41歳から独学でピアノを始めた人もいる。
 確かにピアノだったらかっこいいかもな。
 そう思って、勤続20年の記念にキーボードなんて言ったこともあった。
 結局、腕時計になってしまった 。
 その時計は、太陽電池なので、18年たった今も私の右腕で正確な時を刻んでいてくれる。
 楽器は、いつの間にか、フォークギターの弾き語りが趣味となり、今日に至る。
 再開してから10年以上にはなるかな。
 著者は子供の発表会に行って恥ずかしい思いをしたなどということも書いている。
 私は今のところ、子供や友人の結婚式でしか披露していないし、発表会なんていう大それたものに出ようなんて考えはないから、心配はいらない。
 しかし、ボランティアで、福祉施設で慰問したいと思っている。 
アダルト・ピアノ

 井上章一

 私は 41歳でピアノを始めた。
 当初は独学であった。
 入門用のビデオを借りてきて練習を始めている。
 いわゆる音楽教室には通っていない。
 私の娘は近所の先生にピアノを教わっていた。
 その先生が私を誘ってくれたのである。
 最近ピアノを始めたそうですね。
 もしその気があるのならうちの発表会に参加してみませんか 。
 もちろん私はその申し出を快諾した。
 いつかは人に聴いてもらいたい 。
 その夢が叶うのである。
 喜んで出演させてもらうことにした。