記事の分類(クリックすると、記事のリストを表示します)  

環境&新知識  健康・生活   独立2〜4年目  独立5年目  独立6年目  独立7年目以降

  日記風(開業の次の年)  日記風(開業以降〜?)  日記風(退職〜独立の約10か月)


翻訳に役立つソフトや書籍など  技術者として  パソコン・インターネットの活用  印象深いヒト、本、音楽

フリーランス翻訳者へのアプローチ   ブログに慣れる  翻訳者として  外国  写真  映像

  ブログ主のプロフィール     最近撮った写真集(Instagram)

投稿リスト  翻訳作業報酬雑感集     脱サラからフリーへの歩み     「脱サラ→フリー」によって変わったこと   

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ ←ブログのランキングバナーです。1日1回クリックで応援してね!

2016年08月29日

NHK解説スタジアムで原発をめぐる議論

2016年8月26日(金) 23:55からNHKで放映された番組「解説スタジアム」。

NHK解説委員が数名集まって議論を行う形式。

この日のテーマは、「どこに向かう 日本の原子力政策」だった。

原発再稼働、新安全基準、防災計画、国の原子炉規制体制と地元政府の防災計画、核燃料サイクル、高速増殖炉「もんじゅ」、余剰プルトニウム、放射性廃棄物処分など、重要な論点を網羅した内容。

驚いたのは、出席した解説委員のほとんどが、原発利用を進めることに対して批判的・警戒的意見を述べたこと。

特に「もんじゅ」に関する見方が厳しかった。

核燃料サイクル開発の中核に位置づけられた施設だし、多額の予算を費やしてやってきたのだからそう簡単にやめるとは言えない、というのが推進派の共通認識であったが、ナトリウム漏えい事故後21年間も停止しているにもかかわらず毎年約200億円の予算が必要なことが広く知れ渡ったばかりでなく、保安管理について原子炉規制当局から何度も警告を受けており、昨年11月には原子炉規制委員会から「もんじゅ」の管理主体(日本原子力研究開発機構(JAEA))が不適格なので管理主体の変更を検討すべし、との勧告まで受けてしまった。

(文科省の検討会は新組織が備えるべき要件を整理したにとどまっており、文科省としての明確な回答はまだない)

この議論では、「もんじゅ」をやめても核燃料サイクルの開発を続ける方策を探ることも考えなくてはならない、核燃料サイクルの開発方針(放射性廃棄物処分方策を含む)を見直す国民的議論をすぐに始めなければならないというスタンスからの意見が多かった。

プルサーマルや備蓄プルトニウム量をめぐる議論の細部にはいろいろ突っ込みどころもあり、原発や核燃料サイクル施設がテロ攻撃の対象になり得ることについては議論が及ばなかった(最後に島田委員が最重要事項であり国会での議論が必要と発言)ことなどは若干物足りない面もあったが、総じて原子力発電を今後エネルギー利用の中核に据えるべきかどうかについて懐疑的な観点からの議論がNHKの番組として放映されたことは一定の価値があると感じた。

番組全体をカバーした動画もアップされているので、それをペーストするとともに、関連情報を掲載しておく。  続きを読む

Posted by tiger_85_03 at 17:59Comments(0)TrackBack(0)映像

2016年08月28日

台風10号、奇妙な経路を描きつつ東日本に接近中

台風10号は、日本のはるか南方で西方に進路を変えたが、南大東島付近で停滞した後Uターンし、東方に移動を開始。徐々に速度を上げてきた。

28日15時頃の予報では、30日頃に東日本の海側(福島県、茨城県、宮城県あたりの海岸)から上陸するとされている。ただし、予報円の半径は依然として大きく、当初東海地方が予報円の中央にあったことを考慮すると、今後さらに東方にずれて列島直撃を免れる可能性も無いとは言えない。

台風10号の奇妙な動きについては、8月19日以降つぶやきをtogetterにより収集してきた。その結果を本エントリーに貼ってみる。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 16:21Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年08月27日

Twitterで勝手にプレイ中 #勝手にGO -

ううっ、Evernoteからメール送信してアップしようとしたが、失敗。よって、ツイートをいくつか直接読み込んでおきます。 
2016年7月に世界中で公開されたポケモンGo!。スマホにせよゲーム機にせよ、ゲームには全く興味がない(というより試してみる時間がない)ので、従来の生活とシームレスに実施できる個人的楽しみを考えついた。

今後町で見かけるものの写真や、過去に撮影した写真から人間以外の生き物(を形取った物体を含む)をツイッターでアップし、#勝手にGOというタグを張っておく。 

日々の生活で今後見かけるものを重視し、過去に撮影した写真はバックアップの位置づけ。

被写体は原則3次元のものとし、2次元のものは除く(ただし、ユニークなものはOK)。 

また、個人で楽しむことを目的としたもの(個人邸宅内や庭の中のもの)は対象外とする。

一方、宣伝効果を狙ったものなど、不特定多数の目に触れることを狙った、または厭わないものは撮影対象とする。

こんな感じで約1カ月続いている。

最近のアップ例をいくつか掲載しておく。
※ もし参加してみたい方がいらっしゃれば、いつでも写真に #勝手にGOというタグを張ってtwitterでつぶやいてください。アップ数も継続期間も全く目標設定せず、気が向いたときに続けているので、いつでも参加し、いつやめてもらっても結構です。

よろしく〜〜〜 \(~o~)/
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 22:26Comments(0)TrackBack(0)写真

フリーランス翻訳者の作業報酬に関する雑感情報へのリンクを設けました




サラリーマン時代末期の数年間、翻訳会社のトライアル(腕試し試験)を通じて翻訳タスクを受注していた。その後脱サラしてフリーランスになり、翻訳会社を通じてだけではなく、ソースクライアント(大学、研究所、企業、個人など)から翻訳タスクを受注する形態も合わせて仕事を続けてきた。

この十数年間の仕事をめぐる交渉のうち作業報酬に関連するブログ記事をまとめたページ(「駆け出しから十数年経過したフリーランス翻訳者の作業報酬に関する雑感まとめ」)につながるリンクを、本ブログのすべてのページに設けました。

画面上部にある投稿リストの右側 翻訳作業報酬雑感集 です。

フリーランス翻訳者の参考になれば幸いです。このエントリーには、同記事の目次を示しておきます(リンクは外しています)  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 17:53Comments(0)TrackBack(0)フリーランス生活

2016年08月26日

受注ルートの変遷を見える化してみた(再掲)

サラリーマン技術者時代(2001年1月〜2005年9月末まで)とフリーランス翻訳者時代(2005年10月〜2011年末)の翻訳タスク受注ルートを見える化したグラフ(2012年に作成・アップしたもの)を再掲します。

グラフは、各年の年間総売上高(純収入ではない)に占める各ルートごとの割合をプロットしました。

年間総売上高は年によって異なり、特に2005年以前と以後では桁が違いますが、特定のルートにどの程度偏っていたのか、あるいは多数のルートに分散されていたのかがよくわかります。また、時の経過に伴う分布の変遷もわかります。

なお、2012年以降は、A, D合わせて特定の数ルートで安定(ただし、売上高絶対値はかなり減少(報告済み))し、おもしろみに欠けるので、グラフ化していません。

今後またおもしろい状況が生まれれば、新たなグラフを公開できる日が来るかもしれません。

+++++++   再掲部ここから   +++++++ 

(4月1日修正点: 3月31日に掲載したグラフを一部修正。D3とした会社は、性格上A5とする方が実態に近いので変更しました。また、ソースクライアントと接触しない仕事形態(A)と何らかの形で接触する仕事形態(D)の寄与を比較するために、図中に線を追記しました。これらに伴い、文章を一部修正しました。)


ここ11年間の売上高を受注ルート別に分けて、全体に対する寄与率の推移を観察した結果を下図に示す。先頭にAをつけたものは、ソースクライアントとの交渉はすべてエージェント任せという形態、即ちエージェント(多くの場合、翻訳会社)を経由する受注ルートであることを示す。先頭にDをつけたものは、受注時、作業時、契約時のいずれか(すべてとは限らない)において、自分とソースクライアントが直接やりとりする機会がある受注ルートであることを示している。厳密な意味での直接受注とは限らないものも含まれることを断っておく。AzおよびDzは、それぞれに分類される受注ルートのうち、寄与率が全期間を通じて15%を超えなかったルートを「その他」の意味合いで合計した値である。

受注ルートの見える化(2001〜2012)


この図から、寄与率は毎年かなり変化していることがわかる。特に大きな変化には、それなりの理由ときっかけがあったこと、ちょっとした判断の有無や働きかけ方でかなり結果が変わっていただろうな〜と思うようなきわどい分岐点もいくつかあったことなど、興味深いシーンをいろいろ思い出す。(結果的に正面切って)交渉した相手は概して誠実な方が多く、当方の要求も伝えつつ、先方のリクエストにもできるだけ応えるという中で、やりとり自体を楽しめたと感じている。

個々の思い出を詳細に書くことは難しいので、とりあえず、グラフからザクッと読み取れることだけを簡単にまとめておく。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 15:09Comments(0)TrackBack(0)フリーランス生活

翻訳者の適性はあるが、通訳者の適性はない!(チェックリストにより判明)

image


通訳翻訳ジャーナル2016年10月号(イカロス出版)に掲載された翻訳者/通訳者チェックリスト(p23/22)により、自分の適性を調べてみた。

【結果】

翻訳者:成功する可能性十分 (30問中24問該当)

通訳者:英語力はもちろん、精神力アップ要 (30問中10問該当)

なんとなく感じていた自己評価結果と全く同じだ(笑)

もう少し詳しく見てみる。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 11:24Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

長時間停電、東電サイトに発表されず(台風9号通過時)

(停電時、ノートパソコンで仕事続行。iPhoneにより情報収集できたので不安はなかったが、肝心の停電情報が東京電力ホームページには表示されず。東電に対する不信感強し)



2016年8月22日に関東に上陸し、日本列島を北方へ縦断していった台風9号。その通過時〜通過後にかけて、家庭用電気の様子に異常が生じた。

まず気がついたのは、台風の目が通り過ぎたと思われる午後6時前後。家中の照明がふっと暗くなり、その後少々回復。完全に停電したわけではないが、照度が暗くなった。後から気づいたのだが、ACコンセントにつなぎこんだノートパソコンの充電はこの後ほとんど行われていなかった。

その後、風雨が少しましになってきたかな〜と思っていた午後9時過ぎ。完全に停電した。周囲には200軒ほど住宅があり、遠いところの街灯はついているようだったが、近所は見事に真っ暗。

この状態は結局2時間半ほど続き、23時台になって復旧した。この間、ノートパソコンやiPhoneにより東電の停電情報をウォッチしていたが、我が市の停電は「起きていない」ことになっており、ついに最後まで停電したことすら表示されなかった。

別のページの詳細情報には、我が市の別の町の名前が2つ記載されていたのだが、各県の市町村ごとの情報一覧には全く表示がなかった。

停電が2時間以上に及び、深夜になったため、朝までこのままだと冷蔵庫の中のものが腐ることも心配になってきた矢先の復電でホッとしたものの、東電ホームページに停電情報が表示されなかったことは解せない。

台風通過直後で様々な災害対応で多忙だったせいかもしれないが、停電下で放置されている者にとっては、「停電が把握されていないのでは?」とか、「復旧活動は朝まで行われないのかな?」など、不安と不信感をかき立てられる原因となった。

その後、むらさん( @tokuyamamura )から、「配電自動化システムで迂回後の過負荷か」という推測コメントをいただいた。

それにしても、東京電力に対する不信感は強まったまま。4日後になっても何の説明もなされていない。

当日の時系列と東電停電画面のスクリーンショットを示すために、関連ツイートをペーストしておく。

当地は水戸市内だが、我が家が停電していた2時間半にわたり、全く停電が発生していないかのような記載になっていたことが確認できる。

  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 08:00Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年08月25日

台風10号の不可解な動き

2016年8月中旬に発生した台風10号。相前後して発生した台風9号と11号がそれぞれ別の日に日本列島に影響を及ぼして北方に通り過ぎたとき、10号は本州南方の海上を西方に進み、日本列島から遠ざかるような動きを見せていた。

ところが、その速度は停滞し始め、予報によると、Uターンして東方および北方に向かい、予報円の中心は30日に東海地方に上陸する可能性を示唆しているという。

twitterのつぶやきをキーワード検索によって摘出・保存・共有するtogetterを使い、この台風10号の不可解な動きに対する人々の様々な反応を記録している。

憶測を呼ぶ台風10号の不可解な動き

日本上陸はしょうがないにしても、風雨による被害が少ないことを祈りたい。ちょうど米の収穫が始まる季節でもある。心配だ。
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 18:28Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年08月24日

最近気になった書籍

Webサーフィン、リアル書店、新聞・雑誌などで見かけた書籍関連情報により、興味を覚えたものを記録しておきます。






  続きを読む

2016年08月21日

日本ハムの田中幸雄選手を恩師が激励(2007年)

2007年、プロ野球現役22シーズン目のこと。

日本ハムの田中幸雄選手は2000本安打達成まで残り3本に迫っていた。2007年5月13日の西武戦前、かつての恩師が激励に駆けつけた。とても嬉しかったことと思う。

大記録達成までの日々がより実り多き時間になることだろう!

当時の新聞記事より

現在、今年から立ち上げた北信越BCリーグの「信濃グランセローズ」の球団社長を務める三沢今朝治氏。

同氏は日本ハムの球団社長補佐などの要職を歴任し、昨季限りで引退した新庄剛志氏の獲得に尽力。田中幸と練習中に、声を掛けて握手を交わすなど旧交を温めた。

三沢氏は「ようやくここまできましたね。早く達成して欲しい」と心待ちにしていた。


【その後の田中幸雄選手】

5月17日に行われた東京ドーム(ホームゲーム)の対楽天戦にて史上35人目の通算2000本安打を達成した。

シーズン最終戦となる9月19日の東京ドームにおける対楽天戦で代打として適時打を打ち、試合後に同年限りでの現役引退を正式に発表。

現役22年間を日本ハムファイターズ一筋で過ごし、ミスター・ファイターズと呼ばれた。

通算安打数:2012

【呼び方に関するエピソード】

入団1年目から4年目にかけて同姓同名の投手・田中幸雄が日本ハムに在籍していたため、球場のスコアボードや新聞紙上では投手の田中幸雄を田中幸、内野手の田中幸雄を田中雄と表記した。場内アナウンスでは背番号によって区別していた。
 (Wikipediaより)  続きを読む

南海ホークスメモリアルギャラリー

小学校時代、大阪(京阪神)にはパ・リーグの球団が3つあった。南海ホークス、阪急ブレーブス、近鉄バッファローズだ。

阪急や近鉄がまだ弱い頃、セ・リーグの巨人に対抗する強い球団というイメージで人気があったのは、南海ホークス。鶴岡監督の下、杉浦、スタンカ、皆川、野村、広瀬、ハドリ、穴吹らの名前が思い出される。

その後活躍した選手としては、門田、江本、藤原などの名前も懐かしいが、パ・リーグの上位にいる割には人気は全国区とならず、やがてフランチャイズが福岡に移り、福岡ソフトバンクホークスとなった。

今は強いソフトバンクが福岡ドームに熱狂を呼び起こしているが、球団名がなくなるという寂しさを感じつつも、その活躍に往年の南海球団の猛者たちの姿を思い出すこともある。

この南海ホークスの思い出の品々を展示してあるのが南海ホークスメモリアルギャラリー。南海なんば駅に隣接するなんばパークスの9階にある。そこで撮影した写真を並べてみる。(2016年5月中旬撮影)  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 11:48Comments(0)TrackBack(0)写真

「サポーターに恩返ししたい」 by ヌワンコ・カヌ(サッカー選手。英ポーツマス)

名声と金銭を求めてチームを渡り歩くのがスターサッカー選手の常だが、ヌワンコ・カヌ選手のような発言は気持ちが良い。

この記事は2007年5月14日にアップしたものだが、その後2012年まで6年間ポーツマスでプレーし、現役生活を終えた。

大口を叩く選手もいれば、自分の気持ちを言葉に表すのが不得手な選手もいる。やはり、無用にでかいことを言わず、人として当然の線は守りつつ、長期的にはすばらしい成果を出していく人が好みだ。

カヌ選手は、元ナイジェリア代表。ポジションはフォワード。

「アーセナルを相手に再び得点を奪えればいいね。今季、ポーツマスに加わったとき、イングランド以外のリーグから誘いがあった。でも、ハリーと電話をしてポーツマスを選んだんだ。素晴らしい選択だったと思う。残留を争っているのではなく、ヨーロッパへの切符に向かっているのだからね。ヨーロッパの舞台はクラブ、選手にとって大きなものだ。でも、なによりサポーターに恩返しがしたい。僕たちは彼らを失望させたくはないんだ」。

今季、所属するポーツマスの快進撃を支えたFWヌワンコ・カヌが、クラブとの契約延長を望んでいる。

ポーツマスを率いるハリー・レドナップ監督は、カヌと1年の契約延長を結びたいと考えていた。しかし、本人は複数年契約を希望。それだけの活躍をしたと考えている様子だ。

「僕はまだ成長している。いま、代理人がクラブと交渉しているところだよ。もう少し時間が掛かると思うけどね。ここに残りたいんだ」。
  続きを読む

2016年08月20日

第二の人生は消防団で地域貢献を(東京都江戸川区の葛西消防団の取り組み)2006年

元気な元気な団塊世代。定年になっても力をもてあます人もいるはず。若者はめっきり少なくなった上、家に閉じこもったり、海外で遊んでいたり、と地元社会ではつらつとした姿を目にすることは少ない。しかし、火災はどうしても発生する。

それじゃ、団塊パワーに期待しよう!

ということで、取り組みを始めた消防団がある。2006年5月5日付け東京新聞記事より。

この記事から10年経つが、今はどうなっているだろう? 舞台は東京都・江戸川区だ。試みは成功したのだろうか? いくら充実した作業内容があるとはいえ、自他の生命にかかわることとなると、そう簡単に人数が集まるわけでもないと思うのだが………
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 15:59Comments(2)TrackBack(0)団塊の世代がらみ

2016年08月19日

twitterに関する便利なサービス




twitter(ツイッター)を使う上で便利なサービスを3つ紹介しておきます。

ツイログfavstarツイエバです。

長年使っているので、ありがたみを感じることが少なかったのですが、最近facebookを始めたところ、facebookにも似たような機能があるんだろうけど自分で調べるとなると結構めんどくさく感じ、まだ探していない状況。

ということは、twitterを使っている人の中にも、このようなサービスの存在があることを知らない人がいてもおかしくない。ちょっと知っておくと、過去のつぶやきを検索したり、自分のつぶやきに「いいね」♡を押してくれた人を知ったり、様々な統計値が自動的に更新されていったりと、使い方・興味の持ち方によってはのどから手が出るほど欲しい情報を簡単に得ることができます。


ツイログ(twilog)

・ ツイートのログを自動的に記録
・ 見やすいブログ形式でツイートを表示
・ ツイート検索やHTMLソースの取得
・ ツイートを分析してグラフ表示

(無料)

検索機能がとても優れている。このサービスを利用している他のアカウントの情報に対しても上記機能を活用できる(汗)。


favstar

自分のツイートに対するお気に入り(& RT)の数やアカウントを記録。無料だと機能はかなり限定されるが、多くの方に関心を持ってもらったツイートが閲覧できるだけでも意義有り。


ツイエバ(twieve)

Twitterでの自分のツイート、ダイレクトメッセージ、お気に入り、リツイートがまとめて毎日Evernoteに配送される。(無料)

プレミアム(有料)にすると、自分へのリプライツイート(自分のアカウントが含まれるツイートすべて)も保存される。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 01:50Comments(0)TrackBack(0)ブログに慣れる

2016年08月18日

今夏食べたもの

7月下旬から8月中旬にかけて食べたものの写真集(宴席を除く)。




(手造り豆腐とじゃこのサラダ)  at 大戸屋 #飲み食い #ヘルシー




(大戸屋風ばくだん丼: まぐろ4枚盛り。ごはん少なめ。単品では頼めず、味噌汁と漬物が付いてる ) #飲み食い
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 23:29Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

「団塊」退職の影響、東海地方では軽微との報道有り(2006年)

PICT0004


10年前(2006年5月5日)に書いた文章である。

団塊世代が退職することによる影響は、東海地方では軽微との分析だ。ホンマかな〜? 後で責任取れるのかな〜?って、感じの分析。

読んでみると、「短期的には」という修飾語付き。このテーマで「短期的」な結論を見出しにすること自体、ジャーナリズムの役割としてどうなんだろう?とも感じたが、10年経った今頃はイヤでも「団塊」退職の影響は顕在化しているものと想像。

調査は、東海四県(愛知、岐阜、三重、静岡)を対象に2005年度から2年間の予定で実施しており、今回は中間報告とのこと。実施したのは、名古屋市立大と日本政策投資銀行東海支店とのこと。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 20:12Comments(0)TrackBack(0)団塊の世代がらみ

2016年08月17日

水戸でオセロの世界大会が開かれる(11月1〜4日)




まだあまり話題になっていないようなので、昨年開催が決まったときの新聞記事へのリンクを張っておく。

水戸でオセロの世界大会 来年11月、発祥の地で10年ぶり開催

これによると、「欧米やアジアなど、世界30の国と地域から約100人の選手が参加する見込み」と報じられている。

オセロを発明したのは、故長谷川五郎氏。茨城県水戸市出身のボードゲーム研究家、ゲーム考案家である。

Wikipediaによると、このゲームを発明した経緯が次のように書かれている。

今では「オセロ」として知られるゲームを考案した経緯は旧制水戸中学(現茨城県立水戸第一高等学校)の学生時代まで遡るといい、学校の短い休み時間でも楽しめるゲームが欲しいと思い、碁石を用いて相手の石をはさむと取れるというルールの「挟み碁」を考案したことに始まる、と本人は語る。その後、ルールを変え、石を取り除くのではなく色を反転させるようにし、牛乳瓶のふたを用いて裏表を反転させるように改良して現在の形にたどりついた。

【中略】

大学生時代はオセロを普及させることまでは考えておらず、あくまで身近な人と遊ぶために手作りで同ゲームを作って配るにとどまっていた。

大学卒業後、製薬会社に就職し営業職(MR)の仕事を始めても仕事先などで自作のオセロを披露していたところ、担当の顧客にあたる医局長に同ゲームが高く評価され、1972年、ツクダオリジナルの社長である佃義範および企画担当者に面会する機会を得て同ゲームを育てる夢を語り合い意気投合。ゲームとしては破格の長期契約を結び1973年には日本オセロ連盟を設立し東京で第1回全日本オセロ選手権大会を開催。同社がオセロの販売を開始しその後は年々ファンの数が増えた。
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 16:04Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年08月16日

猛暑にまったり仕事を続けるため、ノンアルコールビールを試している

生活パターンが夜型なので、夕食時にはたいてい仕事が残っている。時には、夕食時点で(金になる)仕事を全くしていないことさえある。

そのため、酒が好きであるにもかかわらず、夕食時のアルコール摂取は控え、飲むにしても日付が変わってからちびちび飲むことが多い。

しかし猛暑の夕食時にスカッとした飲料を口にしたい気持ちには抗し難い。

ということで、最近試しているのがノンアルコールビール(ビール味以外のものもいろいろ発売されている)。

缶の表示からはどんな味か想像がつかないので、スーパーでは、ありったけの種類の製品を買うようにしている。

そんな写真を2枚並べておく。今のところまだ好き嫌いはないが、サントリー から発売されているコラーゲン入りの製品に興味を覚え、2ダース注文してみたところである。

サントリー オールフリー コラーゲン 350ml×24本 ノンアルコールビールテイスト飲料   続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 03:05Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年08月15日

「村人は満州へ送られた〜“国策”71年目の真実〜」の動画と反響まとめ

2016年8月14日夜にNHKスペシャルとして放映された番組、「村人は満州へ送られた〜“国策”71年目の真実〜」。

自分でも録画を取ったが、ウェブには動画が公開されていた(dailymotionのサイト)ので、シェアしておく。


村人は満州へ送られた〜“国策”71年目の真実〜201... 投稿者 gomizeromirai

また、番組が放映された次の日に関連ツイートをまとめたtogetterへのリンクを張っておく。

NHKスペシャル「村人は満州へ送られた」への反響 (今後適時更新していく) 2016年8月16日 8:20更新  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 20:16Comments(0)TrackBack(0)映像

機関誌「拓け満蒙」の表紙

2016年8月14日のNHKスペシャル「村人は満州へ送られた」を見て思い出したのでアップしておきます。

機関(?)誌「拓け満蒙」の表紙。茨城県水戸市内原町にある内原郷土史義勇軍資料館にて撮影。

表紙には、国民精神総動員中央連盟と書かれている。この団体については、以下のような記載がコトバンクにあった。

世界大百科事典内の国民精神総動員中央連盟の言及

【国民精神総動員運動】より

第1次近衛文麿内閣は成立直後に準戦時体制に対応する国民教化運動を政府総がかりで行う方針を決めたが,まもなく日中戦争が勃発・拡大したため,〈挙国一致・尽忠報国・堅忍持久〉をスローガンに国民精神総動員運動を発足させた。政府では情報委員会・内務省・文部省が中心となり,中央の外郭団体として国民精神総動員中央連盟(会長有馬良橘海軍大将)が広く町村長会,在郷軍人会,婦人団体,青少年団,産業団体等を加盟させて組織された。地方には道府県知事を中心に地方実行委員会がつくられ,市町村では市町村長が各種団体代表や有力者を動員して実行にあたった。…


昭和初期〜敗戦まで、国策としての満州の開拓(実効的支配)のために、日本から何十万人もが移住。終戦直前の8月9日のソ連軍侵攻により、無数の悲劇に至った。

自分の母の兄もその1人。シベリアに送られ、何年か後に生還したという。「岸壁の母」で歌われた引き揚げ船に乗って帰国したんだろうな〜。もう聞けないけど。

ともあれ、戦争はアカン。この一語です。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 12:36Comments(0)TrackBack(0)写真

2016年08月14日

形状補正アプリ、優秀やね

iPhoneで撮影した写真の歪みを補正するアプリを入れて、使い勝手と性能を確認した。アプリは、CamScanner (無料)。

結果は◎だった。確認に使った写真を示す。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 18:49Comments(0)TrackBack(0)写真

2016年08月13日

なんばパークスガーデン、歩き回るだけで結構楽しい

南海なんば駅に隣接するなんばパークス。建物の中は様々なアミューズメント、ショッピングを楽しめる(らしい)が、(ビンボー)街角ウォーカーにとってもなかなか楽しいエリア。

なんば駅側から近づいていくと、アメリカ西部のキャニオン風の外観を楽しめる建物配置になっている。

image


左は上から見下ろした様子、右は「谷底」から見上げた様子。

それぞれの写真はこんな感じだ。

(上から)
image



(下から)
image
  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 18:11Comments(0)TrackBack(0)写真

2016年08月12日

今後20年間の仕事収入目標

image


60代と70代を合わせた20年間の仕事収入目標額を、50代(10年間)の収入総額×6割に設定してみた。

総額だけを見るとしんどく感じるが、あと20年もあるので、どこかでなんとかなるだろう。

平均年収にすると、50代の平均値Mに対し、60代と70代を通した平均値は0.3Mとなる。20年間で6M稼げば目標達成だ。

好調なら、60代で達成できるだろうし、

不調なら、70代後半まで粘り強く働く。目標に届きそうもなければ、生活レベルを下方調整すればいい。

ノミナルパターンは、60代前半の年収を0.5M、60代後半は0.3M、70代は0.2M。20年間働き詰めになるが、65歳以降の負荷は軽い(加齢の怖さを知らずに言ってますw)

仕事に集中する場合、仮に60代で毎年0.8M稼げば、68歳で目標達成できる。しかし、これではいかにも味気ないし、仕事以外に取り組みたいことがいろいろ犠牲になりそう。

現に、ここ2年ほど東西両拠点を往来する生活を続けてみたところ、0.7Mの目標値設定は高過ぎると感じている。いろんな支援タスクや人間関係を楽しくこなそうとすれば、収入目標は0.4〜0.6Mに設定するのが適切とわかってきた。

ということで、しばらくは、必死のパッチだった50代の半分ぐらいのペースで稼げりゃええわ、という態度で暮らしていく。

将来苦しくなって子供たちにすがりつくようなことはしたくないが、家族の誰かの身に想定外事象が発生すれば助け合って生きるのも悪くはあるまい。

幸いなことに、家族とは皆、つかず離れずの関係を保っているので、選択肢の幅は広いと期待(大甘かもw)。

また、80歳までに普通に働けない状況になれば、(極端な話、余命を宣告されたりしたら)、仕事の収入目標にこだわることもあるまい。後に残る人たちに頑張ってもらう。

ということで、一応の不敗シナリオが完成した。70歳が近づく頃に見直してみよう(忘れてるぐらいがベストw)  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 03:50Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年08月11日

フリーランス翻訳者の作業報酬に関する雑感情報へのリンクを設けました




サラリーマン時代末期の数年間、翻訳会社のトライアル(腕試し試験)を通じて翻訳タスクを受注していた。その後脱サラしてフリーランスになり、翻訳会社を通じてだけではなく、ソースクライアント(大学、研究所、企業、個人など)から翻訳タスクを受注する形態も合わせて仕事を続けてきた。

この十数年間の仕事をめぐる交渉のうち作業報酬に関連するブログ記事をまとめたページ(「駆け出しから十数年経過したフリーランス翻訳者の作業報酬に関する雑感まとめ」)につながるリンクを、本ブログのすべてのページに設けました。

画面上部にある投稿リストの右側 翻訳作業報酬雑感集 です。

フリーランス翻訳者の参考になれば幸いです。このエントリーには、同記事の目次を示しておきます(リンクは外しています)


     続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 23:12Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2016年08月10日

夏祭りに集う人々を遠目に徘徊




西オフィスから歩いて行ける距離にある小学校。近隣に居住する人たちが集う祭りが開催されていた。

猛暑を避け、かつ暗くなる前に、買い出しを兼ねてウォーキングに出かけ、この会場の近くを通りかかったので、祭りに集う(または既に目的を達し、戻ってくる)様々な人たちの姿が目に入った。

親や祖父母(いや、そこまでわからないから「大人」と書いておく方がいいのかな?)に手を引かれる幼児。ストローラーや母親の腕に抱かれた乳児。同じ年代でわんさか集まってでかい声を上げている小児(時に中学生レベル)、静かに歩む(or たたずむ)高齢者、あちこち目配りしながら何か声を発している壮年男女、会場には近づかない風情の若者たち、浴衣を初めとする気合いの入った服装で集う女の子達、etc.

自分の場合、祭りに集うのが楽しいと感じたのは、小・中学校時代それぞれ特定の1, 2年間だけであり、あとは概ねつかず離れずというか、どちらかと言えば祭りの喧噪を遠くに感じながら付近を歩き回ったり、気の合う人と雑談したり、という行動が好きだったので、祭りのど真ん中の様子はいくら思い出そうとしても具体的な像が浮かんでこない。

特に現在は、ともに歩む相手もなく、知人もいないので(生まれてから17歳まで過ごした地は遠く離れている)、祭り会場の光と音がわずかに感じられるような距離でうろうろと歩き回り、様々なライフステージを暮らしているであろう人たちの姿をぼ〜〜っと見ているばかりである。

(写真撮影とツイッターがあるので、退屈はしない)  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 21:17Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

五十肩になると困ること

IMG_5864


約1年半苦しめられた五十肩(右)の痛みが去って半年を超えた。肩や背中や肘や手首や脇腹(広範囲だった)が痛かった頃、日常生活の何気ない所作ができなかったり、痛みを伴ったりしてとても困った。

いったい何ができなくなるのか? 未経験の人には想像もできないことがあるのでは? と思い、書き留めておくことにする。 (自分の備忘録としても貴重)  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 13:24Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年08月09日

参議院選挙の投票率

ファイル 2016-08-09 15 06 40


2016年7月10日に実施された参議院選挙。今回から選挙権取得年齢が18歳に変更された。

速報値によると、18、19歳の投票率は45.45%であり、全国平均(54.7%)より低いそうだが、これは従来の年代別投票率を見るとあながち低い値ではないように思える。

即ち、10歳ごとに区分した年代別投票率に見られる傾向として、若ければ若いほど投票率は低く、20代の投票率は1992年以降ずっと40%に届かなかったからだ。

これを示すグラフと説明を、時事ドットコムニュースの記事から引用させていただく。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 13:42Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

twitterフォロワーさんのアイコンひとまとめ

当時はtwitterのフォロワーさんのアイコンをひとまとめにするサービスがあったようだ(今もあるんだろうけど、調べていない)。2012年2月末に作成した画像があったので、アップしておく。

twitterのアイコンは、長期間同じものを使う人もいれば、どんどん変えていく人もいる。

顔写真が使われることもあれば、風景やデザインなど、千差万別。

この時期は、本格的にtwitterを使い初めてから2年ほど経ち、フォロワー数の増加率が安定してきた頃。

なんだか卒業アルバムを見るような思いにかられるのもいとをかし  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 01:05Comments(0)TrackBack(0)写真

2016年08月08日

セキュリティソフトの製品変更&自動更新により3倍超の年間使用料を請求された件

ここ数年間、McAfeeのSiteAdvisor Liveという製品を使ってきた。検索により表示されたそれぞれのサイトについて、安全/危険かも/危険のサインを表示してくれる。

パソコン自体のセキュリティは別の会社のソフトを使っているが、SiteAdvisor は安い(年間¥2,560)のと検索時に安全なサイトが一目でわかるので愛用してきた。

ところが、このほど更新日の一ヶ月前に従来使用料の3倍を超える金額がクレジットカードから引き落とされていることがわかり、驚愕してサポートに問い合わせたところ、以下のような事情だった。  続きを読む

Audible(オーディブル)、使用記録(7/6〜8/8)

最近1カ月間のAudible(オーディブル)使用記録である。この期間に聴いた主な本は以下の通り。

池上 彰の「知らないと恥をかく世界の大問題」

池上 彰の「知らないと恥をかく世界の大問題2」(途中まで)

「昭和史11「ドイツのソ連進攻」」

「昭和史14「真珠湾攻撃からミッドウェーへ」」

「昭和史15「ガタルカナル・インパール・サイパンの悲劇から特攻隊出撃へ」」

「昭和史16「ヤルタ会談、東京大空襲、沖縄戦、そしてドイツ降伏」」

「昭和史17「ポツダム宣言受諾、終戦」」

「昭和史18「[むすび] 昭和史二十年の教訓」」

「昭和史2「張作霖爆殺と統帥権干犯」」

「昭和史3「関東軍の野望、満州国の建国」」

「昭和史5「陸軍の派閥争い、天皇機関説」」

以下、ツイッターの記録である。  続きを読む