MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

なべさんの日記

ひとりのサラリーマンが夢を抱いたアメリカバストーナメント参戦記と日頃の日記です!

1970話目 プロの秘密を打ち明かす Reveal Pro Secrets

3272

昨夜深夜に

今年の5月号の

FLWマガジンを読み直していたのですが

その本の最終ページにふと目が留まりました。

今はメジャーリーグフィッシングやFLWツアーのライターの仕事をしている

ロブニューエルという人の記事に親分のダッドリーのイラストもあり

ちゃんと読んでみました。

題名は

"Private Lessons

Reveal Pro Secrets"

個人授業でプロの秘密を公開

の様な始まりでした。

3271

ロブニューエルが書いているのは

バスフィッシングを学ぶ上で一番良い勉強方法は何だろうか?

というテーマで

釣りの動画でも、マガジンでも大会レポートでも無く

”超一流プロから個人レッスンを受ける”

という事が書かれていました。

内容としては単純に良いますと

FLWツアーの生涯獲得賞金でトップをひた走るダッドリーと

オフショアの釣りをさせたら間違いなく名前が挙がるテネシーのランディヘインズ

2人のFLWツアープロの個人レッスンを承りますよという話。


釣りで個人レッスンというとガイドトリップを思い浮かべる人も居るかもしれませんが

そうでは無く

実際釣りをするのに湖上にプロと出るのは間違いないのですが

もっととある項目に特化したテーマのみをレッスンしてもらうという事です。

そしてそれを対応してくれるトッププロとして

ダッドリーとランディーヘインズの

ティーチングトリップのお勧めについて書かれていました。

まず

ランディーヘインズと言えば

ピクイックレイクをホームとして

ケンタッキーレイク、アラバマのレイクユーファウラでも優勝経験があり

この世界では”Ledge master"などと呼ばれる

マークローズと並ぶオフショアでの魚探使いの名手です。

3270

その彼と

湖上で5時間の魚探のレッスンを受けるのに

$500で対応してくれると言うのです。

そんな秘密を暴露しても良いのか?と

疑問も沸くところですが

ランディー曰く

”数千ドルもする魚探を購入したにも関わらず

あまりにもその道具を生かし切れていない人が多すぎて

本来有効に使われるべきものが正しく使われていない事を見て

レッスンをしてきたがショックを受けた!”

という事で、少しでも彼らの釣りの手助けが出来ればと

やっている様です。

これは彼のフェイスブックからですが

あなたはこの絵から何匹のバスが見えますか?

3273

ソナークラスの受付を今どうぞ!

という事です。

オフショアでの魚探の使い方を習いたければ

ランディーヘインズとのコーチングトリップを

ピクイックレイクで!

そして

一方のダッドリーの方は

3274

特にテーマは決めず

まず1〜2時間彼の目の前で

その人の普段の釣りをしてもらうそうです。

そしてそこからその人に何が足りないのか

桟橋で釣りをするなら、単純にどうスキッピングさせるのか?

というメカニカルな事では無く

幾つもの桟橋をみて

どこに魚が居つくのか?

そういう所から入って行くそうです。

もちろん魚探の使い方についてのレッスンもやってくれるとの事

日本ではシューティングと呼ぶ人も多い様ですが

向こうではその名前は聞いた事が無く

ビデオゲームフィッシングと呼ぶ人が多いです。

私も実際彼からこのレッスンを受けさせてもらいまして

こちらでも少し紹介しましたが

2012年の3月にスミスマウンテンレイクででしたが

彼のこの年の新艇を降ろした日に、慣らし運転を終わらせた後

”お前が運転して好きな所を釣りしてみろ!”

と言われ、適当に走って見つけた何気に見つけた桟橋群に

自分が操船してスキッピングで桟橋を攻めて行ったのですが

彼に自分の後ろからビシバシ抜かれ

操船方法の確認から始まり、様々な駄目出しが。。

そして最後はサイトの勉強会になりました。

3275

血だらけのデカい方が彼がサイトで仕留めた方

自分のが小さい方で

12〜3年ぶりのサイトだったこともあり

釣れたと言いますか、釣れてしまったと言いますか

あまりの自分の間抜け過ぎるサイトでの釣れ方で

呆れられてしまいました。

自分の時はほんの1〜2時間程の物でしたが

当然お金は1セントも払っていません。

この時彼は自分に本来のレッスン費用は1日2000ドルだと言ってきましたが

実際のホームページに提示されている金額は

彼のホームレイクで1000ドル

出張でどこかの湖でなら1500ドルの様です。

2012年にこの費用の話をダッドリーとした時

実際こんなに貰わないと言っていました。

名目上この値段を提示して

それだけ出しても勉強したいんだという姿を見たい様に感じられました。

帰りに数百ドル返すと皆喜んで帰ると言っていました。

本気でレッスンを受けてみたい人は

トッププロの個人授業受けられます。

いかがでしょうか?

それでは今日はこの辺で!





This success is significant for you
この成功はあなたにとって重要



再渡米まであと159日

1969話目 ゲットマイライフ Steeling cars

3224

さて

今回ご紹介したいタイトルは

Steeling cars

こちらの作品も真実のストーリー

主人公は未成年のビリー

始まりは

ビリーが

車を盗み、

警察に捕まるところから始まりました。

3227

そしてもちろん彼は少年院へ

しかし

入所早々

看守にたいしても

所長にたいしても

彼が取る態度は横柄そのもの

3228

厳しい看守の元のはずが

彼は一向に態度を変える事は無く居ました。

他にも

本を読む授業があったりしますが

彼はとても頭が良い様で

一度読んだ本は全て記憶してしまうようで

先生を煙に巻く様な態度を

こちらでも見せつけてしまいます。

3229

更には

勿論少年院とはいえ

各方面からのワル達が集まっているような場所

そんな奴らに向かっても

決して大柄でも無いビリーは

お構いなしに

体当たりしていきます。

3230

しかし

一方では

決して強い人間ばかりでは無い

服役中の仲間に対しては

自分が身を呈して

厳しい看守から彼を守ったり

3231

仲間にいじめられている時は

間に割って入ったりと

正義感もあります。

時には少年院を脱走するのですが

その日の内には帰ってきたリ

また、

時には彼のお母さんが面会に訪れたのに

遭いたくないと、頑なに面会を拒絶したりと、

何故彼はそのような対応をするのか

署長や看守などに横柄な態度を取り続けるのに

時には正義感も出したりするのか

作品を見続けていっても

なかなかその本質の理由が見えてきません。

しかし

後半で

彼のお父さんとの関係で

3232

とある事が起きていたことが

分かってきます。

今回の作品は新作で借りてみましたが

派手なアクションシーンや、驚きの連続の様な作品ではありませんでしたが

この様な事が実際起きていたんだと

身近にも起きうる事であるストーリーでした。

では

この辺で!




Were you enyballing me?
俺を睨んだな?



さいとべいまであと160日

1968話目 お休み Day off

さて

今日は木曜日

週に一度のお休みになりました。

同僚の若い子達は休みになると町に出たりしているようですが

自分は引きこもりではありませんが

昨夜からバスマスターライブの見直しに

3258

どれだけデスクワークが

実際の釣りに役立っているのか分かりませんが

幾つかの大会に向けて

準備したルアーや

釣り方など

細かなアクションなどまで

考えられる準備をしてこの連続5シーズンアメリカに乗り込んでいますが

全てが役立っている訳ではありません。

しかし時間があればこれらの動画にひたすら向かっています。

昨日今日で見ている

テキサスのトレドベントという湖は

1度しか釣った事が無いのですが

一言でいうと巨大な湖

即席でマップを作ってみましたが

3259

琵琶湖、霞と比べてもこの大きさ

長さから言うと

琵琶湖より50キロ前後長いだけですが

結構な数のクリークが西岸、東岸に伸びていて

湖岸線の長さで考えると琵琶湖で241キロ

トレドベンドで2010キロ

本当にどこを釣ったらいいのか分かりません。

バスマスターの試合をこの何年か振り返っても

ブレントチャップマンはビックスプーンで

ディーンロハスはポッパーで

ジェイコブプロズニックはサイトで

今回のケビンは10XDで

と、

もちろん時期はずれているとは言え

毎回トップの人達も入れ替わっています。

自分が釣りをした2013年の3月末日では

シャローのブッシュ周りと

サイトで8ポンドを釣ったのをこの場でもご紹介させてもらいましたが

3260

実際釣ったのは

西岸中部地域の小さいクリークだったのですが

これは地元の元エリートプロ

ベンマツブ

さんからヒントを貰った場所でした。

少し釣っただけでもとてもポテンシャルの高い湖であることは

自分のレベルでも分かりましたが

本当にこのような巨大な湖で

魚を探していくトッププロ達には関心しきりです。

正直今回のこのライブを見るポイントとして

考えていたのが、どういうコンディションの時に

バンクなのかオフショアなのか?

という事をメインに考えて見始めて

晴れたらバンクのシェイドか?

曇ったらオフショアか?

などと簡単に考えているだけでは

答えは見つかりませんでした。

晴天でオフショアで8ポンドオーバーのビックフィッシュを釣るケビン

3262

早朝でもブッシュ周りでビックフィッシュを釣るハンクチェリー

答えは幾つも見られました。

アメリカではひそかにポピュラーな

シャッドスポーン時に使う白いジグを使うハンクチェリー

自分もガンダーズビルレイクでこれでもかと

威力を見せつけられたKVDの使う10XD

しかし

この試合で一番衝撃的だったのは

クリスレーンが使って2位フィニッシュした

リバー2SEAの

ワッパープロッパーでしょう。

3261

私も渡米中

テストを繰り返しましたが

やはりルアー自体が大きく

ビックフィッシュにはこういうルアーなのか〜と

いう印象です。

バズよりもゆっくり引けて、スプラッシュが大きいのが特徴です。

どれだけご存じの方が居るか分かりませんが

このルアーを有名にしたのは今回のクリスレーンでは無く

FLWツアープロのジェイムズワトソンである事を。

ではこの辺で。




Make it count
無駄にすんなよ




再渡米まで161日

1967話目 仕事の哲学 Philosophy of Job

さて

先日少し時間を見つけて

また違う本を読みだしましたので本日は本のご紹介

仕事の哲学という題名で

コンサルティング会社の社長安田正という方の本です。

36項目の大枠に分けられたテーマで

3177

内容としましては

数々の一流の役員さんとの数々の交流経験を踏まえ

一流の役員さんと

部長止まりの人

一般の従業員の

3者に分けてそれぞれの項目に対して

または1流と2流、3流ではどこが違うのか

3者が取る行動に何が違うのか?

幾つかの項目について書かれている物でしたので

そのうち幾つかをご紹介します。

まず最初は

●健康管理

3流は、体調不良で休む

2流は、体調不良でも休まない

1流は健康オタクである

若い人はあまり健康の事について語り合うという事は少ないと思いますが

役員の方々の中には昔大病を患ったと言う方が多いらしく

健康が何より最優先であるという事で

お酒の席での7〜8割が健康についての話である

とありました。

”普通な事が最大な武器と気づくと人生の満足度が変わる”


●運動

3流は、3日で挫折する

2流は、数年で飽きる

1流は、十数年やり続ける

こちらの項目で紹介されていた一流役員さんの間で流行っているという

運動は、一番がゴルフ、そしてジョギングと続くそうです。

ここで大事な事は10年以上は続ける

という事で、それが自分の基礎体力の向上につながり

健康でいられるという事

”継続はその人の精神力を如実に体現する”

とありました。

次に

●学習

3流は、TOEIC700点以上を目指す

2流は、英会話教室に通う

1流は、勉強しない

この1流は勉強しないという内容は少し驚きましたが

この方のまわりの役員さんで英語が喋れる方は5%のみ

その理由は、膨大な時間と労力が掛かり費用対効果が悪いとの事で

必要な時は通訳を雇うとの事

それよりも仕事を最優先さているという考えの様です。

”全ての仕事は「効率」を元に優先順位をつける”

という事の様です。

次に

●自意識

3流は、卑屈である

2流は、自分の力を過信する

1流は、運を味方につける

ここでは何故出世できたのですか?

という質問を何人もの役員の方々に質問したところ

運が良かったと語る人がとても多いという事がかかれていました。

それに加えて出会った人が良かった、周りの人達に支えられたと続くそうです。

勿論運が良いだけで大企業の役員にはなれない訳ですが

とことん努力を繰り返した結果もうこれは運としか思えないぐらいまで努力をすると

その様にしか考えられない心境になる様です。

”強運という自信こそが人を伸ばすエネルギー”

とありました。

最後に

●憧れ

3流は、誰の教えも乞わない

2流は、優秀な人に憧れる

1流は、師を仰ぎ、師を超えようとする。

私には師匠が居ました。憧れの上司が居ました。

出世した人はそのように言われる方が多いそうです。

その一番のポイントは

”目標が明確になる”という事だとありました。

あんな風になりたいという人が具体的にいるだけで

つらい練習であってもそこへ一歩一歩近づいているという事に

喜びも感じられるという事です。

”抽象的な目標では実効性が無い”

とありました。

冒頭に書きましたが

36項目ある中から

上記分のみ抜粋してみましたが

共感出来る物も、そんなでも無い物もありました。

しかしこのような方々の本を読む事で

自分に足りない物を補えたり

不要なものは再認識出来たりしますので

無駄な事は全くありません。

このような本を手に取ると

次にどんな事がかかれているのか少しワクワク感も楽しめている感じです。

また時間を作って

他の作品もご紹介出来ればと思います。

ではまた。





I can assure you
あなたに断言できます





再渡米まであと162日

1966話目 完全なるチェックメイト Pawn Sacrifice

3201


さて今回の作品は

日本名 完全なるチェックメイト

英語名 ”Pawn Sacrifice"

今回の作品も

もちろん真実のストーリー

3202

主人公は

アメリカ人のボビーフィッシャー

彼は小さなころからチェスが大好き

誰から教わる事も無かったのですが

独学で勉強

小さなころから大人相手に

3203

果敢に挑んでは打ちのめされ

悔し涙を流しながらも続け

どんどん成長していきました。

様々なタイトルを取り続けるうち

彼のなかで気になってくることがあります

それは当時のソ連に最強のプレーヤーが居るという事

その選手の名前は

ボリススパスキー

3204

何時の日か

彼との対戦を心待ちにするようになりました。

そして

1962年

ソ連との団体戦が

開催されることになりました。

3205

しかしこの試合

試合中に集団でソ連の選手たちは不正をしていると

言いがかりを付けたフィッシャーは

試合の途中で放棄

会場を抜け出してしまいました。

そして何年もの間

盤から離れてしまいます。

しかし

数年後

初めてスパスキーと直接対決をすることが出来たのですが

完敗

3206

その後

彼との再戦の権利を得る為に

大きな大会で勝ち続ける必要があり

それらを順にクリアーしていきます。

そして遂に歴史的な試合が

1972年アイスランドのレイキャビックにて開催されました。

3207

対局数は全24局

ストーリーを見て行くと

非常に繊細な事にこだわるフィッシャーは

開会式に出席しなかったり

会場の雑音が気になると初戦をわざと負けて試合を早く終わらせたりと

チャンピオンならではの特別な心理があるようで

一般人には到底理解できないような事ばかりに思えましたが

試合は進んでいきます。

私もチェスの事は全く分かりませんが

この2人の歴史的な対局は以前にも聞いた事がありました。

ボビーフィッシャーは日本で生活していたこともあり

将棋の羽生さんとのエピソード



対局の結末は書きませんが

流れから見ていただいただけでも

結果は予想できるのではないでしょうか?


今作品は英語字幕も無く1通り流して終わりにします。

ではこの辺で!






Did I say you could talk?
俺はお前に話をしていいと言ったか?




再渡米まであと163日

1965話目 ゴミ Trash

アメリカの道を車で走っていると

日本とは違うような標識が色々ありますが

その中でもとても理に適っているだろうと個人的に思えるのが

こちら

2977

路上にごみを捨てたら

罰金

日本ではなかなか具体的な金額まで提示の看板というのは

駐車場に無断で、、ぐらいしかなかなか見ませんので

自然を綺麗に保つために

非常にいい感じに見えます。

ちなみに上の画像は高速道路の

一時駐車場所、サービスエリアの様なトイレなどがある場所では無く

ゴミ箱だけがある様な停車場所にあった看板です。

通常の道路では

自分がこれまでに見た最高額は5000ドルだった気がします。

ちなみにこれはケンタッキーレイクの道路にあった値段です。

2975

ほんの紙屑1つ

タバコの吸い殻をつい放り投げて

誰かに捕まったら

かなり痛い金額だと思います。

他の土地に行っても

この手の看板はよく見かけまして

3239

子供でも分かる

このような絵のタイプもあります。

こんなことを頭の中にいつも残っていながら

今の仕事中に

駐車場で

ゴミ拾いを毎日の様にすることがあるのですが

毎日どうしてこれだけのごみを捨てられるのか

全く理解に苦しむ毎日なのですが

その中で

ゴミの数で言うと8割〜9割が実はこれ

3240

そう

タバコです。

以前タバコについてこちらで文章を書いた事がありますが

基本タバコを吸う人達に対して

何の変な感情も無く

以前書きました様に

ダウンタウンの松ちゃんの言葉を借りると

禁煙家の人達は高額納税者

という事だったのですが

毎日少なくても20本以上のタバコの吸い殻を拾っていると

その肯定的な考え方も

非常にぐらついています。

冒頭からありますような

アメリカの様なルールがもし日本にもあったら

どうなるのでしょうか?

もちろん自分は仕事でゴミ拾いをしているので

幾らでも拾いますが

愛煙家の方々で思い当たる節がある方は

考えて頂けたらと思います。

今日はごみについて

書いてみました。

ではまた!





I’m left with only one option
私には1つだけ選択肢が残されている




再渡米まであと164日

1964話目 ザウォ−ク The Walk

3161


今回の作品の名前は

”ザ・ウォ−ク”

今回の作品も真実のストーリーという事で

借りてみました。

時は1973年のパリ

3164

主人公はフランス人のフィリップ

大道芸人をしながら生活していた彼は

いついかなる時も

どこにロープを張るのか

そんな事ばかり考えていました。

3165

そんなある日

歯を痛めてしまった彼は

歯医者さんへ

そこの待合室で衝撃的なものを目にします。

とある雑誌に

ニューヨークのワールドトレードセンター建設の記事です。

3167

その日から彼の頭の中には

両棟にワイヤーを渡して渡る事だけ

彼女の助けを借りながら

更に数人の協力者を少しずつ集めていきました。

3168

決行日は1974年8月6日

それに向けて準備を進めていきました

北棟は既に完成済み

南棟も80%は完成している所でした。

もちろん非公式な挑戦の為

建設業者を装い毎日違う恰好でスパイ開始

3166

全てのエレベーターに乗り

保安要員、搬入口

トラックもチェック

到着や駐車の時間

交わされる書類など

ありとあらゆることについて

しかし問題は山積み

本人も精神的に追い込まれてしまう事も何度もありますが

両タワーを渡ろうという意思に迷いは無く

決行の日を迎えました。

深夜にビルに忍び込み

3169

両タワーにそれぞれ分担を分けて

弓矢でまず釣り糸を両サイドに渡し、ロープを渡し

ワイヤーを渡しと

準備を進めます。

警備員が何度も来たりとトラブルもありましたが

何とか朝までに準備が完了

いよいよ

綱渡りの時間となりました。

3170

警備員

作業員が出勤する前の早朝

一歩を踏み出しました。

目がくらむような高さ

両ビルまでの距離は140フィート

3171

そしてついに

渡り切る事に成功します。

両サイドのビルには警官だらけ

なので

何度も両サイドを行ったり来たりしますが

彼のチャレンジはここまで

成功をおさめますが

警察に連行されます。

3172

形式上は逮捕されますが

ビルの作業員にも警官にも

尊敬のまなざしで見られます。

判事の判定は

セントラルパークでの子供たちへの綱渡りパフォーマンスをする事でした。

彼のチャレンジはハッピーエンドで

彼はニューヨークに残りますが、残念ながら彼女はフランスへ

そして彼はいつでも好きな時にワールドトレードセンターの屋上に上がれる

フリーパスを貰ったそうです。

今回の作品は

今は無きニューヨークワールドトレードセンターを舞台にした

綱渡りの話でした。

3173








Every institution needs one right?
どの施設でも一つ必要だろ?






再渡米まであと165日





1963話目 さてどうなるか We'll see what's happens

さて

今日も仕事が終わり

夜に来シーズンの試合をどんな風にエントリーするか?

トーナメントディレクターのビルテイラーから

来季の試合変更はもうないとの連絡を受けて返信したりだとか

ダッドリーの奥さんとの新しいソーシャルネットワークの開設をしたり

ごちゃごちゃ細々した事をしていたのですが

そろそろ夜も更けてきましたので

今日は映画のご紹介をする予定で居たのですが

ちょっと変更を。

何気に昨日から

ヴァージニア州のジェームズリバーで行われている

バスマスターオープンの第二戦で

お約束のジェイコブウイラーや

親分のダッドリーが上位に付けていたので

なんとなく結果だけ見ようとチェックしてみると

親分が2日間を終えて何と2位

今、既に3日目をスタートしている状態でした。

奥さんとのやり取りからは何の連絡も無かったのですが

3237

彼にとっては地元も地元

ホームレイク中のホームですが

年に1度しかここには釣りに行かないのに

ここまでの流れは

もう呆れてしまうと言いますか

凄すぎて言葉がありません。

第一戦のオネイダレイクから今年もオープンにに参加するという事を

本人からレイクチャンプレインでのツアー戦の最中に聞いていて

自分のしょうもないオネイダでの情報を流していいのか

ルールを確認すると、問題無いと言っていたのですが

”オネイダでやる事は決まっているから大丈夫だ!”

と本人が言ってきて

こんなことを言うのも珍しいのですが

その初戦は24位で折り返して

そして今週です。

本当に恥ずかしながら自分が試合に出る物とチャンピオンシップ以外は

バスマスターもFLWのコスタシリーズなども

スケジュールを全く見ていませんで

結果が両サイトのトップページに出るまで知りませんで

昨日の初日の結果を見て驚きました。

このバスマスターオープンの

第一戦の開催地オネイダレイクでコディーマイヤーも試合の1週間前に練習していたので

彼にもチャンプレインのツアー戦の時に直接質問したのですが

「オープンに出ている時はエリートへ転向を目指してんの?」

と聞くと

”それは無い!スケジュールが合えば参加するだけ」

だと言っていました。

同じ質問を昨年から親分にもしていたのですが

彼の返答は

”一発クラシック狙い”

の一言

エリートに移行する気は毛頭無いようです。

しかし

実力のあるFLWのトッププロ達が

本気で乗り出せば

エリートへの移行は可能だと思いますが

3238

FLWツアーで勉強させてもらっている身としては

優秀な先生に自分にはなる人達の

流出は出来るだけ少ないにこしたことはありません。

今思えば

やはり

ジェイソンクリスティやブレントエイラー

来季から移行するであろうマークローズやステットソンブレイロックなどのプロの釣りを

目の前で見たく、話もしてみたいと今でも思います。

親分は移行は無いと言っていましたが

最終戦の結果如何によっては

何が起こるか分からない

プロバストーナメントの世界ですから

どうなるのでしょうか?

いずれにしましても

私がコントロール出来る事では毛頭ありませんので

単なる1個人の思いを書いてみました。

今週本当に親分が

その画像のクランクを使っているのかは疑問ですが

彼の家の地下のタックル部屋で

見た物です。

私が昨年彼に見せつけてあげたパターンで戦っているのか?

さあどうなるか

明日早朝結果を確認してみる事にします。

今日はこの辺で!






Go to infirmary
医務室に行け






再渡米まであと166日








1962話目 金曜日 Friday

さて

今日は金曜日

久しぶりにお休みになりました。

秋の大会シーズンに向け

先日もFLWのインビてーショナルに出ませんか?

3226

のメールも来ていましたが

それに出られる経済状態ではありませんので

時間の使い方は他にしなければならない事に。

歯がゆいといえばそうなのかもしれませんが

そんななので昨夜から再度先日のバスマスターの試合の復習を

ビルローウェンが釣っている場所

自分もデカいの釣った事があったし

今年も練習した場所だ〜

なんて思いながら

3223

繰り返しになりますが

来季のFLWツアー戦も最終戦がここ

ポトマックリバーで開催されるので

効きそうなルアーの再確認と

やはり上位者の時間の使い方を特に見ていました。

優勝者の場所がまた次の試合で、、

はまずありえないと思いますので

その様な系統のチェックではありません。

金、土、日の3日間の

トップの人達の動きをもう一度最初から見直し

やはり確認する事として

バスフィッシングで一番難しいポインド

”STAY OR LEAVE”

この事についてこだわって見直してみました。

勿論こちらも

全て今回の上位者の動きが

今後のいかなる条件においても正解とは限りませんが

少なくても今後の自分の湖上での動きを決めるうえでの

ヒントがゴロゴロ転がっていましたので

結構な時間を昨日から使いましたが

決して無駄にはならないと考えます。

そして

夕方からはまた2本の新作映画を手に入れられましたので

そちらに時間を使う事に

4日に1度映画を見られるペースです。

こちらから埼玉まで返却に中一日掛かるのが非常に残念ですが

少し町からは離れた地域なので

仕方ありません。

バスマスターの見直しと2本の映画のチェック

そして来季のスケジュールの再変更が無いか

今トーナメントディレクターのビルテイラー宛てにメールをしまして

休みの日が終わろうとしています。

1日の休みなんでアッという間です。

では

今日はこの辺で!






You kind of implied permission
あなたはそれとなしに許可をした





再渡米まであと167日



1961話目 オデッセイ The Martian

3139

今回の作品は

日本名タイトルオデッセイ

英語タイトル

”The Martian"

この作品の舞台は火星

NASAの火星でのミッションがあり

隊員6人が火星の地表で作業をしていました。

しかし突然の大嵐に遭い

脱出ロケットに向かっていた隊員たちですが

そのうちの一人マークワトニー隊員が

吹き飛んできた部品に当り飛ばされ行方不明に

火星脱出ロケットも強風で倒れそうでこれ以上地表に居る事は出来ず

遂に女性隊長は彼を見捨てる事に

3140

地上では

彼は既に死んだと

NASAは声明を発表

脱出したクルーたちも

彼を諦めざる負えませんでした。

しかし

実際の彼はまだ死んではいませんでした。

3141

お腹に

ケーブルが刺さり

負傷はしていましたが

彼は火星に設置してあった

仮設の基地へ

自分でけがの治療をし

これからどうしていくのか

一人での闘いが始まりました。

3142

地球と更新する手段は持ち合わせていなく

もしもの事態も想定して

自分の最後を記録に残しておくことに

そして

まず最初に行ったのは

”食糧確保”

保存食の残りが数か月分しかないので

まずは備蓄してあったジャガイモを利用して

ジャガイモを栽培する事に

外から土を基地内に入れ、隊員たちが出した便で堆肥を作り

3143

半分に切ったジャガイモを植えていきました。

そして

次に必要不可欠なのが

”水”

着陸用のロケットから

水素を取り出し

3144

それを

燃やす事によって

水を作り出し、作物を作るのに利用しようと

進めていきました。

一方

そのころ地上では

もう彼の事を諦めた関係者で彼の葬儀が大々的に行われていました。

しかし

NASAの本部で火星の地表をチェックしていると

前日までの物が動いていたり

ソーラーパネルが綺麗になっていたりと

ようやくマークがまだ火星上で生きていることが確認出来ました。

3145

しかし

ここで当然問題が

彼を助けられるのかどうなのかという話

お互い通信が取れない現状では

彼の状況も分からず

もし救援のロケットを準備するのにも

その間に、備蓄されているはずの食料では

救援が到着する前に餓死すると単純に計算が出来たからです。

地上で今後についていろいろ検討している間

マークが次に行ったのは

地上との連絡網の確保

昔使っていた火星探査機を

当時の場所から掘り起こしてきて

3146

カメラでお互いを映し出すまでの物ですが

何とか地上との連絡が取れる事になり

やっと正式に生きている事を伝える事も出来ました。

そして地上との連絡を取り合い

更に通信網を発達させることにも成功しました。

栽培を始めたジャガイモも順調に成長

少しずつ物事を良い方向に持って行けるようになったのですが

ここから様々な不慮の問題が起き始めます。

果たして彼の運命は如何に。。。。

の様な作品でした。

今回のは収録時間も2時間20分前後と長い映画で

細かく説明していきますと

なかなかきりが無いので

この辺りにしておきます。

普通にはありえるような?ありえないような話で

新作でしたのでチェックしてみました。

では今回の作品紹介はこの辺で!!





I refuse to
私はきっぱり断る





再渡米まであと168日

1960話目 お土産その3 Souvenior 3

さて

先日

2度程当ホテルにある売店で販売している商品をご紹介

させていただきましたが

まだまだあります。

今回第三弾としてまずご紹介したいのが

ご当地物から

3184

過去なんか所かのホテルでも

”ばかうけ”という商品だったり、ポテトチップスのご当地シリーズだったりを見かけましたが

こちらでまず目に留まったのが

カントリーマアムとポッキーで

こちらが産地であるリンゴ

それから実際には本来少し山梨寄りではありますが

巨峰の物です。

すこし味見をしてみたい気持ちもありますが

過去の他の場所でも同じく

お値段は残念ながら観光地価格

スーパーで買えるような値段とは行きませんので

銘柄のご紹介までです。

それから

次にご紹介したいのが

抹茶のクッキー

3185

このタイプですが

クッキー自体が

”ラングドシャ”

と呼ばれる

フランス語の様ですが

薄手のクッキー生地で

昨年富山のホテルで売店に新作として入ってきたときに味見もさせていただき

クッキーの生地自体はどなたでも味や食感には覚えのある物だと思いますが

抹茶のチョコレートとセットになると

非常に美味しさ倍増となります。

昨年その新作が入って来た時に値段にびっくりしてしまいましたが

やはりこちらで販売させてもらっています商品も

12枚で650円ですが

それだけのおいしさは十分にあるかと思います。

次は少しお洒落な入れ物

3217

まるで

本物のリンゴを農家からケースで仕入れた様な包装

開けるのが少し面倒では、、の様な事は抜きにして

人にプレゼントするお土産としたら

ちょっと洒落の効いている包装ではないでしょうか

実際の味の方は分かりませんが

ユーモアのある商品です。

同じシリーズで

桃ヴァージョンもありましたので

3218

こちらもご紹介しておきます。

それから

次にご紹介したいのが

しらかば羽織り

という商品

3219

商品自体は

薄手のクッキーに

チョコレートがサンドされた

どこにでもありそうな商品なのですが

私が第一印象としてあったのが

包装紙のセンスの良さ

今ちょっと読み始めている本があるのですが

一流の役員の方はどのように行動するのか、考えるのか、、の様な本の中で

お土産の選び方の項目があり

平社員は、道すがら買う

部長は、有名ブランドの銘菓

役員は、包装紙で決める

とありました。

何か自分のなかではその3項目が気になっていて

この包装紙、当店にある商品の中では

役員クラスの対応品に値するのではと

思ってしまいました。

それから次はこちら

3220

リンゴ

丸ごと1つのパイという商品ですが

こちらも

ちょっと試食という訳には行かない商品なので

味のご説明は出来ませんが

なかなかお目にかかれない

リンゴ単品の商品でした。

それから

今回ご紹介したい最後の商品がこちら

コンパクトサイズのバームクーヘン

3221

前回ご紹介した

バームクーヘンは

白樺の木をモチーフにした

細長く、ちょっと持ち運びにもかさばる様な形状でしたが

こちらは見た目も非常に美味しそうで

箱の大きさも大きすぎず

良さそうに見えます。

こちらの土地のとの兼ね合いは無さそうな商品ではありますが

今の時代どの土地に行っても

手に入る商品レパートリー仲間とでも言いましょうか

あたり障りのない物だと思います。

少し前に、日本語がまったく喋れないインドからのお客様が滞在していただき

お土産コーナーで、対応させていただいたのですが

旦那様からあったキーワードは

”Japanese traditional"

この1点

すぐにお餅の関係か、お饅頭が頭に浮かんだのですが

アメリカにお土産として持ちこんだお餅関係が

完全に空振りだった経験も脳裏をよぎり

その辺りも説明すると

最終的に

当り障りのないクッキー関係とクランチ辺りに落ち着いてしまいました。

正直

不完全燃焼と言いますか

アメリカでは主食はパン系

インドではお米系

そのあたりも踏まえて

外れても、王道を押すべきだったのか

非常に後に尾を引く対応となってしまいました。

皆さんがインドの方へのでしたら

どうしてあげられるでしょうか?

そんな事で

お土産シリーズ

第三弾今回はご紹介させていただきました。





He thinks we gave up on him
彼は我々が見捨てたと思っているはず





再渡米まであと169日

1959話目 ザブリザード The finest hours

3153

さて

今回ご紹介したい映画は

日本名”ザブリザード”

英語名 The Finest Hours

今回も実話を元に作られた作品

3152

時は1952年

マサチューセッツ州

ウェルフリート

今作品の主人公は海難救助隊のバーニー

彼には

新しい彼女が出来

3155

彼女の方から求婚され

これから2人は幸せな方向に進もうとしていた矢先

海難事故が発生しました。

大嵐が町を襲い

2台のタンカーが遭難してしまいました。

3156

そのうち1艇は

以前に船の修理跡があり

激しい揺れの中スピードを落とさないとそこから亀裂が入ると

メカニックの人間は言い続けていたのですが

スピードを落とさず進んだ為

何と船体が真っ二つに折れてしまいました。

3157

船主はそのまま沈んでしまいましたが

船尾は細かく船の構造上別れていたコンパートメントにより

数時間の間は浮いている事が出来ました。

船尾に残されていた30名以上のクルーたちは

途方に暮れてしまいます。

とある人間は救命ボートを出そうと言いますが

降ろした瞬間に木っ端微塵

一人の人が先頭に立って

船を浅瀬まで何とか動かそうと

船の発電にかかわる部分が水没する前に浅瀬に座礁させようと

3159

沈みゆく船体を何とかしようと乗員総出で試みます。

一方そのころ

沿岸警備隊の本部では

作戦会議が練られ

大嵐にもかかわらず

上長はバーニーと合わせた4人で

救出に向かうよう命令が下ります。

3158

30人を超える救助には考えられないような

小さいサイズの船で

周りの人の多くも反対

バーニーのフィアンセも直接その上長に

彼を戻すように説得しますが

全くきく耳を持たず

上官は指示を覆す事なく

バーニーは任務遂行の為大嵐の海へ乗り出します。

そして

目的地へ向かうまでにコンパスが吹っ飛び

屋根も吹っ飛びますが

何とか現場に到着

3160

定員10数名の

ボートに

全ての乗組員を載せていきます。

不運にも

船に体をぶつけ

命を落としてしまった人も居ましたが

何と30名以上の乗組員を救助する事に成功しました。

港に戻るのにも

嵐と寒さの中大変苦労しましたが

何とか生還

3154

バーニー達の小型船による救難活動は

コーストガード史上最も偉大な功績とされ

4人の救助隊員は金のメダルを授与されたそうです。

海難事故の真実のストーリーというだけあり

内容的には非常にシンプルな

作品でしたが

今の時代から考えると

あまりにもお粗末な救助ボートに

タンカーの造り

まあそれを言っては終わりだと思いますが

当時としては大変な出来事だったと想像できる作品でした。

今日は

ザブリザード

ご紹介致しました。

ではまた。





Completely absurd
完全に馬鹿げている




再渡米まであと170日

1958話目 バスマスターライブ Bass Master Live

さて

バスマスターエリートのポトマック戦も最終日

仕事を終えて

さっと食事も摂って

夜8時半からのライブに釘づけになっていました。

3186

始まるまでの数分カウントダウンの表示を

初めてみました。

大会3日間を終えて

初日からトップを走るジャスティンルーカスは

2位のビルローウェンに6ポンドのリードで

大会最終日がスタートしていました。

3188

昨日までの流れからすると

12ポンド位ジャスティンルーカスがキープ出来れば

他の選手が相当爆発しない限り

優勝できるのでは?

というウエイトでの流れで

見ていました。

昨日は朝の動きは

トップの人達の動きがスローで

10位前後の人達が追い上げる感じで始まっていましたが

今日もその様な感じ

昨日からキースコムが追い上げを見せ

3190

今日も朝からバイトをいち早く取っている様でした。

彼が釣っていた場所でシャロー側の家が見えている所は

自分も昨年プラで釣った事があり場所に覚えのがありました。

それから

昨日もそうでしたが

ブレントエイラーは今日も少しだけ

波に乗るのは遅め

3195

しかし

すぐにバイトを取り始める流れになっていきました。

そんな中でも

特にトップを追いかける筆頭は

自分も昨日から注目してみていたジェイソンクリスティ

タイドの絡みだと思いますが

昨日までのエリアがタイミングが悪いような事を

言っているように聞こえまして

朝からまったく違う場所で

着実にウエイトを上げていました。
3196

中継を見ながら

昨日カメラマンがなかなか

ルアーなどをアップにしてくれなく

どんなルアーを使っているのか

詳細が分からなかったのですが

今日はその思いが通じたのか、上位陣の全てのルアーがアップで紹介され

よくわかりました。

そして

前置きが長くなりましたが

現地時間で8時半頃でしたか

トップのジャスティンルーカスがビックフィッシュをゲット

3197

この後も

すぐに3ポンド半クラスをキャッチし

これで16〜17ポンド以上は行ったので

ほぼ試合が決定したのではと思ってみていました。

中継中

少し前にも書かせていただきました

何度も今年問題になった事を振り返っていた

グレッグハックニーがカユーガレイクで失格になった事

その場所が画像で出る場面があり

3198

司会者と電話でそこそこ長い時間

この件に関して振り返っていました。

試合の流れも落ち着いてしまったので

4時間前後ぶっ続けで中継を見た所で

仕事の疲れも流石に出たのか限界

寝てしまいました。

そして

やはり今朝起きると

ジャスティンルーカスが初日から逃げ切り優勝

3199

最終的に

ジェイソンクリスティが

23ポンドオーバーを持ち込んでいた様で

やはり凄いとしか言いようがありません。

もし

再度ライブを振り返られる様でしたら

ポイントを掻い摘んで見直したいと思います。

さて

そろそろ今日も仕事へ出かける時間です。

連日色々ありますが

今日も元気に行きましょう!


ではまた明日!





I would love to solve this problem
喜んでこの問題を解決したい




再渡米まであと171日



1957話目 ポトマック3日目 Potomac Day-3

さて

今日は昨日に引き続き

バスマスターエリートのポトマック戦3日目のライブを昨夜から見始めました。

トップで2日間を折り返したジャスティンルーカスは

メインレイク沿い

3180

障害物周りで

ストレート系のワームでドロップショットを投げ続けていました。

カメラマンが

彼がルアーを結び直したりしているときが何度もあるのに

なかなかアップにしてくれないので

ルアーまで確認出来なかったので

どのメーカーのものなのか分かりませんでしたが

明日には確認できるでしょう。

そして

次に見ていたのはジェイソンクリスティ

4位位のスタートだったか

彼はメインリバーから

少しクリークに入ったグラスエリアで

3181

フロッグを投げ続けていました。

グラス水面まで全域を覆うほどではないエリアで釣っていたので

普通の人ではもっとルアーローテーションをしそうな

状況の場所に見えたのですが

朝から全然釣れない中、彼はひたすらフロッグのみ

昨夜は最後まで放送を見られなかったので

どこまで引き続けて約14ポンドも釣り上げて来たのか

早急にライブを見直す必要があります。

それから

次に見ていたのは

2日間を2位で折り返したブラントエイラー

3182

彼が釣っていた場所は

クリークですが

ジェイソンクリスティの場所と比べるともう少しクリークでも

中に入った場所

この場所は昨年自分でも練習中に釣りをしたところで

ウェズリーストレイダーが叫んで行った場所なのでよく覚えています。

水が少しこのエリアはクリアーで2フィート〜3フィートシャローグラスです。

ブレントエイラーも最終的に11ポンド半を持ち込んだ様でした。

そしてこのクリークの上流を釣っていたのが

3位で2日間を折り返していたジェイコブプロズニック

彼は開始早々からまったく釣れていませんで

最終的に今日は1本だけだった様で

かなりの時間この場所に居座っていた様子ですが

2日連続で16ポンドを持ち込んでいましたから

かなりの自信がある場所だったのではないでしょうか。

自分がこのライブを見ている際のポイントとしては

どこでプロ達が釣っているのか

という”特定の場所”もさることながら

”メインリバーからの距離”の方を最優先で見ています。

もちろんタイドの兼ね合いもあると思いますが

真夏の試合で

平均ウエイトを見てもプロ中のプロ達が1日10ポンドを釣るのも厳しい状況ですから

特定のエリアで時間を掛ける必要がある大会になっているように自分には思えます。

更にランガンしている選手が見受けられないのもその要因にあります。

ジェイソンクリスティは過去2日間1日で6〜7バイトのみ

1日そのエリアで粘る様な事も発していました。

昨夜最後までライブを見続けられなかったので

見直す際には幾つか確認事項があります。

何故ジャスティンルーカスは朝からライトリグだったのか?

何故ジェイソンクリスティは他のルアーに浮気することなく何時までフロッグを引き続けたのか?

この日ビックバスを含む17ポンドオーバーのヘビエストウエイトとを持ち込んだ

クリフォードパーチはおそらくマリーナに1日居たのでは?と

彼の得意な釣りを考えると想像できます。

まだ2週間程しかこの川で自分は経験がありませんが

2試合出た経験とここがホームレイクの親分のダッドリーの話などを

いつも聞いている事などを総合して

このような見方をしながら今日のライブを見ていました。

バスマスターライブは試合によって

試合中放映後2度と見られなくなります。

見逃しの無い様にしなければなりません。

ちなみに今年自分にとって一番勉強になったのはブルーショールズのライブでした。

もう見られません。

さて皆さんにはこの試合どう映っているでしょうか?

最終日、どのような展開になるのか

3183

ジャスティンルーカスが

2桁のウエイトを持ち込んだら初日からの逃げ切り優勝でしょうか?

興味津々という所です。

そろそろ出勤時間になりますので

また明日!










再渡米まであと172日

1956話目 ポトマック Potomac

さて

昨日からバスマスターエリートの試合が

メリーランド州とヴァージニア州に跨る

ポトマックリバーで開催されている様で

昨夜からライブを見始めました。

3174

初日のリーダーのジャスティンルーカスの記事を少し読んで居ましたら

今シーズンはグラスが多いとの内容がありまして

昨年自分で釣った時はグラスがとても少なかったので

他の湖でもそうですが

様々な要因からグラスレイクは毎年生え方、量、場所など

違う事が多いです。

3175

ここは有名な

マッターウーマンクリーク

トーナメントリーダーのジャスティンルーカスは

もっと上流を釣っているようですが

2012年にFLWツアーで

彼はここで2位だったので

その時5月の試合でしたので

産卵期の大会と今夏の試合と

全く状況が違うという事を説明していました。

それから余談で

ここポトマックリバーのほとりは

アメリカの政治の中心ワシントンDCがある場所でもあります。

1995年の春にこの地に初めて自分は訪れましたが

当時はインターネットが発達している訳でもなく

情報は乏しく、車にナビも無ければ

大型のマップを頼りにこちらへ来ました。

この地まで来たのに当時思い当たる場所は国会議事堂

ホワイトハウス、アメリカ国防総省ペンタゴン

FBIの本部ぐらいでした。

USキャピトルまで行っていながら

リンカーンの像があることも

3176

スミソニアン博物館があることも

合衆国海兵隊記念碑がある事も知りませんでした。

これもすべて中学生の時クラスで最下位の学力でしたから

勉強していなかったツケがまわった感じです。

生きているうちにそれらの場所には

是非行ってみたいと思っています。

来年では無いと思いますが。。


試合の方に戻りますが

中継でも良いサイズを手にしていたジャスティンルーカスが2日間を終えて

依然としてトーナメントをリードしているようです。

3179

その他上位選手には

数年前までFLWツアーで活躍していた

ブラントエイラー、ジェイコブプロズニック、ジェイソンクリスティ

ルーククルーセン、コビークレガーなどが付けている様で

ジェイコブは超地元ですし、ブレントエイラーもFLWでの参戦経験が役立っていると、、

ジェイソンクリスティのブログも読んでみると

家族での限られた夏休みを過ごしてリフレッシュして

さらにどうこの試合に向けて準備してきたのか?などが書いてあり

裏のストーリーを少し読んでから

ライブを見たりしますと

また違った思いで見る事が出来る気がします。

来季FLWツアーでは

最終戦の地がここになります。

3178

基本この川でのターゲットは桟橋かグラスかの2つ

リップラップも少しありますが、これがキーになった試合は記憶にありません。

最初の2つのターゲットに対するルアーを毎回探すことになります。

ムービングベイトでスイムジグやチャターベイト

グラスに対するワーム関係

そのチョイスに関して今大会参考になる事があればと思います。

あと2日間

時間が許す限り

ライブを見てみたいと思います。

それでは今日はこの辺で!







I have scored every single data file
私は全ての情報を調べた






再渡米まであと173日




1955話目 クライムヒート The Drop

3133

さて

今日は映画のご紹介

今回のタイトルは

日本名でクライムヒート

英語名で

”The Drop”

映画の舞台はニューヨーク州マンハッタン

主人公のボブはバーテンダーとして働く独り身の男性

3134

そしてこのお店のオーナーは

いとこのマーブ

2人でお店を切り盛りしていました。

とある日の夜

ボブが仕事帰りに歩いていると

ゴミ箱に小さな犬が捨てられているのを発見

その家の女性が出てきましたが

けがをしている犬を二人で看病する事になりました。

3135

2人はこの日を境に知り合いとなっていきます。

毎日平凡に

バーの営業も上手く行っている様に見えるのですが

実はこのバーは

闇取引のお金の隠し場所

資金洗浄の場として

チェチェンの悪党どもが裏社会を取り仕切っている地域でした。

そして

とある日の夜

売り上げを数えている時に

覆面をした2人組の強盗がお店を襲撃

3136

5000ドル以上の現金が盗まれてしまいました。

全くやられた強盗に見覚えも無いのですが

裏金の一部として盗まれた裏組織の幹部としては

黙っていられない事件となり

2人に聞き込みに来ますが

3137

犯人に心当たりはありません。

しかしストーリーが進んでいくうちに

このバーで働く2人の内の

どちらかが

裏で手を回して

強盗を雇った事が分かってきます。

そして

ボブと犬の件から仲良くなった彼女ともどんどん

関係性が深くなっていきますが

3138

やはり悪人達のお金をめぐって

やり取りをしていることが

簡単に進むわけもありませんで

様々なトラブルへと発展していきます。

残念ながら残忍な殺人シーンなども出てきてしまうので

これ以上画像も含めご紹介するのは

どうかと思ってしまう作品でしたので

今回の作品は

ここまでとします。

胸を張ってお勧めできる作品では

残念ながらありませんでしたが

見てみました。

興味の沸いた方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

ではこの辺で!





That is absolutely what I should be tell him
これが最も彼に言っておかなければならない事だ





再渡米まであと174日

1954話目 フライト変更 Need change flight schedule

先日

来季のFLWスケジュールに

当初先日のICASTで正式に6試合のアナウンスだったのが

急遽先週のチャンピオンシップの大会中に

7番目の試合が

予定の6試合の開催の2週間前にスケジュールとして組み込まれるとの

発表があったという事をこちらで紹介させていただきました。

3123

その文章を読んですぐに脳裏をよぎったのは

フライトスケジュール変更に伴う追徴金の支払い

自費で全ての費用を捻出するプライベーターとしては

頭の痛い問題でありますが

しかし嘆いていても何も始まらないので

アメリカで予約した来季の復路のフライト変更を依頼したらどうなるのか

もしかしたら無料で変更可能では無いのか

一縷の望みを託して

恐る恐る昨夜アメリカへメールしてみました。

すると

すぐに返信が来まして。

3162

早い話が

”450ドル払って頂ければ!”

の返信

淡い期待はすぐに打ち砕かれました。

毎日我慢を重ねて1円も使わない様に1か月長野での生活を進めているさなか

予想していなかった非常に痛い出費です。

その分

仕事を出来る期間も少し短くなり

渡米の期間も長くなり、経費も嵩みますので

トーナメントディレクターのビルテイラーに

文句を言いたいところですが

まあ

どうにもならないでしょう。

3163

あとは来季賞金で取り戻すしかありません。


まだ

こちらのフライト変更に関しては

チケットの代理店に正式返答はしていませんが

変更せざるおえないでしょう。

まだ半年近く時間があるので

すぐでなくても便が無くなる事は無いと思いますが

近日中に決める事にします。

話は変わりますが

今日は

仕事の方で

ミスをしてしまって、お客様に大迷惑をおかけする所でしたが

早急に手を打ち

先輩のフォローで難を逃れました。

お盆の時期に入ってきまして

連日かなりのお客様に来ていただいています。

今月末までは気を引き締めていきませんとです。

今日は短いですがこの辺で!





Begin abort procedure
中止の手続きを始めて




再渡米まであと175日

1953話目 ブラックスキャンダル BLACK MASS

3115


さて今回の作品は

ジョニーデップ主演

日本名ブラックスキャンダル

英語名

”BLACK MASS”

という映画のご紹介


時は1975年南ボストン

この地域を仕切っていたのが

ジミー(ジョニー・デップ)

3117

縄張り抗争や様々な犯罪が渦巻く地域で

彼の名前は揺らぐことなく

この地域を支配している状況でした。

それからもう一人

ジミーと幼いころから共に過ごしてきたのが

FBIのジョンコノリー

3116

FBIが掲げた次の指標は

ボストンの地域に縄張りを広げる

イタリアンマフィアの一掃

その任務に抜擢されたジョンは

任務に取り掛かる事に

その手始めに

ジョンは得た情報をもとに

幼馴染であるジミーに提案を

裏組織の人間が

ジミーを殺そうと企んでいるという事を伝えると共に

3118

FBIの為に

と言うより自分とお前との間で

情報源になってくれないかと

ジミーに持ち掛け

それから2人は裏で繋がっていくことになります。

しかしなかなかFBIは結果を出せない日々が過ぎていきます。

ジミーの悪事に目をつむり

マフィアを一網打尽にしようとしていきますが

難航していきます。

更に関係性が難しい部分があり

ジミーの弟ビリー(上座の男)は議員をしていて

3119

色々な関係性が

物事を難しくしていきます。

そんな中

ジミーはFBIのジョンに

確信的な情報を送り

3120

遂にFBIはイタリアンマフィアのアジトを知る事になり

成果を上げます。

しかし

ジミーはどんどん勢力を伸ばし

更には殺人他悪事をどんどん重ねていきます。

そして寝返る人間も出てきて

そしてFBIのジョンも

どんどん署内で肩身の狭い思いをしてくことになり

遂にジミーも終わりを迎え

逃亡する事に

ジョンも最終的には警察に捕まる事になり

ジミーは2011年に捕まる事になりました。

彼のほぼすべての仲間は警察の捜査に協力する事で刑期を短くできるよう

司法取引に応じ既に自由の身にある者も。

しかしジミーは一生刑務所で過ごす事に

3121

今回の作品は

ノンフィクションとありましたので

実際に起きた事を過去の資料などから

映画化した作品の様でした。

非常に掻い摘んだ内容になってしまいましたが

ジョニー・デップ主演の最新映画

本日はご紹介しました。

ではまた。





Would you say that is accurate?
それが正確だと言えるでしょうか?




再渡米まであと176日

1952話目 テレビ無し浪費無し No TV & spend nothing

さて今日は8/9日

本当に時の経つのは早く

長野に来て丁度1か月が過ぎました。

過去数年他の地域でありました様に

新天地での就労早々体調を崩すようなことも無く

週一位の休みをお願いして、大体そのようにしてもらい

食べようと思えば3食、食事の支給がある為

ここまで1度も財布に触れる事無く過ごしていまして

長野に来て31日目ですが依然としてまだ1円もお金を使っていません。

もちろん携帯の月額の900円そこそこや保険などの支払いはありますが、

食事の方に関して3食お腹いっぱい従食を頂いているのも手伝い

まだ体がそこまでお菓子も求めていませんで

出費はありません。

しかし

たまには気休めも必要で

地元富士市を出る直前に用意した

250mlのコーラ

3094

これを30本入りで2箱持ってきましたがもう既にここまで

7本飲んでしまいました。

約4日半で1本のペースでしょうか

真夏ですから

喉は乾きますので

そんな感じです。

他の水分補給はこちらの湧水が会社にあり

蓼科の名水だと会社では聞いていますが

毎日仕事中も、寮にも持ち帰って飲んでいます。

部屋にも共同ででも寮には冷蔵庫が無いので

溜めておくわけにはいかず

毎日ペットボトルに入れて持ち帰っています。

それから

地元を離れる時に仕込んできた

桃とミカンの缶詰もトータル3缶空けましたので

体が呼べばフルーツも摂っていますので

決して無理をしているわけではありません。

読者の方々の中でも優しい方々から

体を気遣っていただける暖かいメッセージをこれまでも何度か頂いてきましたが

今の所限界を感じる程でもありませんので

まだ大丈夫だと思います。

更にもう一つ書きますと

テレビも支給されていますが

3151

コンセントすらまだ刺していませんので

テレビの電源を入れた事がありません。

そんな感じででして

来季にかけての気合は年々増しているという事と

来季またプライベーターに戻るという事が

追い込んでいる根底にはあるかもしれません。

1年お世話になりました

タックルショップショップさんとの契約は

諸事情がありもうお断りしましたので

そんな来季となります。

いずれにしまして

今シーズンオフに自分に出来る事を精一杯やって

来季のシーズンインを迎えるだけです。

どこまで

1か月0円生活が続くか分かりませんが

気が向いたらガリガリ君の1本でも買おうかと思います。

そんな事で今日はこの辺で!





We are estimating a margin of error
我々は予備も含めた概算をしてある





再渡米まであと177日

1951話目 大会最終日 The last day of Championship

さあ

いよいよチャンピオンシップの最終日

フォレストウッドカップという名の通り

レンジャーボート社の創業者

フォレストウッド氏の名前の大会です。

3148

今年でレンジャー社は創業48年と言っていたか

大会自体も15年以上の歴史となっています。

96年からFLWはスタートしていると思いますが

自分も97年から参加を開始したので

また

中学生の頃からの憧れのレンジャーには

沢山の思い入れがあります。

話は戻りましてついに最終日

昨夜遅くから大会の模様をアップされる記事で確認しながら

朝から再度その内容を確認していました。

個人的な読みでは

勢いから言うと

トッドオートンが

3日目に

爆発的なスコアを出して来たので

可能性が高いのではと思いながらも

この日の曇りの天気が味方していたという内容の記事を読んでいたので

流れから言うとジョンコックスさんか、マイケルニールか

というような個人的な読みをしていました。

朝から

最終のウエイインをライブで見ていましたが

出勤時間となってしまい

ブライアンスイフトまでしか見られませんで

3149

仕事へ

結果は日本時間で朝の時点では分からず出かけてしまいました。

個人携帯でネットの契約をしていないので

最終結果が分かったのが夕方

ジョンさんが

優勝との事でした。

3150

個人的にも

ジョンさんとは昨年から試合の度に

話をさせてもらえるような間柄になっている中で

彼の実力から考えたらやっぱりな〜と

もちろんブライアンスイフト、ジェイコブウイラー、マイケルニール、マークローズ他

名立たるTOP10に勝ち上がったプロ達の実力が物凄いレベルであることも

十分承知ではありますが

ジョンさんのシャローへのこだわりはそれらを今回勝っていたという事になるのでしょう。

昨年チカマウガレイクでの目が飛び出るような釣りを見せられていた自分としては

非常に妥当な結果である事に思えました。

来シーズン会ったら

直接お祝いの言葉をかけたいと思います。

ブライアンスイフトにもし”何やっていたんだ?”と突っ込んだら

多分いつもの通り

”I don't know"

という事は間違いないでしょう。

結構このシンプルな言葉

彼の口癖だと自分は思っています。

プレスカンファレンスでも飛び出していたフレーズです。

これからプロ達は

今シーズンから始まる

秋のシリーズに進んでいくはずです。

来季からは今回活躍した

ジェイコブウイラー、マークローズ、ステットソンブレイロックは

バスマスターエリートに転向するはずです。

来シーズンはどんなドラマが待ち受けているのでしょうか?

非常に楽しみです。

今日はチャンピオンシップ最終日の事を

書かさせて貰いました。

それではまた明日!






That’s what it is
そういうものだよ






再渡米まであと178日








カテゴリ別アーカイブ
Profile
  • ライブドアブログ

ゲームの時間です dallet