黒部の太陽
熊井 啓
新潮社
2005-02-19


 黒部の太陽、は、寺尾聰、が新人俳優として出演した作品でもあって、


 宇野氏も私も、いったい現場ではどうなるのか、と心配していた。
 しかし寺尾くんはそんな私たちの心配も気にかけぬ様子で 台詞を喋りそれなりの演技をした。
 新人の初々しさがあってさすが宇野氏の息子である。
と父も監督も心配していたらしいがみごとな演技をしたということだ。
 この親子の共演は実は、男はつらいよ〜17 夕焼け小焼け、でも実現していたのだった。
 黒部の太陽、は、小学校の授業で映画館に行って観た覚えがある。
 その迫力に本当に驚いたものだった。
 それも道理



 「先生タバコを吸わせてくれ」と言って砂利だらけの軍手をとり煙草を指で挟んで吸おうとしたら右手の親指がなかった。
 後ろ側に折れ曲がっていたんだ。
 トンネルで流されながら必死でレールの枕木につかまろうとして押し流されて失神した。
 親指はその時折れたんだろうね。

などと命がけの撮影だったのだ。
 おそらくこの映画を観た四半世紀後の平成6年私達夫婦は子供を連れて黒部付近に行き、トロッコ列車、に乗ったりしたのだが、結局黒部第四ダムを見ることはなかった。
 それからまた四半世紀が経っている。
 黒部第四ダムまで足を伸ばすべきだったと今思う。