カトゥーン)は、ジャニーズ事務所に所属する6人組の日本の男性アイドルユニットである。

ライブ活動やTVで大活躍するほか、出演CMではオリジナル曲がタイアップに起用されている。DVDや写真集なども出し大ヒットとなっているが、未だCDデビューは果たしていない。

「johnny's Web」(ジャニーズ事務所の公式携帯サイト)では最新情報はもちろんのこと彼らの日記が読める。

メンバー
※K,A,T,T,U,Nと頭文字の順となっている

K:亀梨和也(かめなし かずや、1986年2月23日、栃木県出身)B型。通称「カメ」
A:赤西仁(あかにし じん、1984年7月4日、東京都出身)O型。通称「じん」
T:田口淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日、神奈川県出身)AB型。通称「じゅんの」
T:田中聖(たなか こうき、1985年11月5日、千葉県出身)B型。通称「コーキ」
U:上田竜也(うえだ たつや、1983年10月4日、神奈川県出身)B型。通称「たっちゃん」
N:中丸雄一(なかまる ゆういち、1983年9月4日、東京都出身)O型。通称「ゆっち」
[編集]
ユニット名の由来
メンバーの苗字の頭文字であり、「カートゥーン(cartoon)」や「勝つ運」ともかけている。「KAT」と「TUN」の間にある「-(ハイフン)」は「ファンの皆様」を意味する。


略歴
2001年4月にNHK『ポップジャム』の司会を務める堂本光一の専属バックユニットとして結成。ジャニー喜多川の急な一言で結成されたユニットなのではっきりした結成日がわからない。

結成直後から人気が上昇し、2002年8月には東京国際フォーラムで行われた初の単独コンサートでは、3万人の応募枠に55万人の応募が殺到した(事務所発表)。また、同月27日、大阪・松竹座にて1日11回の公演を行い、同事務所の先輩であるTOKIOとV6が持っていた1日10回の日本記録を塗り替えた。

2003年にはファーストコンサートの模様を収めたDVDが発売され、CDデビュー前のアーティストとしては初の、オリコンDVD・VHS・総合チャート1位の三冠を獲得。8月には初の東名阪アリーナツアーを行った。同月、フジテレビジョン開局45周年記念イベント「お台場冒険王」企画の一環で『KAT-TUNの大冒険de SHOW』と題したイベントを開催。

2004年1月、帝国劇場で行われた滝沢秀明(タッキー&翼)主演の舞台『Dream Boy』に出演。同年5月に大阪・梅田コマ劇場で行われた同演目のKAT-TUN&関ジャニ8編では亀梨和也が主役に抜擢された。

さらに同年8月にはジャニーズの歴史を紐解くエンターテイメントショー『SUMMARY』が原宿ビックトップで開催され、NEWSと対決するという演出で共演した。

同年12月28日から年を跨いで、「KAT-TUN Live 海賊帆(かいぞくばん)」と題した東名阪アリーナツアーを行い、1月5日2部、横浜公演ラストの回にて、KAT-TUNとして100公演目を達成。観客動員数は延べ55万人を達成した。

2005年1月〜3月、メンバーの赤西仁・亀梨和也がドラマ『ごくせん』(日テレ系)に生徒役で出演。記録的な高視聴率を獲得した。これによりジャニーズファン以外にはあまり知られていなかったKAT-TUNへの一般的な注目度が上昇。続けて同年4月〜6月、メンバーの赤西仁がドラマ『anego』(同)に新入社員役で出演し、人気が急上昇した。

同年5月3日に発売された2枚組DVD『KAT-TUN Live 海賊帆(かいぞくばん)』は初動売上枚数12.9万枚でオリコン音楽DVD初動売上枚数歴代3位、2度目のDVD総合チャート1位を記録した。

一方、同年3月には横浜アリーナで2日間のスペシャルコンサート「Looking KAT-TUN 2005」を開催。6月には同追加公演として東名阪地区から拡大の初の全国ツアー(全5箇所)を開催。さらに8月には追追加公演が横浜アリーナで行われた。

同年11月開幕のバレーボールワールドグランドチャンピオンズ杯2005(日テレ系で放送)のスペシャルサポーターに抜擢された。

2005年11月2日、亀梨和也が山下智久とW主演のドラマ『野ブタ。をプロデュース』の主題歌『青春アミーゴ』でCDデビューする。(期間限定ユニットとして、ドラマの役名の「修二と彰」として)

[編集]
作品
[編集]
オリジナル曲
ハルカナ約束
Le ciel〜君の幸せ祈る言葉〜
ピカピカ
LOVE or LIKE(赤西作詞)
My Angel, You Are Angel(滝沢秀明作曲)
HEARTBREAK CLUB
ノーマター・マター
オリジナル・ブルー
愛はいつも追いかけるモノ
ど〜にかなるさ
RED SUN
FIGHT ALL NIGHT
離さないで愛(亀梨ソロ(堂本剛作詞作曲))
Peaceful days
DESTINY
NEVER AGAIN
ツキノミチ
Hesitate(赤西作詞ソロ)
I LIKE IT
Messenger
GOLD
CLAP〜今日より明日〜(中丸&田中作詞)
Love in snow(上田作詞作曲ソロ)
REAL 7(田中(JOKERとして)作詞ソロ)
ムラサキ(赤西作詞作曲ソロ)
絆(亀梨作詞ソロ
期間限定ユニット"修二と彰"のCDシングル「青春アミーゴ」のカップリングに収録。
作曲・編曲:馬飼野康二
「ごくせん」の挿入歌でもある)
Oh−E−Oh!太陽のSalsa!
Rockin'(田中(JOKERとして)作詞)
WILDS OF MY HEART
PRECIOUS ONE
pieces(上田作詞作曲ソロ)
understandable(中丸作詞ソロ)
care(赤西作詞ソロ)
SHE SAID...
DRIVE ME DRIVE ON
Freak out〜Try me one time,Try me one night.〜
ビバップタイム(田口ソロ)
青天の霹靂
フリーズ
ha-ha(赤西作詞ソロ)
夏の終わり(亀梨ソロ)
カキゴオリ(上田作詞作曲ソロ)
Shooting Star(中丸作詞ソロ)
King of Hip-hop Road. R-16〜to baby〜(田中作詞ソロ)
夜明け前(田口ソロ)
GLORIA(馬飼野康二による作曲・編曲)
[編集]
DVD・VHS
お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!(2003年)
KAT-TUN Live海賊帆(2005年)
[編集]
写真集
KAT-TUNファースト写真集(2003年)『KAT-TUN 1st in New York』(ワニブックス社刊)hh
[編集]
出演
[編集]
バラエティ
ポップジャム(NHK、2001年4月〜2002年3月に出演)
裸の少年(テレビ朝日系、2001年4月〜)
THE夜もヒッパレ(日本テレビ系、2002年に準レギュラー)
ザ少年倶楽部(NHK BS2、2004年4月より司会)
ミンナのテレビ(日本テレビ系、2005年4月〜2005年9月)
バリューナイトフィーバー『KAT-TUN×3』(日本テレビ系、2005年7月30日・8月6日単発)
歌笑HOTヒット10(日本テレビ系、2005年10月〜)
KAT-TUNだ!グラチャン応援プロジェクト(日本テレビ系列、2005年10月1日〜)
ミュージックステーション(テレビ朝日系、不定期)
[編集]
ドラマ
3年B組金八先生第5シリーズ(TBS系、1999年12月〜2000年3月)-亀梨
ネバーランド(TBS系)-田中
anego〜アネゴ〜(日本テレビ系、2005年4月〜6月)-赤西
ごくせん(日本テレビ系、2005年1月〜3月)-亀梨、赤西
金田一少年の事件簿吸血鬼伝説殺人事件(日本テレビ系、2005年9月24日)-亀梨(田中・中丸が友情出演)
がんばっていきまっしょい(フジテレビ系、2005年7月〜9月)-田口(第4話より代役)
野ブタ。をプロデュース(日本テレビ系、2005年10月15日〜)-亀梨
[編集]
CM
ロッテ『クランキー』
ロッテ『プラスX』(CM曲に「Le ciel〜君の幸せを祈る言葉」、『ノーマター・マター』を使用)
任天堂『ダンスダンスレボリューション With マリオ』(亀梨和也・赤西仁)
ロート製薬『もぎたて果実』
ロート製薬『ロートCキューブ』
「DOCOMO」FOMAシリーズ(亀梨和也・赤西仁)
[編集]
舞台
帝国劇場 SHOCK(2000年11月、2001年12月・2002年1月、2002年6月、2003年1月)
帝国劇場 Magical Musical Dream Boy(滝沢秀明主演、2004年1月)
梅田コマ劇場(現梅田芸術劇場) Magical Musical Dream Boy、KAT-TUN & 関ジャニ8編(2004年4月〜5月)
梅田コマ劇場(現梅田芸術劇場) Magical Musical Dream Boy、滝沢秀明編(2004年5月)
原宿・新ビッグトップ Johnny's Theater SUMMARY(2004年8月)
梅田コマ劇場(現梅田芸術劇場) Hey! Say! Dream Boy(2005年4月、5月)
帝国劇場 Dream Boys(KAT-TUN VS 関ジャニ∞、2006年1月)

修二と彰

外部リンク
KAT-TUN.JP
KAT-TUN薬
「johnny's Web」(ジャニーズ事務所の公式携帯サイト)携帯のみ
"http://ja.wikipedia.org/wiki/KAT-TUN" より作成

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ticket1/50242356