夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記

映画・読書・走る・仏教。 TB=コメント!コメなしTB大歓迎!どんどんTBください!

カテゴリ: 蕎麦

DSC_1054

 米沢にいるときは時々訪問していた店だが,山形に来てからはとんとご無沙汰してしまった。
 見てのとおりの更科系の美味しい蕎麦で,時間がかかるからよろしくという断り書きもある。
 店内は和室に和室用の椅子とテーブルが配置されていた。
 蕎麦に酔う庵だから,蕎酔庵,で,米沢在住時,長男とここの蕎麦を食べながら日本酒を酌み交わしたこともあったが,貼紙には飲み物はありません,などと書いてあった。
 もう日本酒は出さないのだろうか。
 それはともかく山形を中心とする村山地方の黒っぽくて太くてごっつくて固い田舎蕎麦に辟易していたので,この日は本当にここの蕎麦を美味しくいただいた。
 いよいよ来月13日東北中央自動車道,米沢北〜山形上山間が開通する。
 これからはこの店に足しげく通うことになりそうだ。
 米沢はラーメンが有名だが,実は蕎麦も実においしい土地柄である。
 ぜひご賞味あれ!

 妻がケアマネジャーとしてフルタイム働くようになりお昼を作ることが少くなりました。
 大沼デパートに用があって行ったのでいい天ぷらがあったら買おうと思いましたが、高くてね、手が出なかった。
 結局ヤマザワのゲソ天です。
 そばは次年子。


20180909_131845

 そばは酒井製麺の乾麺。
 商品名は、山形そば。
 付けた天ぷらは、ゲソ天、海老かき揚げ。
 薬味は、ねぎ、オクラ。
 つゆは、前日食べたそうめんのときに作っておいたのを冷蔵していたもの。
 ああ、そうか、こういうつゆの作り方もあるんだなと、これまた新な発見だ。
 しかし、本当に酒井製麺のそばはうまい。
 乾麺でもグッドだ。

20180805_111356

 季節感を出すため、オクラも刻んで乗せてみました。
 ねぎよりずっと合うような気もします。
 勝負はやはりそばそのもの。
 酒井製麺の、田舎そば(細)、です。
 やはりおいしい。
 このメニューは、すっかり定番になりました。


20180729_124741

 夏の旬の野菜、ズッキーニ、なす、おくら、トマト。
 ペペロンチーノは本当にシンプルなのですが、奥が深い。
 隣のコーンスープはいただきものですが、ホテルニューオータニのもの。
 この日も美味しくいただきました。


20180728_112253

 山形市緑町の酒井製麺の更科そばです。
 これに穴子天を添えてみました。
 濃厚なそば湯も取れ、大変美味しくいただきましたが、ここのそばは、更科より田舎の方が味が強くて美味しい気がしました。

20180721_131449


 いやあ、久しぶりに美味しいそばをいただきました。
 大石田町の、若佐、の板蕎麦太麺です。
 いやあ、本当にこんな美味しいそばは久しぶり。
 今、毎日外食ですが、300円とか400円の世界、やはり美味しいものはその倍ですね。
 それだけの価値があります。
 DSC_0973

 300グラムの乾麺、つまり、一人分150グラムのそばにつゆが追いつかなかったかなと思いつつ、決してまずくはありませんでした。
 そばはこの季節この冷たい豚肉そばが中心になりますかね。


20180701_121511

 このメニューは既に安定期に入りましたな。
 今回は葱を長めの白髪にしてみました。
 卵の黄身も忘れずに。
 この季節なのでできるだけ冷たくするため氷も使います。 
 今回のそばは羽黒そば。
 そばも葱も卵も肉も全部なのあるものを使えば美味しいでしょうか。
 結局、味付けです。
 ポイントは。

20180609_111950

20180429_103320  作る直前まで冷たい豚肉そばを作るつもりだったが、作っている最中に豚南蛮そばに変わってしまった。
 白髪ネギにしたのも冷たい豚肉そば用のものであった。
 何が違うかといえば冷たい豚肉そばはつけそばではなくてぶっかけそばになるわけで、その際卵の黄身が増えるだけなのである。
 前回の冷たい豚肉そばを見て分かる通りネギを丸ごと添えてみたもののそれが食べるのに大変だったものだから、白髪ネギしてやってみようと思ったのである。
 ところで今回その白髪ネギを豚南蛮に使ったのであるが、これもまたOK。
 そばには白髪ネギが一番合うのかもしれない。

このページのトップヘ