ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 プレミアム・エディション [DVD]ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 プレミアム・エディション [DVD]
出演:ジョン・キューザック
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004-07-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

ジョン・キューザックがダスティン・ホフマンとジーン・ハックマンという大御所を相手に見事に主役を演じきった作品。
日本でも裁判員制度が始まった訳だが,金のあるアメリカでは,どうやら金で陪審も左右されるらしい。ほんとかい?
それにしても,なんでこうもアメリカ映画は,面白いのか。
どんなテーマでも聴衆を喜ばせる精神があるんですよね。
だからおもしろい。
テーマの選び方も斬新だ。
こんな話本当にあるのかいって思えるじゃないか。日本人には。
映画には,芸術性があってしかるべきだが,法廷ものにそれを求めることは,野暮天だ。ただ,スピードですね,必要なのは。それがサスペンスをあおる。 
レイチェル・ワイズ,頑張ってましたなあ,顔に傷つけながら。大きな役どころですから,半端な演技はできない。
ちょっと長すぎかな,2時間は。訴えたいことが五万とあったんでしょうが,あと30分は,短くしてほしいね。途中眠くなって,寝てしまって,そのあと何回も見直ししなければならなくなった。僕も年だね。しょうがない。
キューザック組に応援ですな。キューザックは,最初一体何者なのかと思えた。
最後の方でね,ネタばらしがあるんですけど,それまで何の目的かがわからない。
てことで,日本では,考えられない銃問題。
アメリカでは,とても深刻な問題なんですよね。
暢気に映画を観て云々なんてことじゃないと思うんですけど。
ただただ映画の面白さに引きずり込まれました。脱帽。