記事の分類(クリックすると、記事のリストを表示します)  

環境&新知識  健康・生活   独立2〜4年目  独立5年目  独立6年目  独立7年目以降

  日記風(開業の次の年)  日記風(開業以降〜?)  日記風(退職〜独立の約10か月)


翻訳に役立つソフトや書籍など  技術者として  パソコン・インターネットの活用  印象深いヒト、本、音楽

フリーランス翻訳者へのアプローチ   ブログに慣れる  翻訳者として  外国  写真  映像

  ブログ主のプロフィール     最近撮った写真集(Instagram)

投稿リスト  脱サラからフリーへの歩み     「脱サラ→フリー」によって変わったこと   

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ ←ブログのランキングバナーです。1日1回クリックで応援してね!

2016年07月01日

旅に出たい

東西両拠点では、二重生活を成立させるために、遠出(特に宿泊を伴うようなもの)を控えている。その反動で、2,3時間程度のウォーキングなり、ドライブ+徘徊+ショッピングなどで、旅行欲を解消しているのだが、それでも時々は、無性に旅に出たくなる。

そのような思いに駆られながら過去に撮った写真を思い出すままに並べてみた。




(東オフィス近所にて、道路と田んぼの向こうに沈む夕日を見ながら)

IMG_1444


(東オフィスから車で十数分の公園内周回路にて)  続きを読む

Posted by tiger_85_03 at 22:02Comments(0)TrackBack(0)写真

2016年06月30日

6月のウォーキング結果。少し低下気味

160630_1日当たりの歩行距離と歩数の関係


毎月のウォーキングの距離と歩数をプロットしたグラフ。横軸は1日当たりの歩行距離、縦軸は1日当たりの歩数である。

昨年12月以降のデータを緑色の円で囲んだ。

半年間好調を維持してきたが、今月(大きな赤印)は低下の兆し有り。

夏期はついつい外出が億劫になるが、早朝・夜間も活用して歩く習慣を維持したいものだ。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 23:43Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

twitterの統計データ




twitterを始めたのは2009年の10月。その翌年にはtwilogに登録した。

それから6年半。twilogは様々な統計値・グラフを表示してくれる。

この機会に、代表的なデータをメモしておく。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 01:15Comments(0)TrackBack(0)ブログに慣れる

2016年06月28日

Kindle本のハイライト部やメモ内容をテキストで取り出す方法(試行錯誤中)

IMG_2314


Kindle本、たくさん買っている割にはあまり読めていない。読むとしても、一期一会になる可能性が高いので、印象に残ったところや、できれば再読したいところにはハイライトを付けたり、メモを残したりしている。

このような情報を発信したり、テキスト情報として残したりする方法としては、iPhoneで読む場合、twitterで共有するのが一策である。

ただし、この方法では、字数が限定される(本のリンクが挿入されるので、140字よりかなり少ない)し、そのツイートをもとにKindle本の該当箇所に戻ることはできない。

このほどパソコンにインストールしてあったKindle for PCをいじっていたところ、任意のKindle本に付したハイライト部とメモ内容を一式、テキスト情報として摘出する方法に気がついたので、そのプロセスをメモっておく。  続きを読む

2016年06月27日

男女の脳の違い(汗)

夫婦間、親子間、親戚間の関係性で特に強く感じることが多かったのが男女の差。

女性、特に有能な人が持つ特性の中で生理的に受け入れることがかなり困難、というか不可思議な特性に、以下のものが挙げられる。

1 記憶力の良さ(いい加減さ不足、冗談への転化が困難)

2 根気強い(執念深い)

3 ちょっとした仕草や言葉の端々を手がかりに心の内面を読み取ってくる&さらにそれを口に出してこちらの反応を引き出し、そこからより多くの情報を引き出そうとする。

4 話す能力の達者さ

他にもあるんだろうけど、さっと思い浮かぶのはこんなところ。

先日放映されたNHKの番組(クローズアップ現代+ 妻が夫にキレるわけ 6月7日)で、これらの秘密の一端を脳のメカニズムの男女差で説明している箇所があったので、動画をアップするとともに、関係箇所を書き起こしておく。

実は、この番組、寝るときにYouTubeで聞いていたのだが、朝起きてからもう一度聞き直して書き留めてしまうほど衝撃的だった(笑)。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 23:21Comments(6)TrackBack(0)健康・生活

2016年06月26日

オレの散策エリア2つ(東オフィス付近)




東オフィスは広い平地に広がる都市の郊外にある。田畑、森林、農村が散在する地域に住宅街が徐々に広がってきている。

十数年前、県庁と県警本部と県議会が移転してきた場所があり、ルートにもよるが、徒歩20〜30分で到達できる。

その集中立地区域には、公園風のスペースがゆったりと設けられている。また、その周囲も、高い建物がほとんどなく、未開発エリアもまだまだ多いので、広々とした雰囲気。

県庁の25階は四方を見渡せる展望スペースになっている。上の写真が北東方向、下の写真が南東方向を撮影したもの。

このあたりをうろうろするのは、仕事に煮詰まってがちがちになっている(最近あまりないのだが)心身をリラックスさせるのに最適である。


  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 23:00Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年06月24日

ウォーキング記録の誤差原因

原野散策


前のエントリーで報告したウォーキング記録の誤差原因と誤差低減対策を、歩数と歩行距離に関してそれぞれまとめておく。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 01:30Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年06月23日

ウォーキング記録をまとめてみた

iPhoneのアプリを使ってウォーキングの記録を取っている。

歩数はWalker、歩行距離はRunkeeperを使っている。Runkeeperは、歩行経路や標高も保存され、写真とコメントを添えておくこともできるので、後で見返すのがとても楽しい。

twitterの記録(twilog)やInstagramの写真と合わせれば、かなり年月が経ってからでも、特定の日時の歩行状況を思い出すのに役立ちそうだ。

すでに報告したように、五十肩の痛みが顕著に軽減してきた昨年12月からウォーキングの回数と距離が顕著に伸びている。この好調ぶりは、上記2つのアプリの記録を分析することにより、今年5月まで半年間続いたことが確認できる。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 02:02Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年06月22日

「父の日」の思い出(ここ数年)

このテーマについてはほとんど書くこともなかろうと思っていたら、思いがけず子3からプレゼントをもらったので、ここ数年のつぶやきを検索してみたところ、亡父に発送したこと、家族からもらったことがヒットしたので(忘れていた!)、メモっておく。




(今回子3がくれたプレゼント。防水スピーカー。USB接続。電話も取れる。浴室外に置いたiPhoneの音を浴室内で聴くのに好都合。コンパクトで運びやすいので、作業部屋用と両用容易)

以下、過去の記録  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 14:14Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

対面朗読、新しい活動形態に参加




県立図書館のボランティアチームの活動分野の1つ「対面朗読」の活動として昨年から始まった試みが、盲老人ホームを訪問して入居者の希望に応じた朗読サービスを行うというもの。昨年は全く参加できなかったので、自分にとっては4月が初参加、先週が2回目の体験だった。

従来はすべて、図書館の朗読室(防音機能完備)に来室される希望者に対して朗読サービスを提供していたので、他の施設に出かけていくこと自体、新しい形態。

自宅からは、車で北方へ30分ほど。

14時に現地集合し、分担を決め、14時半から1時間サービスを行い、簡単にその日の状況を報告し合い、16時頃現地解散。

基本パターンは、新聞、童話、小説、エッセーの4班に分かれ、それぞれ別の場所に集まっているサービス希望者に向き合う。各班が対応する希望者数はそのときまで不明。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 00:45Comments(2)TrackBack(0)健康・生活

2016年06月21日

米軍、病院施設を誤爆。事実調査、未だに実施されず




2015年10月3日、アフガニスタンで国境なき医師団(MSF)が運営するクンドゥーズ外傷センターが米軍の爆撃を受け、42名が死亡。

真夜中に1時間以上、主要病棟が正確に爆撃された。この病院は、過去に反政府勢力の拠点になったことがなく、事前警告は一切無かったという。

まもなく9カ月も経つというのに、第三者機関による事実確認が行えないという惨状。戦火の中で医療活動に従事してきた人たちの無念さはいかばかりか。ましてや、安心して医療行為を受けていた人とその家族はどんな思いだろう?

こういう行為が憎しみの連鎖を、そしてテロを生み出していくのではないか?

日本で安全保障法制や憲法改正の議論について自分の考えを形成するとき、戦争はここまで残酷なことをもたらすということに思いをめぐらせる必要があると思う。

他にも、無人機による対人攻撃や化学兵器による局地的虐殺など、戦争の悲惨さをさらに深める新兵器が今なお開発され、実用化されている。にもかかわらず、日本が他国に対して武器を売ることができるような環境整備が行われている。

昨年は、どう考えても違憲に思える安保法制が可決されてしまったが、今回の参院選ではそれが争点にならないよう政権与党側は努めているかのようだ。

政治家が争点にしなくても、投票する側が争点を作り出せばいい。

twitterを初めとするネットに流れる膨大な数の反戦・厭戦・平和尊重を示唆するつぶやきを見れば、安倍首相が作ろうとしている国家のあり方に対する疑念が多くの人の心中に存在し、日々強まってきていることがうかがわれる。

問題は、これが反与党への投票行動として表れるかどうか? 

あと3週間もない選挙期間だが、一人ジャーナリストになった心持ちで、どの勢力にも属さず、どの組織の指示・勧誘にも影響されることなく、できるだけ幅広にいろいろな立場の人の意見に耳を傾け、考える期間にしたい。

こういう立場を貫けることも「フリーランスになったことによる良き影響の1つであった」と言えるようにしていきたい。

そのためには、結構努力が必要であることを痛感する今日この頃。(∵ 自分で考えずに知人や組織の考えに態度を委ねてしまうのはすごく楽ちんだから)

+++++++++++++++++++++

なお、国境なき医師団は、国際事実調査委員会(IHFFC: International Humanitarian Fact-Finding Commission)に事実確認を要請したというが、米軍が対応したというニュースはない。

MSFの資料によると、このIHFFCは、ジュネーブ条約の第1追加議定書によって設置され、国際人道法違反の調査を専門とする唯一の常設組織であり、1991年から存在するが、76の調印国の1つが調査を提案しなければならず、

現在まで実働実績はない

とのこと。

愕然とする思いである。

+++++++++++++++++++++  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 22:31Comments(0)TrackBack(0)写真

2016年06月20日

アメリカ俗語辞典(The Underground Dictionary)

image


























この本、確か東オフィス近くのフリーマーケットで手に入れたと思う。入手後見れば見るほど貴重な辞書であることがわかってきた。また、1990年代には翻訳フォーラムでも話題に上ったような記憶が薄らと。

最近でも、ほんのときたま、アメリカ俗語辞典(The Underground Dictionary、原編者 ユージン E. ランディ、訳編者 堀内克明)を覗いては、生きた言葉の持つ奥深さにおののいている。

スラングがわんさか出てくる英語の翻訳をやる人は大変なんだろうな〜(唖然、呆然、ギブアップ)。

一例として、bitchのところを添付しておく。  続きを読む

平均的な生活リズム(最近3週間ほど)




前回西オフィスから東オフィスに戻ったのが、5月末。それから3週間、すっかり夜型リズムが定着した。

規則正しい日勤者に比べると3時間強後ろにずれた生活リズム。ここ数年、夏場に向かうときはこのリズムに移行していくことが多い。

インド標準時(デリーなど)が日本標準時から3時間半ずれているので、「インドリズム」と呼んでいる。

今度どこかに出かけるときは、また生活リズムの調整から始めないといけない。緩い工程なら、1日で強引に直しても実害は少ないが、移動前後に仕事や約束事が固まる場合は、1週間ほどかけて少しずつ時差調整していく必要がある。

(ふだんから日勤ベースか早起きモードにしておけば、そういう苦労はしなくていいはずだが、どうしてもそういう生活リズムが定着しない)

どんな生活リズムなのか? 大ざっぱに書いてみた。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 14:41Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

知人の訳書いくつか

知人といってもWeb上のお付き合いが主であり、実際にお会いしたり話をしていただいたりしたことはいたって少ないのだが、ときおりtwitterやブログを通じてメッセージを交換しているので、訳書発刊のニュースはことのほか嬉しい。

思いつく範囲で、知人の訳書を並べてみた。(訳者が複数いるときは、知人のみ表記)

データサイエンティストが創る未来 これからの医療・農業・産業・経営・マーケティング
(スティーヴ・ロー (著), 久保 尚子 (翻訳))
#訳書 #翻訳 #サイエンス #医療 #ビッグデータ

出版社による説明




イラク・アフガン戦争の真実 ゲーツ元国防長官回顧録 Kindle版
ロバート・ゲーツ (著), 井口耕二 (著), 熊谷玲美 (著)



紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) Kindle版
ケン リュウ (著), 古沢 嘉通 (翻訳)

「史上初めてヒューゴー賞、ネビュラ賞、世界幻想文学大賞の3冠に輝き、「ものすごく泣いた」「電車の中では絶対に読めない」などの声が続々上がっている」という。詳しくは、こちらへ  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 13:01Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2016年06月19日

Google Earthにハマってた

160619Google Earth出力結果合体版


脱サラして個人事業届けを出し、フリーランス翻訳者として売り込みとレート交渉に伴う受注相手の増減を経験していた3,4年間。ブログとともによく使っていたのが、Google Earth。

地球上のあらゆる場所を好きな縮尺・構図で目の前に表示し、画像ファイルとして保存できることに感嘆し、あちこち「旅」をしていた。

数年後の家計の逼迫が如実に予測できる環境で売上高の伸び悩みに直面していたため、実際に出歩くことが難しかったことの反動だったのかもしれない。

(こんなことに没頭せずに仕事に励んでいれば、旅にも行けたのかもしれないがw)

たくさんのファイルをまとめたものが最初の写真。以下、印象深いものをいくつか並べてみる。  続きを読む

2016年06月18日

エルゴヒューマンプロ(現在使っている椅子)の標準的な設定手順

2年前に購入。店で丁寧に使い方を聞いてから購入したが、納品時にはすでに忘れており、電話して再確認したことをブログに書き留めておいた。最近、完璧に忘却していると実感したので、その記事を再掲しておく。

なお、購入したWORKAHOLICというお店。たくさんオフィスチェアーが置いてあり、いくつも使用しながら丁寧に説明してもらった。2年前は赤坂にあったのだが、今は臨時に大森に。6月に新しい本拠地で開店するようだ。(

ウェブサイト→ WORKAHOLIC

IMG_3699


(近場のDIYショップに並んでいた標記製品。見た瞬間に欲しくなり、椅子について調べ始めたっけ。結局、別の店で購入)

WORKAHOLICで受けた説明、うろ覚えだったので、全く思い出せず、我流で調整して使い始めたが、やはりしっかりしたアドバイスを受けておこうと思い、店に電話。購入を決めたときの方とは別の方が電話に出たが、概ね同様の手順を説明していただいた。そのプロセスで、いろいろ質問に答えていただき、ますます信頼できるとの感を強くした。

あくまで、個人の体に合わせるよう微調整することが基本だが、最初の大まかな設定手順としてお二人が共通に語っていたことは、概ね以下の通りである。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 19:12Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年06月16日

中国語を勉強した日々を振り返る

最初Facebookに投稿したのですが、公開しても差し支えあるまいと判断し、ここにもアップしておきます。

IMG_2321



あれから20数年経ったのか。当時オレは、ナンチャッテ中国語学習者だった。

結局は、4級にギリギリ受かったのみ。その後ほとんど進歩無く、今は基本単語もほとんど思い出せないが、この数年間の取り組みはとても楽しかった。

もちろん英語と日本語の翻訳を仕事にしようという気が芽生える前のこと。

受験記録(写真)を見ながら、数年間の時系列を書き残してみた。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 19:19Comments(0)TrackBack(0)外国

2016年06月14日

PDFファイルの字数カウント、テキスト化ツール: JCount

以前アップした記事をベースに最新状況を確認して再アップ

namba 



















2016年6月14日確認したところ、最新バージョンは、JCount 1.10 [ 2013/01/23 ]でした。Windows 7 (32bit)環境で正常に動作することを確認しました。

++++++ 以下、2011/01/31にアップした内容 ++++++++

原稿として支給されるpdfファイルの字数を素速くカウントする必要に迫られることがある。新規案件の見積依頼時。たいてい別の翻訳実施中だから、時間をかけるわけにはいかない。特に直接発注してくれる相手からの依頼時は、できるだけ正確なカウント数をもとに見積案を作成したい。そういうときに愛用しているソフトがJCount(フリーソフト)だ。

起動すると、ウィンドウが開き、字数をカウントしたいpdfファイルをコピペで貼り込むだけ。すぐに文字数の情報を表示してくれる。また、「抽出テキストをファイル名.txtで出力」にチェックを入れておくと、テキストファイルが自動生成される。特に、カウントしたいファイルが複数ある場合に、一発の操作でこれらの処理を実行してくれるのがありがたい。  続きを読む

2016年06月13日

知人が出版した本いろいろ

ウェブ上で知り合った人が本を出版するケースが徐々に増えてきた。そういう知らせを受けると、とても嬉しくなる。

本に記載してある(であろう)内容が長年のメッセージのやりとりによってある程度想像できる場合があるからだ。

あるいは、内容までわからなくても、断片的に知っているその方のプロフィールやつぶやき内容から、その方の思いがこもっている出版物が世に出るのか、という一種の感慨を覚えたりもする。

また、膨大な情報が流れていくのをただ呆然と眺めながら暮らしている自分に比べ、テーマ&シナリオ作りと記載内容の吟味に焦点を絞って成果物を仕上げた知人らの努力に敬意を払いたい気持ちもある。

最近出版されたものをいくつか挙げておく。(近日中に出版されるものも含む。翻訳者の訳書は除く)

翻訳で、稼ぐ!: 猫先生の実務翻訳ガイド(著 青山万里子)


自信を積み重ねる習慣の力 〜習慣力で夢を叶える〜 (著 横井菜穂美)
  続きを読む

2016年06月12日

プリザーブドフラワーの仏花を購入




亡父を偲ぶ情報は実家にまだたくさん残っているが、象徴的なものの1つが仏壇。

死去後、簡素なものを新規購入。遺影と花と供え物と写真アルバムをそばに置いている。

花は、生花を近くのスーパーで購入して、毎日母が水を替えてきたのだが、このほど、プリザーブドフラワーの仏花を購入した。(写真)

注文先は、ウェブで知り合った方が個人で営んでいるショップ「ハナオト」。 

→ ハナオト ブログ プリザーブドフラワーのお花屋さん  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 15:18Comments(0)TrackBack(0)健康・生活

2016年06月09日

翻訳フォーラムシンポジウム2016、参加メモ




今回は、長年フォーラムを引っ張ってきた中心メンバー4名が共同で著した書籍「できる翻訳者になるためにプロフェッショナル4人が本気で教える翻訳のレッスン」の出版記念を兼ねて開催されたシンポジウムであった。

プログラムは、こちらを参照のこと。著者4名がそれぞれ講演するとともに、翻訳者約10名が長期間共に研鑽してきた翻訳の基礎技術の訓練成果も披露された。

以下、シンポジウム翌日にメモっておいた印象に残ったことを記録しておく。(ブログにアップするのが遅れてしまった)  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 19:43Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2016年06月08日

下水道マンホール蓋の陳列に父を偲ぶ




(父の書棚整理時に撮影。仕事の必携書と思われる。出張多く、口数少し。いつも帰宅が遅かったので、家でこのような本を広げているのを見た思い出はない。青焼きの図面をかばんから出し入れするのは時々見たように思う)


2015年9月中旬、亡父の法要を西オフィス(実家)で済ませ、東オフィス(自宅)に帰ってきてすぐのこと。

散歩中ふらっと県庁に立ち寄ったら、茨城県内市町村の下水道マンホール蓋を展示していた。9月10日が「下水道の日」らしい。

父は下水設計コンサルタントの社員。平日はその日のうちに帰ってきたことはまずなく、月の半分ぐらいは出張。土曜日は半ドンだったはずだが、夕方までに見た記憶はない。当時は下水道の普及が国家インフラの重要目標だったらしく、全国を飛び回っていたらしい。

典型的なモーレツ型サラリーマン。

父の机の上にはいつも青焼きの図面が置いてあり、不要になった紙を切ってメモ用紙に使っていた。父がいないときにそれをチラチラ見ては、なんとなく専門的な仕事だと思い込み、こういう仕事でバリバリ働けると格好いいな〜、しかし会社にこき使われるのはイヤだな〜〜など、ぼや〜っと考えていたように思う。

法要後、お骨を墓に入れて父と別れを告げた直後にこのような展示会に遭遇したのは、何か意味があったのかもしれない………など、ぼや〜っと考えている(as usual)。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 17:24Comments(0)TrackBack(0)思い出

2016年06月07日

「日本語の文法」を勉強してみよう(とりあえず、言ってしまうw)




この写真は、先日東京で開催された「翻訳のレッスン」刊行記念 翻訳フォーラム・シンポジウムで、テンスとアスペクトの重要性が説明された際に紹介された書籍、「日本語の文法」(高橋太郎著)の表紙である。

テンスとアスペクトについては、第8章で詳しく述べられている。

考えてみれば、「日本語の文法」をちゃんとというか、積極的に学んだことがないように思う。

小学校の国語、中学校の現代国語ともに、教科書に出てくる作品のあらすじを把握する以上には全然興味が持てず、文法にしてもちゃんと習った記憶に乏しい。

高校入試対策でなんとなく手強い問題の回答を暗記しつつ頭の中で整理していったことが、自分にとっての文法的知識なのかもしれない。

その後高校で、英語リーダーと英作文の先生たちに英文法を教え込まれ、そのとき初めて「文法」という科目があると意識した。英語は日本語とは異なり、それまでの自分の知識では読んだり書いたりがほとんどできなかったから、文法を身につけることにより少しは理詰めで文章を作成できるのが面白かったのかもしれない。

その際、英語で学習した文法的知識が日本語に置き換えれば何に相当するのか、という角度で日本語の文法にも思いをはせたはずだが、そのとき接していた高校の現代国語、古文、漢文の授業では、日本語文法をきっちり学んだ記憶がなく、前者2つはほとんどパスし、かろうじて漢詩や中国の史書・故事の一節に興味を覚えた程度だった。

その後長い道のりを経て、技術者→翻訳者としてたくさんの日本語文を書いてきたわけだが、文法知識を学び直すチャンスはなかった。というより、必要性を痛感したことがなかったし、これを学べば有効という指標もなかったので、放置してあったというのが実態に近い。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 02:39Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2016年06月06日

Controlキーとマウスホイールを使って画面表示倍率を変更



(蓮の花。大阪・長居植物園にて撮影)

多数の翻訳者がパソコンの使い方に関する小技(こわざ)を披露するサイト「小枝の森」

このサイトが立ち上がって1カ月を経過。著者の1人として1件投稿した内容を、このブログにもアップしておく。

タイトル: Controlキーとマウスホイールを使って画面表示倍率を変更

ディスプレイの表示倍率を適宜変更したい場合、各ソフトによって設定倍率を調整する方法は異なりますが、マウスホイールとControlキーを使うことにより、拡大・縮小を簡単に行える場合が多くあります。

方法はとても簡単。

Controlキーを押しながらマウスホイールを回転させる。

前方へ押し出すように回すと拡大、手前に引くように回すと縮小。

これだけです。

この方法が有効かどうかは、ソフトによって異なります。私のパソコン(Windows 7 32 bit)でチェックした結果は、以下の通り。  続きを読む

2016年06月05日

Audible(オーディブル)、使用記録(5/9〜6/5)

2016年05月09日(月)
うなずくところ多し
→齋藤孝の「退屈力」を34%聴いてみた。
posted at 15:47:39


2016年05月10日(火)
2007年に出版された本だが、すごく基本的なことを概括的に語っているので、問題はない。基本を確認するには良い本だ
大勝文仁の「いつのまにか「お金がたまる人」のさりげない習慣」を59%聴いてみた。
posted at 11:34:40


2016年05月11日(水)
Audibleで要約版を聴き、読みたいと感じました。タイトルから受けるイメージとは違う内容がふんだんに書かれているようだ →「ぜんぜん気にしない技術」(著 家入一真、 森田 正康) “思い込み”や“考えすぎ”にとらわれない自分……
posted at 12:48:53


攻めてくるな〜、アマゾン。ビデオサービスいらないので、Audibleを安くしてくれ〜 
→http://Amazon.com、「Prime」に月額プラン追加、ビデオサービスのみのプランも   #ITpro #amazon
posted at 20:05:13  続きを読む

2016年06月04日

翻訳タスクを請けるまでが長かった(遠い目)

あれから23年。

翻訳実務士3級の証書。確か1〜5級まであって、3級は「今後も勉強し続ければものになるかもね〜〜」的な意味合いだったと思う。

c6c8e7e7.g


賞状と副賞をもらいにS社を訪問。他に3、4名受賞者がいた。有名なO氏にお会いした。分厚い英英辞典をいただいた。(O氏には昨年の翻訳祭で挨拶できた。もちろん、私が一方的に状況を説明)  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 11:22Comments(0)TrackBack(0)翻訳者として

2016年06月03日

Google、再学習

Googleのサービスは、仕事はもちろん、パソコンやスマホを操作する上で必ず使う。

何かわからない時は、試行錯誤的にあがくか、ウエブ情報を検索することにより対処してきた。

しかし、それではいつまでたってもわからないままのことが溜まっていくし、新しいサービスに気がつかないまま月日が経ってしまうことも多い。

そこで、(ほんとに久々に)しっかりしたガイドブックを購入し、手元に置くことにした。

東オフィスにはこれ ↓

Google便利すぎる! 240のテクニック

image

  続きを読む

2016年05月20日

写真・動画データの整理中(試行錯誤ナウ)




写真・動画データは、すべてGoogle Drive上の一つのフォルダに入れてある。総量約50GB、ファイル数2万数千。

その中の分類は、デジカメ・iPhoneそれぞれの年ごとが基本。それ以外には、一時に何十枚も撮ったようなイベントや日のファイルをフォルダに分類していた。(2012年頃まで)

しかし、Instagramとtwitterにより写真にコメントをつけてアップできることに味をしめてからは、上記第2段階のフォルダー分けをさぼってきたため、年ごとのフォルダに膨大な数の写真・動画ファイルがほぼ時系列で並んでいるだけの状態になっていた。

撮った当初は、1枚でも手がかりがあればそれに関連する写真はすぐに思い出せるような気になる。twilogやInstagramで過去の投稿を調べれば関連写真はたちどころに思い出せる………はずだったのだが、これだけ多量になり、時が経過すると、その方式では全く通用しないことが徐々にわかってきた。  続きを読む
Posted by tiger_85_03 at 07:38Comments(0)TrackBack(0)映像

2016年05月16日

Snipping Tool : Windowsパソコンの画面上のオブジェクトを保存するツール

時間ごとのツイート数(2016年5月16日 総ツイート数65,841)


このほど、「小技の森」というサイトが立ち上がり、多数の翻訳者がふだんのパソコン作業で日常的に使っている「小技」を紹介していくことになった。約30名の執筆協力者が登録され、その中の一員に入れてもらった。

既に10件ほどの記事がアップされている。それを見て、特にソフトの操作の説明にディスプレイ上の画面を例示することの有効性をあらためて実感した。

以前Windows XP時代にたくさん画面キャプチャーしていたことがあり、その頃使えるソフトをブログ記事にまとめた記憶があるのだが、今の時点で最も使いやすいソフトを調べてみたところ、すぐに見つかった。

Windows 7に標準でインストールされているアクセサリの一つSnipping Toolだ。

早速これを使い、自分のツイッター情報をすべて保存してあるtwilogが表示する時間ごとのツイート数をjpeg形式で保存し、この記事に貼り付けてみたのが上の画像である。  続きを読む

2016年05月14日

ビビビっときた本など(5/4〜13)



(ニッカウィスキー 竹鶴)

書店、新聞、テレビ、twitter、facebook、などを通じて何か心のどこかに印象を残した書籍に関するつぶやきをまとめてアップしておく。(5/4〜13)









これについては、費用対効果(リスク回避効果も含めて)を検討する価値がありそうだな  続きを読む