MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

なべさんの日記

ひとりのサラリーマンが夢を抱いたアメリカバストーナメント参戦記と日頃の日記です!

3263話目 受付の日 The day of meeting

さて

今朝はフロリダのフルーツランドパークという町のウォルマートで朝を迎えました。

1532

今週はFLWツアー第2戦

フロリダのハリスチェンでの試合です。

そして今日は受付の日

マーシャルとして参加するので

受付開始は3時から

少し時間があるので

まずは8時に近所のキャンプグラウンドにチェックインしたいので

その前に車のオイル交換をしないと、と

もう渡米から1か月で3000マイル以上走っているので

ウォルマートでしようと思ったのですがこのお店にはピットが無く諦めました。

そして

給油だけして

1533

キャンプグラウンドへ

いつ来てもほとんど空きが無いキャンプ場なので

1534

本当にその日暮らしの感じ

1ヵ所空いていたので

支払いを済ませて

とりあえず湖へ

1535

過去ツアー戦の為にこの湖だったか13日連続で試合前に練習したこともありましたが

今回の大会に向けては昨日今日の3時間ぐらいずつぐらいしか

時間を取らなかったのですが

少し様子を見ておこうと

始めてみました。

するとすぐに

1本ゲット

1536

あれ

昨日駄目だったパターン使えるんじゃん!

という感じ

サイズは小さいですが

更に2本追加

1537

あれあれ?

ちびは楽に5本行けるのか??

という感じ

昨日効かなかったのにな〜という感じ

とは言えこんな2ポンドクラスでは

単なるキーパーに過ぎませんで

リリーパッドのパターンですが

これだけではどうも駄目そう。。。

しかし

今日は時間が無いので

少しこのパターンを変化させていき

更に2本

1539

これまでこの手の場所で一度も使ったことの無いルアーで

更に2本追加

ちょっとこれまで考えていてもなかなか投入できなかったルアーを

この手の場所で試して

一応成功と言えば成功ですが

このサイズしか出ないという事は

この場所のリリーパッドのパターンは今週無いかもしれません。

1540

そして

もうお昼近くなり引き上げる事に

1541

キャンプ場に戻ると既に滞在していた人がチェックアウトしてくれたようで

とりあえずボートを置いて

1542

町へ

まずはプロパンガスを補充

1543

正直ここはお値段がよろしいのですが

船を切り離せている時は珍しいので

こういう時がチャンス

そして

サービストレーラーの場所のエビンのスタッフの元へ行き

1573

曲げてしまったプロップを少し直してもらおうと思ったのですが

食事に出たばっかりだとレンジャーのスタッフが言っていて空振り

地元のレンジャーボートディーラーへ

念の為プロップの修理の値段の確認と前回トレーラーのベアリングを1つ直したのですが

他の3本が手つかずのままなので少し話をすると

グリスガンの在庫があるお店をようやく発見。

1545

購入することに。

16ドルで手に入りました。

あの直したお店にも、ほかで寄ったお店にも、ローランドマーチンのお店にもなく

やっと手に入れました。

そしてウォルマートへ再度行きゴムのハンマーなどを購入

もう受付の時間に

1546

さっと受付を済ませると

クックアウトも用意されていて

食べ始めてしまいましたがこんな感じ

1547

鶏肉にバーガーにはバーベキューのお肉サンド

コールスローにチップスにアイスティーという感じ

これを夕食に

そして

ミーティングが始まりました。

1548

いよいよトーナメントディレクターがビルテイラーから

女性の会長の息子である

ダニエルファネルになりました。

そして今回の大会はマーシャルはわずかに70人ほど

150艇強の参加者ですから

なかなかマーシャルは人数が集まりません。

こんな感じの用紙が渡されて

大会の詳細が書かれています。

1549

そして

ミーティングを終えて

キャンプ場へ

ふとトレーラーのタイヤを見ると片側がウチ減りが激しく

前回修理したハブの隣のハブ

しかし前回外してもグラつきもないしその角度でセットされちゃったのかな〜と

まあいずれにしてもタイヤをローテーションさせて

もう日が暮れて時間が無いのですが

そして試しにひとつハブのメンテナンスをしてみる事に

1550

今日購入したゴムハンマーでヘッドを外して

その

グリスを刺してみました。

1551

まあ

初めての事で、一度見せてもらいましたが

ヘッドは外したことが無く非常に心配でしたが

取り急ぎ

粗方古いグリスを拭き取り

1552

新しいグリスを刺すことが出来ました。

反対側はタイヤが車に引き続き1本ナットが全く外れませんで

そちらは出来ませんでしたが

出来るだけ早いうちにグリスの差し替えをしようと思います。

ベアリングが壊れる前にやっておかないとです。

という事で

夜に明日のパートナーと連絡を取り合い

今日は終了となりました。

では

また明日!!

3262話目 また別の友人と Fish with another friend again

さて

今日は火曜日

今朝もダッドリーのお兄さんの家で朝をコディと迎えました。

1510

昨日コディに釣りに連れて行ってもらったお礼に

今日の朝ごはんは自分が昨日仕入れてきた

ソーセージビスケットに

1531

オレンジジュースに

フルーツのカン詰め

サラダも用意しました。

自分は1つしか普段食べないのですが

コディは大柄なのでビスケットは2個食べるように勧めました。

そして

外に出て

また自分のクッキーの残りを出してきて

餌を。。

1511

そして

お互いの今日の予定を確認

コディはダッドリーが帰ってくるのを待つと言っていましたが

聞くといろいろやる事があるというので、先に進んだ方がいいとおススメして

1512

コディは今週からの大会会場のオキチョビへ出発していきました。

そして

自分は今日また別の友人と会う事になっていたので

自分の船を少し綺麗にしたり

1513

釣りに連れて行ってもらったお礼に

親分の汚れた船を

雑巾がけしたり

1514

少し綺麗にしたり

親分も帰ってきたらすぐに出発できるように準備

そして

時折釣りをしてみたり

1515

かなり日差しが強いので

休憩しながら

カーズ

という映画を見たり

1516

そして

また親分の竿で釣りをしてみたり

1517

友人が家に来るのをまっていたのですが

なかなか来ませんで

早くも昼を過ぎてしまい

再度連絡を取り合うと

お互い家にいたまま。。。

昨夜の電話のやり取りに手違いがあり

いろいろ考えて自分の今週のFLWツアーが行われるハリスチェンに一緒に行くことに

しかし

最終的に支度をしてリッキーの家を後に出来たのは午後1時

1518

1本道を走っていると対向車にダッドリーがカナダから帰ってきたので

道の真ん中でさっと打ち合わせ

今後も連絡を取り合うという事で別れて

自分は給油して

自分が指定したボートランプで友人と午後3時に落ち合いました。

1519

時間は短いですが

スタート

1520

今日の友達は

ガンダーズビルレイクのクリス

何と両親がここから30分ぐらいの所に住んでいるというので

昨夜突然電話がかかってきて

今日落ち合う事にしました。

1521

最初の1時間半

自分が思った場所をガンガン行くのですが

皆外れ

更にFLWのプロ達も練習しているので

少し邪魔にならない様にしながら

キャナルへ

すると自分に1本

1522

1本釣れたら

前後を入れ替わるようにして

1523

お互い1本目が出たら

少し調子が出てきたか

1524

クリスのこの魚が

最終的には一番大きい魚となることに

1525

このあとも

もう時間があまりないので

キャナル内を攻め続け

1526

お互いちょろちょろ

1527

釣り上げて

1528

残念ながら

日が暮れてきたので時間終了

1529

真っ暗になる前に

何とか船をあげて

お開きとなりました。

1530

会うたびにガンダーズビルレイクで釣りをしてきましたが

今回はハリスチェン

全て自分が場所を選びましたが

今日はうまくいきませんでした。

という事で

FLWツアー第2戦が始まります。

どんな試合になるのか楽しみです。

つぎにクリスと会うのはガンダーズビルレイクとなるでしょう。

では

今日はこの辺で!!

3261話目 トレーニング Self training

さて

今日は月曜日

ダッドリーのお兄さんの家で朝を迎えました。

コディと打ち合わせをしながら1日のスタート

1486

彼は別の友人と片道1時間半前後の場所まで釣りに行くという話

出かける前にターキーを手なずけよう!と

“ナベのクッキーすこしくれ!!”

というので

餌としてあげました。

1487

そして

コディは出かけていき

1488

自分は過去2日釣り続けたウインターヘブンの湖で船をおろすことに

1489

そして

昨夜の雨で少し増水した感じがあり

ボートランプのスロープで船をおろした所をウロウロする魚が

すぐにどこかへ消えてしまいましたが

桟橋の反対側にも1匹見えたので

ちょっと岸沿いというか、べジテーションのインサイドを見ていくと1匹発見

一度通り越してUターンして戻ってみると

1撃でゲット

1490

自分の車の前で釣れました。

水深1フィートほどのそこが丸見えの場所から釣ったので

ランプでボートをおろしている人が驚いていました。

そして

早速コディーに報告

1491

秤が無いので

少なめに申告

この日スタート後は風が全然なかったので

1492

サイトから進めて行く事に

しかし予定した場所は良くありませんで

でも実際にはクルーズしている魚は何匹か4ポンドオーバーをみました。

そして

沖に出ると

1494

2ポンド半が

1493

もちろんコディにまた連絡

そして

またシャローに入っていくとベットでロックしているのを発見

大きくないですが

1495

やってみると

ゲット

1496

更に

すぐ近くにペアを発見

1497

どう見てもメスはオスの3倍近く

こちらにも当然チャレンジしてみたのですが

やり方が間違っていたか

場所を荒らしてしまった様で、消えてしまいました。

そして

その後またオフショアで1本追加してこれで4本

1498

続きそうもありませんで

午後1時頃この日初めて大きな移動をすることに

1499

昨日コディと後半釣れた場所のチェックへ行きますが不発

ここから

過去2日やっていない事に集中していくことに

すると

桟橋で1匹

1500

過去2日桟橋で釣れた記憶がありませんが。。

という感じ

そしてキシミーグラスなどもいろいろやっていますが駄目で

1501

このエリアからも移動

これまた

この2日間で一度も行っていない湖へ

とにかく水路で幾つもの湖につながっているので

1502

好きなだけ動き回れます。

そして湖によってタイプが違い

フロリダ特有の黒い水の湖もあれば、透明度が滅茶苦茶高い湖もあれば

サイプレスツリーが生えている湖もあれば、リリーパッドがある湖もあり

全く飽きが来ませんで

新しい湖に入っていくごとワクワクしてくる感じです。

そして

また桟橋から1本

1503

そしてまた1本と

1504

そして

更にタイプの違う場所もやりますが

1505

不発

そしてこの後

ペアのサイトに挑戦するのですが

オスをゲットして

ライブウェルにいれておこうと思ったのですが

取り込んだつもりが魚を落としてしまいそのまま船のヘリで跳ねて湖へ

そのあと2匹ともにどこかへ消えてしまいました。

そして

日も傾いてきて

スタート場所の湖へ

一昨日良かった場所も沈黙して

タイムアップ

帰る方向へ

ここで一つこのエリアのすべての湖で面白いのが

水上にゴミ箱があるんです。

1506

誰がいつ回収するんだ?って感じですが

各湖へ水路でつながる場所に設置されていて

各湖が人家で囲われている様な場所で

湖上で遊ぶ人が多いので湖に捨てられるぐらいなら

行政が回収費用にお金をかけてもこのような方法が有効だという事なのでしょう

こんな行いはアメリカで沢山の湖に浮いてきましたが

初めてです!!

という事で

初日に釣れた場所に最後に入りましたが不発

今日はここまで!

という事に

1507

この辺の町は

湖に囲まれて本当に雰囲気がいいです。

1508

そして

また夜はコディと2人時折くだらないYoutubeの動画を見たり

自分はブログを書いたり

彼は映画を見たり

1509

彼は今週始まるMLFオキチョビ戦へ向けての道具の準備を繰り返していました。

という事で

今日はこの辺で!!

3260話目 別の友達と Fish with another friend

さて

今日は日曜日

早朝3時半ダッドリーはカナダに仕事に出かけていき

寝なおして7時に起きなおしました。

1459

そして

部屋をノックして友人を起こして出かける事に

その友達の車と船がこれ

1460

支度をして

1本竿を借りて

スタンドで給油と少し食べるものを購入して

1461

湖へ

船をすぐにおろしてポイントへ直行

1462

昨日と同じレイクサミットという湖に来てみました。



今日一緒に湖に出たのは

FLWからMLFへ移行したコディーマイヤー

2013年からお互いよく知っていて

今年はダッドリーのルームメイト

なので昨夜こちらに合流しまして

ダッドリーが出かけたので

今日は彼と一緒に釣りに行くことに

1463

カメラのひもがそのまま入ってしまいましたが

彼だとわかりやすい写真はこれ

という事で8時過ぎに始まりました。

実は今朝、エリートの竿でちょっと試したい竿があり

イッシュのフリッピングスティックがいいと

バスマスターエリートを釣るジョンストンブラザーズの記事にあったので

それを新品を出してもらって試させてもらう事に

1464

大森さんの竿と比べようという事です。

他にもブレントエイラーのドロップショットの竿も試したかったのですが

それは持っていませんでした。

ダッドリーもそうですがかなりの量の竿が車に予備として積まれていました。

ざっと60本ぐらいでしょうか?



釣りの方ですが、昨日良かった場所から入ったのですが全く反応なし

広く探っていきましたが、

全く反応がありませんで

昨日一度も移動しなかったのですが

きょうは動き回ることに

1465

そして

サイトも含めていろいろ見ていったのですが

全く反応なし

1466

そして

ダッドリーからの電話を自分は無視していた様ですが

リッキーも自分達に数時間だけ合流したいという事で

昨日に引き続き3人で楽しむことに

1467

そして全然釣れない中

コディが

10時半頃に超ちびを1匹

1468

リッキーもその後に超ちびを一匹

いろいろ動き回りますが

自分にも全く釣れません。

1469

さらに動き回り

この湖は13個ぐらいの湖と水路でつながっていて

様々な場所に移動しながら

1470

更には

3人でどこへ行くべきか相談しながら

1471

更にはリッキーは

パノプティクスの使い方をレクチャーしてもらいながら

1472

そして

ようやくコディに写真に撮れるサイズが。。

1473

そして

リッキーは仕事に行かないと。。と

1時半彼をボートランプへ送ることに

そして

自分達は再度様々な場所に挑戦していきますが全く思わしくなく

自分達も2時にやめようと

別の湖に行こうとコディは車を取りに行ったのですが

1時半までこの日開催されていた

高校生のチームトーナメントの優勝者のパターンを聞いたとの事で

もう一回その場所に試しに行こうと

再度出撃

1474

すると

コディがジャークベイトで1投目で

グッドフィッシュ

1475

彼は連続ヒット

自分もその後2ポンド強を1本

1476

自分はセンコーテキサスを引きずりました。

そして

またコディが1本次の試合の為のサイズ確認で2ポンド強を1本

1477

そして

最後にキャナルの中を見ていきましたが

1478

何の反応もなく

3時半頃

「コディにもうそろそろ来週の支度した方がいいんじゃないの?」

”そうだね!ちょっと買い出しして帰ろう!“

と引き上げる事に

1479

船をあげると

地元のフィッシャーマンからコディは質問攻めに

1480

そして

買い物をして帰りました。

帰るとリッキーが仕事を終えて

昨日ダッドリーから4本の竿と1個新品のリールをもらっていたので

それらのセッティングのお手伝いをしていると

コディが裏でナマズを釣り上げたりして

1481

自分達の事より

滞在させてもらっているリッキーのお手伝いをしてから

自分達の事に。

1482

お互い一緒のスペックばかりの

ダイワの竿だらけの状態でした。

しかしここから大雨が降り始め

1483

支度は中断

そして

食事を作って食べ

コディはメキシカンフードを買ってきていたので

先日のうどんのカップ麺をお裾分け

自分はレトルトカレーとうどんで夕飯としました。

そして

遅くまでコディは道具の支度を。。

1485

しかし9時前にいやになってしまった様で

映画を見てばかりいました。

自分はブログを書き続けていました。

という事で今日は終わり

ちなみにイッシュの竿は流石に大森さんの73に慣れてきてしまったせいか

ちょっと長すぎる印象になってきてしまいました。

リールから竿先までの長さはいいのですが

バット部分が自分には少し長すぎる印象です。

やはり身長がどれだけあるかで

使い勝手も変わっていると思います。

オーダーは出さずに正解だったかもです。

長くなりますが

もう一つこぼれ話を書きますと

アラバマでの試合の期間中コディの車のヒッチがもげて大変だった様です。

1484

ヒッチのシルバーの長いバーがブレーキを踏んだ時に真っ二つに折れた様で

怖かったぞ!と言っていました。

素材の強度が足りていないのが原因だと話していました。

そして

もう一つ、

キャンパーだっだコディが普通のトラックに変わっていたのですが

何と昨年末地元カリフォルニアで

ランスのキャンパーを積んだまま

赤信号を無視して交差点に飛び込んできた車に助手席側から激突され

車はキャンパーごと横転したらしく

かなり恐ろしかったとの事

お互い大したけがもなく

普通の車に戻ってしまった様です。

という事で本当に今日は終わり

ではまた明日!!


3259話目 ダッドリー兄弟と Stay with Dudley’s brothers

さて

今日は土曜日

ダッドリーの兄のリッキーさんのお宅で朝を迎えました。

昨日9時には寝て一度起きましたが

ハッと起きると7時

相当疲れていた感じ

1434

みんなの動きだしは早く

ダッドリーが

“デザイナーと兄貴と2時間くれ!”

と、

目の前の湖にちょっと出てくると

1435

出かけていきました。

1436

そして

自分はその後に出かける準備をしておき

2時間半が過ぎた頃

3人が戻ってきました。

1437

すると

ダッドリーが大物をゲットしたとの話

5ポンドオーバーだと

写真を受け取れませんでしたので

こんなですが

1438

一人勝ちしたようです。

そして

デザイナーさんがサウスキャロに帰宅する事になり

自分達3人は釣りに

先日ダッドリーと電話で話をしていたら

“土曜日釣りに行こう!“

という事になり今日お兄さんと共に3人で出撃

こんなものが車にあったので

少し読んだりしていました。

1439

そして湖に直行するかと思ったら

朝も食べていない親分はちゃんとしたところに食べに行こうと立ち寄りました。

レストランに入り注文したのですが。

私がメニューをウエイトレスさんに返そうとしたらコーラのカップに激突

こぼしてしまい

1440

大変でした!!

そして

リッキーさんに自分も親分もごちそうになり

1441

向かった先はウインターヘブンという湖だらけの場所

そしてやっとお昼ごろ釣り場へ

1442

早速始まった場所はサミットという湖

ダッドリー曰く75エーカーぐらいじゃないかと

1443

過去にFLWのミレニアムトーナメントの初回の試合がここで開催されたようで

テキサスでご紹介のダレルロバートソンが優勝した試合で

親分は2位だったらしく

知っている湖との事でした。

そして

早速始めていきましたが

1444

ここには

イールグラスが生えていました。

シャローにはベットがある様でしたが

全てティラピアの物の様でした。

そして開始30分ぐらいして

リッキーに大きなアタリが

1445

いきなり

6ポンド弱のランカーサイズをゲット

1446

幸先の良いスタートを切っていました。

そして

2人は前で順調に釣り上げていくのですが

1447

私は全然釣れません。

1448

兄弟対決の様な感じになってきて

自分だけ一人蚊帳の外

ちょっと自分がこの2週間ぐらいで培ってきたフロリダでの釣りが

全くと言っていいほど効きませんで

やっと釣れた1匹目は2時半頃

魚がバストしたところに

リッキーから貰ったセンコーを投げてやっと1本目の数オンスの魚が

1449

そして

そんな寝言を言っている間にダッドリーが6ポンドオーバー

1450

そして

そのルアーを習って自分もチャレンジすると

5オンスぐらい。。

1451

そんなで釣れないので

時折ローランスの新型エレキをちょっと踏んでみるといい感じ

1452

非常にスムーズで音も小さく

当然スポットロックもついているので

快適そのもの

お値段は知りませんが

時代はどんどん進化しているという事です。

そして

だんだん日も傾き

1453

終了時間が近づいてきました。

そして

自分が最後に1本獲ったところで終了

1454

今日後半活躍したのは

このタックルでした。

1455

そして

船を片付け

1456

今日の夕飯のピザを電話でオーダー

帰りの途中でピザをピックして

1457

帰りながら食べて

今日1日が終わりました。

まあ

久しぶりに一緒に釣りに出ましたが

今日も親分に実力の違いを見せつけられた1日でした。

親分は明日からカナダに2日間の仕事に向かうとの事ですが

私はまだリッキーの場所に居残ります。

さて明日はどうしましょう?

ではまた明日!!

3258話目 別の湖へ Try another lake

さて

今日は金曜日

セブリングの町のウォルマートで朝を迎えました。

1406

フロリダ南部は今、まずまず暑く

夜もかなり蒸し暑い感じで

昨夜はぐっすり眠れた感じでは無いのですが

1日をスタートさせました。

今日は半日釣りが出来るかなという予定で

どこへ行くべきか非常に悩んだのですが

過去にいい思い出が浮かばなかった

レイクジョセフィンという湖に向かいました。

1407

これまた

山中湖と同じぐらいの面積だと感じています。

そして

夜明けと同時の7時ちょっとすぎ

船をおろしました。

1408

過去どれだけ釣れたのか

記憶が無いほど

釣れた覚えが無いので

今日は張り切って始めていきました。

1409

しかし

一向に釣れる気配がありません。

見るからにおいしそうなフィールドが広がっているのですが

アタリすらなし

1時間半やっても

何の反応も無いので

大きく移動

こんな感じのペンシルリーズの場所をやってみる事に

1410

すると

やっていた場所の沖で

突然ボイルが起き

とっさにワームを投げると

ヒット

1411

交通事故的な魚ですが

1本釣れました。

そして

その続きをしていくと

他のフィッシャーマンが居たので

小移動して

リリーパッドのエリアへ行くと

1本追加

1412

2ポンド半ぐらいのナイスサイズ

この調子でいくのかと思いきや続かず

移動してキャナルへ

1413

しかしここは全くダメ

少し移動しながら

80年代ぐらいのボートにミンコタエレキで流している人のエリアも流しますが

1414

こちらもダメ

時間が無いので思い切って大移動することに

1415

よくよく思い出してみると

浅瀬で座礁した思い出がよみがえってきたので

そこはアイドリングで通過

そして

別のエリアでは出ないのかと

1418

もうお昼になってしまって

時間的に半分諦めかけてきたころ

1発

1416

4ポンドオーバーが出てしまいました。

ちょっとタイプの違う場所から飛び出してきました。

これまでやっていた事が間違いなのかと

ちょっと気にしながら

更に続けていくと

サイズは下がりましたがもう一匹

1417

しかしこれ以上

似たような場所を見つけるには時間が必要ですが

もう今日は時間切れ

ちなみに

こんなタックルで釣れましたが

1419

桟橋でも、リリーパッドでもありません

これがヒントです。

そして時間切れで今日はここまで

急いでランプへ戻って

1420

引き上げる事に

1421

そして

とりあえず走り出し

雨の区間も通過し

1422

1時間15分ほど走った先の

とある家にたどり着きました。

1423

ついたと同時に

敷地内を案内するからカートに乗れと言ってきたのは

リッキー

1424

隣にいるのは親分のデビッドダッドリー

リッキーはダッドリーのお兄さん

一昨日オキチョビで遭難した直後に親分と話をして

今日落ち合う事に

リッキーとは前から自分は面識があり

1425

よく来たな!と

釣りの話もくだらない話もとても盛り上がりながら

親分のダッドリーは

アラバマのユーファウラの試合の後、来週からのオキチョビ戦に向かう事になっていて

試合後ここで滞在していて

今日はサウスキャロライナのジグやチャターなどを作る会社のデザイナーがテストに来ていました。

1426

自分も一緒に見ながら

プールで何度もテストを繰り返して

1427

様々なテスト品を

いろいろ組み合わせたりして

1428

なかなか終わりが見えないのですが

途中でそれらを投げて

デザイナーと2人でワッキー対決だ!と

1429

対決しに行っていました。

実はこのリッキーの家は湖畔にあり

1430

レイクマリオンという湖

レイクトホの近くです。

そして

話は日が暮れても終わりませんでした。

1431

そういえば先日親分用にバスプロショップで買っておいたもの

喜んで受け取りまして

”金払うよ!”



他にも様々なテスト品が届いていて

少しもらったり

他のルアーについての話もいろいろ。。。

そして

リッキーが買い出しに行ってくれていて

バレンタインデーの日の夕飯はデザイナーさんと3人でチキンパーティーに

1432

これ以外にもアップルパイがありましたが

私の苦手なシナモンテイスト。。

しかし

デザイナーさんの驕りなので有難くご馳走になりました。

そして

映画を時折見ながらも

それなりの時間まで

いろいろな細かな打ち合わせを2人でしていまして

1433

自分はブログの下書きをしていました。

そんな感じで

今日はリッキーさんの家の離れで夜は更けていきました。

では

今日はこの辺で!!


3257話目 また別の湖へ Move to another lake

さて

今日もフロリダのレイクオキチョビのとあるキャンプ場で朝を迎えました。

1382

昨夜遭難した感覚がまだ残っていて

無事に朝を迎えられてすこし変な感じ

で。

今日は移動する事にしていたのですが

まだオキチョビを少し釣るべきか?

朝早く起きて考えてしまいましたがやはり移動することに

今いるキャンプ場は厳重な入場ゲートがあり

そこを入るのにプラスチックのカードがあるのですが

これを借りている間は10ドルオフィスで保証金としてあずけてあり

返さなければそのお金で代償、アウトの時にオフィスに戻せば10ドル返金となるので

オフィスの開く9時ちょうどに出発することに

もうオキチョビは来ない可能性がかなり高いので

コーラで乾杯!!

1383

そして

オフィスで昨日の話などもして

10ドル返金され(2枚ありますよ!)

1384

走り出しました。

そしてオキチョビを後にしました。

1385

今日向かった先は

今季初の

レイクプラシッドという湖

先日釣りをしたレイクジュンの隣の湖

11時に船をおろしました。

1386

駐車場には次のバスプロツアー戦をオキチョビで控えた

ディーンロハスの車が

釣りに出ている様でした。

1387

風が少し出ていたのですが

風上の方へ行って桟橋から入ろうとしたのですが

まさに始めようとしたところに居たのがディーンロハス

5〜6本の桟橋を空けてあげて

途中から入りました。

そして

出てもこのサイズ

1389

少し

キシミーグラス関係もやっていくと

トップに反応しているのですが乗りませんで

1390

打っていくと出ません

しかしいいサイズだとは思えないので

しばらくやって

すこし岸から離れる事に

基本この湖は水の色が緑色をしていて

1391

透明度は3フィートぐらい

底は砂地で

障害物は上記2つしかありません

2時間駄目なので

沖に出てみると。。

1392

あれ

何かベイトが居るぞ〜

あれあれ???

1393

小さい魚ばかりの様ですが

いいのも交じってるか???



早速やってみると

1394

数投後。。

出ちゃいました。

1396

3ポンドあるかどうかのプリスポーン

こんないい魚この湖で見た記憶がありません。

水深30フィート前後から

コアングラーで鍛えたヘビキャロで。。

後の画像の方のドットから

そして

更に続けていくと

1時間ぐらいの間に3本追加

1395

しかし

既に全部釣りきってしまったのか

出ません。

キャロのワームはセンコーとトリックワームです。

あまりに沖に長い事浮いているので

近くで魚探掛けを始めてしまう人も。。

1397

そして

引っ張りに引っ張り4時までやりますが出ませんで

先ほど魚探掛けしていた人がどうしても自分の場所に入りたさそうで

自分の反対側も魚探掛けして

1399

3時間近くも待ってるようでした。

そして

移動してあげて

そのボートから見える

桟橋へ

すると

1投目で4ポンドオーバー

1399

先ほどの3ポンドクラスの大きさが初めてでしたから

こんなの当見た事ありません。

少し状況が開始直後と変わっている感じでした。

そして

しばらく続けていくと

1401

桟橋から

トータルで4本追加

1400

それから

キシミーグラスで3本

1402

ピカピカの391があるエリアです。

1403

この年代の程度のいいものを見ると

自分も昔361に乗っていたのでついつい見とれてしまいます。

数年前にレンジャー本社にレンジャー350だったかの新艇があったのにはびっくりしました。

そして

日も暮れてきたのでここまで

1404

キシミーグラスのここはかなり幹が硬い湖なので

やはり前に来た時にさんざん練習した

ZOOMのホニートードが一番使いやすいです。

という事で

今日はここまで!!

1405

ウォルマートにしけこむことにします。

ではまた明日。



3256話目 あわや遭難 Almost get lost

さて

今日はオキチョビでの3日目

とあるキャンプ場で朝を迎えました。

1368

キリが深く

今日は暑い天気になる感じ

朝晩の気温差が激しいので

船は夜露で湿気たっぷりです。

そして

早速太陽が昇る前に船を走らせました。

1369

そして

とある新規の場所

過去一度もやっていない場所を新規開拓して行く事に。

1370

前日の場所に比べると

何かビックフィッシュが出そうな雰囲気満々

しかし・・

やってもやっても釣れる感じがありません。

見た目だけなのか??

と思いながらもいろいろな手を尽くしますが

1時間半ノーバイト

バナナで一息入れる事に

1371

アメリカトーナメントでのタブーのバナナ

昨日は2本載っていたから良かったのか

とりあえず平らげ

しばらくやりますが駄目

移動することに

1372

過去来たことの無いエリアなので

手あたり次第にいろいろ回ってみるのですが

全く駄目

今日ヤバいな〜という感じ

1373

そして

もう2度ほど繰り返した場所で

既にお昼の12時。

近くに1艇居たのですが

のんびりしていて船は動かないでいたのですが

その目の前で

何と3連続ヒット

1374

当然その船の2人が黙っていません

こちらに近づいてきて

根掘り葉掘り聞いてくるので

全て教えてあげる事に

そして

その船は自分を追い越して先のエリアを。。

自分はその周辺に居残りますが

ここから止まらなくなります。

1375

昨日釣れたパターンはどうでもよくなってきました。

どう考えても魚のサイズが昨日よりさらにひと回り大きくなっていました。

そして

4時半まで釣れ続け

その数最初の3匹を入れずに18本

どれか忘れましたが

1本4ポンド半クラスも入り

1376

5本で17〜18ポンドぐらいは釣っていると思います。

MLF方式で言ったら60ポンド前後釣り上げた事になります。

しかも釣れたのはわずか100mほどの場所のみ

そのうち16匹はわずか30mほどの区間から出ました。

バカ釣れでした。

そして

その後も釣りの幅を広げていこうとしていきますが

その時間の場所でアタリが止まり

また別のエリアもやりますが

いよいよ日が暮れてきました。

1377

そして

帰ろうと細い水路をエレキで進んでいきますが

何と浅すぎて先に進めなくなりました。

その距離1マイルは進んだのに。。

浅すぎでエレキも時折座礁するぐらいなので

エンジンで行ったらオーバーヒートを起こしてしまいました。

1378

水深が2フィート無いので

エンジンで進むのはかなり負荷がエンジンにかかり

船底はボトムについているし

長い距離をアイドリングで進んでいると

冷却水の取り込み口に物が詰まってしまい

何度もそれを取りながら

エレキを多用しながら

何とか1マイル戻り

そこから別の水路へ進めば

昨日日が暮れる前までの途中までの水路につながるはずだと

オンプレーンに入れないか

トライしますが駄目

無理してロアーかペラをやってしまいそうでとても不安!!

エレキで進みますが

1379

あと10mで別のチャンネルにつながる直前の

チャンネルのど真ん中で座礁。。。

エレキで戻れるかもかなり不安になってきました。

そして

他の船が少しショートカットしている跡があるところで

隣のチャンネルに行けないかチャレンジしますが

無理がたたり完全に座礁!!

仕方なく船を下りて湖に入り船を押すことに

底が柔らかいのに

やはり1.5フィートは無いと

自分の船は浮かべない感じ

そしていよいよ日も暮れ

帰れないかもしれないと思い始めました。

真っ暗になって

今週通った事の無いキャナルは無理

そのキャナルへ入るにも500mでは効かないぐらいおおまわりしてこなければ無理

キャンプ場まであと2キロ前後のところまで迫っているのに

もう無理

とうとう真っ暗になってしまいました。

1380

え?

これってもしかして遭難??

流石に不安になってきました。

このままここで夜を明かすか

いや

虫も多くて多分無理

一応食糧はある

ん〜〜

アイドリングで進んでいても目の前に来ないとべジテーションがあるのもわからない状況

最悪なのは右往左往している間にエレキのバッテリーも切れ

エンジンもかからなくなったりすること

昨日の水路の延長線上に入れれば最短距離の数マイルで戻れますが

いずれにしても水路へ突入するのは無理

マップに出ていませんし

すでにもう前が見えません。

と、いろいろ考えた末

相当遠回りになりますが

思い切って2〜3キロ沖まで何とか出て

今朝からスタートした地域まで

ナビの航跡を頼りに

何もないはずの沖をわずかな月あかりを頼りに走るのが一番安全だと

そして

エレキとアイドリングを交互にしながら

それでもオーバーヒートを繰り返し

日が暮れてから1時間後

ようやく水深が3フィートあるところまでたどり着き

何とかプレーニングに

魚探を前にしていると前が何も見えないので

ギリギリまで画面の設定を暗くして

何かにぶつからない様に椅子に立ち膝をして

細心の注意を払ってスタックした場所から朝スタートしたキャナルまでたどり着きました。

行き止まりから10マイルぐらい走ってきて

そこからキャナルをさらに10マイル

ようやく20時過ぎ

日が暮れてから2時間もかかってボートランプに帰ってきました。

1381

周りの人から見ればただの夜釣りの帰りにしか見えませんが

私としては一大事

遭難の可能性もあっただけに

やはりこのオキチョビの減水

ボートを乗る人には大変な状況です。

MFLの試合も迫っています。

百戦錬磨の選手達のみですが

大会期間中事故が起きなければと思います。

いや〜

今日は参りました。

では

今日はこの辺で!!


3255話目 オキチョビ2日目 Lake Okeechobee Day-2

さて

今日は火曜日

フロリダ州クルーイストンのウォルマートで朝を迎えました。

1343

昨夜夜中1時過ぎまで

バスマスターライブとメジャーリーグフィッシングのチェックをしていて

1344 (2)

今日は起きられないだろうなと思いながらも

はっと飛び起き

暗いうちに食材の買い出しも済ませて

給油もして

1345

走り出しました。

まずは

ローランドマーチン、スコットマーチンのショップへ寄って

1346

ほんの少しルアーを購入

リアクションイノベーションで見た事の無い商品を発見

1347

買ったのはこれではありません。

そして

昨夜充電していないので

まずはキャンプ場へ

途中とあるボートランプへ寄ったのですが

大規模な工事中の為閉鎖中

1348

監視員の方と少し談笑を

そして

交差点ではまたこんな。。

1349

そして

キャンプ場のオフィスが開くのを待って

9時ごろチェックイン完了

流石に昨日充電を使いすぎたので

少し充電してから釣りに出る事に。。

1350

いろいろ準備して

クランキングが100%、エレキの方の充電も半分ぐらいになったので

10時半過ぎに出撃

1351

さて

こちらのエリアではどうしたものかと。。

1352

過去一度もやったことの無い場所ですが

手あたり次第に

思うようにやり始めました。

1353

すると

開始15分程で

1匹目が

1354

ちょっと昨日までと感じが違うのか??

と思いながら進めていくと

ここから断続的に釣れ続きます。

2時間強ほどの時間の間に

2匹目からで12本

1355

感覚的には昨日までの応用編の様な感じ

大体一通りのエリアを済ませたので

全く別のエリアを開拓していこうと

移動してみたのですが

エンジンのチルト

下がったままスイッチが入った状態で止まらなくなってしまいました。

これまでは

ボタンを押しなおしすると戻ったのですが

いよいよ駄目

仕方ないので一度ランプへ戻り

半分諦めモードで

もうボートをあげるしかないと段取りをしたのですが

1357

往生際悪く

船を浮かべたままごちゃごちゃやってみると

どう考えても犯人はエンジン本体についているスイッチで間違いなし!

1356

昨日もショップで見てもらった時も

正常に動いてしまうので

壊れている個所を5ヵ所から特定するのは厳しかったのですが

今日は完全に壊れた様で

チルトが下りたままの状態でスイッチが入ったままの状態が止まらないので

コネクターを外すと何の問題も起きず

フロントのボタンでもシフトレバーのスイッチでもハンドルのトリムのスイッチでも

3つともに正常に動き

再度エンジンのスイッチのコネクターを取り付けるとまたスイッチが入ったままの状態になり

間違いなし。

昨日のメカニックの人もここは水がかぶり続けるからね〜と言っていましたので。。

まだ15時過ぎなので

すぐに車を片付けて

第二ラウンドの釣り開始

スイッチは後日どこか長居する町で注文することにします。

という事で

過去良かったエリアをちょっと見ていくことに

1358

はっきり言うと

ド茶濁り

しかし

湖全体的に濁りは入っているので

もう魚達はどこかに居るしか無いはず。

様々な事を加味してやってみると

やはりこちらにもいるではありませんか

1359

少しこちらの条件の場所でも

コツが掴めたかと思いきや

同じエリアに入って来る船が

1360

すると

その前で2本釣れてしまいました。

1361

まあ

当然話しかけられますよね。。。

なのでルアーとここまでの釣果を教えてあげました。

もちろん感謝の言葉をかけてくれました。

私のアドバイスで釣れるといいですね!!

そして残り1時間ぐらいですが

更にどんどん遠くへ

1362

そしてこちらでは交通事故的な感じですが

2本追加

1363

そろそろ戻る方向に行かないと何かあったらマズイかなと

しかも2フィートしかない水路を

2キロ以上もエレキとアイドリングで進んできてしまいました。

1364

流石にこの距離をアイドリングで帰るわけにはいきませんで

自殺行為だと昨日書いた事を自分もすることに

ジャックプレート

マックスであげてオンプレーンに入り

オーバーヒートギリギリで帰るのに安全なエリアまで戻ってきました。

今日も時折シャローでオンプレーンしようとしながら出来ていないほかの船の音も聞いていましたから

ヒヤヒヤです。

もちろんオンプレーンを解くときにはジャックとチルトを上げて着地するのは言うまでもありません

1365

ここも1.75〜2フィートしか水深がありませんので。。

まったく

昨年よく油圧ジャックのついていないYETI号でここで試合に出るつもりで練習していたとは

今考えても恐ろしい!!!

という事で

この後は何も出ませんで

1366

日が暮れたので今日の釣りは終わりです。

1367

ではまた明日!

3254話目 ビッグOへ Move to Big O

さて

今日は月曜日

イストックポーガレイクのキャンプ場で朝を迎えました。

1317

真っ暗な6時ごろですが

すぐに走り出し

少しずつ明るくなってきました。

1318

目指すはレイクオキチョビ

アメリカの印象を聞かれたら

こんな感じ

1319

出発して40分余り

スタンドどころか

家一軒無い区間が40分程続きました。

そして

予定していたボートランプでおろし

1320

早速進めていきました。

すると

驚くことに

目の前に広がっていたのは

広大な水面では無く丘

水面が見えるはずの場所が陸地になっているではありませんか!!

1321

もう

過去に良かった場所などで

簡単に釣りを楽しみたいと思っていたのに

昨年に引き続き

大型ハリケーンの直撃を予期して

水位を下げた状態

どう見ても通常水位より3フィートは低い感じ

湖が大きいのでゼロから探していくのは非常に大変

写真もまたボケます!!

1322

これだけ低いとどこにどんな感じでべジテーションが広がっているのか

バックウォーターが出来ているのか

うわ〜マジ最初からだ。。

と思いながら

一つ思う事があり

とりあえず1本

3ポンド弱をキャッチ

1323

気を落ち着かせてから

少し離れた場所に突撃してみる事に

すると浅すぎてとても先に進めません

ここ

大きなバックウォーターに入っていく入り口

ちょっと落ち着いて

パワーポールをおろすと

これだけしか刺さりません

1324

ギリギリ浮いていられる水深

もう開き直って

マフィンで乾杯!!

1325

少し食べてから

アイドリングでトロトロ戻る事に

沖には水深2フィートしかない場所を

チャンネルを無視して滑走する自殺行為に近い船が。。

1326

昨年YETI号の初運転の際

座礁させてしまったのがこのエリア

プレーンを解く際に乗り上げてしまったので

同じミスは出来ませんし

幾らスタンプなどが無いに等しいオキチョビとは言え

ビックトーナメントに出ている訳もないので

2フィートの水深をオンプレーンで走る勇気はありません

もう正直こちらのエリアは捨てる事に

帰りの駄賃に

1本だけ釣り上げてから

1327

移動することに

2本釣ったパターンは知っているので

もうそれは結構

南下していくことに

向かった先はクルーイストン

南のエンドの町

ローランドマーチン、スコットマーチンのタックルショップ兼レンジャーボートディーラーに

ちょっと寄ることに

1328

実はエンジンのサイドについているエンジンのチルトのボタン

釣りが終わって片つける時

スイッチから手を放してもスイッチオンの状態が続く事があり

ちょっと相談に

メカニックがちょうどお手すきの状態だったので

原因は5つ考えられると

新しいエンジンで説明してくれました。

1329

.┘鵐献麕楝里砲弔い討い襯好ぅ奪

▲魯鵐疋襪砲弔い討い襯船襯箸離譽弌

シフトレバーについているチルトのボタン

ぅ侫蹈鵐箸離僖優襪砲弔い討い襯船襯箸離椒織

ゥ螢譟

これがリレー

1330

新しいG2も自分のモデルもリレーは同じ部品との事

5つの原因を全部当たっていかないと

特定は出来ないとはなしをしてくれました。

今週末から始まるFLWツアー戦の時にメカニックに相談してみる事にします。

そして

すぐに船をおろし湖へ飛び出しました。

1331

とは言え

水位が3フィートは落ちていると考えられる状況で

こちらの地方はどの場所なら船が入っていけるのか

皆目見当もつきませんで

こうなると過去のデータも経験も何も役に立ちませんで

早速メインレイクに出ると

オンプレーンできなくなってしまいました。

1332

仕方なく更に沖までアイドリングで出て

4フィートぐらいで強引にオンプレーンしておおまわり

そして

再度アイドリングで

岸の方へ近づき

やれそうな場所から始める事に

1333

結局釣り開始は午後1時頃になってしまいましたが

とりあえず探していくしかありません

自分のカンを頼りに

やっていくと

釣り開始5分少々で

ドン

1334

1本良いのが出てしまいました。

過去数日のトレーニングの成果が

早くもこの湖で役立ってしまい

流石にオキチョビ

サイズがひと回り大きいです!!

そして

更に続けていくと

同じ系統でまた1匹

1335

超ビックフィッシュではありませんが

小さい湖でのトレーニングの成果

顕著に表れてしまいました。

1336

時折

ちょっと強引な攻めも

1337

抜けられなくなって

ちょっぴり無茶も

1338

しかし

その甲斐あって

またもう一匹

1339

そのあとは

大体いい場所を回ってしまったので

音沙汰無し

1340

残り1時間だったので

キャナルに出て

おもむろにルアーのトリプルフックの交換を始めました。

今日針をごっそり船に積んだので

何となく始めてしまい

ふと気づくと日が沈んでいて

慌てて戻る事に

1341

という事で

昨年ぶりのオキチョビ初日

5本で13ポンドから14ポンドぐらいだったのではないでしょうか

船をあげて

定宿のウォルマートへ向かう事に

1342

では

今日はこの辺で!!





3253話目 強風 Strong wind

さて

今日は日曜日

フロリダのセブリングという町のウォルマートで朝を迎えました。

1288

朝少し買い物をして

すぐに走り出しました。

1289

今日はまた別の湖に行こうと計画していたのですが

昨夜ふと風の予報を見ると

今日昼前から13マイルの風が吹くとの予報

仕方なく昨日と同じレイクジュンへ。

早速船をおろし

昨日は反時計回りで進めましたが

今日は時計回りで進めていきました。

1290

開始早々1本ちびですがキャッチ

1291

同じ系統を20分ぐらいやっていきますが

雰囲気が全く無く

ここから大移動

1292

朝の時点でまずまずの風が既に吹いてしまっていましたが

それを見越して

風の影響が全くない

今日はこれまで来たことの無かったキャナルを徹底的にやってみる事に

1293

しかし

全くいい感じがありません。

見た感じは良さげな場所も多いのですが

1294

こちらの方は水の色が焦げ茶色

そして

何か所か入って行ってみるのですが

1匹も釣れませんで

1日粘ってもいいから徹底的にやろうと思っていたのですが

9時半でここは無理と判断

自分的に駄目な理由がわかった気がするので

誰かプロなどに確認してみようかと考えています。

そして

メインレイクに出ると

荒れ方がさらにひどくなっていて

1295

写真では伝わらなないと思いますが

ここで2フィートですから

完全にこの辺は駄目

朝大移動してきたのをそのまま大移動して

対岸の風裏へ

1296

そして

昨日触っていないエリアの桟橋へ

かなりの確率で釣れるのは予想できたので

1本釣れたらもうこの湖を引き上げようと決めて

スタートしたら

何と1個目の桟橋でヒット

1297

もうこの湖を引き上げる事に。

1298

まだ10時ですが移動開始

一応想定していたのですが

気になるのは風の強さ

陸上でもそこそこ吹いているのですが

1299

まあ突入してみる事に

次に向かったのは

過去1度だったか釣りをしたことのある

近所のレイクハントリーという湖

過去おろしたボートランプが非常に怪しいというか

ひとけが無く、人家が周りになく

一番近い人家が少し危なそうな雰囲気の地域だったので

何か車上荒らしにあいそうで

今回は地図に乗っていない別のランプでおろすことに

1300

写真に写せませんでしたが

この横に3歳ぐらいの女の子を連れた

奥さんと旦那さんが釣りをしていて

ちょうどバスが釣れたところ

カメラを持っていませんでした。

せっかくなので使わなくなった竿とリール、ルアーに帽子2つをあげると

とても喜んでいました。

そして釣り開始

1301

開始直後

断続的にムービングベイトで3本釣れて

幸先の良いスタート

1302

そして

記憶も確かなのがここの湖で

土管から水が出ている場所を思い出して行ってみますが

今日は出ていませんで

考えてみると

前回来たときは雨でした。

釣れる気配無くあきらめるしかありませんでした。

そして

メインレイクで

いきなりナイスフィッシュ

1303

アフターですが

3ポンドオーバー

このサイズが欲しいです。

風が強くてなかなかいい写真が撮れませんで

1304

こんなじゃ伝わらないと思いますが

いずれにしても風が当たるざぶざぶしている方をひたすらやっていくことに

そして

湖を半分行ったところまでで5本

1305

いずれも少しですが地形的に産卵場所になりそうなエリアの沖目から出ました。

そして

ドン詰まりへ

1306

初めて風が無いエリアに入ってきまして

とことん進んでいくと行き止まり

というよりダムになっていて

1307

こちらが高い方で、柵の向こうが低い方の隣の湖

これで水位限界を超えないという仕組み

そして折り返し

葦際で今度はブリッツにヒット

チビでしたが針掛かりがよく

外そうとすると暴れられて

1308

何とフックの1本が自分の薬指の爪と肉の間にフッキング

返しまで刺さってしまいました。

これはヤバいと思いながらも

ペンチで引き抜くしかなく

そんなに深くないと思いながらも一気に抜けませんで

少し冷っとしました。

ティッシュで止血してなんとか収まり良かったです。

もちろん手についている血は自分のです。

そして

折り返していくと

前半とは打って変わって葦のエリアがひたすら続いていくことに

1309

空のベットが多数見られて

いい勉強になりました。

その矢先にまたちびが1本

1310

そして

葦沿いをずっと流していくことに

1311

時折リリーパッドのエリアもありますが

1312

やはりこちらは完全に風裏になっているからか

全く釣れません。

そして

残り1時間半ほどになったところで

スタート地点付近まで戻る事に

1313

そして

最後に1本獲ったところで

1314

今日は上がることに

1315

1時間早いですが

今日は流石に充電しないと

明日朝から釣りに行けないので

昨日チェックしておいた場所に電話

折り返しさせてくださいと言うので

しばらく待つと大丈夫ですとの事で

そちらへ向かいました。

だいぶ隅っこに1ヵ所だけ空きがあり

一晩22ドルという事で

今日はここに

1316

この周辺は40ドル台の所が多いので

多少の距離を走っても

こちらを選びました。

では今日はこの辺で!!



3252話目 また別の湖へ Try another lakes

さて

今日は土曜日

キシミーチェンのとあるキャンプ場から

暗いうちに走り出しました。

1266

今日向かうのは

イストックポーガレイク

琵琶湖の南湖の幅をもう少し広げたぐらいの大きさの湖

いいサイズも釣り上げた事もある

2012年にアメリカに戻ってから

大体毎年レイクオキチョビレイクから試合が始まるので

このエリアでオフの鈍った感覚を戻してから行く

来慣れたエリア

しかし

昨夜は泊まったことのない場所で

釣り場までの時間の計算を完全に間違えてしまい

明るくなってきてしまいました。

1267

開き直って

給油もしてから

船をおろしました。

1269

今回この湖で1日釣りをする計画ではありませんで

1ヵ所だけどうしても見ておきたいキャナルがあって

そこだけのつもりでしたが

少しリリーパッドを

1268

しかし

風も強く

適当に始めただけではうまくいくわけもなく

20分ぐらいで

予定通りのキャナルへ

1270

過去に確実に行ったことのある場所なのですが

再度チェックしたく

いろいろ回っていきました。

途中キャンプをしているグループに話しかけられたのですが

話している目の前を動物が横切っていったのには笑ってしまいました。

馬なのか何なのかよくわからない動物でした。

1272

そして

更に進んでいき

別のエリアも試していきますが

全く。。

1271

かなり時間をかけていきましたが

ちょっと思惑とは違った結果

今回は引き上げる事に

1273

そして

道具もそのままで

次の湖の

Lake June in Winterという湖へ

1274

船をおろしたのは既に12時を回っていまして

すぐに始めました。

1275

この湖はシンプルな桟橋が大量の湖

朝のイストックポーガはオキチョビレイクを縮小した感じの湖ですがグラスが無く

キャットテールが多くちょっと難しい湖

ここでは桟橋で幾らでも釣れるのでアタリが出てからフッキング迄の反応をトレーニングするには

シーズン初めの毎年格好の練習場所

しかし今日はなかなか渋く

1時間半かかって5本獲れたところでこの釣りを変更

1276

水路でつながった

隣の湖へ

レイクヘンリーという湖

琵琶湖の南湖を対比として

3つの湖の大きさはこんな感じ

1277

そして

ヘンリーという湖は

レイクジューンをさらに縮小したような湖

そして開始してすぐにアフターのいい魚が来ました。

1278

頭はデカいですが

わずか2ポンド半ほど

2つの湖にあるものがほぼ一緒で縮小したサイズという事は

湖の状況を把握しやすいのではと。。

対岸がすぐに見える距離で

1280

とにかく1周してみる事に

少し考えていたのは

桟橋でも釣れやすい場所、またその逆だとどんな理由があるのか

それから

地形的に微妙に変化がある湖なので

今産卵期のこの季節

ベットの絡み

また、

リリーパッドが何か所か点在しているので

1281

その釣れ方も何か傾向が掴めれば

大きな湖に行ったときベースになる考えを持っておけるのでは?

と考え進めていきました。

すると。。。

結果から先に言いますと

1周して

1本目以降に13本釣れました。

1279

これまで自分がリリーパッドで思っていた事が

ちょっとズレがあるのでは?

と思い始めました。

その検証をしていったのですが

これだけ釣ってみると少し傾向が出てきたような気もしますが

まだはっきりしていないような気も。。

早い話がリリーパッドのが大量にある場所では

どこで産卵をするのか?

という事

このような場所でベッドが出来るのを知っているのですが

これまで思っていた場所とはズレがあるのがわかってきた気がしたという事。

そして

再度

レイクジュンにもどり日が暮れるまで

1282

こちらでも同様の検証を繰り返していくと

2本出ました。

1283

少し

同じ傾向もみられる気もします。

1284

ただ

この湖でそれなりにデカいやつを釣り上げた事が無いので

今日の検証はそれはそれでいいとしても

別の事も探さないと進歩が無い気はしています。

1285

まあ

これだけのぺっとした沖に変化もべジテーションも無い湖では

なかなか難しいかもしれません。

まだまだ

という事です。

おっと

このサインは。。

1286

という事で日が暮れたので

今日はここまで!

定宿のウォルマートへ行くことにします。

1287

では今日はここまで!!

3251話目 少し南へ Move to South little bit

さて

今日は金曜日

ハリスチェンの町のウォルマートで朝を迎えました。

1248

昨日深夜に

この地方はちょっとしたサンダーストームが通過

大丈夫かな〜と

1249

駐車場でも端の木の下に停めていたので

落ち葉などが屋根にあたりうるさく

船にも沢山の落ち葉などが乗ってしまいましたが

何とか無事朝を迎え1日をスタートさせました。

真っ暗な中とりあえず走り出しました。

1250

1時間ぐらい走ったところで

また別のウォルマートで休憩

そして食材を買い込みました。

一つまとめ買いしたのが

このうどんのカップ麺

1251

これ一つ32セントで

どこのお店にもあるわけでは無いのでまとめて購入

どうしても男の一人の食事だと

肉ばっかりの生活になりがちなので

野菜とフルーツも必ず摂る様に心がけていますが

うどんは生めんを探す気も無いので

こんな簡単なもので。。

自分は食べる事に頓着が無いので

出来るだけシンプルにしたいと思っています。

そして

更に走って8時ちょうどぐらいにLOWE'Sの駐車場で

1252

ネット環境をお借りして作戦会議

今日はキシミーチェンのどこかの湖で釣りをしようと思っていて

とあるキャンプ場に電話してみると

空きが無いとの回答

非常に残念ですが

作戦を変更して2番目の候補の場所へ行ってみました。

ここは無人のキャンプ場なので

取り急ぎぐるっと一周してみると

空きが十分ある様でしたので

ボートランプへ

1253

取り急ぎおろして

お昼ちょうどぐらいだったので

パンなどを食べながらメインレイクに出ると

風で大荒れ

1254

おろした直後にハマったかな〜と

シャローの5フィート前後しかない水深がメインの湖で

強風が吹き荒れ

予定していた場所に行ってみますが

ド茶濁り

すこしずつ風が弱めになるエリアをやっていきますが

1255

やはり濁りの影響なのか

釣れる気配が全くありません。

当初予定ていた滞在先が開いてなかったのが運の尽きかなと思いながら

ちょうど今日のエリアは風がもろに吹き付ける方向

1時間強この系統をやりますが

全く釣れないので

キャナルへ

1256

スタートから実はまずまず寒く

最初は薄着でやせ我慢していましたが

やはり着込みました。

そしてやっていくと

やっと1本目のチビをゲット

1257

更に続けていきますが

そのあと続きませんで

一度対岸へ

1258

ちょっと半信半疑ながら

こちらもやってみますが全くダメ

もう16時を回り対岸の風裏へ行きますが

正直手を出してはいけないのがこのような場所

1259

まず釣れるのはあり得ないと思いながらも

水が澄んでいるのはこちらの方

しかし

このような場所ではあまりにもフラットすぎて

魚が居たとしても散らばり過ぎて

居場所を特定できません。

こちらのエリア完全に外したと

開始直後から思いながらも続けてきましたが

やはりどう考えても駄目

今のコンディションでは手を出してはいけないエリア

意を決して少し移動を試みましたが

数百メートル移動してみましたが

1260

やはり無理

キロ単位で移動しなければ大きく変えるのは無理

残り時間も少ないので今日は大移動は断念することに

それでも

だらだら

やっと当たったと思ったら

チビのガー

1262

センコーのテキサスにバイト

よくバイト出来たな〜と感心してしまいます。

更に粘りますが

1263

全く駄目

今日は終了となりました。

1264

そして

この場所にあるキャンプ場で

今日は泊まる事にします。

1265

一晩20ドルと非常に良心的なお値段です!!

では

今日はこの辺で!!

3250話目 ハリスチェンフィッシング5日目 Harris Chain Fishing Day-5

さて

今日はハリスチェンでの釣り、早くも5日目

全く見えていませんで

今朝も朝早く飛び出しました。

1222

走り出すと

かなりの強風

すぐ携帯で見ると南から現在11マイル

ヤバいかな〜と思いながらも

今日キャンプ場をチェックアウトするので

1時のそれまでに野暮用を済ませて出る予定で進めていきました。

サッと船をおろして

1日をスタートさせていきました。

1223

今日は

過去に実績があり

今週まだ試していないエリアで

スポーニングエリアをやってみる事に

1224

そして

開始直後いきなりキャッチ

1225

トップに出ました。

嬉しいは嬉しいんですが

微妙なサイズ

しかも過去良かったエリアから今回も出たのですが

そのあとが続きません。

一つフロリダバス相手で感じているのはトップでも投げていいルアーと投げてはいけないルアーが

ある気がしています。

まだ機会があればご紹介したいと思います。

そして

以前はナイスフィッシュをキャッチしてもすぐに移動してしまったのですが

今日は強風も吹き荒れている状況でもあり

メインで行きたいエリアはちょっと無理そうで

このエリアを続けてみる事に

1226

水温が65度前後もあり

やっぱり大多数の魚はアフターなのかな〜と

昨日地元の人が、湖によって差はあるものの、

スポーニングは先月で終わっていると言っている人も居ましたが

まあフロリダですから3月までは続くでしょう

次の山が来るのは次の満月の時なのかな〜と。。

あれ、それって明日か??

とは言え

とりあえず今の状況に自分はアジャストできていないのは間違いないです。

そして

一つ今週一貫しているのが

グラスから1本も釣れていないという事

これまた地元の人が言っていましたが

除草剤の散布は年4回

昨日の終了直前の場所も、今日の場所も他と比べるとかなりグラスがあるのですが

やっぱり出ませんで

釣れても

やはりこのサイズ

1227

もちろんグラスではありません。

そして

もう少し続けてもこのサイズ

1228

このエリアでも少し“肝”的な事もあるのですが

過去のそれにはまる事をやっても釣れてくるのは今週はチビばかり

一部アフターでも、次の魚が上がってくるまでの中間時期としても

現状はサイトの魚を探すのが一番の近道なのかなと

そのように感じています。

そして

もう一か所沖の場所に入ってみますが

1229

こちらもダメ

不本意ですが、もう上がることに

給油して

1230

予定通りキャンプ場に戻り

洗濯をしたり、道具の準備をしたり

船を満充電にして

1231

1時にチェックアウトして

また別の湖へ向かう事に。

すると

画像は無いのですが

強風でボートランプが閉鎖されていて船をおろせません。

今日はあきらめるしかないのかな〜と思いながらも

見えてない奴が休んでいる場合では無く

だいぶ遠回りしながらも

別のランプへ。

そして船をおろして

1232

遠回りしながらも予定していたキャナルへ向かう事に

そして

こちらでも様々なルアーを試していくと

1233

ちびですが

1本

1234

そして

また1本

1235

そしてまた1本と

1236

心なしか魚のサイズが徐々に上がっていきます。

水位が高いので

はっきり見えるところは少ないのですが

こんな感じでベットがあるのがキャナル内

1237

そして

この場所に入ってきたときに

追いかけるように入ってきたバスボートが居て

昨日も見た人

話をすると

今週末大きな大会があるらしく

見えていないとの事

1239

こちらも正直に見えてないと伝え

続けていきますと

ドン!!

1本出てしまいました。

1238

何度ものされそうになりながらも取り込むと

見事に5ポンドクラス

1247

狭いキャナル内でのちょいとした攻防をしていたところ

レンジャーボートを持つ住人が黙っていませんで

一部始終をみていた様で

家から出てきて話しかけてきました。

1240

まあ当然ですが

”何で釣れたの?”

”どこから出てきたの?”

という質問

オハイオに住む方で今の時期だけここで過ごすという

悠々自適の生活をされているようで

一度進んだあとと、戻ってきたあとと2度世間話も含めていろいろな話をしました。

皆フレンドリーです。

そして

もうそろそろいい時間になってきましたが

また1本

1241

今週の仕方ない釣りが見えてきたかな?

という感じ

いろいろ試しながらも

1242

帰る心配をしなければならない時間

強風は吹き荒れたままですが

1243

こういう場所なら安全という感じ

でも

そろそろ帰れなくなる前に

ボートランプへ

1244

そして

最後もう一か所ギリギリまでやりますが

不発で

船をあげました。

1245

こんな感じで5日間

毎日違う場所で釣りをしてきましたが

なかなか厳しい状況

次の月が出るころにビックフィッシュは産卵にまた上がっていくるのではと思います。

過去何度かこの地を訪れていますが

このハリスチェンと呼ばれる水系

これまでの私の釣り人生の中で

アメリカでも西はテキサスからオクラホマ

北はミシガンにウイスコンシン

東はニューヨークにヴァージニアといろいろ回ってきましたが

もしかしてこの南のこの地域だったら

自分は住みたいエリアなのではないかと

アメリカで10シーズン以上トーナメントに出てきて

誰に聞かれても、どこに住みたいとか、どこの湖がお気に入りとかの質問に

答えられなかったのですが

ここはもしかしたら自分のナンバーワンのエリアかもしれないと

今日思い始めました。

という事で

今夜も定宿のウォルマートへ向かう事にします。

1246

では今日はこの辺で!!




3249話目 ハリスチェンフィッシング4日目 Harris Chain Fishing Day-4

さて

今日はハリスチェンでの4日目

早く出かけないとと思いながら

早く起きていたのに

もたもたしていて明るくなってきてしまいました。

1201

早く行かないとと思いながら

太陽が上がってきてしまいました。

1202

そして

速攻でおろしましたが

どこへ行くべきなのかわかりません。

1203

適当に

走らせました。

グラスエリアだったはずの場所を一応見てみますが

ツンツルてん
1204

手あたり次第に

目についた所からやっていくのですが

1205

釣れる気配は全くなし

1206

大移動することに

1207

全て

系統の違う事をやっているのですが

全くきっかけが掴めません。

もう湖のど真ん中をやってみますが

1208

こちらもどうも違う様子

そして

既に午後1時頃になってしまったので

シャローにまた移動

とことんなまでに行ってみる事に

1209

しかし

ここは駄目でしたが

別の場所に船を突っ込んでみると

ベットを発見

1211

べジテーションの土台の様になった赤●部分にオスが居て

その近くに4ポンドオーバーのメスがウロウロしていて

赤●の右側が深くなっていてそちらに隠れている感じ

ルアーを投げてみると

1210

画像超ボケてますが。。

サッと逃げてしまい

すぐに。。という訳にはいかなそう

それでもじっくりやっていると

雄雌同時にルアーにアタックしたのですが

小さいオスにフッキング

ファイトしたのですが

なんとバレてしまいました。

やっちまった〜〜という感じ

今日1匹も釣れていないのでこれしか獲れる気配なし

仕方なく

じっと待ってまた落ち着くのを待ち、手名付けて

手を変え品を変えで

トータル1時間ぐらい使ったと思いますが

オスをゲット

1212

2ポンド3/4というサイズです。

メスは確実に4ポンドを超えていましたが

これ以降姿を現さなくなってしまいました。。。

仕方なくそこを後にして

また

別のリリーパッドのエリアへ行ってみますと

ここで4本

1213

このエリアだけは他の場所より水深が深いのが特徴なのですが

それでも

サイズは小さいまま。。

そしてキシミーグラスのエリアも手を出すと1本

1214

しかしチビ

この水上飛行機が置いてある場所です。

1215

そして

もう残り時間が少なくなってきたので

大きく戻る事に

1216

そして

最後にキャナルに入ってみる事に

すると

1本

1217

更に

1本

1218

しかし

このサイズ

いよいよ時間切れ

1219

そして最後に入った場所だけ

グラスがいい状態のエリアがありました。

かなり暗くなっていたので

じっくり釣る事は出来ませんで

今日は終わりとなりました。

1220

感覚としてはかなり悪く

グラスから1本も魚が釣れていません。

今日はレイクハリスとユーステスをやりましたが

さっぱりです。

人が見落とすようなベットを探すしかないのかも

明日数時間釣りをして

一度この湖を切り上げる事にします。

過去一番釣れていないのは間違いないと思います。

では

今日はこの辺で!!

1221

3248話目 ハリスチェンフィッシング3日目 Harris Chain Fishing Day-3

さて今日はハリスチェンでの3日目

湖に近いウォルマートで朝を迎えました。

1180

5時ごろには起きてしまったのですが

今日はキャンプ場にチェックインしたいので

すぐには動き出せず

8時の開店時間に合わせてキャンプ場へ

そして受付で話をしますが13時まで受付も出来ないし、

キャンプサイトに入れないというので

バッテリーの残量たいしてないはずですが

すこし釣りに出てみる事に

1182

フルチャージしてから

もう3日目なので

ランプからそんなに遠くないエリアでやることにしました。

1183

このエリアも過去に何度も釣れた事があるので

やっていくのですが

全く反応なし

どうなっちゃてるのかなーと

ふと先を見ると

何と先行者2人の後を追いかけてしまっている状態

1184

あ〜あ

って感じ。。

二の足を踏むとはまさにこれ

実績は薄いですが対岸を仕方なくやっていくことに。

しかし全く駄目

少し移動をしてみる事に。

1185

このエリアは除草剤は撒かれていないようで

リリーパッドの生え具合は非常にいい感じ

1186

しかし見た目が良いだけで

見た目倒し

まったく釣れる気配がありませんで

仕方なく更に船を進めてとあるキャナルへ

ここで地元の住人の方が居て少し世間話を

1187

ここの水位の調整の話だったり

“フロリダというのは水は北に流れる“

という話には驚きました。

最近6ポンドオーバーも釣ったと

”ジムビッターを知っているか?”

まで言ってきたので

「95年の試合で一緒に釣りしましたよ!」

というと少し驚いていましたが

かなり長く釣りをされているのはよくわかりました。

ジムビッターがこの町に住んでいるのは知っていました。

ふと見ると

この方はレンジャーのアルミボートが係留してありました。

そして

この直後1本ちびですが釣れました。

1188

この手のエリアは

ベットができやすいので

じっくり見ていったのですが

1189

水位が高いうえに水が黒いので

見える範囲では見つける事は出来ませんでした。

どんどん遠くへ行きがちなので

エンジンがかかるうちに

少し戻る方向に

1190

そして

いい時間になってきてしまったのですが

ギリギリまで

朝打っていない場所を

パンチして行ったり

1191

それでも全くダメで

1時のタイムアップの時間

キャンプ場が1か所しか空きがないと言っていたので

急いでオフィスへ

そして

かなり使いやすいサイトを2泊ゲットしました。

1192

しかも税込み19ドル台

毎回この場所に来るときは

このドライブスルーのサイトが3つありますが

ここを狙ってます。

そして

プラグインすると

バッテリーは完全に死ぬ直前

1193

ここでブログを書いたり

出かける前に夕食の準備と早めに食事も済ませてしまい

16時にボートランプに着くように出かけました。

1194

全く釣れない状況を何とか見いだせないかと

試合が迫っている訳もないのに

ガンガン行っています。

そしてサッと船をおろして

また

始めていきますが

1195

全く駄目

やっと来たと思っても

このサイズ

1196

駄目なのかな〜と

思い始めていましたがやり続けると

1本3ポンド3/4というサイズでしょうか

1197

1本来ました。

しかしどう見てもアフターの感じ。。

しばし続けていきますが

1198

なにか釣れる感じがあまりしない様子

それでも1本ショートストライクが2度あり

センコーワッキーでフォローを入れると

このサイズ

1199

そして

残念ながらここで6時になり日が暮れてタイムアップ

1200

2時間しかなかったので

すぐに終わってしまいました。

という事で

全く結果が出せない状況

グラスが無くなっているのは間違いないので

2つ前の試合の時に戻っている様に思いながらも

水位が上昇して

また新しい状況

新規開拓していくしかありません。

今日はこの辺で!!


3247話目 ハリスチェンフィッシング2日目 Harris Chain Fishing Day-2

さて

今日はハリスチェンでの釣り2日目

とあるウォルマートで朝を迎えました。

駐車場はまさにキャンプ場状態

1153

見えますかねこの写真で

隣にトレーラーで寝ている人が居て

左の方にキャンピングカーが2台居ます。

見えないエリアにもまだ数台夜を明かしていました。

そして

早めに買い物も済ませてすぐに湖へ

1154

すぐに支度して

最初の場所へ

1155

自分が何か所か得意にしている

リリーパッドのエリアがあり

そのうちの自信のある1か所から入ってみました。

すると

開始直後にチビながら1本

1156

そして

その後さらにもう一匹チビですが

釣り上げます。

1157

今日のエリアは水温が60度ほど

自分の中では

もちろんブラインドでですが

ベットを直撃しているつもりですが

釣れてきた2本は相方を待つ雄なのか

まだスポーニングには時間が少しかかるのか

まだプリだと信じています。

そしてそこで続かず

とあるキャナルへ

1158

岸際の雰囲気が

どう見ても水位が高い感じ

岸際の家の住人がちょうど釣りに出ようとしていたので

ちょっと聞いてみると

1159

もう何か月もこの状態だよと

1フィートぐらいは通常水位より高いと感じていました。

そして

ガンガンやってみるのですが全く反応なし

一番おくまで行きましたが何も収穫無し

1160

外に出る事に

そして

更に別のエリアでバックウォーターに船を突っ込み

見ていくのですが

1161

ベットは見当たらず。。

あきらめて

オフショアに出る事に

1162

しかし

何と沖にグラスがありません。。

昨年でしたか

かなりグラスが大量に繁茂したのですが

どう考えても薬を撒いてグラスを殺してしまったとしか思えないなくなりよう

さらに

リリーパッドの濃さもだいぶ落ちてしまっている事にも気づきました。

結局割と自信のあったグラスエリアでしたが

全くダメで

1本でたのはリリーパッドからでした。

1163

さらにシャローにも入ってみましたが

全く駄目

またちびが1本出たと思ったら

またリリーパッド

1164

ちょっと

こちらのエリア

終わってるなーという印象

1165

細かく移動を何度も繰り返し

ルアーローテーションもかなり細かくやっていきますが

結局釣れてくるのは

リリーパッドのみ

1166

しかもサイズは出ません。

普段あまり手を出さない

ヘイグラスに桟橋に、バックウォーターに岬にと

1167

やってみますが

全く反応が無く

残り1時間ぐらいにまでなってきてしまい。

最後

朝一に入ったパッドエリアで

新しい魚が入ってきていないか

やっていってみる事に

1168

そして

やっと釣れたと思いましたが

やはり

チビ

1169

そして

また

と思ってもやはりチビ

1170

全く釣れず

帰るに帰れなくなってきてしまいました。

1171

ランプまで

そう遠くないので

ギリギリまで

やってみましたが

1174

結局何も起こらず時間切れ

1172

ボートランプを後にする頃には

真っ暗になってしまいました。

1173

結果的には今日のエリアは駄目

過去駄目だった時が無いぐらいの勢いの場所でしたが

今年は様子が違うようです。。

という事で

今日は午後一数時間で切り上げ

キャンプ場で充電を。。。と考えていましたが

結局だましだまし日が暮れるまで釣りしてしまい

船の充電なしで2日間過ごしてしまいました。

明日朝からキャンプ場を探すしかないです。

では

今日はこの辺で!!

3246話目 ハリスチェンへ Move to Harris Chain

さて

今日は日曜日

セントジョーンズリバーにあるとあるキャンプ場で朝を迎えました。

4時に起きてしまい

今後の予定の詳細の確認を

1128

とはいっても今日明日ぐらいまでの分ですが。。

そして

6時半ごろに出発しました。

1129

行先は

題名の通りハリスチェン

2週間間をおいて次のFLWツアーの第2戦の会場となります。

ツアーはマーシャルでの参加なので

釣りは関係ないと言えばそうなのですが

過去の実績に新しいデーター、そして様々な経験を踏まえて

試してみたいことがあり

とあるボートランプに明るくなる頃に着くように向かいました。

そして

早速おろして

1130

釣りを開始しました。

朝少し肌寒く

1131

水温は54度ぐらいを指していたか

冷えていました。

なんのルアーが当たるのか全く分かりませんで

数キャスト毎にルアーをとっかえひっかえしていると

寒いのでとりあえずクランクで超ちびが釣れました。

1132

これでも1匹は1匹

そして

しばらく行くともう一匹

1133

ちょっとサイズが上がりました。



今日はキャナルで始めたのですが

1134

ちょっと思う事がありいろいろこのエリアでやっていくことにしました。

そして

またちび

1135

そして

またちび

1136

このエリア

チビしかいないのかなー??

とやっていくと

次にはナイスサイズの3ポンド半クラス

1137

居るんじゃん!!



やっとまともに見られるサイズ

そして

このあと更にこれより大きいサイズをバラします。。

残念

そして

どんどん先へ進んでいきますが

1138

グッドサイズのクラッピー

1139

そして進んでいくと

ローカルの人に話しかけられ

2ポンド1本しか釣れていなとの事

1140

こちらの情報をすべて教えてあげました。

その直後さらに1本ちびをキャッチし

そしてさらに進んでいくと

見覚えのある船が。。

1141

今日はだれも居ないはずだと思っていたのですが

FLWツアーの選手達が練習しています。

今日が最終で、明日からオフリミットと呼ばれる禁漁期間の2週間となります。

私はてっきり今日からオフリミットだと思っていましたが

勘違いしていました。

合計で4艇今日で会う事に。。

そして

更に奥へ進んでいくと

1142


透明度が高くなり

サイトが出来そうなぐらいの感じになってきました。

しかしベットに居る魚は見る事が無く

一番奥まで行くと何と水温が64度まである場所では

既に産卵は終わっている様な印象を受けました。

そして

また別の水路へ行ってみると

ここもサイトが出来そうな感じ

4ポンドクラスがロックしていると思いきや

黄昏ているだけでして

すぐに動き出したのですが

後から来た人がちゃっかり自分を追い越しては

1143

ベットの魚を探していく始末

まあ

試合をしているわけでは無いのでいいですけど。。

そして

進んでいくと

ちびっこに

“釣れてるの??”

1144



実は今日少し前にも岸からちびっこに同じように聞かれて

笑っちゃいました。

もちろん釣れた数と最大魚のサイズも伝えました。

そしてそこが駄目で

別のアームに入るとまたちびが1本

透明度がめちゃめちゃ高く

今日初めてベットにロックしている魚を発見

1145

ちょっと試しにやってみると

3キャストでキャッチ

1146

近くに相方さんだと思われる4〜5ポンドクラスがウロウロしていましたが

どうもこちらの彼女さんでは無かったようです。

そして

このエリアもわずかこの1匹のみ

ギルがかなり群れている場所がありましたが

バスは居ませんで

また最後のあがきで別のアームへ

端折りますが

バラシもありましたが

4本キャッチ

1147

行き止まり近くで折り返してくると

だいぶ日が傾いてきてしまいました。

1148

しかし何とか

スタート前までに予定していた場所は

日が暮れる前までに回ってくることが出来ました。

1149

正直こちらのエリアは魚影が薄いのか

釣り上げる実力がないのか

でも出会う人で自分より釣っていた人は誰も居ませんで

以前もここへは来ましたが

これぐらいの釣れ具合が限界かもしれません。

という事で

今日は終わりとなりました。

1150

ちょっと期待しすぎたか

残念でした。

という事で

今日は終わり。

1151

近くのウォルマートでまた野宿する事にします。

では

今日はこの辺で!!

3245話目 また別の湖へ Move to another lake

さて

今日から2月

フロリダ州オカラという

数年前に亡くなった

FLWツアープロのグレンブラウンの住んでいた町のウォルマートで朝を迎えました。

とりあえず朝少し食材を買い出しにいくと

路線バスが止まっていました。

1104 (2)

そして

マフィンだけ食べて

明るくなる7時にそこを出発しました。

1105

まず向かったのがスタンド

車はランプが点灯してしまっていたので

安い場所を調べてからがっつり入れて

1106

約1時間程かけて

小雨の中

1107

とあるキャンプ場に突入してみました。

事務所が開いていなく

周りをウロウロして

事務所前にある電話にかけて9時からという事で

その時間にお願いしてみると強引に1か所開けてくれ

1108

1泊だけすることに

事務所の真横を開けてくれました。

1109

そして

雨も降っていて

充電も満タンではないので

2時間程充電と

釣り道具の準備をすることに

1110

そして

昼も先に摂ってしまい

小降りになってきたので

予定通り11時に船をおろしました。

1111

今日のフィールドは

また初めての湖

セントジョーンズリバー

ちょっと過去のデータの中で気になっているエリアがあり

来たことのない場所なので

今日チャレンジしてみる事に

数日後にバスマスターエリートがここで試合があるので

長居する気はありませんで

今日の半日だけの予定で釣り始めました。

1112

ちょこちょこ手あたり次第にやっていきますが

どこを釣っていいのか

持っていたデータの場所へ行くまでに寄り道もいくつか

1113

すると

岸際で2本

断続的に釣れました。

1114

ちびですが。。

1115

そして

細かく動いていくことに

1116

このエリアであまり長くやるつもりはなかったのですが

この沖と言いますか

警察の船が次から次へと

来る船を止めては取り調べを始めてくれまして

なかなか移動できなくなってしまいました。

そして

やっと移動できたと思ったら既に時間は4時

1117

このエリアをメインにやりたいと当初は考えていましたが

本当に遠回りしてしまいました。

そして

少し明るくなって来たのですが

風もまずまず冷たく

上着を持ってこなかったので

レインギアを着込んだまま進めていきました。

そして1本ちびが

1118

そしてだんだん日も傾いてきて

1119

肌寒く、それでも終わるに終われず

もう少し広い範囲を行きたいので

粘ってみるのですが

1120

残り1時間ぐらいでもうランプ近くへ戻っておいたほうがいいと判断

ランプ方向へ移動することに

1121

昨日もそうなんですが

先日ロアーをぶつけたのが8フィート

昨日は5フィートあって、今日は4フィートあって

そこは泥質なので大丈夫だとは思いながらも

気持ちが悪い感じが残っちゃっています。

そんな思いもありながらなんとか安全なエリアまで戻ってきたので

日が暮れるまで

適当にやってみる事に

1122

このエリアで1本2ポンドクラスをジャンプ1発逃しまして

まあ

魚のサイズは見れたのでOKですが

何故バレたのかよくわかりませんでした。

そしてさらに続けていきますが

いよいよタイムアップ

1123

ランプまで遠くないので

エレキで戻ることに

そして

ボートをあげる前に1つ大事な事が

実は今日どこかで1本4〜4ポンド半サイズをキャッチしていまして

ライブウェルにキープしていて

終了間際に記念撮影をすることに

1125

おなかもパンパンのプリスポーンの魚でした。

1152

どこで釣れたか推理してみてください。

もちろんどれかの画像の場所から釣れたのは言うまでもありません。

冒頭に書きましたが

ここの川でバスマスターエリートの開幕戦が数日後に始まりますので

試合後

どこかでライブの映像を見る事が出来たら

個人的に答え合わせをしようかと思っています。

今日の水温は60度〜62度

夜46度ぐらいまで気温は落ち、天気は雨のち晴れ

肌寒い感じ

デッキに20本近くと助手席にも2本だったか3本だったか竿を置いておいたので

あまりルアーを付け替える事なく釣りをしていました。

これでも2本はルアーがついていない竿があったはず

ブライアンスイフト方式です。

という事で

ここで終了

1126

船をあげたら

1127

真っ暗に

この後渡米後初の洗濯となりました。

コインランドリーに寄る時間を見つけられませんで

やっとです!


では今日はこの辺で!

3244話目 まだランプが。。 Still light on

さて

今日は金曜日

フロリダ州ゲインズビルのウォルマートで朝を迎えました。

1078

まあスっキリしない朝を迎えました。

昨夜LOWE'Sから

このウォルマートへ移動する際

昨日の朝点かなくなったエンジンランプが再び点灯

今朝一発目でエンジンをかけて点くならシェビーディーラーへ

点かないなら釣りにと思いながら出発時間

しかし

結局儚い思いも裏腹に

無情にもランプはつきっぱなし

1079

釣りに行く方向とは逆に向かって走り出し

この町のシェビーディーラーへ開店時間の7時に合わせて向かう事に

私がこの車を買ったのはここゲインズビルという町

しかしこの町には全く詳しくなく

安価な修理屋さんにでも駆け込みたいのですが

よくわからず、更に船も引いているのも実は結構面倒で小回りが利かず

お高いのは承知でお店へ

早速受付でここまでの流れを伝えて

見てもらう事に

1080

話始めてすぐに

”ここは157ドルの金額がただチェックだけでも掛かるけどいいかな?”

と。。

路上で完全止まって大きな問題になる可能性などを考えたら

やはり

ただランプがバグっているだけかもしれませんが

ちゃんと見ておいてもらわないと心地悪いので

喜んでとは言えませんが承諾。

船を奥の方に停めてきて見てもらう事に

待合室へ行くと

陽気な黒人の販売員のかたが話しかけてきてくれ

1081

”君はフィッシャーマンだよね?”

と始まり

”ショーグリズビーを知っているか?彼は我々の仲間がスポンサーについて車タダなんだぞ〜

君にもスポンサーが必要だね!”

何て会話が始まりました。

本当にアメリカ人は気さくで、何のためらいもなく話しかけてくるフレンドリーさには

毎回参ってしまいます。

多少下を向いている様な時でも

人を笑顔にしてくれる人が本当に多くて

楽しくなってきます。

日本もこんな感じになればと思います。

そして

とりあえずパソコンに向かいながら

自分のブログの誤字脱字を直したりしながら待つこと1時間前後

1082

担当の方が現状の連絡に来てくれ

スロットルのセンサーの異常が出ているとの事

手早く言うと774ドルぐらい修理にかかりますと。。

もちろん最初に言った157ドルも含めて

実は2年前のシーズン後半

エンジンの回転数が高くなってしまう症状が時折出る事があり

これまでの人生で乗ってきた車でも

アイドリングの時の回転数は落ち着かない車もあったので

何度か車屋さんにその事で飛び込もうかと2年前から思っていましたが

特に対処していませんで

それが顕著に出るようになってしまったという事

ほっておいて良くなるものでは無いのは明らか

毎年半年の活動で1万マイルをコンスタントに走っている計算で

車検も受けていないので

やはりこのような維持費用は避けられない物

ディーラーさんでどう考えても割高になっているのも明らかですが

来慣れているショップがある街では無いので仕方ありません。

承諾することに。

そして

朝から待つこと5時間

お昼ちょうどぐらいに仕上がりましたと

呼ばれました。

そして言われていた様に

1083

770数ドル

請求書が上がってきました。

まあ仕方ありません。

そしてお店の裏手でボートをつなぎ合わせていたのですが

やはりエンジンの回転数がかなり落ち着いた感じ

こうなると顕著にわかります。

相当燃料を無駄にしていたのでは?と思ってしまいました。

そして

シェビーのお店を後にしました。

1084

そして

お店でいろいろ調べて

今日はゲインズビルから南へ30分程の場所にある

オレンジレイクという名前の湖に初めて行ってみる事に

アメリカに居るのに水に浮いてないと落ち着かないので

ランプに着いた時には既には12時半過ぎで

ようやく朝昼兼用でバナナとフルーツを食べて

1時ちょうどぐらいに急いで船をおろしました。

1085

はやる気持ちを抑えて

近場から始めていきました。

1086

全く初めての湖で情報もないし

ボートランプで船をあげたアルミボートのクラッピーフィッシャーマンが

いい湖だと、パブリックレイクだと

それぐらいの情報なので

本当にバスが居るのかも分かりませんが

いろいろやっていきました。

マップで見ると縦横10キロずつぐらいなので

ざっくり山中湖が4つぐらいの大きさという感じ

1103

グラスが多く生えていました。

岸際から入ったのですが思わしくなく

少し岸から距離を置いたところで

滋賀の友人君には申し訳ないのですが

ナイトスペシャルのラトルからフロリダカラーのゴールドのラトルに変えると

すぐに1本目が来ました。

1087

居るんじゃん。。と

超ちびですが、フロリダバスです。

そして

その後ぐらいから雨がパラパラしてきました。

1088

それにつれて

空気が少し冷たくなってきた感じで

フロリダバスにはよくない冷え込み

全然釣れる感じがなくなってしまったので

小移動をしながら

1089

いろいろやっていくのですが

全く釣れる感じなし

良さげの場所をやっているつもりだったのですが

1090

思惑と外れている様で

仕方ないので大移動

1091

移動してすぐにアタリが。。

思った通りか?と思ったのですが

クラッピー

1092

やはりゴールドのラトル

合ってんのかな?

なんて思いながらも

いろいろなことをさらにやっていきますが全く駄目

1093

ここはどうなっちゃってるのか

また対岸に移動してやっていくのですが

駄目で

そんな中突然水面がボイルしたので

ビッグワームを投げると

バスでした。

1094

その目の前に

メキシコ人の3人組が釣りをしていて

釣れた目の前だったので話しかけてきました。

1095

“何のルアー使ってんの?“

「ラトルとビッグワームだよ!」

と、ルアーを見せてあげました。

ちょうど彼らが居るところが岬の先端辺り

そこから彼らは動かないで釣りをしていました。

そして彼らを追い越した直後

トップにドカン!!

1096

「今度はトップに出たよ!!」

と、

またルアーを見せてあげました。

これは単発のブッシュ周りから出てきた魚で

そこについていたんでしょう

これに、フロッグも合わせてスタートからだいぶトップも意識してやってきましたが

1097

これ以上出る事は無く

と言いますか日暮れでタイムアップ

ランプへ戻ることに

1098

竿をしまったりしていたら

大分暗くなってきました。

1100 (2)

真っ暗になる前に

船をあげ

1099 (2)

今日の釣りは終了しました。

今日の午後釣りに行くことしか考えていませんで

この後の予定はノープラン

とりあえず高速に乗って少し南下して

1102

一番近いウォルマートで野宿することに

フロリダ州オカラという町のお店です。

駐車場にこんな車が止まっている前に停めました

1101

バッテリー上がるぞ!!

って感じ

明日の事はこれから考えます。

では今日はこの辺で!!



月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Profile
  • ライブドアブログ

ゲームの時間です dallet