記事の分類(クリックすると、記事のリストを表示します)


環境&新知識  健康・生活   独立2〜4年目  独立5年目  独立6年目  独立7年目以降

  日記風(開業の次の年)  日記風(開業以降〜?)  日記風(退職〜独立の約10か月)


翻訳に役立つソフトや書籍など  技術者として  パソコン・インターネットの活用  印象深いヒト、本、音楽

フリーランス翻訳者へのアプローチ   ブログに慣れる  翻訳者として  外国  写真  映像    ボランティア・寄付

  ブログ主のプロフィール     最近撮った写真集(Instagram)

投稿リスト  翻訳作業報酬雑感集     脱サラからフリーへの歩み     「脱サラ→フリー」によって変わったこと   

  

カスタム検索

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ ←ブログのランキングバナーです。1日1回クリックで応援してね!

2017年03月20日

脱サラの最大動機




先日、脱サラ→フリーランスの経緯を聴いてもらう機会があった。一方的に自分が話すのではなく、相手の質問に答える形である。とはいえ、結構まくし立てていたように記憶。年のせいかな(笑)。

話してみてあらためて確認できたのは、脱サラした最大の動機。それは、巨大組織(さらに言えば業界)に所属することによる各種束縛から独立したかったから。

絶対にフリーランスになりたかった、というわけではない。ぜがひでも翻訳を仕事にしたかったわけでもない。

どうせ会社をやめるならフリーで自分に向いた仕事がやれるといいな〜、という思いで生計を確保する手立てを模索した結果、産業翻訳に到達した。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
ブログのランキングバナーです。1日1回クリックで応援してね!


つまり、翻訳もフリーも絶対条件ではなかった。

他に考えていた仕事形態もあったが、今思えば絵空事に近い。ここに書くほどしっかりした検討もチャレンジもしなかった(せずに済んだ)。

また、もしそれらの業務形態が実現していたとしても、現在の状況より満足度ははるかに低いと思う。

今の状況を実現するために様々な形でお世話になった方々、よく似た状況で働いている方々、交信を続けてくれる方々に深く感謝するのみ。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
ブログのランキングバナーです。1日1回クリックで応援してね!


ブログ主のプロフィールへ

           








この記事へのトラックバック URL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tiger_85_03/53226107