夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記

映画・読書・走る・仏教。 TB=コメント!コメなしTB大歓迎!どんどんTBください!

カテゴリ: 夕顔亭芋庵

20190324_120823






 
 久しぶりの夕顔亭芋庵のペペロンチーノです。 
 山形産の鷹の爪,青森産のにんにく,茨城産の菜の花。
 これは本当においしいですなあ。
 妻は,これだったら外で食べる気にならない,とベタ褒め。
 これは本当に気持ちのいいことで,これからも休みの日は夕顔亭芋庵に限る,ということですなあ。
 それにしても自分で作る機会の本当に増えたことよ,夕飯の常備菜はほとんど私が作っております。
 楽しいのだからそれはそれでよし,ということですなあ。

20190226_071712  常備菜のレパートリーも徐々に増え,この日の朝食は,右上が浅漬け,右下が鮭の南蛮漬け,主食が玄米(つや姫)ご飯に,塩トマト,を乗せたもの。
 だんだん手が込んだものになってきましたな。
 これに味噌汁,この日は紅茶(ウバ),ヨーグルトがつきます。
 浅漬けにはちょっとりんごも入れてみました。
 これはやみつきになりそうです。 

20190211_122015  いやあ,お昼これだけのものが常備菜があるだけでできてしまうのです。
 見てわかるとおり主菜は,牛肉のしぐれ煮。
 これはともかくおいしい。
 浅漬けはレシピどおりでなくともいけるということがわかりまして,なすときゅうりそれに鷹の爪も含めて漬けてみました。
 これも実においしいのです。
 あともはや得意技となった,やみつきキャベツ,これはもう安定しております。
 鷹の爪だけで大人の味になりますな。
 孫が来るときは鷹の爪を入れないものを用意しておくことになります。

 この日は妻が息子の友人の母親たちと年に一回の泊会でご覧のようなディナーを私は作り一人寂しく夜を過ごしたのだった。
 今や得意料理になった,やみつきキャベツ,小松菜のおひたし,牛肉のしぐれ煮,みそ汁にワイン(月山山麓)。
 これで十分ですな。
 それにしても作り置きおかずというのは本当に便利です。
 何を作ろうかなんて悩む必要がない。
 すぐに食べることができる。
 そして,実は,実においしいのです。

20181207_203949

 メインは鮭のちゃんちゃん焼き風です。
 生鮭を4等分し,塩を振り,耐熱容器にキャベツ1/16玉,バター大2/3,うまいたれとみりんと酒各大1,を入れて混ぜレンジで4分。
 また混ぜてレンジで1分。
 これは実にうまい。
 ぜひ作り置きしておきたい一品です。
 玄米ご飯の脇にある野菜は塩もみした小松菜。
 ちょっとしょっぱかったな。
 塩をもう少し少なくしなければならない。
 きんぴらごぼうは左手環指を負傷しながら続けた一品。
 こちらは文句なしの味で,常に作り置きしておきたいと思います。

20181207_142341

 電子レンジ料理の肉じゃがです。
 いやあ,これも行けますなあ。
 もっとも,玄米のご飯にはどんなおかずも合う,ということでしょうか。
 しかもこの料理,とてもリーズナブル。
 夕飯でも妻と一緒に食べることができました。
 これもまた妻には大好評です。
 買ってきた豚肉は茹でて冷蔵庫に保管です。 
 これだけでもうお腹いっぱいです。

20181111_131828

 いよいよここまでできました。
 玄米ご飯に鮭のふりかけ。
 きんぴらごぼうに超速浅漬け。
 具だくさん味噌汁。
 お茶,ヨーグルト。
 鮭のふりかけは切らさないようにしております。
 超速浅漬けを早速作りましたが,翌朝がちょうどいい味になっていまして,お茶との相性もよく,いけます。
 なんといっても作りおきできるのがポイント。
 暇なときに作っておけば,夫婦2人でも2日はおいておけます。
 

20181110_083539

 と言うことでこの日の昼は,牛のしぐれ丼。
 前にも書いたとおり牛肉は高価だ。
 本日はオージービーフ。
 格安だ。
 和牛と比べると匂いがねえ,ちょっと苦手だ。
 でも,レシピによれば350gもの牛コマを用意しなければならない。
 だとするとやはりオージービーフだろうねえ。
 ということでなにごともチャレンジ!
 この日の夕食にも出した。
 妻は美味しいと言って食べてくれた。
 生姜が匂いを消してくれる。
 そのほか具沢山の味噌汁。
 生卵。
 無限キャベツ,ただし,ごま油でなくオリーブオイル。
 豆板醤も混ぜてみた。
 この無限キャベツ,好みの味に自分でアレンジできるところがいい。

20181102_131417

 早速作ってみた。
 これまたいける。
 難点は牛肉が高価なこと。
 豚肉と比べると昔のガソリンと軽油みたいな関係だ。
 ただし,輸入牛肉にするとこの点は緩和される。
 でも妻が和牛でないと食べないので,ちょっと贅沢することとする。
 もう一つの難点はトマトの水気がなかなか切れないこと。
 また見てわかるとおりトマトはほとんど原型をとどめない。
 やみつき無限キャベツはこれから様々なバリエーションができそうだ。
 キャベツとツナが基本で,そのサラダと考えると楽にできそうだ。

20181027_143338

 早速稲荷餃子を作ってみました。
 これはごはんの友というよりむしろ酒の肴です。
 それから豚ひき肉は予め電子レンジ500ワット4分にしたほうがいいようです。
 食べる時は普通の餃子と同じ,醤油,酢,ラー油でいただきます。
 これはほんとうにおいしかった。
 いけます。


20181026_205100

このページのトップヘ