夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記

映画・読書・走る・仏教。 TB=コメント!コメなしTB大歓迎!どんどんTBください!

カテゴリ: 洋画

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]
ジェームズ・フランコ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-09-03



 これは時系列的にはどこに入るのだろうか。
 それはともかく,どうも人類の悲劇がこの作品に端を発すると考えられる。
 機長がねえ,感染症にかかり全世界にそのウイルスをばらまくというわけだ。 
 いや,それは本作のテーマではない。
 しかし結果としてそうなる。
 認知症対策のウイルスが猿の知能を上げ,人を感染症に晒す,つまり,猿の惑星,の前哨戦ですなあ。
 それはともかく猿と人との境ははっきりしているのであり,異種の動物の知性が上がるということはそれだけで人類にとっては恐怖である。
 ただし危ないウイルスはその取扱に十分気をつけなければならないということだろう。
 取扱注意。
 ウイルスもそうだが,一体福島の原発の処理はどうなっているんだ。
 危険でないと誰が言えるんだ。
 どうも無責任すぎる。
 本作も結局私利私欲が地球を危ういものにしているということを言いたかったんだろう。
 映画の主張もよく考えて観ると人として考えさせられることがしばしばだ。
 
 

 

新・猿の惑星 [DVD]
ロディ・マクドウォール
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
2012-07-18



 猿の惑星シリーズを時系列で観ようとすれば,第1作はこの作品なのだそうだ。
 ぼうっとして観ていると,最後,ええっ!あっ!そうか!と驚かされる。
 3050年代から1973年に戻った話で,封切り当時のメーキャップとしては精一杯だったろうなあと思わざるを得ないが,それも映画という文化を考えれば,ひとつの金字塔だろうなあ。
 銃社会アメリカならではの命のあっけなさも感じられるが,そして,赤ちゃんチンパンジーをまるでゴミのように海に投げ出すシーンもあって,あれ?と思った直後,舞台はサーカス団へ。
 第1作の自由の女神のようなショックですなあ。
 第1作は友達と映画館で観たのだが,その友達が観たあと気持ち悪くなって路上で吐いたのを思い出す。
 それもショックだったなあ。
 このシリーズもゆっくり観ていこうと思う。

監督:ブラッド・ペイトン
出演者:ドウェイン・ジョンソン、 ナオミ・ハリス、 マリン・アッカーマン、 ジェイク・レイシー
収録時間:107分
レンタル開始日:2018-09-19

Story
巨大化した動物が大乱闘を繰り広げるパニックアクション。遺伝子実験の失敗によりゴリラやオオカミたちが巨大化し、北米大陸を破壊しながら横断。やがて1ヵ所に集結した巨獣たちは大乱闘を始める。軍が出動するが、銃もミサイルも威力を発揮せず…。 (詳細はこちら
 うーむいかにもアメリカの娯楽映画。
 きっちり予想通りの結果で終わる。
 だから安心して観ていられる。
 悲しいこと,つまらないことなんて何もない。
 ちょっとネタバラシをすれば人間とゴリラの友情なんてのが本作のキーワードになる。
 その,話の複雑性,などというのがないから,すんなり受け止めることができるのだ。 
 私は科学的素養がないから,本作のような遺伝子操作は現実にありうるものだろうと思ってしまうのだが,果たしてそうなのだろうか。
 それはなかなかわからない問題だ。
 でもそれが正しいという前提が肯定されるのがこの映画の世界なのだ。
 映画の世界にどっぷり浸ればこれほど楽しいことはないのだ。
 つまりどっぷり浸れないような映画は観るに値しないということになろう。

フィールド・オブ・ドリームス [DVD]
ケビン・コスナー
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13


 
監督:フィル・アルデン・ロビンソン
出演者:ケビン・コスナー、 エイミー・マディガン、 ジェームズ・アール・ジョーンズ、 レイ・リオッタ、 バート・ランカスター
収録時間:106分
レンタル開始日:1989-01-01

Story
農夫レイ・キンセラは、ある日トウモロコシ畑で不思議な声を聞く。「それを作れば、彼はやって来る」その声に導かれるように、独力で畑を潰して野球場を完成させる。およそ1年後、1人の男が野球場にやって来る。今は亡き父親のヒーロー、伝説の大リーガー“シューレス”・ジョー・ジャクソンであった。レイは第2、第3の声を聞き、小さな奇跡はやがて、様々な人々の心に暖かい波紋を広げていく…。 (詳細はこちら
私にとって野球は一生の宝。
 野球なくてなんの人生か。
 そしてこの映画は,その宝物を具体化してくれたもの。
 映画も既に30年近く経たものだ。
 しかし野球の美しさは変わらない。
 オールドタイプのユニフォームは素敵だ。
 私は中学2年,3年と野球の地区大会で2連覇を経験したことがある。
 キャッチャーで4番。
 そして3年の時は兼任監督。
 本当に楽しかったなあ,この時の野球…。
 そのときの副将がこの間亡くなった。
 この最後の大会以来2回くらいしか会っていなかった。
 時はそんなふうに過ぎていく。
 残酷だ。
 本作は,球界に散りばめられたほんの少しの逸話をうまくつなぎ合わせたもの。
 そこに私の逸話も挟んでもらえたら面白かったろうな。
 久保町ズチャーズは永久です。

LUCY/ルーシー [DVD]
スカーレット・ヨハンソン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-07-23



 つうことで、ひかりで観た。
 ぽすれんで借りたDVDの、初恋とナポリタン、観始めたのだが、これがもう観るに耐えなくて、すぐに止め、ひかりに移った。 
 そしたら、この、LUCYが始まりまして、いやあ、これまた訳のワカラン映画かなあなんて思いながら観始めたのです。
 LUCY、というのは、有名な人類の大祖先です。 
 でも本作の始まりはごく普通のゴク悪女が登場するわけで、そこに、モーガン・フリーマン、つまり、セクハラ大魔王が出てきて、かますのです。
 なんかイライラしているうち、つまり、セクハラ大魔王の研究の中身というのが人類の脳の働きで、現人類は何%も脳を使っていないなどというプレゼンを始め、ところが、主人公のルーシーことスカーレット・ヨハンソンですなあ、彼女がCPH4という麻薬を体内に埋め込まれたことからマックスまで脳力が導き出されるというすごい話に発展するわけで、これぞ映画!ということになったのでした。
 いやあ、本当にわけのわからん映画を先に捨て、この映画にしてよかったと思います。
 最初に観ようとした映画の関係者は少なくともこの、LUCY、観なければいけません。 
 映画は安っぽいセックスではだめだということです 
 それにしてもこの想像力、独創力、かないませんなあ。 
 面白かったです。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) [AmazonDVDコレクション]
アンディ・サーキス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04


 猿の惑星を本当に久しぶりに観た。
 一番最初に観たのは中学校1年生 だったかと思う。
 友人と二人で米沢市内の映画館に行った。
 なぜか友人が映画を観終わった後吐いたのを思い出す。
 あの映画は、猿の惑星、の一番最初の映画だった。
 今更ネタバレもないだろう。
 あの最後のシーン、自由の女神が本当に印象的だった。
 その後続編を何本か観た気がする。
 映画館ではなくテレビでだ。
 今回の、聖戦記、はそれまでのものとは全く違うのかなと思った。
 猿の惑星、というよりも猿対人間の戦いだったのかな。
 その背景をきちんと知らないと何も理解はできないということになるか。
 まあしかし途中で寝ることもなく最後まで見たので良しとしなければなるまい。
 だからといって本当にいいなぁと思うほどのものでもない。
 ただ特殊メイクがすごい。
 それくらいかなあ、この映画は…。

アレック・ボールドウィン
東宝
1995-02-01

 こういう丁寧な作品が私は好きだ。
 11分ルールもきちんとしている。
 すなわち冒頭11分にこの映画の出演者が揃う。
 何が始まるかはわからないが、誰が何なのかがはっきりわかる。
 女子大生被害の連続レイプ事件が縦糸である。
 でもそれは見せ糸で実は大きな意味をなさない。
 でも一種の伏線ではある。
 本当にいいよね、いいよねと何回も言いたくなるような映画。
 私はこれだといくら眠くなっても寝ることはないよ。
 しかしね、妊娠促進剤なんて昔はあったんだねえ。
 四半世紀前の話だ。
 25年前私もまだ30代その頃の話。
 いやあ本当にいい映画でした。
 感動した。

マイ・インターン [DVD]
ロバート・デ・ニーロ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-08-10


 身につまされた。
 ロバート・デ・ニーロが最高の演技をしていた。
 ロバート・デ・ニーロは70を過ぎて完璧な仏様だ。
 素晴らしい。
 私は彼がCEOになるんじゃないかと密かに期待していたのだが、さすがにそうではありませんでしたなあ。
 でもロバート・デ・ニーロがここまでね、老人の演技ができるなんてさあ、すごいよなあ。
 で、本編に入ると、今はもうないというかほとんど用がなくなった電話帳会社のいいところまで行ったロバート・デ・ニーロが3年前に妻を亡くし、退職後の暇を持て余して再就職すると言う話。
 インターンは試用期間とでもいうのかなあ。
 退職後だから金とかはどうでもいい。
 要するに仕事ができる喜びがあればいいのだ。
 それが滲み出ている。
 それを如才なくこなす。
 その上恋人も作ってしまう。
 CEOの問題もベストアドバイスで解決だ。
 素晴らしい映画だった。

ワーロック [DVD]
リチャード・ウィドマーク
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-04-18



 久しぶりの西部劇である。
 子供の頃は西部劇ごっこなどしていたが、今思うとあんな、一発入れば、すぐに死んでしまうようなそういう殺人の武器で遊んでいたのはなぜだったのだろうか。
 人を殺すのを小さい頃は何とも思わなかったのだろうか 。
 そもそも西部劇は人を殺さなければ自分が生きて行けないというシチュエーション、これが基本である。
 そこに人間模様を色々ねじ込んで、まるで正義であれば人を殺しても良いと言うかのような錯覚を起こしてしまう。
 だから殺される方は憎々しいほどでいいのであって、安易に殺されてはいけないということになるのかもしれない。
 実際私は正義であるはずの保安官補が殺されるとばかり思っていた。
 右手に重傷を負って帰るが、その手で拳銃を使用できるわけがない。
 しかしながら彼は主人公だった。
 ヘンリー・フォンダは脇役でリチャード・ウィドマークが主人公であることを考えれば、彼は死なない。
 そして西部の荒くれ男が幸せな結婚などできるわけがないではないか。
 結局結婚しながら結婚した妻を置いてまた旅に出かけなければならない。
 そういう役回りだ。
 幸せな結婚もできないしまともな友情もないということ、それが西部の荒くれ男の 真実なのかもしれない。
 しかしながらこの映画、最後の方で、泣いた赤鬼、を彷彿とさせるエピソードが ねじ込まれているのを 私は見逃さなかった。

メジャーリーグ [DVD]
トム・ベレンジャー
ワーナー・ホーム・ビデオ
2004-03-05



 多分これまで2回ぐらい観ていると思うが、最後に見たのはもう多分10年以上前だったと思うので、そのあらすじすらも忘れてしまっていた。
 でも今日久しぶりに観て本当に感動した。
 野球というゲームは、こんなに面白かったのだろうか。
 野球というスポーツがこんなにも素敵だったのだろうか。
 と、今更ながら野球を惚れ直した次第である。
 このメジャーリーグが作られた頃のユニフォームはかっこいい。
 今のようなダブダブなパンツではなくて、ストッキングをきちっと出して体にフィットした上下のユニフォームが気持ち良い。
 インディアンズのユニフォームもすごく綺麗だった。
 チャーリー・シーン 他の キャストも当然それはプロ野球の比ではないけれども一生懸命下手な野球をやっていて 気持ちよかった。
 セラーノという選手の宗教が、私は、今の今まで仏教だとばかり思っていたのだが、今日観たら違うのに気づいた。
 映画というのはやっぱり何回も観ないと駄目なのかもしれない。
 野球は、サイン、のスポーツでもある。
 色紙に書くサインもそうだが、いわゆる、ブロック・サインというやつ。
 これが妙に決まっていて気持ちよかった。
 ブロック・サインを見ながら次どんな作戦なんだろうかと考えて観る野球も面白いのかもしれない。
 私はまた野球に戻るのだろう。

このページのトップヘ