記事の分類(クリックすると、記事のリストを表示します)  

環境&新知識  健康・生活   独立2〜4年目  独立5年目  独立6年目  独立7年目以降

  日記風(開業の次の年)  日記風(開業以降〜?)  日記風(退職〜独立の約10か月)


翻訳に役立つソフトや書籍など  技術者として  パソコン・インターネットの活用  印象深いヒト、本、音楽

フリーランス翻訳者へのアプローチ   ブログに慣れる  翻訳者として  外国  写真  映像  ボランティア・寄付

  ブログ主のプロフィール   最近撮った写真集(Instagram)

投稿リスト  翻訳作業報酬雑感集     脱サラからフリーへの歩み     「脱サラ→フリー」によって変わったこと   

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ ←ブログのランキングバナーです。1日1回クリックで応援してね!

2017年06月21日

興味を覚えた書籍170621



(カレーなる本棚。東オフィス最寄り駅に隣接したスーパーにて)

6月は、仕事に没頭しなければいけない日と、全く仕事がなく東西両オフィスでの雑用にいそしむ日とが混在している。余裕の少ない納期で仕事を請け、納品後は何日か打診がないというようなパターンが続いているため。

したがって、興味を覚えた書籍はウェブで見つけたものが主体。ざっと以下の通り。










  続きを読む

2017年06月17日

先日強行採決された改正組織犯罪処罰法の論点

改正組織犯罪処罰法が成立し、「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」が新設されることになった。





森友・加計学園をめぐる問題で国会が紛糾し、政府・官庁の情報隠しが横行する中、安倍首相の身内というか、政権の主義主張に都合の良い立ち位置の人を優遇するよう行政機構が動くよう仕向けている(又は周囲の人たちが忖度している)ような図式についての実態がいつまでも明らかにならず、問題の核心にいるはずのキーパーソンの国会証言を認めず、さらには証拠資料の隠蔽と消去が進められている昨今、この法案が持つ危険性が現実になるのではないかという不信感がずいぶん高まっている。

国会審議時間は短く、金田法相の説明は要領を得ない。にもかかわらず、連立与党の議員らは、「説明を真摯に行った」とか、「戦前の治安維持法とは全く違う」とか、「一般人(定義不明瞭)に捜査の手が及ぶ心配はない」など強弁している。

「運用によっておかしなことにはならないようしっかりした歯止めがある」との主張には耳を傾ける必要はあるが、昨今の安倍政権のように官邸主導で行政が国民の不信に応えられない状況を作ってしまうのなら、そういう歯止めが機能せずにこの法律の持つ怖い側面が現実化してしまうのではないか。そういう不安が今日の政権批判の高まりを招いているように感じる。
  続きを読む

2017年06月16日

『通訳・翻訳ジャーナル』誌が産業翻訳者に対するアンケートを実施中

次号の『通訳・翻訳ジャーナル』(8月21日発売)の制作に向け、産業翻訳者の方を対象とした「トライアル」に関するアンケートを実施しています。皆様、ご協力お願い致します。謝礼も用意しています。


詳細はこちらを参照のこと。

こういうアンケートには積極的に回答することにしている。謝礼もあるし、伝えたいコメントも記入できそうだし………  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 08:30Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2017年06月13日

東電元会長ら6月30日に初公判 原発事故で強制起訴

111007福島第一原発


業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人とは、勝俣恒久元会長(77)、武藤栄元副社長(66)、武黒一郎元副社長(71)である。勝俣氏と武藤氏に関しては、事故直後の記者会見やテレビ報道に頻繁に登場したので、まだ顔を覚えているが、武黒氏の顔は浮かばない。事故直後は、「フェロー」という役職で政府首脳への情報提供や、東電本社と現地免震重要棟との意見調整などに尽力した人だと思う。

2017年5月25日付けの日本経済新聞記事によると、初公判が6月30日に開かれることが決まった。これにより、原発事故の刑事責任が争われる初めての裁判が始まる、とのこと。事故発生前の福島第一原発の安全対策について関与した人は相当な数に上るであろうから、特定の少数の者に責任を強いるのはどこか不自然な感もあるが、被災者 vs. 原発運転・所有者という図式で見ると、これだけの大災害を引き起こしてしまったのにその責任機関の誰1人として刑事責任を課されていないこともまた認め難いように思われる。

この裁判の行方は、今後各地で原発再稼働を進めている電力会社の経営層の態度にも影響を及ぼすものと思われる。裁定にはおそらく長期を要するだろうから、超長期的にモニターする対象として記憶に残しておきたい。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 19:00Comments(0)TrackBack(0)技術者として

2017年06月12日

翻訳以外のまとまった仕事を紹介された体験をいくつか(加筆の上再掲)




脱サラしてフリーランス翻訳者を目指したのは、12年前、40代末期。それまでは、研究開発現場の解析検討グループのスタッフ管理職として実験結果の解析や評価を主業務とし、国内外の諸機関との共同研究や成果発表を行っていたので、何百通も出した退職通知の内容を素直には受け取ってもらえず、「『どの組織にも所属せずに翻訳者を目指す』と書いてあるけど、すぐには難しいでしょう。実は、〜〜という仕事があるんだが、何らかの形で参加してみないか?」という類いの申し出を受けたことが何度かある。

そういう働きかけに対しては、仕事内容や条件を問い直すと話がややこしくなるので、「おっしゃる通りフリーランス翻訳者になるのはとても難しいので、当面は全力で道を拓くことに専念したい」というタッチで、ことごとくそういう申し出をお断りしてしまった。

今振り返ると、そういう申し出は、私のような経歴を持った人間が組織から離れたときに、それなりの組織を管理する人間が「やらせてみよう」と考える仕事内容の典型例かもしれないので、この機会にまとめておくことにした。特定組織名を示さないようぼかした内容に編集してあるので、読んでいてもどかしく感じられるかもしれないが、あくまで参考情報として流し読みしていただければ幸いである。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 20:00Comments(2)TrackBack(0)フリーランス生活

2017年06月11日

Audible(オーディブル)使用記録(2017年5/11〜6/10)




最近約1カ月のAudible(オーディブル)使用記録である。この期間に聴いた主な本は以下の通り。

鈴木 光司の「エッジ 下」を聴き終えた。

人生を変えるスティーブ・ジョブズ スピーチ 〜人生の教訓はすべてここにあるを聴き終えた。

赤瀬川 隼の「ダイヤモンドの四季」(ことのは出版)を聴き終えた。

「オルゴール」(著 伊集院静)【朗読CD文庫】 を聴き終えた。

石田 衣良の「40 翼ふたたび」を聴き終えた。

以下、ツイッターの記録である。  続きを読む

2017年06月10日

Kindleのメモ・ハイライト情報が使いやすくなった

Kindleで本を読むとき、印象に残った箇所をハイライトさせたり、メモを残すことができる。これらの箇所は、個人のkindleサイトのYour highlights(Amazon IDでログイン要)に保存されている。

ところが、このサイトの記載フォーマットは、テキストがずら〜〜っと羅列されたものであり、所蔵kindle本が増えていくと、お目当ての本とハイライト部を探すのに骨が折れた。

今回その改善策が実施された(下の写真参照)。従来のページはそのままだが、別のページで視認性が良い表示フォーマットが提供されたのだ。このページにアクセスする【URL】は、 https://read.amazon.co.jp/kp/notebook である。

Kindleハイライトとノート


画面の左側に所蔵するkindle本のアイコンが並び、いずれかをクリックすると、その本に関するメモ・ハイライト情報が表示される。これらは、コピー・ペーストすることができる。読書ノート作成や、ブログ等への記載内容の引用の際には、とても役立つ。   続きを読む

2017年06月09日

退職を決定づけた仕事(の1つ)




39歳の春(3月末)、最末端管理職となり、遠隔地(元勤務先の西拠点)へ異動することが決まったと告げられた。青天の霹靂であった。その地への転勤について事前に打診されたこともないし、一般論として遠隔地への異動を受け入れられそうかどうかも質問されたことがなかった。

「騙された」、「計られた」と思った。「ずるい」とも思った。部の送別会では、居並ぶ幹部を前にしてその気持ちを口にしたが、真面目に取り合う者などいない。プロジェクト型組織の常として、研究開発の進展に伴って勤務地がころころ変わっていくことは、半ば当たり前のこととして人事異動が発表され、それに粛々として従うのがデフォルトのような組織体質だったからだ。また、彼らは技術的事項に関しては知識も経験もある人たちだったが、人事・予算・計画などに関して真に絵を描く能力を持つ人とは限らなかった。いや、むしろ両方の力を兼備した人はきわめて少なかった。

異動先では、それまでやってきた実験情報の解析や将来システムの検討に加えて、西拠点の目玉施設Mの性能試験が進むに従って蓄積されてくるであろう実験データを解析して設計の総合評価を行うことが目的の新しい部の将来計画作りも所掌範囲だった。それを先取りして当時発足した国際特別研究員(欧米で長年研究開発に従事したベテラン研究者)を数名受け入れており、担当業務内容も不明確なまま日本人がお世話をしなくてはならず、その関連業務も発生した(というより、彼らは所属グループにかかわらず、話しやすい日本人のところへやってくるのだ)。私はそれまで勤務していた東拠点の業務(論文発表3件)もかかえており、兼務辞令を受けていたので、時には出張し、時には業務時間外に単身赴任寮で論文執筆に必要な調査やドラフト作成も行っていた。

すなわち、非管理職最後の役職であった研究員的な仕事と、これから大きくなっていく新設部の庶務元締め的性格も持つセクションの最末端管理職の仕事をすべて抱え込んだわけだ。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 08:30Comments(0)TrackBack(0)技術者として

2017年06月08日

自律神経失調症発症時の状況(回想)

tsurugahanto081206akaruku


40歳になった直後、「自律神経失調症」と診断され、会社を4カ月近く休んで静養したことがある。当時の自覚(他覚を含む)症状をチェックリストと比較してみた。

自律神経失調症の症状は、自律神経失調症とは?症状をセルフチェックしてみよう(たまきクリニック 玉木 優子)に載っていたものを引用し、箱内に示した。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 08:30Comments(2)TrackBack(0)技術者として

2017年06月05日

夜中に見ていた動画(藤圭子)

自分にとって忘れ得ぬ歌手を将来(80代ぐらいか?)数え上げるとすると、間違いなく入ると思う1人が藤圭子さん(1951〜2013年)。歌が抜群にうまく、いろんな表情をつけながら、強い思いを込めることも、軽くさらりと流すように歌うことも、気負うことなく(そう見えた)やってのける器用さを持ちながら、テレビの歌謡番組などではあまりはしゃぐこともなく、淡々と芸を披露して見せる。同じ年頃の他の歌手やアイドルと決して交わることのない孤独なイメージも、子供心に特異なキャラとして印象に残った。

そんな彼女が桂三枝(当時)さんとデュエットした曲を見つけたことがきっかけで、思いつくまま聴いた曲をペーストしておく。彼女の声と顔つきからやはり連想されるのが宇多田ヒカル。音域やリズム・曲調はかなり異なるが、中音域の節回しが抜群に上手いことは共通と思う。




  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 08:30Comments(0)TrackBack(0)映像

2017年06月04日

黙々と働くヒト




緑道を上から見たところ。いつ会っても黙々と作業しているオジサンがいる。機械を使わず、人力で枝葉を集めている。実は、自分自身は継続的にモニターしていたわけではないのだが、地味な作業をやっているときには驚くほど働き者だった亡父がいつも感心していたので、おそらく達人の域にあるのだろうと想像している。

それを教えてくれた父の三回忌が近づいてくる。

#ウォーキング #大阪 #ニュータウン #緑道  続きを読む

2017年06月02日

翻訳者登録制度に関するつぶやき(5/31東京説明会を反映して再update)




2017年4月17日、翻訳者登録制度に関する説明会が大阪で開催され、その前後にtwitterで関連つぶやきを収集した(既報)。

5月31日には、東京での説明会 於 品川区立総合区民会館 きゅりあん 大ホール )が開催され、実況ツイート、感想、それらに帯するレスポンスなどが見られたので、まとめに付け加えた。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 12:03Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2017年06月01日

ウォーキング記録(2017年5月)

ウォーキング記録(1日当たりの値)170531


各月の1日当たりの歩行距離と歩数をそれぞれプロットしたグラフである。(2014年9月〜2017年5月)

歩数は好調。今までの最高レベルに達し、一日平均歩数9千歩にあと少しまで迫った、

一方、1日当たりの歩行距離は約3.4kmと顕著に減り、当面の目標である4kmをかなり下回ったが、これは庭仕事や屋内歩行が多かったため。いずれもRunkeeperのノイズによる歩行距離過大評価を避けるため、RunkeeperをOFFにしていた。

その結果、歩数は下のグラフに示した好調期(五十肩が癒えた直後の7カ月間:2015年12月〜2016年6月 のデータが分布する領域)に入っているのに、歩行距離は範囲外という不規則なモードになっている。

6月は梅雨の影響で屋外をしっかり歩けないかもしれないが、当面の目標としている1日当たりの歩行距離4km、歩数8千歩を上回るよう努めたい。噂されている超猛暑がやってくる前に(汗)

1日当たりの歩行距離と歩数の関係170531
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 16:19Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2017年05月31日

もんじゅ廃止措置安全監視チームの議論(動画が公開されている)

2016年12月下旬の政治判断により廃炉が決定された高速増殖原型炉「もんじゅ」。その廃炉プロセスを具体的に進める前の計画段階だが、国がしっかり監督するという建前になっているため、原子力規制委員会の下にもんじゅ廃止措置安全監視チームが結成され、議論が始まっている。

第1回 平成29年02月23日

第2回 平成29年04月17日

第3回 平成29年05月29日

これらの開催案内、会議資料、会議映像(YouTube)議事録が掲載されていくサイトがこちら

この記事には、会議の様子がすべて録画されているYouTube動画を埋め込んでいく。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)映像

2017年05月30日

最近食べたもの(写真集)



学生時代の友と歓談。3月末。居酒屋にて石狩鍋を囲み、飲み放題で。大阪・谷町4丁目




"シールド乳酸菌RM-1”入りの季節限定「春野菜カレー」 at サン・マルコ 4月初め




土日は宅配弁当がないので、老母が作った寄せ鍋。まだまだ元気。オレが切ったタコ刺しをプラス。4月上旬  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 19:51Comments(0)TrackBack(0)写真