かなり絵を描いたが、なかなかいいものはできない。
 水彩は、彩度を落とす技法が望まれるようだ。
 補色、反対色の理論をきちんと覚えておかなければならない。


 高崎尚昭

 補色を知れば絵が落ち着く
 彩度を落とすには基本的には反対色を混ぜます。
 例えば緑が鮮やか過ぎたら赤系統の色を混ぜることで落ち着いた色になります。
 純粋な反対色が補色です。

 絵の具は混ぜて使う
 特別なものを除き絵の具は原色をそのままでは使えません。
 風景画ではたいてい彩度を落として使います。
 彩度を落とすには反対色を混ぜると良いですが、反対色はどんな色かをわかりやすくするためにはパレットの色配置も工夫する必要があります。

 反対色(補色)
 赤緑、青橙、黄紫