ブログネタ
絵画 に参加中!
筆遊びの絵手紙―楽しいアイデアがいっぱい!筆遊びの絵手紙―楽しいアイデアがいっぱい!
著者:森 千景
販売元:日貿出版社
発売日:2005-02
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

絵手紙2
主に静物画を描いている。
輪郭の線の太さ細さの工夫もあるが,色あわせが難しい。
いい色を出したいあまり顔料を混ぜ続けると,くすんだ色になる。
コツは,薄い色から濃い色に塗り重ねることだ。
紙の上で色が混ざる。
紙がパレットになる。
筆の水洗いは,頻繁にすること。
ティッシュで拭けばよい。
黒は,輪郭以外使わない。
仕上げに白を使う。

注)
1 好奇心いっぱいに自分を解放していただければ,かき遊んでいるうちに必ず手ごたえが感じられるはずです。構えずに自由に筆遊びを楽しんでください。

2 画材
・ 線描き用の筆〜書道用の小筆
・ 彩色用の筆〜隈取筆の大と中,面相筆
・ 固形墨〜「青藍花,淡竹,天衣無縫(呉竹製)」
「蒼苔(古梅園製)」

3 線のレッスン
・ 筆先を使ってゆっくり引く
・ 筆圧をかけてゆっくり引く
・ 少しの筆圧で自然なかすれをだす
・ 筆圧をかけながらスピードをだす

4 彩色のレッスン
・ 混色は,2色
・ 水加減
・ べたべた塗らず,トントンと手早くのせていく
・ 塗りすぎず八分どおり
・ 顔彩は,水の加減で濃淡を調節する
・ 色みに変化を付けたいときは,同系色を少し入れて混
色する

5 色を重ねるときは,薄い色の上に濃い色を置く

6 にじみ
隈取筆にやや濃い目の顔彩をつけると毛細現象により穂
の中に自然な色の階調ができるので,筆を寝かせて使う。