幼いときから人の目を気にして生きている。
 だから精一杯生きることになる。
 もっと余裕をもったらどうなんだ。
 いい加減でいいじゃないか。
 真面目に生きるのも程々に。


枡野俊明
 
 「大地黄金」
と言う禅語は必死になって精一杯やっているとそこには自分の居場所ができることを言っています。
 すると仕事の結果もついてきて存在として輝き「あいつやるなあ!」となるのです。

 そもそも「あいつやるなあ!」なんて思われたいがために仕事をしているのかい、おい!
 俺のとは違うなあ。
 私は誰かに見られるための仕事などしたことがない。
 人におもねる仕事などまっぴらだ。
 「あいつやるなあ!」なんて思われたくもない。
 それが俺の仕事のやり方だ。