夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記

映画・読書・走る・仏教。 TB=コメント!コメなしTB大歓迎!どんどんTBください!

カテゴリ: 常備菜



 さて世の中には様々な料理法があるが,最近はまっているのがこの,山本式弱火調理法である。
 まず基本であるが,レタスを例にとると

☆ 山本式基本の作り方
  レタス
1 下準備をする(レタス1/4個,オリーブ油大1,塩1つかみ)。
  レタスは洗って芯を取り手でちぎる。
  または切る。
  予熱をしていない鍋にオリーブ油をひき塩をふる。
2 野菜を 入れて蓋をする。
  レタスの一部を入れて塩と油を鍋全体に広げるようになじませる。
  残りのレタスを入れぴったりの蓋をする。
3 3分弱火にかける。

というもので,ポイントは塩梅,塩をふりすぎず,また,少なくとも美味しくならないので,その塩加減が重要だ。
 次に著者がいうベスト5。

☆ 山本式ベスト5の野菜
1 レタス
2 もやし5分
3 ピーマン3〜5分,2,3個
4 キノコ5〜8分,200g
5 小松菜1把,オリーブ油大2,塩1つかみ, 茎を3分加熱,葉を乗せて3分加熱

 ということですな。
 このほか旬の野菜,今なら菜の花,もいいですよ。

野崎洋光の一膳ごはん
野崎 洋光
家の光協会
2010-08-27


 この本を読んで次の,塩トマトご飯,を作ったが,

◎ 塩トマトご飯
1 トマトはヘタを取り1cmの角切りにする。
  生姜はみじん切りにしさっと洗って水気を切る。
2 ボウルにトマトと塩を入れて少し置き,生姜を加えて混ぜる。
3 茶碗にご飯を盛り付けて2を汁ごとかけ青じそを乗せる。


そんなにおいしいものではなかったな。
 それで今は作っていない。
 白いご飯ならわからないが,玄米ではマッチしない。
 塩トマトを単体にしてサラダ的に食べるのはありだと思う。



 まず
◎ アボカド納豆丼
 (アボカド1口大1/2個,納豆1パック,長芋50g,卵2個,ご飯280g,万能ねぎ適量,海苔佃煮小1)
1 納豆,海苔佃煮,ネギを混ぜ合わせる。
2 卵1個ずつ別々に割り入れ爪楊枝で1箇所穴を開けレンジ1分半(500w)。
3 ご飯,長芋,アボカド,納豆,温泉卵,刻み海苔。 
 
の手順。
 卵でレンジって大丈夫なのかな。
 爪楊枝で穴を開けると温泉卵になるのだろうか。
 次,
◎ 紅茶のフレンチトースト
1 ボウルに卵1個を割り入れほぐし,砂糖,ミルクティーを入れて混ぜ合わせる。
2 食パン(2枚)は耳を切り落とし4等分にしてバットに並べて1の卵液に浸し途中でひっくり返す。
3 フライパンにバターを入れ熱し2のパンを入れ両面をこんがり焼く。
  器に盛りフルーツを添える。

ちょっとうまそうだな。
 たまに朝パンを食べることがあるので,その時作ってみようかな。
 ところでいいパンは3日もするとカビが生えるのだ。
 だから1週間以上日持ちするパンなんて本当に信じられない話だね。
 この,紅茶のフレンチトースト,は作ったらブログにアップだね。 



 次の小松菜のふりかけは作ってみたが,他の作りおきおかずで十分間に合うので今は作っていない。

 小松菜を生のままできるだけ細かく刻みます。
 これをボウルに入れて上から軽く塩を振ります。
 塩の量は料理にもよりますが,野菜の重量の3%前後が目安です。
 手で混ぜながら全体に塩をなじませたらしんなりして水気が出るまで待ちます。
 ◯ ジッパー付きのポリ袋で保存。


 作ってみようと思った料理のレシピを抜き書きし,ブログにアップしてそのブログの記事を見ながら料理を作るのが基本だが,この料理はブログにアップする前に作り,そしてそのまま作らなくなった。 
 しかしせっかくの料理なのでまた挑戦してみたい。




 今まで作り置きの勉強をしてきてタンパク質については,牛肉,豚肉,鮭,鱈,をなんとか料理できるようになった。
 そのうちの豚肉の料理の1つ,豚肉の生姜焼きは

◎ 豚肉の生姜焼き
  豚肉の片面に片栗粉をふり,指で均一に伸ばします。
  刷り込むのではなく軽く伸ばす感じです。
  そして粉をつけた面を内側にして肉をパタンと半分に折ります。
  この状態で焼くのです。
  フライパンを熱し油を引いて鍋肌になじませます。
  半分に折ったままの豚肉を並べこんがりと焼きます。
  焼き色がついたら,返します。
  (略)
  それぞれの肉の上におろし生姜を好みの量こんもりと乗せます。
  調味料を入れます。
  まずお酒をじゅっと入れたら,火をつけて強火で煮立てます。
  アルコールが飛んだところでみりん,醤油を控えめに加えます。
  (略)
  鍋中が煮立ってきたら,上に乗せた生姜ごと肉を菜箸でひっくり返し,肉の両面に味を絡めます。 


というものである。 
 ぜひ作ってみたい料理だ。



 まずつくりおきのコツであるが,

 私の場合,ちょっと早起きした朝や子供が寝た後の1時間など隙間時間を見つけてちょこちょこと作っています。
 何かのついでに作ることが多くて,朝,お弁当用におかずを作るついでに晩御飯用も作ったりその逆もあったりします。 

なのだそうだ。
 私の場合は,今,夕ご飯時作っていますな。
 前日までに作り置きしていたおかずを出して,その後また作り置きを作っている状況です。
 さてそれでは本書で気になった各論に参りましょう。
 まず豚肉の生姜焼き。

◎ 豚肉の生姜焼き。 冷凍7日。
  袋詰めの作り方
1 玉ねぎ1/2個は薄くスライスする。
2 豚ロース薄切り7〜8枚を広げ塩コショウする。
3 A(酒大2,みりん大2,醤油大2〜3,砂糖大1 1/2,にんにくすりおろし小1,生姜すりおろし大2)と 2のロース肉をよく混ぜこんだら1を入れて袋詰めし冷凍する。
◎ 調理の仕方
  冷蔵解凍しフライパンにごま油大1をひいて肉を両面焼く。
  玉ねぎも一緒に焼く。

 
牛丼

◎ 牛丼。冷凍7日。
 袋詰
1 牛肉細切れ400gに塩を振りさっと混ぜておく。
  玉ねぎ1個はスライスする。
2 ボウルにA(酒大1,みりん大2,醤油大2 1/2,砂糖大1 1/2)を入れ1を入れて混ぜてから袋詰めして冷凍する。
◎ 調理
1 冷蔵解凍して小さめの鍋に袋詰めの中を全て入れ蓋をして弱火で煮る。
  牛肉の赤いところがなくなるまで蒸し煮して汁気が出たら火を止める。
2 ご飯に乗せる。 

マリネのたれ。

 マリネのたれ。 冷蔵1ヶ月。
材料:はちみつ80〜100g,塩小1,酢250cc)
◎ 作り方
1 小さめの鍋に蜂蜜と塩を入れ混ぜながら酢を加える。
  弱火にかけフツフツと湧いてきたら火を止める。
2 粗熱を取り保存容器に移して冷蔵庫で保存する。

20190226_071712  常備菜のレパートリーも徐々に増え,この日の朝食は,右上が浅漬け,右下が鮭の南蛮漬け,主食が玄米(つや姫)ご飯に,塩トマト,を乗せたもの。
 だんだん手が込んだものになってきましたな。
 これに味噌汁,この日は紅茶(ウバ),ヨーグルトがつきます。
 浅漬けにはちょっとりんごも入れてみました。
 これはやみつきになりそうです。 

20190211_122015  いやあ,お昼これだけのものが常備菜があるだけでできてしまうのです。
 見てわかるとおり主菜は,牛肉のしぐれ煮。
 これはともかくおいしい。
 浅漬けはレシピどおりでなくともいけるということがわかりまして,なすときゅうりそれに鷹の爪も含めて漬けてみました。
 これも実においしいのです。
 あともはや得意技となった,やみつきキャベツ,これはもう安定しております。
 鷹の爪だけで大人の味になりますな。
 孫が来るときは鷹の爪を入れないものを用意しておくことになります。



 さて常備菜は,浅漬け,鮭の南蛮漬け,鮭のちゃんちゃん焼き風,牛肉のしぐれ煮,豚肉の塩麹漬け,小松菜のおひたし,きんぴら,やみつきキャベツ等々ができるようになったが,さらなる高みをもとめて

◎豚肉と小松菜の中華あえ
材料:豚うすきり肉200g,小松菜2株,長ネギ1/3本,A(白すりごま大2,胡麻油大1,醤油小2,顆粒中華だし大1/2,塩コショウ少々)
 保存容器に豚うすぎり肉と長ネギ,Aを入れてまぜ平らにならし小松菜を乗せる。
1 凍ったままふんわりラップで4分加熱。
2 半解凍状態で一度まぜふんわりラップでさらに4分加熱しまぜる。  



◎油揚げのネギ味噌サンド
材料:油揚げ2枚,長ネギ1本,A(味噌,みりん各大1,胡麻油小2,七味少々)
 保存容器に油揚げ1枚分を敷いて混ぜ合わせたAをぬり,長ネギを乗せる。
 残りの油揚げをかぶせる。
 凍ったままふんわりラップで4分加熱。

の2つをレパートリーに加えたい。
 でこれらは冷凍保存が原則のようですなあ。
 こういう常備菜のレパートリーが増えるのはとても楽しいことだ。
 今は夜も毎日まず私がこれらの常備菜をもとに食卓を飾っている。
 そんな毎日である。




 難しくてめんどくさくて時間がかかりしかも高価な料理など作ることはできない。
 でも常備菜というのは実によくできていると思う。
 簡単で短時間でできしかも保存がきく。
 作れば作るほど奥深さに感激してしまう。

 牛肉の大和煮
 牛肉250g,生姜大1かけ,水1カップ,A(醤油大3,酒,みりん各大2,砂糖大1),醤油大1/2
1 牛肉は食べやすい大きさに切る。生姜は1cm四方の薄切りにする。
2 フライパンに水,Aを入れ1〜2分したら牛肉も入れる。
  再び煮立ったらあくを引きアルミホイルで落し蓋をし弱めの中火で汁が少し残るくらいまで約20分煮る。
  最後に醤油を加えて汁がなくなるまで2〜3分煮る。


 これなんざしぐれ煮とも違う味になるんじゃないかな。
 ちょっとたのしみだ。
 それから,

 油揚げのふくめ煮
 油揚げ3枚,だし汁2カップ,A(砂糖,みりん各大1,醤油大1 1/2)
1 油揚げは熱湯を回しかけ油抜きをし(さっと茹でても良い)小さめの三角形に切る。
2 鍋にだし汁を入れて中火にかけ1を入れて1〜2分煮る。
  Aを順に加えアルミホイルで落し蓋をして弱めの中火で約15分煮てそのまま冷やす。 
 

などというのも超カンタンと言う感じだ。
 もう少しレパートリーがあってもいいな,と思う今日この頃である。

このページのトップヘ