ブログネタ
本を読む。 に参加中!

 野球という世界の広さは、独特のものだ。
 プロを頂点にして、草野球あるいは、三角ベースボールまで考えたら、競技人口は、かなりのものになろう。
 その中で、勝つという点に焦点を当てた場合、監督の技量というものが実に重要なものになるのではないか。
 野球好きな観衆も、確かにスター選手をじっくり見て堪能しているのだが、最終的には、勝つと言うことに耽溺するわけで、その意味で、野球とは監督そのものと言っても過言ではなかろう。
 そう野球は監督次第なのである。
 メジャーであっても同じだ。
 それだけ、野球というスポーツは、戦術的戦略的といえるのではないのか。
 選手の資質を見抜き、戦術、戦略をとおして勝つと言う目的ということを考えると、監督の存在なしに考えることは出来ないと思うのである。
 逆に言うと、野球は、監督なしには、考えられないスポーツということになる。
 野球の勝ち負けを考えると、確かに、選手個人の能力によるのだが、能力の高い選手の多いチームがいつも勝っているのではなく、そこに、戦術戦略を入れて勝負に至るのだから、やはり、監督の存在は偉大だ。
 その点、観衆は、大きな間違いを犯している場合がある。
 曰、野球は、ピッチャーで決まるとか、4番バッターだとか、守備だとか。
 話にならない選手をたくさん抱えていては勝つわけがないのだが、その選手を掘り出すのも監督の仕事と考えれば、監督の技量次第で、スタッフの乏しいチームも優勝することがあるといえよう。
 つまり、東北楽天ゴールデンイーグルスでさえ、優勝の可能性があるといえる。
 日本には、GMがいない。
 しかし、実に重要なポストではないのか。
 今まで書いてきたとおり、監督は非常に重要なのだが、その業務領域は、個人の能力を超え始めているようにも思う。
 つまり、野球というゲームを監督するものとその他のプロデュース部分を監督するものとに分けて考えなければならない時代がきたように思う。
 監督という部分を現場監督とGMに分ける考え方である。特に、タイガースなんか、一日も早く星野SDをGMに据えてほしいものだ。

※参考文献

 

 

 

 

 

メジャー監督
著者: 古内 義明

 

メジャー監督 ブログ人気ランキング