夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記

映画・読書・走る・仏教。 TB=コメント!コメなしTB大歓迎!どんどんTBください!

監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 吉岡秀隆、 都はるみ
収録時間:101分
レンタル開始日:2004-12-23

Story
当時芸能界を引退する直前だった都はるみをマドンナ役に配したシリーズ第31作目。“普通のおばさん”になりたくて佐渡へ失踪して来た演歌の女王・京はるみ。そんなこととは知らずに寅次郎は、傷心の彼女を元気づける。 (詳細はこちら
 第31作。
 ちょっとお休みねと、箸休め、の感もある。 
 確かに本線からはそれているが、だからといって寅のお約束は守られ、なのに一つの作品として独立している。
 当然大スターがマドンナになりうるわけがないが、それでも観客にそんなことあるかもしれないよと言う思いをさせるあたりはテクニシャンだねえ。
 寅は相手が大スターだと知っていながら知らないふりをして普通に接する。 
 その辺が寅の偉大なところ。
 寅の新鮮さがだんだんなくなってきて、逆にいぶし銀的な寅が現れている。
 いよいよ寅コーチの本格的出番か。

20190506_133721 
 さて連休最終日どこへ行ったものかと思案の挙句福島の、UFOふれあい館、へ。

20190506_131838 
 ウーム? 
 これはUFOの内部の模型とされる。
 あと宇宙人の人形とか、円盤の写真とか、古い資料などが展示されていましたが、連休最終日完全にやられましたな。 
 二度と行かなくて良い場所です。

監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 吉岡秀隆、 田中裕子
収録時間:106分
レンタル開始日:2004-11-25

Story
人気「男はつらいよ」シリーズ第30作。大分で知り合った気の弱い青年・三郎は動物園の飼育係。やはり同宿したOLの蛍子に一目惚れするが、なかなか一歩が踏み出せないでいた。そこで我らが寅次郎の恋愛指南となる。 (詳細はこちら

 第30作。
 特に芸能人のゴシップになど興味はないが、本作の二人は本物の夫婦であり、不倫報道もされていたらしいので、どうも気にかかる。
 田中裕子の方は今NHKBS3で朝、おしん、に出ているが、本当にどうでもいいことだけど、寅の時かおしんの時かと気にかかる。 
 それはともかく、いよいよ寅は恋のコーチに成り果てたのだ。
 現役引退ですなあ。
 がっかりしてしまうが、そのほうが自然だと言うわけだ。
 寅、の映画は偉大なるマンネリかそうでないか、といえば、マンネリなどとんでもない、本当に丁寧に良くできた映画だ、と私は思う。
 1作1作に何らかの主張が込められている。
 1作も抜けがない。
 本当に素晴らしい。

20190506_115948 

さて10連休最終日。まず、道の駅米沢、で

20190506_113024 
 米沢ラーメン。
 米沢ではラーメンを、中華、と呼ぶ。
 でもここは様々な場所からお客さんが集う場所。
 したがって米沢ラーメンですなあ。
 でもまちがいなく、中華、です。
 中華、とは、というものがここ、道の駅米沢、の、米沢ラーメン、に凝縮されております。
 ここから市内に多くのお客さんが向かってくれればな、と思います。
 また米沢でも多くのお客さんを迎えるために多くの観光拠点を作り整備してほしいと思います。

監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 吉岡秀隆、 音無美紀子
収録時間:101分
レンタル開始日:2004-11-25

Story
人気シリーズの劇場版第28作目。九州路の日田で知り合った若い娘・愛子に商売のサクラを務めてもらった寅次郎。病気で寝ている昔の仲間から、自分が死んだら女房をもらってくれと言われてドキれてしま…。 (詳細はこちら
 
 第28作。
 前回の、浪花の恋の寅次郎、から、吉岡秀隆、が光男役を演じている。
 彼は最後の方で重要な役を引き受けることになる。
 それはともかく、本作はまた異色、と言えるものだろう。 
 寅は、まともな結婚を望んでいないのだろうか。
 今回もまた寅はふられていない。
 音無美紀子が寅の意思を確認した段階で、寅がOKを出していたらどうなったのか。
 寅は音無美紀子の気持ちを、汲んだのか、逃げたのか。
 これに岸本加世子やら地井武男やらが絡むという出演者に関しては豪華な感じの作品であった。
 このシリーズの魅力はなんといってもブレのないこと。
 だから観客は先が読める。
 それが大きな魅力なのだ。

監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 吉岡秀隆、 松坂慶子
収録時間:104分
レンタル開始日:2004-11-25

Story
瀬戸内の小島で大阪の芸者・ふみと出会った寅次郎。生き別れの弟に会うのをためらうふみをけし掛けて、寅次郎は一緒に会いに行く。しかし、弟はもはやこの世にはいなかった。そして、柴又へ帰った寅次郎の下へ、ふみが訪ねて来て…。 (詳細はこちら
 
 第27作。
 今の人が観たら、まんぷく、のあの、鈴婆さん、とは気づかないだろうか。
 松坂慶子がそれほど年を取って風貌が変わった、と言われているが、私にとってはこの寅のマドンナも鈴婆さんも同じ松坂慶子だ。
 逆に松坂慶子の見事な年の取り方に感服するほかない。
 それはともかく、この松坂慶子の年齢が微妙で、寅の恋人にもなれば寅が保護者的にもなる的な立ち位置ですなあ。
 最終的に、斎藤洋一、がペロッとかっさらっていくのだ。
 まあでも寅よ、お前には松坂慶子は似合わない。
 そういう意味では、観客も第三者的な目で観られる、シリーズの中では刺し身のツマのような作品だったと思う。
 それにしても、マンネリに堕さず、一つ一つの作品の実に丁寧なことよ、これまた感服する。

監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 笠智衆、 伊藤蘭
収録時間:98分
レンタル開始日:2004-11-25

Story
人気シリーズの第26作目。北海道・江差で仲間の墓参りをした寅次郎は、その娘・すみれと出会い、東京での勉学の世話をすることになった。定時制高校に通うすみれの活き活きとした姿を見た寅次郎は自分も入学願書を出すが…。 (詳細はこちら
 第26作。
 伊藤蘭もこの作品の頃は若々しかったが、今や還暦を数年すぎ、そういう寅はその娘の親代わりで面倒をみるというパターンですな。
 このシリーズはいわば寅の老化との戦いでもあったようで、まあそれでもとにかく49作まで行ったのだから大したものだ。
 恋をして恋に破れを繰り返す寅、やはりサライですかねえ、まあ今回は恋にならぬというほかないので、別品、とでもいったらどうだろうかねえ。
 もう50年近く前の世の中がこうして映画で観ることができるということがわかった。
 映画はその時だけのものではない。
 その後にも延々と生き続ける代物なのである。
 したがって中途半端な作品は作れないということでしょうなあ。
 今は年老いた人たちや亡くなった人たちがいきいきしている姿をみると、本当に映画というものは素晴らしいものだなあと思えてしまう。
 

監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 笠智衆、 浅丘ルリ子
収録時間:104分
レンタル開始日:2004-11-25

Story
旅回り歌手・リリーから“沖縄で入院中”との便りが届き、寅次郎は急遽沖縄へ。看病した甲斐もあって快方に向かい、ふたりは夫婦気取りの生活を始めるが…。『寅次郎相合い傘』に続いて浅丘ルリ子が3度目のマドンナ役を演じる。 (詳細はこちら
 
 第25作。
 本当のターニングポイント作品。
 ちょうど折り返し点。
 それがこのリリーもの。
 寅の恋路はこの一作に収斂される。
 何はともあれこの作品としか言いようがない。 
 この作品を深読みすれば、お互い自己をわきまえていたということかなあ。
 好きあっている、引きあっている、のはわかっていながら、その先もわかっている、だから、一緒にならない。
 そういう生き様なんだよ、寅もリリーも。
 そのことも観客もわかっているから、一時の、二人の夫婦模様、を楽しんだ、ということである。

20190505_141123 
 なにしろ結婚記念日と誕生日が同じなので、夫婦で大々的に祝った。
 仙台、寿司波奈、でまずは握り10貫。

20190505_141751
 
 そして天ぷら。
 これを生ビールでいただいた。
 おいしくいただいた。

20190505_160221_Burst01


 
 夕方は同じく仙台の、浅草軒。
 令和、の文字があまりにも見事なのでまずは撮影。
 晩酌セットを頼む。

20190505_162954
 
 生ビールに、枝豆、牛タン、笹かま。
 枝豆が冷凍解凍なのが明らかではあったが、リーズナブルなので良しとする。
 本日もまた10連休中、仙台での、結婚記念日祝、誕生祝、だった。

監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 笠智衆、 香川京子
収録時間:104分
レンタル開始日:2004-11-25

Story
ビタミン剤のセールスマン・マイケルは遠くアリゾナからやって来たが、品物がまったく売れず行き倒れ寸前。そこで、“とらや”の人々が面倒をみることになるが、寅次郎はアメリカ嫌い。そこへ美しい英語の先生が寅の下を訪れ・・・。 (詳細はこちら

 第24作。
 アメリカ人がマジにさくらを好きになってしまう話。
 寅は、林寛子では無理で、香川京子、がマドンナになるという、老化が進んだことも否めない作品にもなった。
 そういう意味では異色。
 それからアメリカ人が鴨居に何度も頭を打ち付けるシーンは大阪の新喜劇的でもある。
 やはり品の良いご婦人は寅には無理か。
 ご婦人からすれば寅はちょうどいい下僕なんでしょう。
 寅のコピーは実は、源、なのだ。
 そんなこと気づいている人はあまりいないだろうが、源、の動きを見ていれば、つまり、寅は源、ということがわかってくる。
 源の姿が寅の姿。
 寅に納得したり反駁したりしながらこのシリーズのターンである。
 1作、1作、が個性があって同じではない。
 マンネリでもない。
 そうしない努力がしっかりなされていることに気付かされた今回の視聴感である。

監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 笠智衆、 桃井かおり
収録時間:107分
レンタル開始日:2004-11-25

Story
北海道で出会った一人旅を楽しむ娘。その後、彼女は会社社長令息との結婚式を途中で抜け出し、寅を頼って柴又までやって来てしまった。当時の女優であった桃井かおりをマドンナに起用した人気シリーズ劇場版の第23弾。 (詳細はこちら

 第23作。
 シリーズもほぼ半ば。 
 寅も桃井かおりすら恋人にできず、つまり桃井かおりすら小娘になってしまうという重大な事実に気づいてしまう私なのだった。
 桃井かおりは一息ついてまた同じ人つまり布施明と結婚してしまうという話でちょっとこれまでの話とは流れが違うのである。 
 木暮実千代なんて懐かしい女優がねえ、本当にいい味を出していましてねえ、映画の人というのは死ぬことがないんですよねえ、本当にうらやましいこってす。 

20190503_151153_Burst01

 
 馬上の人は上杉謙信である。
 武田信玄に3太刀7太刀して上杉軍に戻った姿だ。
 しかしその3太刀7太刀に向かう前からこの馬はヨレヨレで馬上の人がよく落ちなかったものだとハラハラしたのだった。 
 だんだんなり手が少なくなってるのだろうか、合戦感がない。 
 斬られても倒れる人もいない。 
 しかも武田軍の人のなんと少ないことか。
 このお祭りのメインだけにさらなる工夫が必要ではないのかと思った。

20190503_123739  米沢上杉まつり最終日、まずは米沢市柳町の、きよえ食堂。  写真はワンタン麺。  これは美味しいですよ。  お祭り最終日の昼食として最高であります。 20190503_125141  これが外観。  そしてまつりはフィナーレ、川中島の合戦、向かいます。

DSC_1068 

 米沢駅前の、松月(しょうげつ)、です。
 米沢は、上杉まつり、の真っ最中。
 この日はお城や兜が大好きな歴史研究家の孫を連れて上杉家の宝物が収蔵してある、稽照殿、それからこの時期に一般公開される織田信長から上杉謙信に贈られたと伝えられる、洛中洛外図、を博物館で見て孫は大感激。
 特に、稽照殿、の上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、の兜にはもうメロメロになっていました。
 その後ここ松月で米沢中華を食べ、さらに、お祭りですので、南ジャ(イオン山形南店)の
31でポッピングシャワーを食べて大満足。
 これがこの10連休の中盤戦のはじまりであります。
  



 ミステリではよくある離れ小島。
 そこに大学ミステリ研究会のメンバーが訪れるが、
 

 お前たちが殺した千織は私の娘だった。

とのおふれがメンバーになされる。
 犯人の動機は



 千織の生家である角島の青屋敷。
 そこで彼女の両親が巻き込まれた惨劇。
 自分達の好奇心を満足させるためにその島へ渡る彼ら6人の罪人。
 その構図は彼らの全てを何か鮮明な色彩でもって塗りつぶし粛清してやりたいという衝動を煽り立てずにはおかぬものがあった。
 最初は角島で6人を殺しその後自らも死のうと考えた。

というもの。 
 実は得意技の速読をしてわかったつもりだったが、全く理解をしていなかったという私のお粗末でもう一度読み返し、なんとなくそのストーリーはわかったものの釈然としない。
 で、この話もまた叙述といわれるのだが、結局叙述=独善、ということになるのか。
 ミステリとはかくも奥が深いということであり、ひまつぶし(ひつまぶしではないぞ)で読むものではないのだぞ。
 叙述とは独善だがそれでも読み進めるべき価値のあるものでもあると思う。

容疑者Xの献身
東野 圭吾
文藝春秋
2005-08-25


 第134回(2005年下半期)直木賞受賞作品。
 本作品はこのほかの賞を取りこの年の5冠作と言われている。
 その賞のうちに本格ミステリに与えられるものもあったが、二階堂黎人が意義を申し立て議論になったと言われている。
 一応収束したらしいが、二階堂にとっては今もその主張を曲げるということはないようだ。
 それはともかく本作品は



 「僕の言っている意味がようやくわかったようですね」
 湯川は言った。
 「そうなんです。石神はあなたを守るためもうひとつ別の殺人を起こしたのです。それが3月10日のことだった。本物の富樫慎二が殺された翌日のことです」
 靖子は目眩を起こしそうだった。
 座っているのでさえ辛くなった。
 手足が冷たくなり全身に鳥肌が立った。

ともう一つの殺人事件を起こすというトリックを使ったものである。
 トリックは面白いが
  

 どういう経緯があったのかはわからないが、石神は花岡靖子の犯行を知りその隠蔽に力を貸すことにしたのだろう。
 彼は死体を処分するだけではダメだと考えた。
 死体の身元が割れば警察は必ず彼女のところへ行く。
 そうなると彼女や彼女の娘がいつまでもシラを切り続けられるかどうかは怪しいからだ。
 そこで立てた計画がもう一つ別の他殺体を用意しそれを富樫慎二だと警察に思い込ませるというものだった。
 警察は被害者がいつどこでどのように殺されたかを次第に明らかにして行くだろう。
 ところが捜査が進めば進むほど花岡靖子への容疑は弱まっていく。
 当然だ。
 その死体は彼女が殺したものではないからだ。
 その事件は富樫慎二殺しではないからだ。
 君達警察は全く別の殺人事件の捜査をしていたというわけさ。

までしなければならなわけがどこにあるのだろうか。
 そもそも第一の殺人は法的に正当防衛が成立するものであり、情状酌量の余地が十分にある。
 その事件を隠すためにどうしてホームレスを一人殺さなければならないというのか。
 第一の被害者富樫慎二という人間性がよくわからないが、そのDVてきな性からして警察沙汰がなかったとは思われない。
 だから指紋が採られている可能性が十分に認められる。 
 さすれば、第二の被害者技師は他の殺人被害者ということが明らかになるのではないのか。
 二階堂黎人はそのへんのことを指摘したのではないか、詳しくはわからないが。
 まあいずれにしろ5冠だからねえ本作は。
 誰がなんと言っても名作なんだろうよ、きっと。


20190429_120217 
 二男夫婦は帰省するとこのラーメンをお約束とばかりに食べていく。
 赤湯本店でも何回か食べたが、この店は私の家から近いので最近はほとんどのこの店だ。
 なおこの店は正確には、医大前店、という。
 なぜだろうねえ。
 山形大学医学部であって、山形医科大学ではないのだが。
 それはともかく今回は辛味噌が多いぞて妻も二男たちも言っていたが、私は多いほうが好きだね。
 このラーメンは確かに山形の名物の一つなのかもしれない。
 

20190428_161537
   

 いつのまにかこんな施設になっていたんだなあ。
 宿場町エリアだの農村エリアだのいろんなエリアがあって、そこを2台のおんぼろバスがゆっくり走りながら結んでいる。
 まだね、残雪があってオープンが早すぎたんじゃないかなんて思うのだが、何しろ10連休ここで施設を休ませるわけにはいかないものねえ。
 結構な値段なんだが、なにしろ遠いし、そのうえせっかく来てくれた二男夫婦のためにも一生懸命見学をしたのだった。
 
 

20190428_145040

 
 善寶寺五重の塔。下は人面魚。
 五重の塔は東北に4本あると言われているが、そのうちの2本がここ庄内にある。
 1本がこの五重塔。
 もう1本が羽黒山。
 人面魚はこの善寶寺の北側、貝喰の池に住んでいる。
 平成のはじめ話題になった。
 平成の終わりにまた思い出したように話題になった。
 行ってみたらまだ元気であった。
 20190428_143849_Burst01

20190428_133522_Burst01



 
 さすがに10連休、それなりに並んでクラゲを見学する。
 ここをクラゲの水族館に特化したというそのアイデアが素晴らしい。
 混雑時の写真撮影はNGだったが、見学が終えこの大水槽の前ではOKとなったのだった。
 このクラゲについては二男夫婦が昨年から見たがっていたものだ。
 昨年は長男の町内行事優先で行くことができなかったのだった。
 やはり連休はこれくらいの人出があって初めてその気になれるんだなと、つくづく自分が日本人であると感じたのだった。
 

このページのトップヘ