ブログネタ
マラソン に参加中!


           eA式 マラソン走力UPトレーニングeA式 マラソン走力UPトレーニング
著者:鈴木 彰
販売元:ナツメ社
発売日:2008-11-18
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

  要旨

 リディアード式とは、1950年代以降に活躍したニュージーランドの名コーチ、アーサー・リディアードが考案したトレーニング・メソッドである。有酸素ランニングを無理なく(余裕のある強度で)実施することを示唆している。無理のない付加をかけて走力を向上させることから始まる。

 マラソントレーニング基本の7種類
 1ジョギング
 2LSD
 3ロング走
 4ミドルペース走
 5坂道インターバル
 6インターバルトレーニング
 7レースペース走

 必要アイテム
 キャップ、サングラス、ウエア、リストバンド、腕時計、ソックス
 ウインドブレーカー、手袋、スパッツ、シューズ
 タオル、栄養補給、給水

 まずは距離を伸ばすことを優先する。ペースアップは、長い距離を走れるようになってから。
 段飛ばしは危険。段階を追ってステップアップすること。距離のみを伸ばす。タイムを上げる。
 
 効率的なフォーム
 ひざがリードして股関節が開く。お尻で支えていることを意識し、ひざから上を使って走る。

 LSD
 時間〜 120〜210分程度を基準として走る。ただし最大でも240分まで。

感想
 私のようなジョガーと違い、フルマラソンを志す人のための、簡便な参考書であるが、ジョガーにも勿論役に立つ内容である。
 さて、タイムアップをもくろむ度に挫折してしまった私だった。今回は、既に70日近く連続して走っているし、10キロランも土日の度にしている。
 無理はしないよ。今年は、タイムアップなどということは考えない。
 どこまで連続して走れるかに挑戦である。

eA式マラソン走力upトレーニングeA式マラソン走力upトレーニング