夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記

映画・読書・走る・仏教。 TB=コメント!コメなしTB大歓迎!どんどんTBください!

June 2019



 栄養学も日々更新されているらしい。
 現在第一線の考え方は、ホリスティック栄養学、というもので、その概念は



 栄養とは常に適切に消化吸収される保証はなく体内環境(個々人の様々な体内要因)で大きく異なる。
 これが現代栄養学が見落としているところです。
 そしてここがホリスティック栄養学のスタートになります。
 ホリスティック栄養学はさらに突っ込んで考えます。
 そこに二つの要素が加わっていきます。
1 体質によって食物の消化や吸収が変わるかもしれない。
2 考え方によって体の状態が変わるかもしれない。 

というもの。
 生命に重要な栄養素が何だ、などという分析的な栄養学から、その先へと発展しているのだ。
 そのホリスティック栄養学の考えでは、酵素、が重要な役割を果たすという。

 
 
 ブロックとは 建築の時に使うブロックのことです。
 つまり材料を比喩的に表現しています。
 私たち人間を構成する材料とは、水分、たんぱく質、脂質、ミネラル、炭水化物などで、これらは生命のない物質の塊でしかありません。
 この材料を使って体(細胞)を作ったり生命を維持したり病気を回復させたりするには体内での触媒作用(化学反応)を担う酵素が絶対に必要です。
 あなたの体の中ではこの瞬間にも1000万個の細胞が死んでいる。
 驚かせたいわけではありませんがこれは真実です。
 そして新しい細胞もまた作られています。
 「人間の細胞を一つ作るためには13000の酵素が必要です。その細胞が機能するためには2万もの酵素が必要でそれらの酵素は栄養素と反応して150もの化学物質を製造します。細胞の中で瞬く間にです」
 これはフュラー博士の言葉です。
 栄養素が材料、酵素は職人さん。
 家の建築に例えると栄養素と酵素の関係はこうなります。

 そしてこれらの栄養素は間質液にまで届かなければならない。



 日本の栄養学では生物学テレイン(生物学的環境という意味で、血液やリンパ液も含まれる)などという考え方さえありません。
 しかしこれが生体内環境の最も根っこの部分です。
 ホリスティック栄養学もここを重視します。
 では生物学テレインを考えた場合何が重要なポイントになるでしょうか。
 間質液に細胞の中に取り入れて欲しいもの(良い栄養素)が来ているか。
 それとも本来は来て欲しくないもの(老廃物や毒素性物質)が来ているのか。
 ここがとても重要なポイントになります。
 その点から血液の状態を見ているだけでは不十分なことも分かります。

 栄養学が学術的になってきたとでも言うのだろうか。
 なかなか理解できない本であった。
 それでも今までの栄養学とは違うという感慨だけは持つことができた。


DSC_1089
 
 
 令和元年6月22日、夏至、午前5時頃の東の空の状況です。
 残念ながら曇り空。
 太陽を拝むことができませんでした。
 3日後の25日の同所です。

DSC_1090

 午前5時頃。
 太陽はこんなに高く昇っています。
 毎年こうだといいのに日本の夏至は梅雨とセットなので残念な状態がとても多いのです。
 いつも夏至だといいのになあと思うのは私だけでしょうか。

20190623_132622  

 伊豆の踊り子、と言う名のバラです。
 ここは南陽市の双松バラ園。
 入園料300円、ここの半券を村山の東沢バラ園にもっていくと100円引きになるが、その逆はない、ここは安いからと、ここの受付の女の人が自虐的に言っていた。
 それはないよね、と私は心の中で思った。
 連携していたらお互いに100円引きにするのが普通でしょうに…。
 それはともかくここは件の、東沢バラ園の数分の1くらいの規模で、東沢からまわるとがっかりしますなあ。
 ぜひここから先に回り半券をもって東沢に行きましょう。
 受付の女性が自虐していたようにやはり品種も規模も東沢より落ちますが、でも薔薇に罪はない。
 いいものはいいものとしてじっくり鑑賞しましょう。
 これからこの花々の絵手紙も描かなければならない。
 
 

20190623_120715   
 この店の人気癸吋瓮縫紂爾任后
 ささがきされたごぼうが添えられています。
 この店の特徴はゆで卵食べ放題と、辛味噌、にんにく、紅生姜、黒酢、が準備されていること。
 ゆで卵には食べた分当店を訪れてくださいとの添え書きがあります。
 しかしこのサービスも消費税が上げられたらやめるとのこと。
 これは残念です。
 なんとか続けてほしいものです。



 またふくらはぎをやっちまったというのがショックだったのと確かタオルを利用した運動があったななんて思い出して図書館に行ってみたらこの本が目に止まり借りた。
 特に私が気をつけたい部分


太もも前伸ばし
1 椅子の背や机、棚、の前に立ちタオルを左右どちらかの足首にかけます。
  タオルの両端はかけた足の同じ側の手で握ります。
2 空いているほうの手で椅子の背などにつかまりながらゆっくりと息を吐きながらタオル 
 を上に引きます。
  このときタオルを持っている足の膝が横に開いてしまわないよう注意します。
  左右とも行います。



太もも後ろ伸ばし
 太ももの後ろには大腿二頭筋(ハムストリングス)という歩行に欠かせない大きな筋肉があります。
 下半身の柔軟性も左右する重要な部分です。
1 仰向けに寝て左右どちらかの太ももの膝裏に近いところにタオルを通します。
2 タオルの端を両手で掴み少しずつ息を吐きながらタオルを引き足を上げていきます。
  余裕がある場合は膝を伸ばしてみましょう。
  左右とも行います。
  太ももを胸に近づける。



ふくらはぎ伸ばし
 膝から下には下腿三頭筋という筋肉があります。いわゆるふくらはぎに当たる部分は、腓腹筋、と呼ばれその内側には、ヒラメ筋、と呼ばれる筋肉があります。
 これらの筋肉が相互に作用しあって足を動かしています。
1 腓腹筋のストレッチ
  足を揃えて前に出し座ります。
  膝を伸ばしたままタオルを土踏まずの少し上あたりにだけ息を吐きながら引きつま先を
 脛に近づけるようにします。
  つま先を上の方に引っ張る。
2 ヒラメ筋のストレッチ
  片方の膝を軽く曲げてから土踏まずの少し上あたりにタオルをかけます。
  息を吐きながらタオルを胸の方へ引きます。
ですな。
 このストレッチはこれからしっかりやっていこう。

黒部の太陽
熊井 啓
新潮社
2005-02-19


 黒部の太陽、は、寺尾聰、が新人俳優として出演した作品でもあって、


 宇野氏も私も、いったい現場ではどうなるのか、と心配していた。
 しかし寺尾くんはそんな私たちの心配も気にかけぬ様子で 台詞を喋りそれなりの演技をした。
 新人の初々しさがあってさすが宇野氏の息子である。
と父も監督も心配していたらしいがみごとな演技をしたということだ。
 この親子の共演は実は、男はつらいよ〜17 夕焼け小焼け、でも実現していたのだった。
 黒部の太陽、は、小学校の授業で映画館に行って観た覚えがある。
 その迫力に本当に驚いたものだった。
 それも道理



 「先生タバコを吸わせてくれ」と言って砂利だらけの軍手をとり煙草を指で挟んで吸おうとしたら右手の親指がなかった。
 後ろ側に折れ曲がっていたんだ。
 トンネルで流されながら必死でレールの枕木につかまろうとして押し流されて失神した。
 親指はその時折れたんだろうね。

などと命がけの撮影だったのだ。
 おそらくこの映画を観た四半世紀後の平成6年私達夫婦は子供を連れて黒部付近に行き、トロッコ列車、に乗ったりしたのだが、結局黒部第四ダムを見ることはなかった。
 それからまた四半世紀が経っている。
 黒部第四ダムまで足を伸ばすべきだったと今思う。



 上の本の表紙絵を見ればまさにそっくりな二人である。
 チャップリンが演じた、独裁者、はヒトラーそのものではなかったかと思えるほど卓越していたと記憶している。
 さて件の二人、
 

 ナチスが チャップリンにこだわったわけが3つある。
 1つ目は、彼らがチャップリンをユダヤ人だと信じていた、こと。
 2つ目は、彼が平和主義者でありその広範な人気は政治的にも 影響力を持つほどであったこと。
 ヒトラーが政権についた頃のドイツにおけるチャップリンの人気は相当なもので、1932年の大統領選挙で投票用紙に、チャップリン、と書いて投票した人もいたほどだった。
 3つ目は、チャップリンの髭、である。
と同時代に生きていたことによりそれぞれが大きな影響を受けていたということになる。
 独裁に関し映画が物申していたようで


 独裁者対策に対するヒトラー本人の反応の記録がある。
 1939年1月30日の国会演説においてヒトラーは、反ナチスすなわち反ドイツ映画の製作を企図しているというアメリカ映画会社の声明はドイツにおける反ユダヤ映画の製作を誘発するものでしかない、と批判した。 
というようなこともあったらしい。
 しかし人類は自ら大戦という不幸な歴史を歩むことになる。
 独裁の先にある戦争ということを少なくとも大戦後に生きる私達は常に警戒していなければならないと思う。

20190613_070545


 
 おいしい朝食。
 いつもの玄米ご飯にトマトのマリネ漬け。
 牛肉のしぐれ煮にきゅうりの浅漬け。
 彩りがいいねえ、なんて自画自賛したりしてね。
 味噌汁は野菜具沢山で。
 味噌汁は前日の夕飯のもの。
 ネギ、油揚げ、豆腐、なめこ、が基本で、そこにナスや大根じゃがいもなどが入る。
 6月10日の一週間ルネサンスが休みでその間ジョギングをしようと思っていたら6月9日700m走ったところでふくらはぎをやっちまい結局ルネサンス休業期間運動も休みになってしまった。 
 おかげですっかり治ってよかった。
 これはもう走るなというお告げでしたかなあ。
 6月18日から水泳再開。
 さて長い間朝食を軽く摂っていた私だがこの1年の間しっかり摂るようになりしたがってこの運動をしていなかった1週間太ったのではないかと心配していたのだが体重に変化なし。
 それから水泳も特に問題なし。
 いい骨休めだったということだ。
 ちなみにふくらはぎをやっちまったところは生前お世話になった方の家のちょうど前、最近家族葬で旅だったということをお聞きしてびっくりしていたのだったが、これはもしや…とも思うのでありました。
 休ませてもらえ本当に感謝しています。









 この本も、三浦しをんの、本屋さんで待ち合わせ、で紹介されていたものだ。
 しかしこの本は私は苦手だ。
 上下2巻は長すぎる。
 私が嫌いな、一人善がり本、だ。
 三浦はこの本を


 一つは奥泉光の、神器軍艦橿原殺人事件上・下。
 ときは太平洋戦争末期、軍艦橿原の中で起こる不可思議な事件の謎を海兵、石目君、が追うというストーリー。
 ものすごく真剣な、戦争論、日本論、にもなっていて息もつかせぬ展開と合わせとても刺激的で面白い小説だ。
と評価する。
 確かに、戦争論、日本論、についてはそうかもしれないが、別に息もつかないこともなかったし、なんの刺激も受けなかった。
 むしろ、殺人事件と銘打ち、しかも、三浦が言う、石目君、が探偵役なんて言っておいて、犯人は芸術家、探偵役は批評家、なんてミステリー論も出しているのに結局この話の真相は一体何だったのか、つまり、拭いても拭いてもきれいにならぬ尻、お尻の周りはくそだらけ、と、寅の口上になってしまうのだ。
 本作には、天皇双子論、もあり、先々代の天皇偽物論もあって、その偽物を現人神と拝んでもなんの宗教的効果はない、という天皇論が入っている。
 第5倉庫に入っている物質、それが、神器かどうかはわからない、が、そのせいであらぬ幻想が飛び出すのだが、いずれにしろ、この本はミステリーではなかった、ということを特記しておく。


20190612_055945

 
 常備菜も充実してきて、毎朝、毎夕、の食卓に並ぶようになりました。
 6月12日の朝食です。
 右上から、ブロッコリーのオリーブオイル蒸し、タラのクリーム煮、トマトのマリネ漬けをかけた玄米ご飯となります。
 今常備菜は冷蔵庫にぎっしり詰まっております。
 その材料は一部を除き冷蔵保存しております。
 この常備菜は気軽に料理を楽しめる本当に素晴らしいものです。
 これからもっとレパートリーを増やしていきたいと思っております。

このページのトップヘ