日本殺人事件 (創元推理文庫)
山口 雅也
東京創元社
2012-10-25



 最近読んだ本はなぜか、外人目線、で、日本、のことを語るものが多い。
 この本も外人目線で日本のことを語っているものである
 シチュエーションは 外人が書いたものを作者である日本人が見つけ、交渉の結果その日本人が自分で 書いたものとしてなら発表してもよいということになり、世に出たものというもの。
 本作品ではハラキリ、つまり切腹が特別な重みを出している。
 ハラキリは自殺ではないと言う作者の主張が高らかに宣誓されている。
 ハラキリは思い悩んで自殺するものではない。
 それは自己法廷であり、武士が決着をつけるものであるという解釈であった。
 今の時代に武士はいないが、武士の社会では、ハラキリは自己法廷における断罪とも有罪判決とでもいうのか。 
 実はそのような立派なことが主張されていながら、個人の名誉を守るために見せかけのハラキリシーンを作って 死体遺棄してしまうというような話なのである。
 主張とストーリーの段差が激しいが、それはそれでこの作品の特徴だと思うし、この作者の創作能力あるいは想像力によるものだから、私たちはただ楽しめばいいのであって、下手な議論をふっかける必要はないだろう。
 このほか、花魁の身受けも同じように自己法廷だという。
 その展開がとても面白かった。
 短編数編がまとめられている作品だが、これからこの作者の作品を多く読むことになるような気がする。