カスタム検索
 記事の分類(クリックでリストを表示)          
日記風(開業の次の年)  日記風(開業以降〜?)  日記風(退職〜独立の約10か月)

翻訳に役立つソフトや書籍など  技術者として  パソコン・インターネットの活用  印象深いヒト、本、音楽

フリーランス翻訳者へのアプローチ   ブログに慣れる  翻訳者として  外国  写真  映像

投稿リスト  脱サラからフリーへの歩み  「脱サラ→フリー」によって変わったこと  翻訳作業報酬関連記事集

写真集(Instagram)   つぶやき(twitter)    #勝手にGO  
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ←ブログのランキングバナー

2018年04月15日

Google DriveをiPhoneにインストールしてみた

IMG_E1299


iPhoneにアプリGoogle Driveをインストールしてみた。これにより、過去20年ほどパソコンを通じてGoogle Drive上に蓄積してきた画像ファイルすべて(総数約3万、50GB強)にiPhoneからアクセスできるようになった。

手始めに、十数年前に撮影した写真をiPhoneによりInstagramでアップしてみた。簡単にできる!

また、iPhoneで撮った写真をGoogle Driveにアップすることもできる。フォルダーを作成できるので、分類も可能。Google Driveにアップすれば、同期しているパソコン上にも保存され、加工したファイルをiPhoneと共有できる。

今までは、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続し、パソコンのExplorerでiPhone内のDCIMフォルダーを見て必要なファイルをパソコン上の「写真・動画フォルダー」(Google Driveと同期している)にコピー・ペーストしてきたのだが、もはやパソコンを使わずに、iPhoneで撮影・加工した写真を即座にGoogle Driveにも保存し、パソコンと共有できる。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へランキングです。クリックで応援を!

ただし、Google Driveへのアップロードは自動化しておらず、マニュアル操作なので、多数のファイルを溜めてしまうとアップロードに時間がかかり、またどのファイルをアップすべきかわからなくなってしまうことが懸念される。

なお、1度にアップロードできるデータ容量に制限があるようだ。写真ファイルは一度に10枚アップロードできた場合もあるが、数枚でもダメなときもあるので、合計20〜30MBあたりにしきい値があるのかもしれないし、通信時間に制限があるのかもしれない。

したがって、短期間に多数の写真・動画を撮影したようなときは、従来通りパソコンを使ってアップロードし、少しずつアップロードすれば事足りる場合はiPhoneから行うことにすれば、撮影した写真をGoogle Driveにアップし忘れることは防げると思う。

また、当然のことながら、画像ファイル以外のスマホ・パソコン間共有もGoogle Driveで行えると思うが、まだ実施していない。進行中の仕事用ファイルはDropboxに置いてあり、iPhoneと共有しているので、従来から共有できている。Google Driveには、実施後ある程度の時間が経ったファイルをすべて置いてあるので、過去の作業ファイルや参考資料を読む必要があるときには今回インストールしたGoogle Driveが力を発揮すると思う。

(注: ただし、パソコンを使えない環境(外出時など)で、そこまで熱心に仕事に取り組むことが今後あるのかどうかはわからない)

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
ブログのランキングバナーです。1日1回クリックで応援してね!


ブログ主のプロフィールへ