ブログネタ
映画を語りまくりましょう! に参加中!
映画を語りまくりましょう! - livedoor Blog 共通テーマ
収録時間:52分
レンタル開始日:2006-05-20

Story
超常現象や霊能力といった題材をコミカルに描いた、堤幸彦監督、仲間由紀恵、阿部寛共演『トリック』の、6月より公開予定の劇場版第2弾のナビゲートDVD。迷刑事・矢部役の生瀬勝久が、蔵出し映像をふんだんに盛り込(詳細こちら
 ということで、「トリック」の大好きな私は、シリーズの一作も見逃してはならじと本作を観たのでありますが・・・・。
 矢部謙三、広報人としては、失格ですな。
 プレゼンが実に下手だ。
 せっかくの「トリック」のプレゼンなのだから、おふざけでなく、もっとしっかりした内容にしたほうが良かったんじゃないのか。
 たとえば、下手なイラストなんかやめて、写真をふんだんに使って、臨場感あふれる講演会にすべきだったと思う。
 矢部謙三そのものがおふざけだから、しょうがないといえばしょうがないのだし、本作が、「トリック2」への導入にもなっているということを考えると、本作そのものも良く考えられたものということになろうが、私は、こういう作りは、嫌いだ。
 本気感がないのがいやだ。
 そもそも「トリック」は、トリックなのだから、おふざけのオブラートにくるまれた話なのではあるが、それが、本気感があふれるのは、キャストもスタッフも本気だからだろう。
 なのに、本作みたいに最初から最後までふざけられた日には、どうも、「トリック」そのものに傷が付いてしまうみたいで、本作は、トリックのシリーズからはずしてほしいな。
 それに対して、堤幸彦研究序説は、とてもいい出来だったぞ!
 生瀬勝久、もっと頑張れ!