監督:山田洋次
出演者:渥美清、 倍賞千恵子、 前田吟、 佐藤蛾次郎、 下條正巳、 吉岡秀隆、 大原麗子
収録時間:105分
レンタル開始日:2004-12-23

Story
「男はつらいよ」シリーズの第34作目。“とらや”の面々とケンカをして家を飛び出した寅次郎は、上野の焼き鳥屋である男と出会う。すっかり意気投合した寅は、男の家へ行く仲になるが、しばらくしてその男が蒸発してしまう。 (詳細はこちら
 
 第34作。
 あえて33作の続編というのは、前作に渡瀬恒彦が登場し、本作に、大原麗子、が出演していることとか、満男のブラバン、美保純の結婚、などがからんでいるからと私が勝手に決めたことなのだが、本シリーズを深読みすれば私に賛同してくれる人もいるんじゃないかな。
 ところで本作は冒頭のシーンが江戸川河畔ではない。
 私の記憶では4作目だと思う。
 つまり本作はなにか仕掛けがあるぞ、という予測が立つ。
 そのとおり、寅は、人妻、を好きになってしまうのだ。
 これまでそういうことはありませんでしたなあ。
 周囲もほとほと困り果ててしまう。
 そんなこととは別に寅は亭主が蒸発した女房に対し甲斐甲斐しく面倒を見る。
 そして蒸発した亭主、米倉斉加年、が戻りめでたしめでたし、シャンシャン、なのである。
 米倉は本シリーズでは、地域のお巡りさん役、でしたけどねえ、本シリーズは、松村達雄、と並び、使いまわし、の人でもありますなあ。
 まあ、とにかく、人妻相手では恋愛もなかなかスリルがあってよろしい。
 本作も面白かったです。