夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記

映画・読書・走る・仏教。 TB=コメント!コメなしTB大歓迎!どんどんTBください!

カテゴリ: パン




 次のサンドイッチはすでに何回か作った。

◎ 海苔チーズサンド
1 食パンは2枚とも耳を切り落とし片面にバターを薄く塗る。
2 1の食パン1枚にプロセスチーズ,海苔を順に乗せ,もう1枚のパンを重ねる。
3 3等分に切る。


 耳を切るのはもったいないので切らないことにしている。

◎ 柿のフルーツサンド
1 食パンは2枚とも片面に無塩バター,紅茶クリームを順に塗る。
2 1のパン1枚に柿を並べもう1枚のパンを重ねる。
3 ラップフィルムで包み,冷蔵庫で15分ほど休ませる。
4 耳を切り落とし半分に切る。


 紅茶クリームはかなり探したが見つからなかった。
 料理はレシピはレシピとして自分流にアレンジするのがよいことがこのごろわかってきた。

20180519_112701 

 初めて入った店のパンである。
 マーガリンを使っていないという表示があったので安心できる。
 飛び込んだのだが、結構美味しい。
 これからファンになりそうだ。
 タリーズは、店頭のNo.1表示の豆だ。
 ペーパードリップで淹れてみた。
 癖のない、普通の味かな。




20180128_123736


 結構高価なのです。
 パンズは全量使うわけでもないし、レタスもそう。
 とろけるチーズも使うのは2枚だけ。
 牛豚の合い挽き肉は、輸入物は安いのですが、唯一の顧客、妻が輸入ものがだめなので、結局高価になるのです。
 その妻ですが、「うまい 美味しい」を何回も言ってくれました。
 とっても嬉しかったです。

image


 作り方を書いておかないと忘れてしまう。
 メモとして残しておこう。

 バンズは、敷島製パンの、イングリッシュマフィン。 パティは、牛豚合い挽き300グラム、パン粉3匙、 卵2個を合わせ、こねて2つにする。
 フライパンに50ミリリットルのオリーブオイルを入れ、パティを焼く。
 焼いても焼いても中まで熱が通らないが、パティをヘラでつぶしながら、ひたすら10分は焼き、うまいタレ66ミリリットル、みりん66ミリリットル、醤油㉝ミリリットルを投入して、とろけるチーズをのせ煮る(これにより中まで熱が通る)。
 バンズ、レタス、パティ、トマト、バンズで出来上がり。

 コーヒーは、松原マイルドブレンドをペーパードリップで淹れたもの。

 講評︰たまねぎを入れ忘れたが、結果オーライ。
    水っぽくなるのでたまねぎはいらないとの結論に達した。
    パティに火が通らず焦ったが、とにかく焼いて、あっ、そうか、煮るんだったと思い出し、その結果、美味しい出来上がり。
    妻、美味しいと、絶賛!

image


 名古屋の敷島パンというところのバンズくらいしか市販されていません。
 合挽きです。
 相変わらずなか美味しい出来です。
 コーヒーはじゃらんじゃらんの七日町マイルドブレンドです。

image


 新メニューです。
 1回で大成功。
 妻に好評です。
 バンズをさがすのが大変でした。
 ハンバーグパティの焼き加減もなかなか難しい。
 チーズを溶かすタイミングもなかなか難関。
 バンズは、それらしいのがスーパーにあるのでそれでグッドです。
 ひき肉は、牛豚愛ひき肉300、卵とパン粉でこね、2つのパティにし、オリーブオイル50でほどよく焼いて、うまいタレ66、みりん66、だし33で煮て、チーズをかぶせ蓋をして溶かす。
 バンズにレタス、パティ、トマトを乗せ出来上がり!

このページのトップヘ