5年3ヶ月という長い年月がかかりましたが
無事に日本の永住権を取得しました。

「アメリカの国籍を得たのに
何故わざわざ日本の永住権が必要なのか」

と、みんな疑問に思うようですが
一番の理由は
「将来の選択肢を広げたい」
です。

もし自分が70歳になった時に
主人に先立たれたら
一人でアメリカには住みたくないので
日本に帰って来て姉と住みたいのです。

その時に在留資格を申請するのに
この書類、あの書類と準備するのは
大変です。

その時のために早いうちに
環境を整えておきたいのです。

あっ、内緒ですがこういうことを
申請理由にしてはいけませんよ。


一般的に永住権のメリットは
「更新をしなくていいこと」
と言われています。

更新の際に何かの都合で却下されれば
不服申し立てができないので
在留資格を失うことになります。

一方、デメリットは
「弁護士を雇うので費用がかかる」
と言われています。

海外の人達にとっては手続きが複雑なので
弁護士を雇う人が多いよう。
私はもともと日本人なので自分で申請しました。

もうこれで出入国管理局に行くことも
ないわ、と思っていたら
7年ごとにカードの更新をしなくては
いけないようで。
審査はないので安心なのですが
ちょっと面倒だな~と思います。

20代でアメリカのグリーンカード取得
30代でアメリカ国籍取得
40代で日本の永住権取得

さて、50代はどうなるのでしょうか。
また何かを取得するのに
奮闘するのでしょうか。

何にしてもいつも応援してくれる
姉と父に感謝です。