MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

なべさんの日記

ひとりのサラリーマンが夢を抱いたアメリカバストーナメント参戦記と日頃の日記です!

2785話目 スリービルボード Three billboards

1052

さて

今日も映画を

アカデミー賞受賞作品という事で借りてみました。

舞台はミズーリ州エブリング

ストーリーの始まりは町のさびれた道路

そこに3つの広告用の巨大な看板がありました。

1065

そこに通りかかったのは一人の女性

彼女が主人公のミルドレッドヘイズ

思い立った彼女はその3つの看板を管理している会社に出向き

その看板に広告を出したいと

1064

その広告内容を見てもらい

契約してもらいました。

もちろんお店の主は彼女が誰なのか

アンジェラヘイズのお母さんである事を知っていました。

そして

彼女が3つの看板に出した広告に巡回中の警官は噛みつきました。

一つ目は

1066


”何故ウィロビー署長なんだ?”

そして2つ目は

1067


”犯人逮捕はまだなのか?”

そして

3枚目は

1068


”レイプされ殺されていた”

と書かれていました。

警察は広告代理店に乗り込み

すぐに剥がすようにけしかけますが

1069

法律には触れていないと掛け合おうとしません。

そして

彼女は看板の前でテレビ局のインタビューを受け

1070

事の真相を打ち明けます。

彼女の娘のアンジェラは

7カ月前にこの沿線沿いでレイプされ殺されました。

地元の警察は黒人の虐待に忙しく

犯人を放置していると。

娘は燃やされ、6フィートの地中から発見されたにも関わらず

警察は何もせず何の進展も無いと。。

この広告で少しは事件解決が前進するのではという思いで

彼女はこの様な行動を取っていました。

早速署長のウィロビーは彼女の元を訪れ

1071

何の手掛かりもまだ出ておらず

目撃者も1人もおらず

DNA鑑定の結果も全国の犯罪者全てを洗っても誰も該当者が出ていない事など

現状の報告をします。

しかし彼女はそんな戯言は聞きたくも無いという態度をとるのですが

署長として、言い訳に聞こえるかもしれませんが

彼自身癌に侵され先が長く無いと彼女に打ち明けますが

小さい町なので、彼女もその事は知っています。

だから生きている間に出来る事があるだろうと

そんな彼を前にしても驚愕の言葉を投げつける彼女でした。

そしてだんだん町では

娘さんの事には同情するが、看板設置に関しては誰からも支持を得られなくなっていきます。

息子も困ってしまい、学校でもイジメに遭い、町の神父さんも家を訪ねて諭そうとします。

1072

しかし彼女の

犯人を見つけようとする執念は全く揺らぐことがありません。

しかし彼女のその気丈な振る舞いが

だんだん周りに酷く悪影響を及ぼす結果となっていきます。

果たして彼女の執念は実るのか

どうなっていくのか。。。。



という様な今回の作品でした。

この所真実のストーリーを借りる機会が多かったので

今作品も後半まで本当にあった出来事だと思い込んでみていたので

そうでは無いと分かった時にはホッとしましたが

中々の作品だったと思います。

興味のある方はご覧になってみて下さい。


では今日はこの辺で!




I'm sorry I got your hopes up
期待させて悪かった





再渡米まであと59日ぐらい

2784話目 カレッジクラシックブラケット College Classic Bracket

688

さて

今日は

8月15日に行われた

カレッジシリーズのマッチプレー

バスマスタークラシックへの1枚の切符をかけての

準決勝の模様を振り返って見る事に。

各地の予選を勝ち抜いてきた選手達が戦う

1対1のマッチップレー

690

4人なので一人一人見て行く事に

会場はカンザス州のミルフォードレイクという

初めて聞いた名前の湖

バスマスターでカレッジのライブは初との事で

カンザス州での試合の中継も初との事でした。

この日の条件は曇りのち雨

気温が70度前後の水温は80〜83度

スタートはこのような場所に各選手が散らばっていました。

1075

1組目の対決の1人目は

べセルユニバーシティで経営学を専攻している

No.1シードのギャレットという選手

ハイスクールチャンピオンシップも過去に制していて

2つ目のタイトルを目指して戦っていました。

1077

メインレイクから入るフラッツトな細長いクリーク内を

サミーで攻めている様でした。

検量は同船のオブザーバーがしていて

魚は都度リリースする方式の様でした。

対戦相手は

キャンベルズビルユニバーシティの

No.3シードのニックという選手

同じく経営学を専攻しているという彼は

1079

メインリバーチャンネルが隣接する

少し傾斜のあるリップラップのバンクを

ノーシンカーセンコーかStuped tubeをローテーションしている様で

ライブ開始時点で既に3本キャッチしているとの事でした。

前日も朝一でリミットが取れたとの事ですが

1080

かなりスローに釣っているという話

練習で可能な限り色々見て回ってみたそうですが

この釣り以外にいい方法は見つけられなかったという事で

皆にタフだし、誰も自分の場所に来ない事もあるので

頭を下げてこれを押し通すしかないと

魚はとてもランダムで釣れてくると言っていました。


それから

もう一つの組み合わせの1人目は

2位で勝ち上がってきたという

コディハフという選手

1078

一組目の最初の選手と同じ

べセルユニバーシティでビジネスを専攻している様で

ダムのリップラップで朝一3本スピニングで獲っていた様で

ルアーは分かりませんでした。

天気も曇りで風もある事も手伝ってか

明るくなってからは

仲間と同じサミーとスピナーベイトの2本で押していました。

それから対戦相手の

ノーランという5位で勝ち上がって来た選手には

トラブルがあった様でカメラ無し

ライブ開始30分ぐらいまでに7ポンド台を持って

4人の中で一番ウエイトを持っていましたが

何をしているのか全く分かりませんでした。

べセルのギャレット選手は

サミーで3本目もヒット

1082

サイズは2ポンド前後なのですが

釣れてくるのはラージマウス

一方

スコアを伸ばしていくニック選手は

スモールマウスを先日こちらでもご紹介したStupid tubeでゲット

1081

ラージが釣れている選手もいるので

どちらの魚種をターゲットにするのが

勝利への道なのか?

という感じで見ていました。


そして見ていて驚いたのが

ここで試合は中断

途中の検量があり

4人はステージへ

1084

前半の部が3時間で

6:15〜9:20

後半の部が

10:30〜1:30まで

という計6時間の試合であるという事が途中で分かりました。

参加者達はここまでお互いのスコアを全く知らなかったという事も分かりました。

様々な事を主催者側が設定した試合となっていました。

前半を終えてこのような状況

1083

そして

後半は

このような分布で始まっていました。

1085

後半最初に映ってきたのは

前半カメラが同船しなかった

”カントリーロード”

でお馴染み

ウエストヴァージニア大学の

ノーラン選手

専攻がFisheries Management とありましたので

1086

将来的にはゲーム&フィッシュなどに勤めて

水産資源を保護していくような仕事をしていくのではないでしょうか?

彼はジャークベイトでメインレイクの岬周辺から入っていました。

一方のニック選手は

更にスコアを伸ばしていきます。

1087

全選手は1日の練習日で大会に臨んでいるとの事で

前半から彼は練習の時からの

様々な流れからの今の自分の戦略を解説していました。

風が前半の後半から吹き始めて

ムービングベイトを投げたくなる雰囲気で

他の連中がトップで釣れているのはあるようだけど

本人は練習中それはあまり良くなかったと

さらに

外道を釣った時にシャッドを吐き出す魚が多く

午後からチューブが前日にも良かったとの事で

かなり自信があると語っていました。

どうりでその色のチューブを選ぶ訳です、

この色がボックスに入っていない自分はドキッとしてしまいました。

そして

やはり午後になり

コディ選手はこの日初めてチューブを手に

グリパンカラーでしたが

4本目、5本目、6本目を3連続ヒット

1088

少しずつスコアを伸ばしてきていました。

そして

開始後1時間程で

選手達はまたこのように動き

1089

そして

移動してすぐノーラン選手は

ザラスプークで2ポンドオーバーをキャッチ

1090

岬回りにボイルが起きていましたが

そちらはホワイトバスの様でした。

1091

ただこの手は投げてみないと

アタリかハズレかは分かりません。

この選手は更にこの後2ポンドをキャッチして

4人の中で初めて10ポンドオーバーまで伸ばしていました。

そして選手達は更に動いて

1092

スコアアップを目指して移動を繰り返し

ギャレット選手は

3ポンドのスモールをトップでキャッチ

1093

遅ればせながら追い上げてきました。

しかし

対戦相手のニック選手がトドメの2ポンド13オンス

1095

これで11ポンド丁度にスコアを伸ばし

この対戦は勝負あり。

そして

もう一つの対戦の方は

後半からかなりの本数を釣りあげた

コディ選手でしたが

1096

残念ながらサイズに恵まれず8ポンド台止まり

午前中ハードベイトをかなり押していたので

ライトリグも混ぜていたら分からなかったかもしれません。

そして

午前中どのような釣りをしているのか分からなかった

ノーラン選手は

3つの大きなクリークの中を駆けずり回り

1097

ジャークベイトにトップウォーターで

10ポンド半まで最終的にスコアを伸ばしていました。

という事で

残念ながら

2人のべセルユニバーシティの選手が

2人共に決勝には進めない結果となっていました。

第一シードのギャレット選手は結局最後まで同じクリークと心中して

スコアを伸ばせない結果になっていました。

前日いいスコアを出していただけに

そこを離れられない結果となっている様でした。

こちらの大学は

トーナメントでこの数年とても良く聞く名前ですが

ミネソタ州のミネアポリスにある大学の様で

地図で見てもまわりは湖だらけ

釣りをするのにはとてもいい環境なんでしょう。

先輩がクラシックに出たりするとやはり後輩たちにもいい循環がしていくのが

顕著に分かる感じがしています。

決勝もどうなるのか

また見てみる事にします。


では今日はこの辺で!!








I literally can’t do it
私は本当に出来ない







再渡米まであと60日ぐらい

2783話目 バリー・シール アメリカをはめた男 American made

1051

さて

今日も2日連続ですが映画のご紹介を

今回も真実のストーリーという事で借りてみました。

1053

時は1978年

主人公はアメリカ人旅客パイロットのバリーシール(トムクルーズ)

ある日業務を終え飲み屋へ行くと

彼の元に一人の男性が近づいてきました。

1054

とある個人航空会社の仕事を頼みたいと来ますが

実は彼はCIAの職員で

彼のパイロットの腕を見込んで

1055

協力依頼を持ちかけてきました。

バリーは普段の生活の中

マニュアルだらけの平凡な航空会社での仕事に居ても立っても居られず

奥さんには一応打ち明けますが

1056

もちろんCIAからのオファーから何て言えるわけも無く

如何わしい仕事に納得してもらえるはずも無いのですが

奥さんには内容は半分内緒でそちらの道へ進むことに。

そしてまず彼に課せられた任務は

当時はソビエトと冷戦状態の中、ソビエトが中米の共産主義系革命軍を後押ししていたので

各国の上空からその兵士たちの証拠写真を撮影して来いというもの

まずはグアテマラ

それからホンジュラス

さらにエルサルバドルと

数々の成果を上げていきます。

1057

その成果を見込まれ

次の任務はパナマへ

今度は

ノリエガという将軍に会う事に

1058

彼の元へ行き様々な情報を貰いに行き

賄賂を渡してくる役目

それを何度も繰り返していました。

そして更に2年後

1980年のコロンビア

1059

ある人間達に半分拉致され

連れていかれたのは彼らのアジト

1060

とある提案を持ちかけられます。

彼もアメリカ間のルートを探しているんだと。。

当時の中米と言えば

麻薬の密輸である事はいうまでもありません。

1061

その報酬は

1キロ辺り2000ドル払うと持ち掛けてきました。

こんなおいしい話は無いと

前向きに検討しますが、あなた達の名前は何でしたか?

とそこに来た3人に尋ねると

1062

ホルヘオチョア

カルロスレデル

パブロエスコバル

メデシンカルテルと言えば聞き覚えがあると思いますが

その中心人物である3人でした。

そして遂にバリーは

彼らの仕事も引き受ける事に

1063

ある時はCIAの工作員

またある時はメデシンカルテルの運び屋

さて

彼はどうなっていくのでしょうか????



という今回の作品でした。

このストーリーも真実との事でしたが

聞いた事の無い物でした。

ドキュメンタリー映画の感じでしたが

歴史を知る作品だった気がします。

では


今回はこの辺で!!







Did she ever threaten you?
彼女があなたを脅した事は?







再渡米まであと61日ぐらい

2782話目 ミッシングガール Gemini

1022

さて

今日も映画のご紹介

主人公は2人の女性

黒人の芸能人のヘザーと

1038

アシスタントのジル

ヘザーには映画に出演するようにと

依頼が掛かっていたのですが

それを受ける気にはなっていませんでした。

もちろん彼女が受けなければこの映画の製作自体が破棄になる話でした。

そして

とあるレストランでアシスタントのジルは

映画監督であるグレッグと話し合いを

1039

彼女も何故ヘザーが映画に参加したくないのか分からないのですが

ただそれだけを彼に伝えるしかありませんでした。

なのですぐに彼は去ってしましましたが

そこにヘザーは隠れていました。

するとその場にアシスタントにジェイミーから電話

映画関係者なのかジルが代わり

話は明日にしようと言ってもきかないので

1040

ちょっと外で話そうと、

彼女は外へ出ます。

すると空いた席に

1041

シエラと名乗る

ヘザーのファンだと言う女性

挨拶だけだと言っていながら図々しく居座る彼女に

アシスタントは退席を促すそぶりを見せるのですが

ヘザーは良いじゃないと

写真も要求されますが

1042

快く引き受けます。

しかしこの女性は

あなた方女性2人同士が仲が良すぎて

彼氏のデヴィンと別れたとかいう

ネットでの噂の本心を聞こうと

土足で踏み込んだ質問をしてきたので

すぐにお店を出ると

パパラッチたちが。。

その中でもいつもしつこい番記者のスタン

1037

しつこく迫ってきますが

彼女たちはかわして車で立ち去ります。

ジルは今から何処へ行くの?とヘザーに聞くと

彼女はジルの家に行きたいと言いだします。

ピックアップしたい物があると。。

そして

他愛のない話をしながら

2人でのんびりする事に

1043

で、

引き取りたい物って?と聞き直すと

ヘザーは

”銃”

だと。。

1044

最近キチガイの人間が周りに多いから

不安で持たせてほしいと

一人暮らしもしている彼女へ

仕方なくジルは貸す事に

そして

また外出

友人のトレイシーキムと3人でカラオケを楽しみます。

1045

翌週末はトレイシーの別荘で過ごす予定になっていました。

ちょっと酔っぱらってしまったジルはヘザーに運転してもらい

その夜はヘザーの自宅で

夜を過ごさせてもらう事に

1047

そして

夜が明け

朝先に起きたジルは

色々考えてやはり貸した銃は返してもらおうかと

いや、やっぱりそのままでいいかな?と

銃に手をかけて迷っていると

家の中で銃を暴発させてしまいます…

1048

ジルは飛び起きて来て

何が起こったのか?と。。

幸い2人共に何の怪我も無くガラスが割れただけで済みました。

そしてジルは少しだけ仕事へ出かけ

日中ヘザーの家に戻ると

1049

朝の銃が床に転がったままで

彼女の遺体が。。

1050

そして

ストーリーは更に展開して行きます。。。



ここまでで話の3分の1ぐらい

何人もの登場人物が出てきましたが

果たして犯人は誰なのか。。

の様な新作でした。

今回の作品のご紹介はこのぐらいにしておきます。

私の感想は

”ん?”

でしょうかね。

では今日はこの辺で。








I know this is big deal
これが重大であることは分かってる








再渡米まであと62日ぐらい

2781話目 クラシックブラケット最終目 Classic Blacket Last Day

931

さて

2019年のバスマスタークラシックをかけてのプロ達の戦いも

いよいよ今年の最後の日

残ったのはこちらの6人

932

エリート枠から最後の3つの切符をかけ

1対1で勝ち残った選手がその権利をこの日得る事に

885

今シーズン最後の6時間のマッチプレーライブを見て行く事にします。

この日はスタートから雨

ジェラルドスインドルの12オンスフィッシュから始まりました。

そしてすぐに

グレッグビンソンにもキーパー

クリスレーンにも2ポンドオーバー

883

これまでに無い釣れ具合の始まりを見せていました。

天気が雨というのも手伝ってか

スインドル、スコット、グレッグ、クリスはムービングベイトを投げ始めていました。

そして少し風が吹き始めたころクリスレーンが3連発

937

ジャークベイトでキャッチしていました。

938

更にジェラルドスインドルもと

そして

今週初めて見たのがエイドリアンエビ―ナのジギングスプーン

10分前後の間に4本で6ポンドオーバー

965

前日の夜寝られなく天井を眺めていたところ

夜11時にウォルマートへ塗料を買いに出かけ

深夜にスプーンに白とピングの色付けをしたそうです。

スタジオのスティーブケネディが

”何でピンクと白何だ?”

と言っていましたが

スポッツにピンクは基本中の基本

彼が知らない事の方が驚きでした。

試合が2日目3日目と進んで行くと

このように前日の深夜にあれもこれもというのはとても頷けます。

966

ベイトフィッシュと全く同じサイズでした。

私もペイントまでは無いにしても試合前夜、

何度か夜中お店に出かけたり支度をし直したことはあります。

湖に出てから、ヤバい、あれやって無かった、あれ持ってこなかった、あれがあったら。。

という経験は私だけではないと思います。

前j日に思いついた事は確実にしておかないとですね。

そしてさらにエイドリアンは

ドロップショットで5本目6本目を連続をゲット

65フィートと言っていました。

ターゲットは40〜80フィートで見ていると言っていました。

それから

この湖の水位の動きについて

スタジオのスティーブケネディが解説していたのですが。

967

水位が落ちていくときに上流に居たグレッグビンソンは良くない影響を受けてしまっていて

水位が急激に今も上がっている状況で深い場所を釣っているエイドリアンの魚は

水が動く事でいい影響が出ているのではないかという話をしていました。

アメリカでもこのようなデータをどの湖でも出している訳では無く

昨年ウイスコンシンでもご紹介しましたが

テネシーリバーだとダムの管理会社が毎日出しているので

気にする選手は多いです。

結果だけ公表されるものでは後追いになってしまいますが

先の予定が出ている物があれば試合の戦力になるのではと思います。

そして

4時間過ぎでスインドルがまた3ポンドオーバー

968

3組共に

その時点で対戦相手に7ポンド半のリードを取っている状況

結局残りの2時間は大きな動きはなく

ラスレーンが5ポンド差にまで詰め寄りますが

スインドルも終了間際にとどめの2ポンドをゲット

そこでタイムアップ

そして最終的にこちらの3人がクラシックへの切符を手にした様です。

886

初の出場になる

エイドリアンエビ―ナは

船の後ろから飛び込みました。

971

昨年もこのブラケットに出ていて同じニュージャージー州対決でマイクアイコネリに破れた彼

かなり惜しい試合でしたが、ツキもその試合はなかった気がして、

優勝したジェイコブプロズニックが

午前中に釣り切られた同じ桟橋を彼は午後に釣って釣れなく、

後手を踏んだ様に自分には見え

今年その借りを返した様に思えるこの週の彼の意気込みを感じました。


この週選手達はスポッテットバスとの闘いでした。

動画を見ていて思うのは

バスフィッシングって本当に難しいです。

でも、時々本当に簡単にも思える日があるのも事実

釣れている時にはこのパターンなら湖中どこでも釣れる心境なのに

釣れていない時にはこの湖にはどこにも魚が居ない様な心境になるのは私だけではないはず。

しかしこれだけのプロ達の1試合を全て見られると色々な事が考えさせられ

自分もすぐ近くのアラトゥーナレイクで釣りをした事があるので

とてもイメージは湧きやすい湖での試合でした。

残念ながら今大会は参加者がどんなルアーを使っていたのか

”TOP10ベイト””の様な記事がありませんで

試合後の個々の選手達ルアーの情報が無かったのですが

自分がどうしてもわからなかったのは

自分が見た限りでは

今週スコットルックが2投だけしたウエイクベイトのみです。

今後調べてみる事にします。

表層近くを通したクリスレーン

バーサタイダルを見せたジェラルドスインドル

40〜80フィートで爆発したエイドリアンエビ―ナ

3選手の勝利で終えた今大会でした


では今回はこの辺で!






Who’s running this show?
誰がこのショーを取り仕切っているの







再渡米まであと63日ぐらい


2780話目 モリーズゲーム Morry's Game

1021

さて

今日も2日連続ですが映画のご紹介を

今回の作品も真実のストーリーという事で借りてみました。

主人公は厳格な父を持つ

コロラド州出身の女性

モリーブルーム

1026


数年前

プロスポーツ選手300人に行ったアンケートがあるそうです。

”スポーツで最悪な瞬間は?”

という質問に対し

とある人は逆転負けをするという事

とある人は連敗するという事

1024

ブラジル人はアルゼンチンに負けるという事

とある人はオリンピックで4位になると答えた選手

とある人はW杯予選敗退などの

回答だったそうです。


彼女はこの時

全米で3位のモーグル選手

1025

コロラド大学では政治学の学士号を取得

GPAは3.9の首席で卒業

ロースクールの共通入試は

ハーバードが169点

彼女は173点だったそうです。

12歳の頃背中に違和感を覚え、病院に運ばれ検査すると

急性脊椎側弯症

背骨が63°曲がり

1027

7時間にも及ぶ手術を余儀なくされたそうです。

もうスキーも、モーグルもやらないようにという診断だったそうですが

1年半後に復帰

16年間世界一のコーチについてトレーニングをしていたそうです。

20歳までに全米スキーチームに戻り

2002年の冬季五輪予選の最終戦に臨みます。

対戦相手は52度の急傾斜

1028

風は左から右へ25マイル

気温はマイナス19度

既に17人も滑り

雪は固められている状況。

悪天候の中他の競合選手が軒並みスコアを落としている絶好のチャンス

ここで成功を収め、ソルトレイクシティのオリンピックに出て

法律を勉強し女性の起業を支援する会社を設立するという完璧なシナリオを描き

ラインも見え、絶好のチャンスで代表入りをかけて望んだ彼女の番

1031

スタートして

雪へのコンタクト状態に問題無し

両脚共に良く、ラインも外れず

最初のジャンプも見事に成功

1032

着地も完璧

その後もスムーズに進みます。

1033

ここで2つ程

●目印

モーグルで悪天候の際には雪面が分かりやすくなるように松の枝を撒きます。

1035

●2つ目にビンディングの開放値

初心者は通常2とか3、少し上級になってくると7〜8、そして当然このレベルになると

1034

マックスの15

そして。。。

何と凍ってしまった松に

ビンディングが引っかかったのが原因で板が外れ

そのままジャンプ台へ

1036

そして

あえなく大転倒

1029

結果は言うまでもありません。


”五輪で4位が最悪”

と答えた人に言っておく!

”マジ?ふざけんな!”

と。。。


そして12年後の

ウエストハリウッド

彼女はFBIにつかまります

1030

彼女はいったいどうなってしまったのでしょうか??


という様な始まりの作品でした。

ここまでで作品開始から僅か7分

2時間以上の作品ですので、ここからストーリーが始まっていきます。

どんな展開になっていくのか

実際に起きた話という事ですので

興味がある方はご覧になってみて下さい。

では

今回の紹介はここまで!!







Don't tell anybody
誰にも言うな






再渡米まであと64日ぐらい

2779話目 オンリーザブレイブ Only the Brave

1000

さて

今日も映画のご紹介

またまた真実のストーリーという事で借りてみました。

広大な範囲に渡って山火事が発生しているという所から始まりました。

1001

舞台はアメリカアリゾナ州プレスコット市

主人公は森林消防隊の指揮官

42歳のエリック・マーシュ

1002

この地域は山火事が多く

消防隊は出動機会が多いのですが

小さな自治体の消防隊の為

大規模火災が起きても

最前線に投入される事はありませんでした。

1003

指揮官のエリックは経験豊富で

過去4年にもわたってトレーニングも欠かさずやってきましたが

自己主張の強すぎが原因なのか

小さすぎる市の小隊に過ぎないからか

毎回重要な任務は州の専門部隊に全て持って行かれるという

1004

苦い思いをくり返してきていました。

毎回の様に隊長は

この町の森林防災部のボスのドウェインという男に

1005

何とかしてくれとお願いをくり返し

森林火災の現場で先陣を切る

ホットショットと呼ばれる部隊に格上げしてもらえるように懇願しますが

エリックの性格も手伝ってなかなか。。。

それから

もう一人の登場人物にブレンダンという若者

1006

とてもだらしがなく

結婚もしていないのに女性を妊娠させ

飲み屋で覚せい剤をやって放り出されたり

軽い窃盗で逮捕され

1007

母親に泣きついて

保釈金を払ってもらって出所したりと

どうしようもない男でした。

一方

エリックとドウェインは市長を酒の席に呼び出し

1009

何とか自分達の隊を特殊部隊扱いにしてもらえるようにと

認定されれば市にも助成金が入る事は間違い無く

連邦政府に働きかけをお願いする事に。。

それから

エリックは隊の人数を増やす為に

新人を何人か面接して行くことに。

するとそこへ

刑務所出たてのブレンダンも

保護観察中の身でしたが、生まれて来た赤ん坊の顔を見て一大決心

面接を受ける事に

1008

他の隊員達はこの男が

あまりいい噂を聞かない女性と関係があったり

ヤクに溺れている事を知っていて

面接はしていないと隊長に会う前に帰らせようとしますが

隊長は入隊を認めます。

そして

ここから新人を含めて

厳しいトレーニングが始まります。

1010

一方

ホッとショットへの昇進の件については

市長の働きかけが効いたおかげで

彼らの隊は昇進をかけ

最前線の山火事の現場で、テストをしてもらえることに。

1011

新人が入ったばかりの隊

果たして彼らはどうなっていくのでしょうか?

という始まりの映画でした。


この作品のトップレビューを見ると

”つまらん”

と一言ありましたが

私の感想は、こんな事が起きていたんだ〜〜

と思い知らされる作品でした。

是非ご覧になって頂きたい作品と書いておきます。

では!!






Don’t be so harsh
きつく当たらないで






再渡米まであと65日ぐらい

2778話目 クラシックブラケット準決勝2日目 Classic Blacket Semifinal Day-2

871

さて

今日はクラシックブラケットライブのセミファイナルの2日目のライブを振り返って見る事に

前日6人のマッチプレーでの戦いが2組行われ

午後のセッションだった6人が入れ替わりで

今日は午前の部を戦う事になり

866

スインドル、ピプケンス、エイドリアンの3人がリードを取って

この2日目をスタートさせていました。

ライブ開始はスインドルから

ワッパープロッパーでスタートしている様でしたが

867

すぐにライトベイトにジャークベイトにクランクベイトにと

他の何選手かも目まぐるしくアタリルアーを探している感じで

今週トップウォーターをセットしているのは全選手だと思うのですが

季節はやはり進んでいる様で

AOYチャンピオンシップの様なトップのみぐらいの勢いはここまでの2日間見られません。

自分の中でトップに関して今週一番良い指標になっているクリスレーン。

AOYチャンピオンシップを彼ワッパープロッパーで2位で終え

当然今週もメインにしている様で

昨日の魚もワッパープロッパーで何匹かは釣りあげここまで勝ち残っていますが

ここまで爆発的な威力は発揮していない様で

今日はワッパーからウエイクベイトに切り替えて

朝一で4ポンド10オンスのビックフィッシュスタートを切っていました。

869

”多分チャドは俺がワッパーで釣っただろうと思ってるぞ!”

と、他の全選手のウエイトが選手達にリアルタイムで知らされるフォーマットが

どう対戦相手の戦略に影響を与えるか

その辺も通常の大会と違ってなかなか面白い

メジャーリーグフィッシング方式です。

ウエイクベイトはプロ達それぞれに得意な銘柄も色も違い

このルア一は一番シークレットに近い、

あまりメディアでもプロの個々のチョイスがまず取り上げられる事のない面白い部分で

自分は親分のダッドリーに2012年に教わった釣り方ですが

アンソニーギャクリアティのセットを見せてもらったり

スコットサグズに相談してシークレットを教えてもらったり

ジェームズワトソンなどは試合中見た事の無いルアーでキャッチしたので

聞くとブランドもルアー名もすぐ教えてくれました。

どんどん話がそれそうなので戻って

試合はジェラルドスインドルとマイクマクレランドの試合が白熱

873

マイクが3ポンドオーバーを釣り上げ9オンス逆転

しかしまたジェラルドスインドルが12オンスの魚を釣りあげ

再逆転

クリスレーンとチャドピプケンスの試合も釣り合いが始まり

クリスレーンがまた3ポンドオーバーを釣りあげると

874

チャドピプケンスも3ポンドオーバーを釣り上げる展開

盛り上がっていました。

もう1試合はエイドリイアンが6ポンド台のままですが約4ポンド差

ハンセルマンがこの日最初で最後の1匹が終了3分前に釣れますがウエイトは足りず

こちらの3人が残念ながらその差のまま終了時間を迎えてしまいました。

875

このフォーマットはメジャーリーグフィッシングで見てきましたが

本当にやっている人達は心中穏やかでは無いと思いますが

特にスインドルとマイクマイクレランドは3オンス差

終了直前まで見ている側は興奮してしまう試合でした。

最終このような結果となり、

920

各マッチの勝者3人は

明日の決勝ラウンドへ進出を決めました。


そして

この日の2試合目

前日の午前中の組みが本日午後の部になり

876

昨日の戦いの続きとなりました。

ライブがスタートして左下にあるウエイトが昨日のウエイト

878

予選トップのフレッドランバニスと最終12位通過のスコットルックとの争いで

昨日のマッチプレーの初日も7ポンド近いリードを取られていたスコットルックですが

今日は全体の1発目の1ポンド10

ワッパープロッパーで釣りあげていました。

877

初日の余裕からか

対戦相手のフレッドランバニスも1ポンド10はソリッドキーパーだ!

と言っていまして

彼もすくにキーパーをゲット

921

スコットルックは

今シーズンを持ってトーナメントを引退するという話が初日から出ていて

35年トーナメントをしてきて

今日が最後の日になるかもしれないと本人も語っていました。

そんな事を言いつつも最後の意地か

2本目もかなり良いサイズをランバニスの後にゲット

879

ランカーサイズの3ポンド2オンス

開始早々からこの2人で全体のトップ争いをしていました。

それから開始後50分ぐらい経って

ようやく深江さんにも1本目が

922

ファン目線から行くと

大森さんに初日頑張ってもらって

深江さんとの日本人対決も見たかった気もします。

それから

更にフレッドランバニスが1ポンド3

923

するとまたスコットルックが3匹目で1ポンド15

924

更に4匹目で1ポンド3

925

初日1匹、2日目ゼロのスコットルックは1時間で4本

この2人は熾烈な争いになって来ました。

そして遂に開始から1時間半

また3ポンドフィッシュをゲット

926

スコットルックがリミットメイクでランバニスを逆転

927

凄い展開です!!!

スタジオでも

"Scott is on fire"

何て言っていて

今週全選手の中で一番短時間でスコアを出していました。

しかしこの後アタリがピタッと止まります。

開始から2時間以上経って

ようやくキースコムが1ポンド台を出して

それでもこちらの2人はゼロのまま

928

最終までに

ぎりぎりダスティンは1本獲りますが既に遅く

ラスレーンは結局この日1本も取れていませんでした。

しかし対戦相手も低調だったため

ラスレーンは昨日の貯金が効いて明日の決勝へ望む事に

そして深江さんも最期に1本入れて逃げ切り勝ち。

それから何と言っても大会初日から今日のスタート1時間位までは

全選手の中で一番のパフォーマンスを見せていたフレッドランバニスが

結局最初の2本の後が出ず

スコットルックに敗れてしまいました。

あと1本釣れれば決勝へ進めたはずが、その差を逆転できませんで

最終このウエイトで終了していました。

933

スコットルックも結局5本だけ

後半の1時間半は1本も釣れていませんでした。

ジェラルドスインドルが午前の部終了後に

3オンス差の勝利はとてもストレスのかかる試合だったと言ったあと

昨日からの流れをざっと説明していましたが

初日成功したのは全て35とか40フィートのディープ

スプーンにドロップショットにシェイキ―ヘッドなど

しかし今日は浅くなったと言っていました。

スコットルックに関しては

本人曰く

1カ月前のプリプラで

10ポンド〜11ポンドのリミットは今日良かったエリアで

釣れたそうなので自信があったとは言っていました。

929

コメントを聞きながらこの3日間を見ていると

魚の絶対数も少ない印象がありながらも

魚達が動き回っているのが良く分かります。

状況にアジャストして様々なパターンで勝ち残っているジェラルドスインドルの様な釣りと

自分の自信のある釣りを通しているクリスレーンやスコットルックの様な釣り

どの釣りが正解なのか本当に終わってみないと分かりません。

最終日もプロ達の活躍をチェックさせて頂くとします。

では今日はこの辺で!








After a storm comes a calm.
嵐の後には静けさが来る







再渡米まであと66日ぐらい





2777話目 ベストバディ Just getting started

999

さて

今日も連続で映画のご紹介を

作品の舞台はアリゾナ州のパームスプリングス

主人公は年配の黒人

デュークダイヴァー(モーガンフリーマン)

1012

彼は老人ホームの施設の責任者をしていて

お金も時間も女性も

1015

何でも自分の好きなように身の回りの人間も使って

悠々自適の生活をしてしまっていました。

そんなある日

デューク専用の駐車場に車を乗りつけて来た男が

新規入会のレオ・マッケイ(トミーリージョーンズ)

1014

彼も経済力があり

全ての費用を現金払い

入って来た所から彼も自分の好きなように事を進め始めました。

そんな報告を受けていた

デュークは部下に

彼をポーカーゲームに誘うように伝え

その日の夜から

1013

彼ら2人は知り合いますが

デュークは

新入りのレオに一回でガッツり負けます。

更に羽振りの良い彼は女性達のハートも掴み

3人まとめて女性と食事を

1016

そんな光景をみていて当然面白く無いデュークは

誰がここのボスが教えてやると

なのでゴルフで勝負しろと勝負を挑みますが

1017

ここでも1発目で

レオの実力を見せられ成す術なし

更にヘビがバック出てきてからガラガラヘビが出てきても

それをいとも簡単に処理するレオに打つ手なし

レオはあまり気にしないのですが

1019

デュークは闘志むき出し

そんな中でしたが

2人は同じ女性が好きになっていました。

それは

スージーという女性

1020

果敢にもデューはその女性にアタックをするのですが

この2人は意外な関係に。。。


こんな感じで進んで行くストーリーでした。

大物俳優2人の軽目のコメディー系の作品でした。

個人評価としては

普通かな?

という感じです。

今回の作品紹介はここまで







Birds of a feather flock together
類は友を呼ぶ








再渡米まであと67日ぐらい


2776話目 ビッグ・シック The Big Sick

976

さて

今日も映画のご紹介

今作品も真実のストーリーという事で借りてみました。

舞台は2017年のアメリカのシカゴ

主人公はパキスタン出身のクメイル

彼の職業はピン芸人で

芸人仲間と2人で同居していました。

とある日いつもの様に

バーでお客さん相手にトークをしていると

979

若い白人女性が奇声を上げてきました。

ステージ終了後に話をすると

エミリーという名前

そして

その日から2人は仲良くなります。

980

彼のお母さんは

年頃になった息子に幸せな結婚をしてもらおうと

毎週末に家族一同が集まり、食事をするタイミングで

下手な芝居で頻繁にお見合い相手を家につれて来ては

983

間を取り持とうとしますが

なかなか上手く行きません。

もちろん彼はエミリーに気があるからですが

当然そんな事を母親は知る由もありません。。

彼は本当におもしろくない芸人さんでしたが

987

2人で一緒に過ごす時間は

986

とても幸せでした。

しかし

2人は付き合い始めて5カ月がたった頃

彼は彼女が実はバツイチだったという事を知ります。

そして彼女も家にあった写真で

彼がお見合いを繰り返していた事を知ります。

984

彼から事情を聴き

彼女はお見合いの事よりも、

両親に自分の事を紹介してくれていなかった事に、

そして

自分に本当の事を言ってくれなかった事に激怒します。

一方彼も

苦しかった胸の内を彼女に明かします。。

パキスタン人は同じ国の人と結婚しなければ全家系から追放されるんだ!と

伝統と戦うその気持ちは分からないだろ!と。。

982

お互いの全てを知った時

それでも

彼女は彼に聞きます。

私と一緒の未来を想像できますか?と。。

985

しかし

彼の彼の答えは

”I don't know”

”分からない!”

と。。

そして彼女は出て行ってしまいます。。。。



そしてストーリーは進んで行きます。





今回の作品の紹介はここまでにします。

本作品

かなり評価の高い物でしたので

借りてみましたが、とても良い作品でした。

恋愛関係の作品が好きな方には

是非見ていただきたい作品だと思います。







I'm capable doing
私にはできます。






再渡米まであと68日ぐらい

2775話目 クラシックブラケット準決勝初日 Classic Blacket Semifinal Day-1

820

さて

今日はバスマスタークラシックブラケット

勝ち抜きトーナメントの初日を振り返って見る事に。

この日のフォーマットは初日に稼いだウエイトは反映されず

全員ゼロでスタート

釣りあげたらその場でオブザーバーが検量、入れ替えながら1日5匹の最大総重量を2日間

同じ対戦相手で最大10匹までのトータルスコアで12人から6人にする準決勝

勝ち残ったのはこちらの12人で

841

今日から対戦は初日のウエイト順で1位VS12位、2位VS11位の様な

通常のスポーツのトーナメント方式

まずはこの6人が

午前中の僅か3時間のトーナメントタイムで争う事に。

847

ライブ開始直後

早速1匹目を釣りあげていたのは

予選ラウンドと全く同じ展開で

キースコム

842

釣る度にウエイトを計ってリリース

ウエイトは6人全ての選手にリアルタイムで共有され

全選手同士がウエイトを確認出来る形で進行していました。

初日と同じく朝から冷え込んでいる感じで

6人で30分に誰かが1本釣れるぐらいの厳しいペース

釣れた魚が今日もベイトフィッシュを吐き出している様なので

844

餌は豊富の様なのですが

中々バスは入れ食いという訳には行っていない様でした。

殆どの選手が動き回っていた様ですが

フレッドランバニスだけは初日と同じクリークにずっといて

ひたすら画面とにらめっこにしている様でした。

848

次に

深江さんはセンコーのネコの解説をしていましたが

この形

907

フックを横向きに刺しています。

本人は自分が横刺し派の様な事をこの後語っていましたが

私自身は縦刺し派、

まだまだ経験が少ないので

両方のメリットデメリットはまだ理解していないと思います。

そして解説の後移動した場所で

1本目にいいサイズをキャッチ

908

いいスタートを切っていました。

前半の1時間半で5人が1匹ずつのみ

かなり厳しい状況が伺えます。

湖上の霧が中々晴れず

気温が下がっているのが原因か?、夏と秋の中間で魚が散っているのか?

ベイトフィッシュが動き回っているのか?、夜に月が出て、夜にフィーディングしているのか?

魚の絶対数が少ないのか?

理由は良くわかりません。

最終的に

午前中の6人のセッションで一番ウエイトが高かったのは

フレッドランバニス

909

やはり前日に引き続き

バックオブクリークに一日居た様なので

秋のパターンの魚の動きを彼は捉えているという事になるんでしょう

彼は初日から非常に安定しています。

910

対戦相手のスコットルックはノーフィッシュ

6ポンド13オンス差で2日目に進むので、ランバニスは安泰か?

このようなスコアで1組目は終了していました。

911



続いて

この日の対戦の午後の組

初日を勝ち進んだ別の6人がこちら

853

午前の食いが悪いようでしたので午後に魚が食いだすか??

早速見て行く事に

開始後数分で1匹目に2ポンド5オンスをキャッチしていたのは

ジェラルドスインドル

チャドピプケンスと全く同じ岬からスタートしているようでしたが

913

彼が先手を取る事に

そして対岸の岬を釣っていたマイクマクレランドも

914

2ポンド7オンスナイスフィッシュをクランクで

キャッチしていました。

それからエイドリアンエビ―ナが

メインレイクですが12オンスの魚をゲット

915

ドロップショットだったか

彼はランバニスと同じ魚探とにらめっこ

ブッシュに魚に突っ込まれていましたが

916

1ポンドオーバーを続けざまに釣り上げていました。

午後のセッションは

クリスレーンを除いて

メインレイクの岬を中心にスコアが出て居る様に感じました。

917

6人で3時間

数え間違えが無ければ全員で12匹しか釣れていないはず

終了間際にジェラルドスインドルが3ポンドオーバーを釣りあげていましたが

918

中々厳しい状況は午前中の組みの時とあまり変わらない午後の戦いでした。

最終はこのようなウエイトで2日目に向かう事なった様です。

919

ここまで2日間ライブを見てきましたが

大会初日から注目していたのはバスは一体どこにいるのか?

当然ルアーもテクニックも重要ですが

それよりもエリアやカバーや水深について

スポッツが9割方の様で、ほとんどの選手はメインレイク中心に見えたのですが

特に岬などだけではなく様々な場所を動き回ってカバーしている様でした。

リザーバーでの秋の基本はバックスオブクリーク

ラージとスポッツでは差もありますが

私も2012年にワッツバーという湖でバズベイトで勉強したのですが

スタジオにゲストで来ていたステットソンブレイロックも

まずそこからスタートするのがこの時期の基本であるとかなり強調していました。

この日気温は下が49℉の上が72℉との事で

まだ水温は70台あると選手が言っていましたが

まだ秋に入りかけていないのかな?と

全選手がチェックしていると思うのですが、過去2日間固執している選手はいない様でしたが

この2日間でトップウエイトを出しているフレッドランバニスだけは殆ど移動せず

同じクリークの奥でずっと過ごしている様でした。

彼の選んだクリークをもう少し突っ込んでみてみると

他と比べるとかなりフラット

881

別のラウンドでエイドリアンエビーナも同じエリアで釣っていましたが

彼のウエイトはあまり。。

同じ場所に居ても結果が違うのは、ランバニスのターゲットにしている水深が深いので

それが違うのか、ガーミンとローランスの魚探の差なのか

そんな風に見ていました。

メインレイクを捨て、上流に行って成績を出しているラスレーンにも注目ですが

何がターゲットなのか彼の場所は良く分かりませんでした。

現地に行っていないので詳細は全く分からないながらも

やはり仮説を立ててみるというのは大事な作業だと感じます。

それから

スタジオで話をしていたのは

エイドリアンエビ―ナが今朝スタート直前にやっとボートランプに現れたという話

タックルショップでどうしても買いたい物があったらしく

4時間運転して買いに行っていたそうです。

釣り人ならとても共感できる話だと思います。

彼の情熱が結果に繋がるか

明日はどんな展開になるのか

また見てみる事にします。


では今日はこの辺で!







He was doing everything he was supposed to do
彼は彼のすべきことを全てやっていた







再渡米まであと69日ぐらい

2774話目 ホース・ソルジャー 12 Strong

977

さて

今日も2日連続ですが

映画のご紹介を

本作品も真実のストーリーとの事で借りてみました。

988

1993年、世界貿易センタービル駐車場爆破事件

1998年、ケニア、タンザニア大使館爆破事件

2000年、米艦コール爆破事件

2001年、北部同盟マスード暗殺事件

そして

2001年9月11日

世界貿易センタービル同時多発時

誰もが知っての通り

これらは全てビンラディン、アルカイダによって起こされた事件です。

そして

2001年9月11日

ケンタッキー州で特殊部隊の訓練を夜通し行っていた隊員達は

989

迎えに来た隊員から9.11事件の事を知らされます。

第一線を退いていたミッチ元隊長率いる

グリーンベレー第五特殊部隊のメンバー達は

990

実践経験はなかったにも関わらず

戦闘へ行く事を志願します。

そして

2001年10月

991

精鋭達はウズベキスタンへ向かいます。

992

タリバンの拠点はマザーリシャリフという場所

任務はそこを空爆する為に

993

現地の反タリバン派のドスタムという将軍達と協力し

爆破ポイントを伝達するという任務

3週間で任務を遂行するべく動き出します。

994

そして

任務を言い渡された夜から

995

作戦は始まっていきます。

現地に先乗りしている人間の助けで

現地の将軍に接触

996

半信半疑のまま

任務は更に進んで行きます。

997

彼らの現地での足は馬

その足をフル活用して

任務は進んで行きます。



今回の作品の紹介はこの辺にしておきますが

彼ら特殊部隊の活躍は一般にはすぐには公表されていなかった様ですが

後に彼らの活躍が讃えられ

ワールドトレードセンター跡地には

America's Response Monument

という銅像が立っているとの事です。

ストーリー的には良くある内容になってしまうと思いますが

実際に起きていた話という事で

頷ける内容だったと思います。

では今回はこの辺で!!





Brace yourself
覚悟しろよ






再渡米まであと70日ぐらい

2773話目 スタンドアップ North Country

934

さて

今日も映画のご紹介

今回の作品も実際に起きた話を元に作られたという事で借りてみました。

939

時は1989年のミネソタ州

主人公は2人の子供を持つ母親のジョージーエイムズ

旦那の暴力が酷く

943

旦那の元を2人の子供と共に飛び出し

実家へ逃げ込みました。

940

もちろんお金などあるわけも無く

美容院で頭を洗う仕事をしていたのですが稼げるわけも無く

お客さんで来ていた昔の友の紹介で

女性にはまずありえない時代でしたが

父も働く炭鉱で働く事を選びます。

超大型トラックの運転に

941

汚い仕事

男だらけの職場に基本的には歓迎される訳もありません。

そんな中直属の上司になったのは

非常に気まずい学生時代の男友達でした。

944

限られた人数の女性達には

大変な仕事の上に

様々な沢山の嫌がらせを連日受けますが

947

我慢して働くしかない状況

しかし女性の従業員が受ける様々なセクハラは

日増しにどんどんエスカレートしていきます。

そして上長にその事の改善を要求するジョジーですが

男社会に飛び込み

946

男の仕事を奪っているという状況に

上長は聞く耳を持たず

黙って仕事をしろとしか答えません。

するとその様な行動をとればとるほど更にセクハラはエスカレート

彼女もキスを強要されるまでに

948

そんな時

息子のホッケーの試合の観戦に行った時

同僚の女性から元ホッケー選手で弁護士をしているビルという男性を紹介されます。

950

そんな所にタイミング悪く彼の元嫁が割り込んできて

人の旦那に手を出すんじゃね〜と

かなりの人の前で言われ、息子も身の回りの人も家族も皆に勘違いされ

滅茶苦茶に

952

職場でうまく行っていない中

大きくなっていた長男もそれ以降母親に反航的な態度をとるようになっていきます。

それでも彼女は自分の力で息子と娘を育てたい思いから

仕事は続けます。

それでも会社では女性達はいやがらせをされ続ける状況ですが

同僚の女性達は仕事を奪われたくない思いから何も言えません

そして彼女は本社へ乗り込み

社長の元へ異議を申し立てに行きますが

951

いつ辞めて頂いても構わないとの回答

そして職場に戻ると女性のロッカールームは滅茶苦茶にされ

関わりたくない他の女性従業員も彼女から離れて行ってしまいます。

そして

遂に彼女は上長から乱暴を受けます。

942

ここまで戦って来た彼女でしたが

もう限界で退職する羽目に

しかし黙っていられなかった彼女は知り合ったビルに相談し

会社に対し裁判を起こす事になります。

しかし彼女には誰にも言えない過去が。。。




今回のご紹介はここまで

かなりあらすじを書いてしまいましたが

事実のストーリーであるとは

見ていてとても切なくなる映画でした。

見ていない方は是非見て頂きたい作品です。

ではこの辺で!






Safety in numbers
群れに居るのは安全





再渡米まであと71日ぐらい

2772話目 クラシックブラケット初日 Classic Blacket Day-1

846

さて

今日からバスマスターエリートの本当の今年の最終戦

クラシックブラケットライブを初日から振り返って見る事に。

来年のバスマスタークラシックへの残り参加枠はあと7つ

今大会の参加資格は来季のクラシックの参加権がまだ得られていないエリート選手の中で

AOY順位で、ランキング37位のグレッグビンソンから56位のフレッドランバニスまでの間の15人

ここから4日間を勝ち抜いた3名がクラシック行きの切符を得られるというの大会との事です。

会場はジョージア州のカーターズレイクという場所

972

少し前のAOYチャンピオンシップが行われたカトゥージレイクまで車で1時間強

全く同じ系統のラージとスポッツの湖の様で

1日のプラクティスだけで選手達は初日を迎えた様です。

今日の初日は15人から12人までに絞られる予選ラウンド

検量があるのはこの日だけで

2日目からは12人で3ブロックに分かれ

1対1のマッチプレーとなっていくとの事で

826

各ブロックを最後まで勝ち残った3名がクラシック行きという事です。

早速ライブが始まり

キースコムがドロップショットで1本釣り上げていました。

816

そして

ビルローエンが映して来たのが

アメリカ南東部でポピュラーなベイトフィッシュの

ブルーバックへリング

817

何度かこちらのブログでも過去に紹介させてもらっていますが

とにかくあちらこちらにすごく移動を繰り返すベイトで

追いかけるとハマり、特定の場所で待っていてもハマるという

非常に難しいベイトフィッシュです。

それから

ハンセルマンが2ポンド半を

819

テールスピナーだった様でした。

そして

9時前までにリミットメイクしたのがグレックビンソンのみ

823

上流でジャークベイトで揃えた様ですが

上流でも水はかなり澄んでいるとスタジオの質問に答えていました。

2つ前の似た湖のカトゥージの試合では

サマーパターンなのか岬でトップウォーターの選手が多かった様ですが

ライプに映ってくる殆どの選手はドロップショットをなげていて

朝もやも出たままで既に季節はどんどん進んでいる様でした。

ライブを見ていてもすこし立木が見えた所もあった様ですが

多くのストラクチャーは見られず

ジェラルドスインドルだけがマリーナで釣りをしていた様でした。

822

50フィートを釣っていると言っていました。

825

ライブを見ていても中々

どのプロのどのパターンが有効なのか

中々難しいのかな〜と見ていた中で

10時半頃にウエイトを上げたのはフレッドランバニス

先日どこかのライブの振り返りで書きましたが

ガーミンのLIVEスコープ

824

画面で動いている魚を

頭の上からルアーを落として

827

良いサイズをゲットして5本揃えて居る様でした。

場所もルアーも分かりませんでしたが

背景から、岬では無くディッチの様では無いかと思ってみていました。

概算で12ポンド持っていたので明日に進むのは確実だと思うので

明日以降もう少し突っ込んで彼の釣りを見てみたいと思います。

それから

トップウォーターでキーパーをゲットしていたのはチャドピプケンス

973

ダムの近くで釣って居る様でした。

湖を見ていると一つ下の

自分も何度か釣りをしたアラトゥーナレイクにそっくり

前情報ではスミスレイクに似ているというような話でしたが

スミスレイクはもっと急深なので

こちらの方がフラットな場所がそれなりにある様に思えます。

フレッドランバニスにはLIVEカメラが常駐していなかったので

飛び飛びに情報が入っていましたが

前半で深場の釣りでスコアを十分に伸ばした彼は

974

得意のスイムベイトで後半は練習の様な時間の使い方をしていました。

それから

チャドピプケンスはトップウォーターパターンでリミットメイク

975

トーナメント進出を確実なものとしていました。




残念ながら初日のライブの振り返りはここまで

良くあることですがバスマスターのウェブサイトには初日の模様はアップされませんでした。

実際にライブを見ていた時に持ってたのとウェブに残っていた情報はここまでです。

残念ながら初日で大森さん、ビルローエン、マーティーロビンソンの3人は敗退という結果に

なってしまっていた様です。

最後に一つライブ中にスタジオで話をしていたのが

ゲストに来ていたマットヘレンがライブで映っていたキースコムの話をしていて

彼がレイクコンローで優勝したテキサスフェストで、

どれだけその試合の為に練習したのか彼に聞いたそうで

”142時間エンジンを使った”という回答だったそうで

彼は練習依存症だと言っていました。

凄いな〜と思うのと

自分もそれぐらいやってみたいという気持ちになりました。

そんな事で

中途半端な初日の振り返りとなって今居ましたが

トーナメントラウンドの動きにも注目してみる事にします。


ではここまで!






I can handle him
彼を丸め込んでやる






再渡米まであと72日ぐらい

2771話目 アルゴ ARGO

936

さて

今日もまたまた2日連続ですが

映画のご紹介を

今作品も真実のストーリーという事で借りてみました。

953

時は1979年イラン

第二次世界大戦後のイランは

パフラヴィーという皇帝がアメリカを始め欧米諸国からの支援を元に政権を握り

957

やりたいように贅沢の限りを尽くした生活をし、国民は貧困に喘いでいました。

しかし1970年代にイラン革命が起き

彼の政策はホメイニらイスラム原理主義者には受け入れられず追放され

元皇帝とその家族はエジプトやモロッコなどに亡命していました。

そして癌の治療という名目でアメリカに入国していた元皇帝の引き渡しを求め

956

ホメイニらのイスラム革命評議会が敵視するアメリカに対し

彼を受けれた事に反発したイスラム法学校の学生達が

テヘランにあるアメリカ大使館前を囲んでデモを起こす所から物語は始まりました。

955

そして

遂に押し寄せた群集達は大使館の塀を超え、門を突き破り

大使館の中に突入してきました。

958

職員らは急いで機密書類などの焼却処分などを進め

完全占拠されるまでに

960

出来る限りの事を進めます。

しかしあっという間に

建物は全て乗っ取られ

幸運にも脱出できた6人はカナダの大使館に逃げ匿ってもらう事に

963

そして60人かの職員は人質に取られ

6人の逃走が相手に知られれば殺されると

その6人を救出する作戦を練ります。

954

国防省やCIAなど関係各所が集まり

意見を出し合いますが

どのような作戦が良いのか中々決まりません。

そして大使館占拠から74日が過ぎた頃

作戦を検討したCIAの1人がアイディアを提案します。

961

自分の息子と電話で話している時

息子が見ているテレビにチャンネルを合わせてみたのが猿の惑星

カナダ人が映画を撮影する撮影クルーに紛れて

救出する作戦を提案します。

そしてその案が適応されることになり

作戦開始となります。

果たして救出作戦は吉とでるのか?凶とでるのか?

の様な作品でした。


今回はちょっと短めのご紹介ですが

聞いた事がある方も少なく無いのではないでしょうか。

私も過去に聞いた事がある話だったかもしれませんが

今回ご紹介してみました。


ではこの辺で!







If you're gonna do this, you gotta do it
やると決めたなららやるだけだ




再渡米まであと73日ぐらい

2770話目 ラスベガスをぶっ潰せ  「21」

889

さて

今日も映画のご紹介を

今回の作品も真実のストーリーという事で借りてみました。

主人公はアメリカマサチューセッツ工科大学

通称MITに通う21歳の学生のベン

898

成績はとても優秀なのですが

次に希望している進路である医学大に進むのに学費が払えません。

学校で特別な奨学金を負担してもらいたいと思っていたのですが

76人にも希望者が、しかもその枠に入れるのはたった一人

応募者が彼の様な優秀な人間ばかり

899

何か特別な才能が無ければ選出されないと先生に言われてしまいます。

紳士服やさんでのアルバイトで昇進したのに

時給は8ドル

自分ではどうにもできない状況で困っていました。

その学費は$300.000

誕生日を迎えてハッピーのはずが

900

あまり浮かず

取り組まなければならないのはロボット大会の優勝

他の楽しみは何もしない学生生活を送っていました。

そんなある日

授業で先生が確率の質問を。。

君がとあるクイズ番組に回答者として出たとしよう

3つのドアがあります。

このうちの一つのドアには新車が

901

残りの2つのドアには羊が入っています。

さてどれを選びますか?

という問題。

ベンは”1番”を選びました。

もちろん司会者は答えを知っていて3番のドアを開けました。

そこには羊が。。

そこで再度司会者はベンに質問します。

残り2つとなりました。

最初の通り1番のままの答えで良いですか?それとも2番に変えたいですか?

今なら変えられますよ!と。

するとベンは2番に変えたいです!

と答えます。

司会者は答えを知っていて挑発しているかもしれないですよ!

しかしベンは単純に”統計”で単純に答えを出しただけだと答えます。

”変数変換”でと

一番最初のドアが当たる確率は3つからどれを選んでも33.3%

でも1つドアが開いたので

もう一つの扉が当たる確率は66.7%に上がったと答えます。

902

正解です!

ベンは新車を手にしました!!

と先生は回答します。

ベンの事を知らなかった先生は彼のテストの結果を見るとかなりの高得点

そしてとある日

ある部屋にベンを呼び出します。

そこに居たのは先生以外に4人、

キアナ、フィッシャー、チョイ、ジル

ブラックジャックを知っているか?と

903

週末にベガスへ行かないか?と

カジノで大儲けをする仲間にならないか?という誘いでした。

しかしベンは断ります。

ロボットの大会もあるし、紳士服のお店のバイトもあるし、、と。。。

しかし

2度も断ったのですが、何日か考えた結果

やはり彼には医大に進学するための学費が必要なので

その金額が溜まるまでという約束で

904

仲間に入る事にします。

そして沢山の打ち合わせをして

テストトライアルを合格し

905

いよいよ

カジノへ乗り込む事に。

906



今回の作品紹介はこの辺にしておきましょう。

この話はとても有名なので

詳細は違いましたが

自分は既に知っていたストーリーでした。

カウンティングという方法でカジノに立ち向かった

MITの学生達の話でした。

冒頭の車当選の確率は

枠が2つになってもどちらも確率は2分の1だと自分は思うのですが

全く数字には疎いので

本当の事は分かりません。

そんな事で

今日はこの辺で!!






I'm not goona lie
俺は嘘は言わない






再渡米まであと74日ぐらい

2769話目 バスマスターオープンライブ Bass Master Open Live

813

さて

今日は10月に行われた

バスマスターオープンチャンピオンシップのライブの最終日

772

振り返って見る事に

これまでオープンの試合のライブは聞いた事が無く

非常に興味深く見てみる事に

会場はテーブルロックレイク

ここにはラージマウス、スモールマウス、スポッテットバスの三種類が同居する湖で

私は2012年のスポ―二ングシーズンにFLWツアーで1試合

プライベートで数日釣った事がある湖です。

オザーク系と呼ばれるハイランドレイクで細長く

入り組んだ地形のリザーバーです

このライブは最終日だけなので

最初の2日間で上位陣はこのような感じ

775

6人のエリートの選手に

FLWツアーからも3人が

最終日に駒を進めていました。

各選手投げているルアーがバラバラ

776

トップウォーターを投げている人も

スピナーベイトを投げている人も

クランクを投げている人も

フィネスで攻めている人もと

どのような釣りが効果的なのか

非常に興味深い試合です。

最初の方に映ってきたのがエリートプロのジェアードリントナー

777

オザーク系の定番中の定番の

ウイグルワートっぽいクランクで朝一でリミットメイクを達成していました。

それから

知らなかったのですが

大会をリードしているのが

エリートルーキーの カレブサムロールという選手

778

スピナーベイトを立木の目立つエリアで

引き倒していましたが

1匹も釣れていなく

スコアを落とし気味になっていました。

私もこの湖で釣りをした時

地形プラス立木が多い場所で釣れた感触も思いだしました。

それから

2日目に自身のYouTubeでライブ中継を放映していた

オーストラリアのカールヤコムソン

779

この日はいいスタートが切れていませんで

まだ前日の中継は全部みきれていないのですが

エリート落ちをしてからFLWツアーで今戦っていて

オープンにもコスタにも

試合に出まくっていて

オフの日にも大会の行われる町のジムで

フィジカルトレーニングをするほど

非常に熱心に試合に取り組んでいる姿を私も見てきました。

話をした事は全くありませんが

どんどんレベルを上げてきている選手です。

そんな中いいサイズをキャッチ選手はブランドンレスター

780

エリートのライブで良く出てくる選手なので

関心してしまいますが

6ポンドラインでシャッドのルアーを投げていると

本人は言っていました。

そして

とても苦労していたのが

テイラーリベットという選手

807

初日14ポンドと飛び出していた様ですが

前日3本

この日開始3時間強でゼロ

週の初めはボートドックで成功していたと

立木が良いのも分かっているが

どう釣るのがベストなのか分からないと語っていました。

初日飛び出したマークローズも桟橋からビックフィッシュを釣った

という情報だったはずです。

そして朝一からリミットメイクに成功していたジェアードリントナーですが

808

彼の基本はウイグルワート系のクランクを投げ続けながら

立木があると何かをフリップする2本立てで行っている様でした。

5本は取れているが

良いのか悪いのか全くわからないと

更にこの3日間全く状況が違うと話していました。

昨日カールヤコムスンのライブを見ていても1日雨だったことがわかり

初日は今日と同じ晴れ

毎日状況が違うのが参加者の話からも分かってきました。

そして

ボーナスカバーで映ってきたのがスコットサグズ

809

正確にどこにいるのか分かりませんが

水の色が明らかに他の参加者とは違います。

FLWでも相当なキャリアがある彼は

この湖は得意な部類の湖である話をしていました。

上流で立木をピンポイントで狙っているとの事でしたが

何を投げているのかはわかりませんでした。

それからマークローズが映ってきまして

811

お昼過ぎの時点で2本

1日ボートドックで行くという話をしていました。

状況的には魚がシャッドとザリガニを追いかけているのは間違いないと

毎日魚は動き回っているので難しいと

基本は晴れたら上流、天気が悪かったら下流という事で

やはり初日のビックフィッシュは桟橋で間違い無い様でした。

確かに見づらかったですが

ブランドンレスターも釣った魚の口の奥から

815

クローフィッシュをカメラに見せていました。

沢山の選手達が映ってきて

大枠では上流でもメインリバー沿いに行っている選手は外している感じ

サグズを除いては下流域にスコアを出している選手達がスコアを伸ばしているように見えました。

そして

カールヤコムソンが再度映って来ましたが

前日の彼のYouTubeでもいいサイズのラージをキャッチしていたのが

ジョイントのハードベイト

812

一か八かと本人は言っていましたが

ブラフでの釣りで見つけたと

Youtubeの中でコアングラーと話をしていましたが

この系のルアー

自分も個人的にはクリアーウォーターで投げてきましたが

トータルでも数えるぐらいしかアメリカで釣りあげていません。

主戦場がコアングラーとしてという事もありますが

ツアーで見ていても中々このルアーをセットしているプロを見た事は数回しかありません。

6インチ7インチのスイムベイトが効くとしてもどうしてもホローベリーになってしまいます。

どのルアーにも共通すると思いますが

長い時間を様々な湖で使わないと良さも悪さもわからないという事でしょう。

この週自分が釣りをしている訳では無いですが

厳しいコンディションの状況がひしひしと感じられる試合だったと思います。

キーパーサイズが15インチという事も更に難しさを増していたのは間違いない様でした。

自分がもしこのライブを見ずに

同じ日に釣りをしていたら1匹釣れたでしょうか

あまり細かい事までは分からない部分もありましたが

沢山の選手達を追いかけて情報を得られるライブでした。

かれこれ見直したりして3度見てしましました。


ではこの辺で!
.





These are extraordinary circumstance
これは非常事態だ






再渡米まであと75日ぐらい

2768話目 ストレイトストーリー Strait Strory

888

さて

2日続けてですが、今日も映画のご紹介を

新作ではありませんが

真実のストーリーという事で借りてみました。

アメリカアイオワ州のローレンスに住む主人公は

73歳のアルヴィンストレイト

890

もういい歳になり

視力も低下、タバコの吸い過ぎで肺もやられ

腰も悪いなど体はわるいとこだらけ

ドクターに様々な検査や治療、手術まで勧められますが

891

お金も無いとそれらを断ります。

娘のローズと一緒に暮らし

中々体もスムーズに動かず

体をいたわりながら

小さな家でのんびり暮らしていました。

893

そんな時に電話が鳴り

兄のライルが病気で倒れたという情報が娘に入ります。

アルビンは既に知っていた様で

彼は兄のライルに会いに旅に出ると

突然娘のローズに伝えます。

894

しかし

既に歳が行っている娘も心配して

どうやって行くの?と

ライルの家までは240マイル

目が悪く車も持っていないし

その前に運転免許も持っていないし。。

腰も悪いし。。。

しかし一度決めたアルヴィンは準備を進め

何と芝刈り機にリヤカーを繋げたこのセットアップ

895

度肝を抜かれてしまったローズですが

頑固な彼は自力で行く事を決意します。

そして

仲間の制止も振り切り町を後にします。

896

中々考えられない話ですが

ウイスコンシン州のマウントザイオンへ向けて

彼は旅をスタートさせます。

広大なアメリカの地に踏み出しました。

897



もうこれ以上は書く必要は無いでしょう

こんな実話が、映画があったという事を

自分は見落としていました。

非常にシンプルな

おススメの映画です。

では今日はこの辺で!






Is it too tangy?
ピリピリしすぎる味?






再渡米まであと76日ぐらい

2767話目 ベストマン The wedding ringer

829

さて

今日も映画のご紹介

主人公はダグハリスというポッチャりの男性

831

彼には僅か週数間後に結婚式が迫っていますが

友達が誰も相手にしてくれず

付添人を誰も務めてくれる当てが無く困っていました。

832

当然彼女にはその事を言い出せず

途方に暮れてしまった彼は

結婚式場での打ち合わせで

833

スタッフに助けを求めます。

するとそれらを請け負う。プロの業者が存在すると

紹介されます

834

早速遊園地の地下にある彼のオフィスに行き

紹介されたのは

黒人のジミー

835

早速彼に状況を全て説明し

彼に自分にどうしてもらえるのかを確認します。

しかも合計で7人用意して欲しいが

予算に糸目はつけないと

そして一度彼がお葬式での挨拶をする姿を見せてくれ

836

ジミーの腕を信用したダグは

無理を言って契約してもらいますが

当然ジミーは条件を出します。

837

経費は別で5万ドル、更にあくまでもこれはビジネスなので

感動しても友達にはならないという事。

契約は成立しましたが

ジミーには問題が

実は彼にも友達は他に3人しか居なく、彼らも変わり者

さらに足りない人数はオーディションで

全く統一性の無い人間が集まりました。

838

そして

早速スタートは2人の口裏合わせから。

839

生まれは?出身は?趣味は?嫌いな物は?司法試験を受けた回数は?

他、山ほどの情報を共有し

いよいよダグの家族と初めての食事会が始まっていきます。

840

果たして

結婚式は上手く行くのでしょうか???


という様な今回の作品でした。

中々面白いコメディ作品でした。

では今回はこの辺で!











That's a good one
それはウケる






再渡米まであと77日ぐらい

2766話目 アングラーチャンピオンシップ最終日 AOY chanmpionship Last-Day

さて

今日はアングラーチャンピオンシップの3日目

最終日のLIVEの模様

振り返って見る事に

449

大会は2日目と最終日の間に1日なか日があり

ここで大きな動きが。。

今大会の一番の注目事項である年間チャンピオン争い

大会スタート時

1位のジャスティンルーカスと2位のバートランドは約50ポイント差

本大会2日間が終わり、ジャスティンが5位バートランドは43位で

そのウエイト差が12ポンド

最終日50人で戦ってもほぼ逆転は不可能のこの差と、

実はバートランドの奥さんが2人目のお子さんが今にも生まれそうとの事で

何と彼は2日目を終えてアリゾナまで帰宅する事を選んだとの事でした。

事実上これでジャスティンのアングラオブザイヤーはほぼ決定した事に

450

ジャスティンが最終日もし失格したとしてもウエイト差は変わらず

この大会自体失格になる様な不祥事でも起こさない限りは

決まった感じです。

ジャスティンもバートランドの決断が正しかったような終わり方をしたいと話していました。

そのような事があり最終日がスタートしていました。


今朝も快調な滑り出しを見せていたのが

トーナメントリーダーのジェームズイーラム

451

ビッグスプーンをかなり激しいジャークで使い

LIVEが始まる前に既に2本のキーパーをキープしていました。

それから

もう一つの争いである

ルーキーオブザイヤー争い

初日はロイホークがリードしていたのですが

2日目に今大会会場がホームレイクという

ジェイクウィトカーという若手の選手がROY争いでトップに立つことに

452

興味深かったのが

彼がキャッチした魚が

ライブウェルの中で吐き出した

今現在のベイトフィッシュを手にしてました。

453

このようなベイトフィッシュの情報は本当に参考になります。

ベイトがこのサイズなら

何故皆ビックサイズのトップウォーターにスプーンにと選ぶのか

理由が良く分かる気がします。

それから

ボーナスカバーで映ってきたのはブレントエイラー

454

シングルの順位をキープしていた彼は

他の多くの選手達と同じ様に

岬を釣っている様でしたが

何を投げているのかは分かりませんでした。

更にボーナスカバーで映ってきたのは

クリスレーン

456

彼はパっと見は

岬などを釣る選手達と違い

ひたすら岸沿いを流している感じで

桟橋周りなどもカバーしている様でした。

ウォーキングドックアクションのベイトと

プロップタイプのトップウォーターをローテーションして居る様で

お昼の時点で彼が大会をリードする事に。

一方

ルーキーオブザイヤー争いのロイホークもトップウォター

613

彼のチョイスはエバーグリーンの

日本ではお馴染みの物でした。

更に付け加えるとこの日13ポンドオーバーを中盤までにキャッチしていた

クリスザルデインは

882

それなりのお金をかけて日本にルアーをオーダーしていた様で

使い物にならない物が多い中

一ついいルアーがあったようで

自分にはどこのルアーか分かりませんが

それを使っている様でした。

そして

この大会の優勝争いは

終了1時間前ぐらいにいいサイズを2連発したジェームズイーラムが

クリスレーンを再び逆転して

この大会の優勝を決めました。

やはりImaの135のようでしたね。

610

そして

AOY争いも

最後まで気を抜かず、移動を繰り返し続けていた

ジャスティンルーカスが決めました。

615

素晴らしいシーズンでした。

今週は

ジョージア州とノースキャロライナ州の境のカトゥージレイクで行われた

今年最後のエリートの試合

マッチザベイトの重要性を改めて思い知らされた試合

振り返って見ました

ではこの辺で!





You are very organized
君はとても几帳面だね





再渡米まであと78日ぐらい
カテゴリ別アーカイブ
Profile
  • ライブドアブログ

ゲームの時間です dallet