記事の分類(クリックすると、記事のリストを表示します)  

環境&新知識  健康・生活   独立2〜4年目  独立5年目  独立6年目  独立7年目以降

  日記風(開業の次の年)  日記風(開業以降〜?)  日記風(退職〜独立の約10か月)


翻訳に役立つソフトや書籍など  技術者として  パソコン・インターネットの活用  印象深いヒト、本、音楽

フリーランス翻訳者へのアプローチ   ブログに慣れる  翻訳者として  外国  写真  映像

  ブログ主のプロフィール     最近撮った写真集(Instagram)

投稿リスト  翻訳作業報酬雑感集     脱サラからフリーへの歩み     「脱サラ→フリー」によって変わったこと   

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ ←ブログのランキングバナーです。1日1回クリックで応援してね!

2016年12月05日

指付け根部の痛み、まずはロキソニンテープから



(東オフィス直近の激安スーパーの店頭を飾るりんごトリオ。写真と文章は無関係)

11月初めから始まった左手親指付け根部の痛み、様子を見てきたが、ほとんど改善しない。特に、濡れタオルを絞るときや、ビンの栓をひねって開けるときに付け根部にかかる回転力が最も効く。タオルなど、従来の半分ほどしか絞れないので、なんとか親指に負荷をかけずに絞れないか工夫してみたが、案外難しい。

食事どきに皿やコップを何気なく左手だけで持つときも、角度によっては強い痛みが! 油断していると皿やコップを落としかねないので、左手だけに負荷がかかる状況を極力避けている。

幸い、パソコンのキー操作には支障はない。ブランクキーは右手親指で押すことが多いので、左手親指の付け根に力がかかる状況は少ない。  続きを読む

Posted by tiger_85_03 at 15:41Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年12月03日

本屋などで印象に残った本




11月末から西オフィスに駐在。東オフィスでは終わったと思っていた紅葉狩りがまだ楽しめる。今日は8km以上うろうろしてきた。昨日は、商店街に立ち寄り、冬用衣料を買い足し、本屋で立ち読み、いやタイトルとイントロ部のフォトリーディングを楽しんだ。

印象に残った本は以下の通り。(ウェブサーフィンで見つけたものも含む)

本記事をアップした翌日の散歩で3冊追加した。さらに、2日後の深夜、翻訳関係の本を3冊追加。

そろそろ発売。先日翻訳祭で著者にご挨拶できた(瞬時) 
「翻訳というおしごと〜翻訳者に「未来」はあるか?」(著 実川 元子) Kindle版 アルク はたらく×英語シリーズ
#翻訳 #翻訳者 #実務 #映像 #出版


内容はもちろんすばらしいが、小さいので使いやすいという評がある(商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm)
「悪文 伝わる文章の作法」 (著 岩淵 悦太郎、角川ソフィア文庫)
#翻訳 #ライター


マジか?(汗) "10年後に翻訳の専門家といえば、翻訳ソフトの改善修理に取り組む人のことだけを指すようになるだろう"
「未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった」 (著 アレック・ロス)
#翻訳 #通訳



最近こういうタイトルの本に目が向く傾向があるw 
「ああ面白かったと言って死にたい―佐藤愛子の箴言集」(著 佐藤 愛子、海竜社 )
#老後 #健康管理 #好奇心 #断捨離


書店でチラ見。おもしろそう
「ビジネス版 悪魔の辞典」Kindle版(著 山田英夫)


"野球が面白くなくなってしまっている原因は、名捕手と呼ばれるキャッチャーが少なくなったことにあると野村氏は断言"
「野村の遺言」(著 野村克也)
#野球 #キャッチャー #プロフェッショナル


「決めて断つ」 (著 黒田 博樹、ワニ文庫) #広島 #優勝 #大リーグ
「心を動かす」ということ。プロフェッショナルを全うするということ。―日米が絶賛する男の半生と哲学。大幅加筆→カープ決断の本当の理由と秘めた思い


買ってしまいそうだ(笑) 
「ドナルド・トランプ 勝利への名語録 世界を揺るがす90の言葉」Kindle版 PHP文庫
"優れた経営者である彼が、なぜ“政治的暴言”を吐きまくるのか?" #大統領 #トランプ #アメリカ   続きを読む

2016年12月01日

グーグル翻訳とNICTの翻訳サイトの和訳品質を比べてみた

今回の翻訳祭で話題になり、関心が高かったことの一つに、Google翻訳の性能向上がある。自分も関心があったが、まだ使っていなかったので、野次馬的に気楽な気持ちで聴いていた。

ところが、3コマ目で聴講した「ディープラーニング、統計、ルール、使えるものは何でも使う最先端の『音声・言語』処理技術」では、コンピュータによる翻訳技術の進展が著しいことに触れられた。

発表後の質疑により、(国研)情報通信研究機構(NICT)のサイト「みんなの自動翻訳@TexTraⓇ」の翻訳エンジンはGoogle翻訳と遜色ないはず(まだ評価は実施していない)と回答されていたので、簡単な英文を入力して訳文を比較してみた。

以下、その結果を示す。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 18:57Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

ウォーキング記録(11月はまあまあ)

1日当たりの歩行距離と歩数の関係(2016年11月末まで)



1日当たりの歩行距離と歩数をそれぞれプロットしたグラフである。(2014年9月〜2016年11月)

10月は復調したが、今月はずいぶん歩行距離が減った。ただし、歩数はまあまあの線。

定量的に言うと、1日当たりの歩行距離は約4kmから2.65kmと大幅に低下。一方、歩数は約7,500歩から6,700歩に低下率は小幅である。

この理由は、東京や京都などで地下街や建物内で短時間の歩行を繰り返すことが多く、そういう時の距離数をRunkeeperには記録しなかったため(GPSのノイズにより、実際とは全く異なる歩行軌跡と距離数が出力されがちなので)

今後厳冬期に入るが、晴天の日が多いので、寒さを億劫がらずに努めて外出し、歩く習慣を保ちたい。

ウォーキング記録(1日当たりの値)2016年11月末まで
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 08:30Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年11月30日

JTF翻訳祭の前夜祭に参加しました



(セミナー開始は18時過ぎ。開会前にとっぷり日が暮れていた日比谷図書文化館)

JTF翻訳祭の前日、翻訳者グループ「十人十色」主催による前夜祭に参加した。

場所は、日比谷図書文化館(セミナー)&有楽町界隈(飲食オフ会)。

セミナーでは、大阪から上京したしんハムさんによる「翻訳支援ツール超入門」の講義を聴いた。

支援ツールとしては、脱サラ前後から2,3年間はSimplyTermsを愛用し、それ以降は「The翻訳」(東芝)を使ってきた。

といっても、私の使い方は、「対話翻訳画面」(原稿ファイルを読み込むと、左側に原文、右側に訳文が表示される画面)をエディターとして使うことと、過去の翻訳リソース(経験した仕事の原稿と自分の訳文。一部はフィードバックなどで入手した他人の訳文や辞書・参考書の例文から作った対訳集も含む)を迅速に検索・摘出できる「類似文検索」機能だけなので、今回の講義で説明いただいたTradosやmemoQなどのソフトに備わっている諸機能を全体的に(概念だけだが)知ることができたのは、とても新鮮だった。

また、現在の自分の仕事フローの中で物足りなく感じているところを補う機能が世の支援ツールが備えている機能の中にありそうだな、と感じたのは事実である。

とはいえ、日常の仕事をこなしつつ、別の新たなソフト(ツール)を導入して仕事フローを改善する試行錯誤プロセスを行ってみるかどうかは微妙。すぐに腰を上げる気持ちになったわけではない。

ただ、様々なツールを使っている人との会話が今後少しは円滑に行えるかもしれないという期待感はある。(従来は、「Trados?  はい、使ってません」で会話が切れていたと思う(笑)
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 13:56Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2016年11月27日

大腸内視鏡検査の結果

大腸内視鏡検査は2回目。前回は10年以上前に某医院で経験。この医院とはいろいろ確執があり、この検査で激痛を感じたことも悪い思い出の一つ。それもあって今年まで内視鏡検査を受けてこなかった。(もちろん、便潜血検査で陽性にならなかったのが主因だが)

しかし、今回の特定健診時にオプションで受けた便潜血検査で1日だけ陽性と知らされ、別の大腸肛門科医院で大腸内視鏡検査を受けることにした。この先生は腕が良く、説明も明快と評判が高い。

結果:ポリープ3個切除

ポリープの検査結果: 問題無し

備忘録のため、検査結果で説明された内容をメモっておく。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 08:30Comments(2)TrackBack(0)健康・生活

2016年11月26日

年間売上目標の達成状況について



(東オフィスでは今年最後の紅葉狩りかも。マイガーデン北側の歩道にて撮影)

すでにアップした今後15年間の目標に基づき、今年の年間売上目標の達成状況をレビューしてみる。

今かかえている仕事(一部は納期が来年に入ってから)をすべて年内に終わらせれば、目標(ノミナル値)を達成できる計算になる。

なお、低位側目標値(ノミナル値×0.8)は11月上旬に達成済みだ。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 17:37Comments(0)TrackBack(0)フリーランス生活

2016年11月25日

Audibleの電話アンケートに回答




先日Amazon audibleからメールが届き、アンケートに回答してほしいとのこと。珍しく電話でオペレータと会話するものだった。いろいろ言いたいことがあったので、10分以上話していたと思う。

この時伝えたことを含め、Audibleについての感想をこの記事に問答形式でまとめておく。  続きを読む

2016年11月24日

タイヤ交換に半日かかった!

11月23日、翌日は広範囲に雪が降るとの予報を聞き、昼過ぎならまだ大丈夫だろうと近くの店に車とタイヤを持って行った。

カウンター前に十名ほどが並んでおり、「待ち時間300」の数字が壁に! 順番を待つ間その数字は変わらない(笑)

受付の順番が来たので「何時頃できる?」と聞くと、「わかりません」。「5時間ぐらい?」と聞くと、「保証できません」と。

いくら何でも晩飯までには終わるだろうと思ったので、申し込んだ。12時46分。ここから後の展開を当日のツイートとともに記録しておく。


  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 20:10Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年11月20日

翻訳者グループ「十人十色」による翻訳祭前夜祭と懇親会のおしらせ




11月29日に開催されるJTF翻訳祭。その前夜に同じく東京で、セミナーと懇親会が催される。せっかくの上京機会。より多くの同業者に会いたい、勉強したい、飲み食いしたいという方にとって良い場になると思う。

主催は翻訳者グループ「十人十色」。

facebookの公開記事「【翻訳祭前夜祭2016 一般参加募集のお知らせ】」により、「十人十色」のメンバー以外の方も参加できることが周知されている。



  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 15:01Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

対面朗読で新聞を読む




昨日は、県図書館に登録しているボランティアの活動に参加してきた。対面朗読班に所属しており、図書館の防音室内で希望者1名を相手にリクエストを受けた本を2人で順に読むのが普通だが、今日は特別な出張型。

車で片道40分ほどかかる盲老人ホームに集合。ボランティアの参加者は9名。4つのチームに分かれ、別々の場所で、おとぎ話、新聞、小説、エッセイを読んだ。

自分は80代の男性とともに新聞を担当。4名が聞いてくれた。読む時間はわずか1時間だが、聴いている人たちがふだんどの程度ニュース情報に接しているかがわからず、また読んだ後もすぐに反応を示してくれるわけでもないので、記事の選定、つなぎの会話、希望の引き出し方など、いつも試行錯誤。

だから、面白いくだりで笑いが起きたとき、読んでほしい記事を自発的に言ってくれたとき、そして最後に「読んでくれてありがとう。本当によくわかったよ」と言ってもらえると、とても嬉しい。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 10:30Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年11月19日

今度は左手が痛くなってきた




昨年末まで苦しめられた五十肩(右)。痛みはすっかり消え去り、もうすっかり忘れるほど。肩、背中、および肘の痛みがなくなったことは、屋内の生活だけでなく、春から夏場のウォーキング距離の好調さに結びついた。

ところが、今月初めから新たな痛みが発生した。

左手親指の付け根。痛いのは、左手を開いて親指を上方に立てるように伸ばすと痛みが走る。また、ビンの栓を開けるような場合、親指の付け根部に回転力というか、ねじるような力がかかるが、これがひどく痛い。また、指の力を抜いて左手をぶらぶら振る時にも痛みを感じる。

当然ながら、バットの素振りはできない。体を回転するときに左手親指に負荷がかかった瞬間バットを放したくなるほどの痛みが生じるからだ。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 10:00Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年11月17日

【2008年の記事】バラク・オバマ上院議員の夫人、ミシェルさんについて今思うこと

WashingtonDC_Mall090121


2008年の大統領選挙を制し、オバマ大統領が誕生した時の驚きの一つに、ファーストレディーとなったミシェル・オバマさんの存在感の強さがあった。

有能な弁護士、堂々たる体躯、はきはきした発言、生き生きした表情。多くの人々に頼りにされそうな雰囲気を(だんなさんより)たたえているように感じた。

オバマ大統領の8年の任期が過ぎ去り、「チェンジ!」のキャッチフレーズを大合唱した米国人の期待が多く叶えられたとは言えず、様々な批判にさらされた記憶が印象に残る大統領となったが、2016年大統領選挙でトランプ氏が勝利、ヒラリー・クリントン氏が敗退した今、4年後の大統領選挙でミシェル・オバマさんが民主党から立つことを期待する声もあるという。

子育てのことや、まだ政界で実績が無いことを考えると、ちょっと不可能に思えるが、時折公表された彼女のスピーチの持つすさまじい説得力を思い起こすと、トランプ政権によって大激変するであろうアメリカ社会を再び激変させるパワーを持つ指導者が求められる可能性は高い。

まだオバマ大統領が誕生する前に書かれた記事をペーストしておく。彼女の人柄をうまく紹介していると思う。そして、オバマ氏暗殺という懸念が現実にならなかったことを心から喜びたい  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 09:00Comments(0)TrackBack(0)外国

2016年11月16日

最近印象に残った原子力関連の記事

原発や核燃料サイクルについて最近気がついた記事をつぶやいたツイートをメモっておく。




  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 19:08Comments(0)TrackBack(0)技術者として

2016年11月15日

Audible(オーディブル)使用記録(10/21〜11/15)

最近1カ月弱のAudible(オーディブル)使用記録である。この期間に聴いた主な本は以下の通り。

遠藤 周作の講演:「初夏の雑談」

童門 冬二の講演:「聴く歴史・戦国時代『大坂の陣、真田幸村“滅びの美学”』」

井上 ひさしの講演:「小説と芝居について」

「徒然草―世を厭い人を恋う」

齋藤孝の「退屈力」

太宰 治の「斜陽 / 雪の夜の話」

太宰治の「人間失格」

トルストイの「イワンの馬鹿」

坂本龍馬の「船中八策(坂本龍馬に寄せて)」


以下、ツイッターの記録である。  続きを読む

2016年11月13日

大坂城を描いた絵画6枚が屋外に展示されていた

2016年10月後半に訪れた大阪城。JR環状線の大坂城公園駅から天守閣を経て谷町4丁目まで歩いてきた。

大阪城天守閣の中を見た後、正面から豊国神社へ通じる道を歩いていたところ、大坂城を描いた絵画(の写真)と説明がパネルに貼られていることに気がついた。

1. 豊臣秀吉築城による大坂城
2. 大坂夏の陣 大坂城落城
3. 徳川幕府再築の大坂城
4. 天守を失った大坂城
5. なにわの名所 大坂城
6. 炎上する大坂城 の計6点

「真田丸」の大坂冬の陣の合戦シーン。たぶん今夜の放映では、真田幸村が徳川方を苦しめる様子が描かれると期待(徳川、小さい頃から大きらい)  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 12:37Comments(0)TrackBack(0)思い出

2016年11月12日

第1回水戸黄門漫遊マラソンの写真

2016年10月30日に開催された第1回水戸黄門漫遊マラソン(参加者13,400名(5km, 2kmレース参加者も含む))。8km付近の様子を撮影しました。

このあたりは、茨城県庁の南側を東西に走る道路。完全に集団が分離し切っていない状態で4車線道路を往復するので、多くのランナーの様子を見ることができた。

最後方の集団はかなりゆっくり走っており、速歩と同じぐらいに感じた。「これなら俺でも参加できるかも?」なんて思いが頭をかすめたが、42kmという距離を思い起こし、すぐにその考えは捨てた。

希望すれば5kmコースもあるので、そちらの方になら参加できる日が来るかもしれない。

ともあれ、マラソンだけでも男女合計で9,400名が走る様子は圧巻だった。毎年回を重ねて水戸市の良き伝統行事になればいいな〜と感じた。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 19:19Comments(0)TrackBack(0)写真

2016年11月11日

高速炉開発会議はとても狭い範囲の代表者だけで議論している

本年9月に原子力関係閣僚会議が開かれ、そこで高速炉開発方針については「もんじゅ」の廃炉を含む抜本的見直しを行うという方針の下、それを実際どう進めるかについて議論する場として高速炉開発会議が設けられた。

ところが、この会議は、わずか5つの組織の代表者から構成されている。

世耕 弘成 経済産業大臣(議長)
松野 博一 文部科学大臣
児玉 敏雄 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構理事長
勝野 哲  電気事業連合会会長
宮永 俊一 三菱重工業株式会社代表取締役社長

大臣2名、研究開発団体1名、電力会社1名、メーカー1名

外務省や環境省や厚労省は入っておらず、地元福井県の政治家や市民も入っていない。技術的側面に関して長年重要な役割を果たしてきた大学関係者もゼロ。もちろん一般民間人もゼロだ。

とても狭い範囲の利害関係者だけで議論しているような印象。しかも、会議は非公開。

これでは、長期間にわたる原子力政策に重要な影響を及ぼす高速炉開発方針について実行可能、明確、かつ説得力のある方針が見出せるとは思えない。

比較の意味で、過去に日本が高速炉開発についていかに臨むべきかを議論した会議体の構成員を列記しておく。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 23:36Comments(0)TrackBack(0)技術者として

2016年11月10日

【10年前のニュース】「米大リーグが評価した日本人選手の活躍度ランキング」を読んで感じたこと




2006年11月17日の表記記事を引用した後、最近の感想を書いた。

 
大リーグ公式ホームページは日本選手の活躍度ランキングを掲載し、1位にイチロー(マリナーズ)を挙げた。(所属は現役大リーガーのみ)

 記事は、野茂英雄を先駆者として数多くの日本選手が挑戦してきたが、投資に見合う「当たり」もあれば、期待を裏切った選手もいると指摘。「松坂とヤクルトの岩村はどっち」と興味をあおる。

 イチローに次いで評価された選手は、旋風を巻き起こした野茂英雄。3位の松井秀喜(ヤンキース)は堅実なプレーとタフさが評価された。4位の井口資仁(ホワイトソックス)は名脇役、長谷川滋利は重宝する中継ぎ投手としてベスト5に。次点は大魔神・佐々木となった。

 一方、期待外れの1位は中村紀洋に。2位は故障に泣きメッツ時代は高年俸に見合う活躍ができなかった松井稼頭央(ロッキーズ)。3〜5位は石井一久、吉井理人、伊良部秀輝に……。次点は今季限りで引退した新庄。派手な割に、成績は乏しかったとしている。(共同)


何かを10年間続けるというのは大変だ。プロ野球のようなスポーツだと特に栄枯盛衰のペースが速いので、その感を強くする。

この記事を読んだ当時は、脱サラ後1年経過。取引先がどんどん増え、多忙さと作業代金の安さに悩み、直接受注を開拓したり、翻訳会社と作業レートの交渉をしつつ新しい会社のトライアルも受けていた頃。

自分の専門領域を確立し、自分よりはるかに速い(想像だが)ペースで翻訳作業を実施している翻訳者のことを羨望のまなざしで見ていたものだ。

その後様々な紆余曲折があり、収入・取引先・生活状況などが大きく変化する中で当時最大の悩みだった子育て(教育資金)と住宅ローンとの格闘を終え、今度は介護による遠距離二重生活とフリーランス翻訳作業の親和性を試すような生活にシフトしている。

この期間の試行錯誤によって仕事と生活を両立させ、同じ業界の人たちや異なる業界のフリーランス業の方々とずいぶん多く交流し、時にはリアルにお会いしてネットワークを広げてくることができた。

「パソコンとインターネットを使った翻訳&調査作業で金を稼ぐことにより個人で生計を立てる」という40代半ばからスタートしたチャレンジが曲がりなりにも実績を残せつつあることに感謝しつつ、まだまだ新しいことに挑戦したい気持ちは薄れていないことを確認する今日この頃。   続きを読む

2016年11月04日

「もんじゅ」に関する最近の報道

もんじゅと白木地区071026


2016年10月に高速炉開発会議が2回開かれ、経産省主導による核燃料サイクル開発シナリオがちらちら報じられている。一方、文科省は、「もんじゅ」をすぐに廃炉にするのではなく、その前に短期間の試験運転を行う策を提示しているとも言われている。

ここ10日間ほどのニュースを拾ってみた。有料記事が多く、詳細を読むことはできないが、リード文からでも概要を推し測ることはできよう。  続きを読む

2016年11月03日

ウォーキング記録(10月は復調)

1日当たりの歩行距離と歩数の関係(2016年10月末まで)

1日当たりの歩行距離と歩数のプロット(2014年9月〜2016年10月)

1日当たりの歩行距離と歩数をそれぞれプロットしたグラフである。

7〜9月に減少してしまっていたが、10月は復調し、五十肩の痛みが軽減した昨年12月から今年の6月までのデータ領域(図示)に戻ってきた。

1日当たりの歩数は約7,500歩、歩行距離は約4kmに。

秋から厳冬期にかけては晴天の日が多いので、寒さを億劫がらずに努めて外出し、歩く習慣を保ちたい。

ウォーキング記録(1日当たりの値)2016年10月末まで
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 16:28Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年10月31日

「もんじゅ」・「廃炉」に関するつぶやきをトゥギャっている




最新更新:2016/10/31 13時頃

10月は、高速炉開発会議の設置と2回の会議。

文科省が福井県に説明に出向いて地元の不満を伝えられ、うっかり口を滑らせたこと。

フランスASTRID計画への出資が検討されていることが伝わり、それに対する批判の声など。

++++++++ 9月にアップした記事 +++++++

9月中旬に新聞紙上に登場した「もんじゅ」・「廃炉」に関するニュース。

これに対する人々の反応をtwitterで探るために、togetterでまとめている(トゥギャっている)。

今後臨時国会に向けていろんな動きが出てきそうなので、まったり更新していくつもり。

まとめ結果をペーストしておく。


  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 13:54Comments(0)TrackBack(0)技術者として

2016年10月30日

WORDファイル内の特定フォント部を一括して別のフォントに変更する方法




翻訳者がパソコンの操作方法を紹介する「小枝の森」に投稿した内容のうち、おまけとした部分だけをまとめてアップする。

内容は、タイトル通り。ここに掲げた例では、文書内の太字のフォント部を一括してイタリック(斜体字)に変更する操作を説明してある。

手順は長いが、本質は小さな枝を2つ組み合わせたようなレベル。

(動作確認したパソコンの基本仕様: OS:Windows 7、MS-WORD 2013)
  続きを読む

2016年10月28日

JTF翻訳祭への注目度が高まっている

11月29日に東京で開催されるJTF翻訳祭。今年は企画に大勢の翻訳者が関わっていることから、翻訳実務に携わる人や翻訳者を目指す人が興味を持てる出し物が多いプログラムになっている。

6つのトラックでそれぞれ4コマの出し物が設定されている。

プログラム、申込み手続きは、こちらを参照のこと 

とりあえず、講演・パネルディスカッションの申込みを済ませた。夜は西へ移動する予定だが、状況によっては交流会に参加するかもしれない(ペンディング)。

翻訳者の視点に立った発表内容に対して例年より多くの翻訳者が参加すれば、来年以降もそのような流れが強まってくると期待できる。逆だと、逆になるんだろう(それは残念なことだ)。

10月に入り、申込みが始まった後、翻訳祭に関連のあるツイートが徐々に見られるようになってきた。

それを少しずつtogetterのまとめを使って蓄積している。 ↓  参加を検討している方の参考になれば幸いです。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 20:01Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2016年10月27日

真っ赤なコキアとコスモスの群生を見てきた(速報)

国営ひたち海浜公園にて、コキアの紅葉、コスモスの花盛り、そばの花、ススキなどを見てきた。

ものすごく広い敷地内をレンタサイクルで移動。

おめあてはなんと言ってもみはらしの丘。なだらかにうねる広い丘陵地がコキアとコスモスとそばの花で埋まっている。

今日はとりあえず、1枚にまとめた写真をアップしておく。後日たくさん撮った写真をアップするつもりです。   続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 09:28Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年10月24日

対面朗読でやったこと

IMG_3186


図書館ボランティアで担当している対面朗読。東オフィスでのチャレンジ項目だ。6月に施設訪問タスクに参加して以来、久々の出番。この日は、朗読専用室内での作業。

到着すると既に朗読希望者のリクエストにより、10冊ほどの分厚い図書が積まれている。そのうち8冊は図鑑だった。(普通は我々が資料を受け取りにいくのだが、この日は事前にリファレンスサービス担当者が持ってきてくれていたようだ)

要望を聞いてみると、宇宙、地球、動物、植物を一目で表現し、インパクトの強いページのコピーを取りたいとのこと。

目的は、人体の仕組みや働きを説明する紙芝居に使うという。

仕事と自己研鑽を通して蓄積した知識を周囲の人たちにわかりやすく伝える活動をいろいろ工夫して行っていることを聞かされ、頭の下がる思いだった。  続きを読む

2016年10月21日

Audible(オーディブル)使用記録(9/7〜10/21)

最近1カ月半のAudible(オーディブル)使用記録である。この期間に聴いた主な本は以下の通り。

大勝文仁の「いつのまにか「お金がたまる人」のさりげない習慣」

はあちゅうの「半径5メートルの野望」

遠藤 周作の「初夏の雑談」(講演会の録音)

倉橋 由美子の「大人のための残酷童話 猿蟹戦争」


この期間、使用回数が激減したのは、東京都のごたごたを報じるテレビ番組のYouTube視聴にはまってしまったため。地道に本を「聴く」習慣が減る方向に作用してしまった。反省。

あと1カ月この程度の使用頻度が続くようなら、一度解約するつもり。

以下、ツイッターの記録である。  続きを読む

2016年10月20日

三浦弘行九段の疑惑に対する羽生善治氏の見解

IMG_3150

(大山康晴書「王将」の碑 JR千駄ヶ谷駅構内(ホーム水飲み場) 2013年10月中旬撮影)

先日アップした三浦弘行九段に対する疑惑。本人から「潔白」を主張する旨の発言があったが、事態は膠着状態。外部の素人としては、事態を推し測る術がない。

こうなると、斯界の第一人者の発言に注目するのが一番。羽生さんがどういう見解か?

それを知る手がかりになる記事が掲載されたので、全文引用させていただく。合理的な考え方に貫かれており、異論無し。  続きを読む

「もんじゅ」をもう1基作る?!

自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自由民主党行政改革推進本部長を務める河野太郎氏のツイートである。

高速炉開発会議は少人数かつ非公開で行われることが決まり、議論の行方は全く見えない。そんな折り、敦賀に「もんじゅ」2(現在の高速増殖原型炉とは別のタイプの高速炉、の意味だと想像するしかない)を建設する構想が経産省の役人のメモに書かれ、出回っているというもの。



従来の経緯を知る者から見ればあり得ないと思うが、議論のプロセスが闇に包まれているから、この程度の憶測はいくらでも飛び交うものと想像する。今後もいろいろと怪情報が出てくる可能性がある。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 08:30Comments(0)TrackBack(0)技術者として

2016年10月18日

1つ失敗しても次の策があるようにしておくこと




フリーランス生活を営む上でいつも心に留めていることが1つある。

何か1つうまくいかなくても次の策があるようにしておくこと、だ。

技術者時代の専門分野に関連の深い安全工学の哲学の1つが、単一故障原則であり、それが具体的に実現されているかどうかを評価するときに考慮すべき重要事項が共通原因故障である。

単一故障原則とは、システムの安全性を保証している設備や機器が1つ故障したとしても、別の独立な設備や機器が動作することによって安全性を守ることができるべし、という考え方である。

また、このとき、故障を想定する設備や機器と共通の原因で故障する可能性があるものは、故障発生後のシステム安全性を保証する根拠としてはいけない、というルールがある。(共通原因故障の考慮)

これらの考え方は、フリーランスの生活状況を考えるとき、貴重な示唆を与えてくれる。

フリーランスとして仕事を円滑に進めていく上で心がけている例を1つ挙げておく。



  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 16:40Comments(0)TrackBack(0)フリーランス生活