私は、そもそも赤、黄、青の3色しか揃えなかった。
 パレットにこの3色を準備し、紙の上で混色したら、かなりいい感じになった。
 そのあと、この3色をそれぞれ合わせて、紫、緑、橙を準備した。
 さらに、3色全てを混色して、黒も準備した。


 
秋本不二春

 2色以上の絵の具をパレットの上で筆に含ませた水で混ぜ合わせ新しい色を作り出すことを混色と言います。
 例えば赤と青を混ぜると紫になることは子供でも知っています。
 ただ赤と青でも混ぜる絵の具と水の分量によって思わぬいい色ができたりその逆の場合もありこれが混色の難しいところです。
 単色の場合も水の量によって明暗の差が出ますが、混色では絵の具の組み合わせ、その割合などできる色は無限にあります。
 混ぜる絵の具は2色のときもありますが、3色以上の時もあります。
 ただ3色から4色と色数が多くなるとできる色が濁る場合もありその辺りの微妙な加減が絵を描く人の技術にも関係してきます。