MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

なべさんの日記

ひとりのサラリーマンが夢を抱いたアメリカバストーナメント参戦記と日頃の日記です!

2243話目 レイクエリー2日目 Lake Erie Day-2

さて今日は水曜日

明るくなってきた頃パソコンに向かっていると

親分から電話が

”携帯に住所送ったからそこで落ち合おう!”

と、

携帯のバッテリーが切れて朝電源が切れていたので

もう既に現地に居るものだと思って急いで急行しましたが

だいぶ遅れてきました。

今日もレイクエリーを釣るのですが

昨日と違ってメインレイクに出る事に

朝から周りの船を確認すると、ほぼすべてのバスボートはハルの深いタイプ

5859

やはり地域によって

違いますな〜という感じ

5860

そのような船を横目に見ながら

船を降ろしました。

5861

そして

親分の船で海の様なメインレイクを結構な距離走りました。

産卵に入っているだろうと思える少し風の穏やかな場所で開始しました。

今日も昨日に続き

1本目を自分が釣り上げてやろうと狙っていきますが

開始早々に

残念ながら1本目は親分が

5863

そして2本目はメイスンが

5864

自分は3番目になってしまいました。

5865

全てスモールマウスでした。

しかしその後が続きません

少しずつ移動して

違うタイプの場所を釣っていきますが

5867

ラージが釣れる雰囲気の場所に入ってきて

ポロポロ釣れ始めます。

そして何十匹釣った所だったか

親分が4ポンド半を釣り上げます。

5868

そんな感じで釣り上げている中で

メイスンが自分と勝負しようと言ってきました。

どうしてもただ単に釣りをしていると

集中力が切れ気味のメイスンにはちょうどいい作戦で

1試合目ある程度の所まで頑張りましたが

自分はまけ

更に第二ラウンドをしようとメイスンが言ってきて

何とかぎりぎりで勝たせてもらって

引き分けで終わりにしようかとも話していたのですが

親分も5時半までの時間制限ありでやるように勧めてきて

そうする事に

すると自分にじわじわ釣れ始め

2本目には本日皆の中でも最高の5ポンド

5869

釣れてしまいました。

その後も少し釣れ続け

自分が勝者に

大人げない結果になってしまいましたが

メイスンのフッキングの反応も竿のさばきもだいぶ良くなったのが

このゲームを通じて集中力を持ってやることによって

明らかに分かったので

本当によかったと思います。

途中ダッドリーの大事なルアーが飛んで行って

道路を挟んで反対側の湖へ

自分で歩いて取りに行っていました。

5870


そしてトータル3人で60匹近く釣ったころ引き上げる事に

メインレイクに出ようとする前でかなり大荒れなのがわかり

フロントの魚探を外したりして

海の様なレイクエリーに突入しました。

5871

画像の絵は大したことが無いようにも見えますが

かなりの大きなうねりと雨で

結構危なく感じる状況

しかし自分達はセサミストリートのテーマ曲を口ずさんでいる様な感じ

そして何とか大荒れの湖をランプまで戻って来ました。

5872

親分はコンソールがあるのでそんなではありませんが

自分もメイスンも下着までびしょ濡れ

不快な状態でボートを上げました。

本当になぜ沢山の新しいボートがこのような

5873

ハルが深いものが必要なのか

身を持って体感してきました。

この後食事に行き

やはり親分が明日の予定をまだ決めかねていまして

とりあえず昨夜と同じ、彼らは昨日の場所へ

自分はウォルマートで2夜目を過ごすことにします。

明日どうするのか、明日の朝確認という事になります。

それでは今日はこの辺で!

2242話目 少し東へ Move to little bit to East

さて火曜日になりました。

親分と彼の長男のメイスン自分の3人で朝を迎えました。

朝5時前には起きてパソコンでの用事を全て済ませ

ホテルの中に朝の無料サービスがあり3人で頂く事に

そして今年初めてのワッフルを自分で作ってみました。

5842

ダッドリーに教えてもらい

簡単に2分半で完成

出来上がりは汚くなってしまいましたが

5843

味は最高

三人共にお腹いっぱいになった状態で

6時半頃にホテルを後にしました。

5844

昨日のスタージョンベイは

先日の大会途中にはもうここへ行く予定だとダッドリーから聞いていたのですが

今日の予定はまったくわからないと、昨日の段階でも釣りはしないかもしれないと言っていて

出発時間になっても分からないままついていく事になりました。

少しずつ南下していき

ミルウォーキーからシカゴ方向へ

5846

途中バスプロショップに寄りますが

朝早すぎてやっていず

スタンドに寄ったりしながら

シカゴ市内に入ってきたのですが

まずまずの渋滞

5845

まあのんびり進んでいたのですが

ここで問題発生

渋滞に巻かれている中、何と後ろから車に追突されてしまいました。

自分一番左側の車線で渋滞に巻かれている時

後ろの車が自分の車を抜かそうと真ん中のレーンに移動しようとした瞬間

その車の左前が自分のトレーラーの右後部に突っ込みました。

大渋滞の中、周りの車は見ているので左端から右の端の路肩まで少しずつ移動

その瞬間にすぐダッドリーに電話して、突っ込まれたと!!

自分はその車の前に入り先に路肩へ

ドライバーに合図を送り止まれ!!と

目が合ったので大丈夫だと判断し車を降りてトレーラーの後部を見に行くと

このぐらいの状況

5847

しかし

ハッと前を見るとその車が居ません

こちらと目が合って止まれと合図したのにも関わらず

何と大渋滞に紛れて逃げてしまいました。

こちらとしてはもうどうも出来ません

親分に事情を話し

小さいパックランプは割れて無くなっていますが

やはりこうなった以上どうも出来ないので

運転再開、走り出しました。

少し動揺しながら電話で親分と話をすると

相手のナンバープレートだけは押さえておきたかったと

そうすれば修理費を請求できるという事でしたが

超大渋滞の中その考えは浮かびませんでした。

そうこうしているうちに渋滞の中で親分と離れ離れになってしまい

別々に目的地を目指す事に

シカゴ市内から更に東へ4時間位

オハイオ州に入り料金所が3か所

5848

今回は少し値段がかかり

50ドル以上トータルでかかりました。

そして走っているうちに

親分と再び合流

5857

降りなければならないランプで工事区間があり

真ん中のレーンにお互い居て降りられませんで

ガソリン切れのランプが点灯

更に19マイル行かないと高速を降りられず、、の状態でしたが

サービスエリアがあり何とか間に合いました。

そして夕方5時過ぎ

実際はセントラルタイムからイースタンタイム地域へ入ったので更に1時間ロスしたのですが

レイクエリーに到着しました。

そして着くなりすぐに釣り開始

5849

超クリアーウォーターだと思っていたのですが

結構な濁り

日が暮れるまでに時間がそんなにないので

近場で釣り開始

メイスンが2度アタリを開始早々取るのですが

キャッチに至らず

きょうも失礼ながら

私が1発目を

5850

狭いキャナルの中をひたすらやっていき

あまりプレッシャーが無いのか

3人共にアタリを取り始めます。

メイスンもキャッチし始め

5851

ダッドリーが前から自分にだけに分かるサインを送ってきて

メイスンに残してあげたい場所は自分は投げないように。。。

と、咳き込んでみたり、目で合図を送ってきて

お父さんの子供に対する優しい思いを汲めるように

5852

自分も気を使うようにして、

ベットを見つけると

メイスンだけに釣れるように自分達は投げずにしたりしていました。

バックウォーターにとことん入って行き

ラージばかりですが結構な数を釣る事ができ

5853

そんな中でも

やはりメイスンが主役になるように

今日はやっていきました。

5856

そして続ける事夜の9時半まで

真っ暗になる直前までやって

今日は終わりとなりました。

5855

ダッドリーのFLWツアー中の練習パートナーのジェイミーが

このレイクエリーをホームとしていて

今夜の滞在先はジェイミーの友達を紹介してもらい

ダッドリーとメイスンだけそちらへ向かいました。

家の前の駐車場が狭いらしくダッドリーの船だけで精いっぱいの様で

タコベルで食事を取った後

自分はそこから数百メートルのウォルマートで夜を明かすことにしました。

あと7〜8時間で

明日の釣りに行く時間になるのでそうしました。

今日はいろいろありました1日でしたが

明日へ進みます。

ではまた明日。






2241話目 親分と自分とメイスンと Dudley,me and Maison

さて月曜日になりました。

昨夜から親分のダッドリーと合流

長男のメイスンも一緒で朝を迎えました。

朝5時前には起きてしまいパソコンに向かったり身支度をして

ラクロスの町にはもう用が無いので朝6時半には出発

5825

親分の後について一路真東へ進みました。

今日の目的地は

同じウイスコンシン州のスタージョンベイ(Sturgeon Bay)という町を目指しました。

2015年にはバスマスターエリートの最終戦が行われた場所で

ラクロスがウイスコンシン州の中で西の端で

スタージョンベイは東の端になります。

運転しながら親分の後ろに付いていくのは結構大変で

5827

常に制限速度より15マイル位はオーバーしたスピードで進むので

ついていくのがやっと

途中警察に真後ろにつかれ3マイル位はゆっくり走っていましたが

ヒヤヒヤです!

そしてノンストップで3時間

一度トイレ休憩を入れて

トータル5時間スタージョンベイの町に入ってきました。

スタンドで燃料を入れ、食事をとって、

5828

地元のタックルショップで少しワームなどを購入して

5829

湖へ向かいました。

もちろん自分も親分もこの湖に来るのは初めて

ここはレイクミシガンと言うべきなのかもしれませんが

あまりにもミシガンはデカすぎるので

その一部でその町の名前でスタージョンベイ呼ばれている場所です。

5830

水は物凄く綺麗で

場所的にはあまり大きな町ではありません。

そして早速スタート

5831

スタート場所からあまり離れていない場所で

釣りを開始しました。

今回何故ここを選んだのかといいますと

先週かその前の週に試合があって

2日間で各日5匹ずつのウイニングウエイトが53ポンドだと言っていたか

全てスモールマウスのみの

凄いウエイトが出ていたという事を親分が聞きつけた様で

来てみました。

5832

シャローを見て行くのですが

ベットは見えませんで

魚も全然釣れませんで

前情報とは程遠い現状でした。

魚はチョロチョロクルーズしているのが見受けられるのですが

口を使ってくれません。

全く手も足も出ない状況の中

自分はコアングラーの練習には持って来いの状況だと考えやっていると

やっと1匹目が自分に

5833

フルークで来ました。

そして親分にもしばらくたってから2ポンドが

しかしその後も全然駄目で、親分が3バイト取りましたが全てバラシ

とても先週爆発した湖とは思えない状況で

3人で竿を出しているのに結果が出ません

そして大移動を迫られることに

カナダのジョンストンという兄弟が2人でFLWツアーに参戦しているのですが

その弟のコリーさんがダッドリーに情報を教えてくれ

大移動して彼の場所へ行きますがそこには何もありませんでした。

5835

そして近くに船が一艇来て

マップを見るとハンプに入った様に自分には見えたのですが

実際はずれていて、親分に

あそこに入りたかったんじゃないの?と聞くと

少しずつそこへ

少し水深のあるハンプでやってみると親分が4ポンドオーバーを釣り上げました。

5834

そしてもう一本2ポンドクラスを釣りますが

天気も荒れてきて何とこれで今日は終わりにすることに

船の燃料も大会4日目から補充していないので

ガス欠寸前

親分はもう3バイト取りましたがキャッチできず

確かにお昼過ぎに船を出して

今日は6時半で上がる事になってしまったので

時間もやってはいませんが

残念な結果に

5836

親分と今からのスケジュールをどうするのか話をして

今からもう南下しようと

ここの町に居残る理由は見当たらないという結果になってしまいました。

釣れるのなら数日ここの町で。。。の話もしていたのですが

残念な結果

船を上げて準備をしてすぐにこの町を後にすることになりました。

5837

軽く近くのバーガーショップでチキンサンドを3人で食べ

途中大雨の降る中をとにかく南へ進みました。

雨の地域を抜けると

レイクミシガンの湖岸近くを通る道を進み

5838

海の様な湖です。

どこまで今夜は走るのかな〜と思いながら

5840

一般道なので信号もあり

かなりスローダウンしなければならない場所もあり

更に警察にまた後ろに付かれる状況が何マイルか続き

親分も気づいた様でゆっくり進み

切符もきられることはありませんでした。

大移動の時はインターステイトハイウエイを進みませんとロスが多く

何百マイルも進みたいのに停止線で止まっている場合ではありません。

親分は対向車で来た警察車両に止まってもらい

5839

下道で工事区間もあったりで

交差点の真ん中で道を聞く事に

少し迂回しなければなりませんでしたが

日も暮れやっとインターステイトハイウエイに

しかし流石に朝5時前から動き出しているのでもうかなりフラフラ

そろそろ意識が薄れてきそうな状態になってきた

夜9時半まで走り

グリーンベイとミルウォーキーの中間ぐらいのモーテルで今夜はストップ

5841

親分は部屋に入るなり

そのまま寝てしまい

自分もシャワーを浴びて

パソコンに向かいましたが

思う所まではやる事が進みませんでした。

明日の予定は全く決めていません。

3人で話をしながら決まっていくと思います。

では今日はこの辺で!!


2240話目 FLWツアー大会最終日 FLW Tour Tournament Day-4

さていよいよ今日がFLWツアーの最終日

この3日間と同じ様に早朝にボートランプへ向かいました。

今日最終日のパートナーは

2012年から良く知っている

ウェズリーストレイダー

自分が車を止めているまん前に奥さんと来てくれました。

5802

自分は準備が整わず

先に親分の船を下すのも手伝わないとなので

用意できている物だけ先に彼の船に乗せて

再度船を降ろしてから落ち合い直すことに、

ボートランプで支度をしていると

昨日自分が湖に取り残された話はほぼ全部の参加者に知れ渡っていて

ステソンマシューさんが何時間湖上に居たんだ?とか

ブライアンシュミットさんがお前は本当にいい奴だな〜とか

トッドオートンはブレイクダウンしたなら握手できないな〜なんて言いながら握手をしたり

声を掛けてくれました。

そしてジョシュアは別のプロの船を借りて自分の前で車を止め

”今日も俺の船を選んでくれたのか?”

と声を掛けてくる状態

パートナーを選べたのは昨日だけの特別措置

ゴメン!!

としか言いようがありませんでした。

そしてやっとウェズの元へ

5803

私達はお互い良く知っているので

船に乗ろうとした瞬間

”ナベ!!今日俺の船から勉強した事は

                一切彼(ダッドリーを指さして)に言うんじゃないぞ!!良いか??”

と2台となりに親分も止めていたので

周りの数多い参加者にも聞こえるような大きさの声で言ってきました。

いつも彼はそんな調子です。

今日の最終日

ウェズの順位は7位でスタート

5804

くだらない話をしながら

スタート場所までアイドリングで進みました。

5812

そして他のプロと同じ様に

カっ飛ぶ直前にグーのこぶしを二人で突き合せ

ボートレースの開始

5805

かなり行くよと聞いていたので

フェイスマスクをして

助手席で暴風に耐えながら進みました。

5813

そして30分以上は走ったか

ロックを超える事に

5806

前に見えるのは

アンディーモーガンとステファンマシューさんとオースティンフェリックス

後ろにラリーニクソンで私達の5艇に

数台のカメラボート

10分前後でロックを抜け

迷路の様な場所を入って行くと

もう一艇前に見慣れた船が

何と2位のアンディーモーガンが前を走っているではありませんか

5807

何とかなり2人は近い場所を釣っているのを

ウェズからもこの後聞く事に

そして

結構な距離を走ってきて

やっと釣り開始。

5814

基本的にこのエリアは

画像の通り

立木が立ち並んでいる場所を

フリッピングでスタートしました。

しかし

フリップしていくのですが、全くアタリも出ません

なので次々にルアーを変えていくと

少しずつ釣れてきます。

1匹目が2ポンドちょと

5815

2匹目が2,75ポンド位

3匹目がまた2ポンドクラス

4匹目も2ポンド強

5匹目も2ポンド強

さっと書きましたが

またも今日の自分のパートナーが速めのリミット達成

大体12ポンド位持っていました。

フリッピングメインでこの3日間を通過してきたとのウェズの話でしたが

最後の1匹以外は全てムービングベイト

ウエイトの推移をipadで見ているとこの時点でウェズは暫定2位

この時まだ10時前

5匹目がちょっと時間がかかりましたが

話を聞くと昨日ウェズも朝方にブレイクダウンしたらしく

この場所に来たのが昨日は10時過ぎ

今日は10時前にリミット達成なのでだいぶ落ち着いて試合を展開できる状態でした。

ここから少しずつの入れ替えが始まりますが

5816

そのペースはかなりスロー

ウエイト自体も4分の1オンス位が増えていく位のペースで

次第に他の選手の追い上げがはじまっていました。

最初は2人で時間を過ごしていたのですが

カメラマンが途中で来て

スタックしているのを見られたり

5808

自分とウェズの英語のレッスンのやり取りを聞かれたり

少しカメラマンとの距離が今回は近かったので

いろいろな会話を3人でしていました。

そして今日隣のプールまで来ているので

ここを離れなければならない時間をウェズに確認すると

1時半と言う話、今日のチェツクインは3時15分

そして数は小さい奴を沢山釣るのですが

大きいのが入らず、13ポンドに行ったかな〜

5810

位のウエイトで

少しずつ来た方向に戻る感じで釣り込み

5809

その時間になってしまったので

ロック目指して大移動が始まりました。

5817

昨日お互いの船がブレイクダウンしている同士なので

自分は口には出しませんでしたが

不安はありました。

でも無事に長いドシャローの区間を抜け

ロックに戻るとなんとダムの水門が全開

隣のプールとの水位差がなくなっていました。

これだとロックを通過しなくてもいいのではと思いながら

後ろからオースティンフェリックスのボートも来て

そこをくぐっても良いのか?の話になりましたが

それをやると失格になるとウェズが言いだしました。

確かに水位は同じに見えてもダムのゲートは数センチしか水深が無いかもしれないし

とても危険だとウェズが言っていて、15分位かけてロックを通過

5819

2日目の1時間半もロスした様な事は今日は無く

5818

スタート地点の方まで一気に戻りました。

そしてまた超シャローのジャングルの中を駆け抜け

最後の場所へ

”この走りはキチガイでしかないだろ!”

と、ウェズは到着後言ってきますが

「キチガイのままになるか天才になるか見てみようよ!」

と伝え時間ぎりぎりまでやっていると

天才的な1匹が飛び出しました。

5820

そしてすぐに全開スタート地点に戻る事に

非常に微妙な時間に思えましたが

7分程余裕を残して

ボートランプに帰ってきました。

5821

今年バスマスタークラシックにも出場し

ノリノリのウェズの釣り

とことん見せてもらいました。

最終彼は13ポンド台後半を持ち込み

順位を一つ上げて6位フィニシュ

実力者はやはり違います。

そしてこのあと親分の船、アンディーモーガンの船を上げるのを手伝い

検量を見ていく事に

今夜から親分と過ごす話をしていたので

親分は最終9位で検量を終えた時点で帰るかと思ったら

トロフィーと小切手貰ってから帰るか?

と言いだしたので

最後まで検量を見ていました。

もちろん1日中iPadでウエイトの推移をみていたので

誰が優勝したのか知っていたので

検量前に彼を見つけ、祝福してがっちり握手

その人は今朝も話をしたブライアンシュミット

ちょっと濁りと水位上昇は心配だと朝言っていたのですが結局お構いなし

朝の数時間で既に14ポンドオーバーを持っていて

ポトマック、チェサピークベイ

川のスペシャリストが遂に初のツアー優勝を果たしました。

5822

ミシシッピーリバーで

彼の実力をとことん見せられ試合は終幕しました。

そして自分とダッドリー、彼の息子のメイスンと

彼らの滞在先に移動

日本風の鉄板焼きレストランにつれていってもらい

ひたすら反省会

5823

食事後もモーテルに戻り

それは寝る直前まで続きました。

親分もこのラクロスは初めてのフィールドだったらしいのですが

そんなに難しい事は無いと言っていて

私が練習で爆発したいくつかの場所の内の一つは

親分もそこ釣ったよと言っていました。

もちろんコミュニティーホールと呼ぶような

誰もが知っている場所ではありません。

アンディーモーガンもここは初めてだとビーバーレイクで言っていましたが

彼らの異常なまでの対応能力をまざまざと見せつけられた大会でした。

それではまた明日!!






2239話目 FLWツアー大会3日目 FLW Tour Tournament Day-3

さて

今日は大会3日目

オブザーバーとしてプロの船に乗り込む日

早朝いつもの様にオブザーバーのミーティングから1日が始まりました。

5778

ミーティング後ウロウロしていると

親分が助けを求めてきて

5779

レンジャーカップのステッカーをくれと

そして足りないかもと言っていたルアーを渡したのですが

大丈夫の様で

とりあえず船を下すのを手伝いました。

ブライアンシュミットとも朝話をして

やはり自分の船に乗って欲しかったらしく、1位から5位までの船はカメラマンが乗るので

2位通過の彼の船には、、、の様な話をして

次に身近なウェズリーストレイダーは

”ナベ!!お前ここで何してんだ!”

なんてみんなの前で言ってくる始末

そしてやっとパートナーの元へ

今日の20人の選手の中で

2日間を6位で折り返した

若手のジョシュアウェーバーが今日のパートナー

5780

先日練習中に湖上で会ったのに話が出来なかった彼です。

実は今日のパートナーは

自分で選ばせてもらいました。

ここまでの自分のオブザーバーの仕事が評価され

ほとんどのオブザーバーは地元のボランティアなのですが

トーナメントディレクターが昨日特別措置を取ってくれ

彼を選びました。

先ほど説明不十分でしたが、2位のブライアンや

トップのアンディーモーガンの船に乗りたいのは山々ですが

カメラマンが乗らない船に乗らないと1日一緒に目の前で過ごせないんです。

1位から5位の船には各1艇ずつ追いかけの船が同行しそのオブザーバーは

1日追いかけの船に乗っていなければならないので

プロとの会話もほぼ無しで1日が終わってしまうんです。

そんなことで

スタート時間が迫り

今日はジミーヒューストンが神へのお祈りの言葉を語り

5781

厳粛な雰囲気の中、ナショナルアンセムもかかり

スタート時間を迎えました。

アイドリングゾーンがこの試合は長いので

ジョシュアとはずっとおしゃべり

何故彼を選んだのか?から自分のアメリカでの活動から

試合の内容についてなどとことん喋って

彼のレンジャーでスタートしました。

5782

結構走るよ!と朝から言われていたので

自分もマスクを船から持ってきていて

彼もフルフェイスのメットを被り

南下していきました。

5783

今日の予報は100%の雨予報

8時頃に降り始めの

夜までやまないとの事でした。

そして7時ちょうど

最初のポイントに着くなり

おしゃべり再開

5784

細かな話をとことん進めていきました。

そして開始して間もなく1匹目をヒット

2匹目が2ポンド強位

そしてその後20分後ぐらい

何と4ポンドがヒット

ヒットした瞬間に“デカい”と彼が言うので

その瞬間からIPADでライブ撮影

なので自分のカメラで写真を撮る余裕がないスタートでした。

そして開始30分ぐらいでまた2ポンド半クラス

そして開始40分ぐらいでまた2ポンド強

もう私と組むパートナーはどうなってしまっているのか

本部への報告が間に合いません。

そしてジョシュアは

“8時までにリミットを揃えよう!”

と言っていて

何とその8時ちょうどにアタリ

57979

5本目のまた2ポンドクラスが釣れ

5797

釣り開始1時間で本当にリミットが揃ってしまいました。

57978

本部に報告しても

感嘆の言葉が返信されてくる状況で

私の組むパートナーは今年殆どの人が爆発か上位に上がります。

この時点で本部には13ポンド前後と報告していましたが

実際には14ポンド前後あり

実質彼はすでにトーナメントリーダーに立っていました。

1時間半位同じ場所で粘っていましたが

6匹釣り上げたそのあと釣れないので

移動する事に

5786

この頃から雨が降りだし

会話もしにくい状態に

自分はゴルフの傘をさして

5799

雨をしのぎながらいました。

時折順位を確認しますが

アンディーモーガンが1位、ジョシュアが2位の状況がそこからずっと続く事に

5787

もうこれは前回のキースさんではありませんが

今日のトップウエイトを持っている彼を帰着遅れにさせないようにと

早めに考え始めました。

ジョシュアは移動を2回して新規の場所を釣りますが

5801

1匹も釣れません。

結構濁りがどちらも入っていて

ある程度駄目な判断が出来た所で

朝の場所にもどりました。

そしてすぐにジョシュアに

この場所何時に離れる予定?

5800

と聞くと

“2時!“

と一言

実質35分ここまでかかってアイドリングゾーンが10分かかるので

1時間15分前に出るというのはいい感じ

とりあえず自分はそれで一安心していました。

そしてバタバタっと4本釣りますが全てチビ

その後少し間を置いて段々サイズが大きくなってきた頃

1匹入れ替えました。

5788

2ポンド半が一番小さいウエイトになっていたと思いますが

これで14ポンド半ぐらい

しかし本部への報告は依然として13ポンド半前後の報告

多く言うのだけは避けたいので、低めで、低めで、、

しかしその後時間がどんどん経過していく中

雨からなのか、入れ替えが全然出来ません。

アタリ自体も激減して

本当に朝1であれだけ良いサイズが釣れたのは凄いです。

1本4ポンドがあり、

実はジョシュアは昨日のプロサイドのビックフィッシュ賞を取っていて

そのウエイトが4ポンド11だと言うので

本当にデカいのが出にくい今の状況ですごいな〜という感想でした。

しかもすべて昨日まで1度も投げていないというルアーで。。

5789

そんなかんじで時間が過ぎていき

いよいよ2時に、、

ジョシュアに

何気に「Time to go?」

と聞くと、もう1キャストと言って2時をまわっても続けていましたが

流石にもう行こうと

しかしエンジンがかからず

レンジャーの新しいシステムのジャンプスタートでかかりますが

その直後リアから白煙が!!!

5790

エレキの方のバッテリーなので大丈夫だろうと最初は思っていたのですが

何とエンジンを掛けるキーパッドが一切反応しなくなりました。

“これは駄目だ!ブレイクダウンだ!!”

とジョシュアが言うので、片っ端から電話をかけ始めました。

二人で手分けして、朝から近所を行ったり来たりしていた親分にかけても

電話に出ず、オブザーバー仲間のベンジー、トーナメントディレクターのビルテイラー

アンディーモーガン、メディアチームのジョディーホワイト、マットアレイ

誰も電話に出ません。

ジョシュアが

“ナベこれはまずいぞ!!!”

と言って来たので

自分はビルテイラーにメッセージ

「ハイBill!!ブレイクダウンした、助けが必要だ!ジョシュアウェバー」

雨の中携帯の表面が濡れて思うように操作できなく

さらに充電がほぼ切れそうなうえ

電波も悪く

悪戦苦闘していたのですが、そのメッセージが効いたのか

ビルからジョシュアに電話

テキサスのジェフスプレーグ

4位スタートの彼が助けに来てくれました。

これで一安心

ネットに魚を全て入れて、彼のライブウエルに移し

5791

自分はボートに残って、ジョシュアを検量に行かせました。

サイトの数字が正しければジョシュアが一番重いウエイト

そして2位のはず

とにかく内心は良かった、良かったを連発していました。

5792

何時に戻ってくるのか分からないので

雨と風を避けるように傘を低くさして

ひたすら待っていました。

1時間待っても、2時間待っても誰も来ず

3時間待っても駄目

そして4時間後にジョシュア自身がスポンサーボートを運転して一人で戻って来ました。

5793

“グー“ポーズなので

2位かと思いきや、聞くと14ポンド強で4位

誰も助けに向かってくれる人が居なく

検量を終えて自分で来たとの話

とりあえずロープでつないで近くのボートランプへ

5794

数マイル走ったところに

ジョシュアのトレーラーを引いたメディアチームのジョディホワイトとカイルが

2台で迎えに来てくれていました。

5795

2人に会うなり、今日も自分のパートナーが爆発

その話題で持ち切り

そして陸路

スタート地点へ向かいました。

そしてジョディの車に乗り込んだ自分はずっと話をしながら

ボートランプへ7時頃に戻って来ました。

5796

まあ何はともあれジョシュアの検量が時間に遅れる事なく出来

既にサービストレーラーの人達は滞在先へ戻ってしまったので

明日ジョシュアは自分の船を使えないかもしれませんが

万事OK!

という事で良いのでは無いでしょうか!

明日大会最終日10人のプロが戦います。

親分も残っていますが

明日は誰の船に乗るでしょう???

ではまた明日!!



2238話目 FLWツアー大会2日目 FLW Tour Tournament Day-2

さて今日は大会2日目

今朝も朝早く起き

まずは親分の所へ

ちょっとアドバイスを貰いたい釣りがあったのと

親分は貫禄の初日6位スタート

滞在先で電話が繋がらないので直接会って話をすることに

5759

少しシークレットのルアーと色を教えてもらい

彼がしている事も確認

自分の疑問も解決し

そしてそこから数分のスタート地点のボートランプへ向かいました。

5760

本日のパートナーはノースキャロライナ州のトレイシーアダムスさん

彼はかなりの実力者ですが

今年は駄目な様で

今年の年間ランキングは86位

しかし昨日12ポンド台で初日61位スタートをしていました。

朝ボートランプ横で落ち合う事になりました。

5761

朝会うなり

トレイシーさんの方からトークトークトーク

今まで一度も話をしたことが無い方だったのですが

5775

外見の雰囲気的にあまりしゃべらない感じの方だとばかり思っていたのですが

相当話し込みまして

向うからいろいろ聞かれたりしてちょっと拍子抜けしてしまいました。

そして今日はナショナルアンセムがかかりまして

5762

昨日はスタート場所にさっさと行ってしまったので

ボートランプの近くでやっていることを知りませんでした。

そして今日は26番目のボートナンバー

スタート直前二人でグーの手を合わせて

黄色と黒のトレイシーさんのナイトロはカッ飛びました。

5763

彼の作戦は別のプールで数時間だけ釣る事

朝一でロックへ行ったのですが閉まっていて

20分前後程時間つぶしをその周辺でして

ロックインしました。

5764

大体10艇前後が入り

水位を調整してもらって

扉が閉まってから10分前後で隣のプールへ移る事が出来ました。

そして早速開始した場所は

自分が練習で釣った場所

5765

どんなアプローチを彼はして、どんな結果になるのか非常に楽しみで始まりました。

すると開始間もなくして

いきなりパートナーはキーパーサイズをゲット

ライブウェルに入れるのを手伝ったりして

彼はいいスタートを切りました。

5766

桟橋の周りと後ろの方まで

全てグラスで覆われている場所なので、自分の方はグラスのホールにフリップしたり

エッジの方に投げたりするのですが一向に釣れません。

トレーシーさんは岸ぎりぎりにルアーを投げ続け

パワポールを降ろしては届く範囲に全てルアーを入れ

そしてまた少しだけ進んでパワーポールを降ろしてのサイクルなので

魚が出てくるところに自分が1番目で投げられる隙がありません。

そして50m前後しかないエリアなのですが

一流し目で2ポンド半クラスを3本釣り上げてしまいました。

そして一度ビッグエンジンで最初の場所まで戻り

もう一度同じ様に流していき何と彼はリミットを揃えてしまいました。

しかもすでに13ポンド位

ちょっと厳しい状況の場所だな〜と思いながら

自分は雷魚の様な魚とノンキーが1本だけ

これはどうなってしまうのかと不安になっている矢先

3流し目で彼は3ポンドオーバーを釣り上げ

5767

14ポンド前後は既に持っていました。

すると3流し目に自分も更に丁寧に彼の釣った場所でも

ルアーを変えて、同じルアーでも色を変えてで打っていくと

何と3本のキーパーを入れる事に成功

3本で大体5ポンド〜6ポンドだと思っていました。

そして10時半前にはもうスタートのプールへ戻ると言いだし

朝の場所から始めて動く事に

そしてロック向かうのですが

トレーシーさんの無線で、ロックを管理している人に連絡すると

5768

何とお昼まで開かないと言うではありませんか

もうこのエリアでは良い場所を持っていない彼は適当にその辺で時間を潰すことに

あと自分は2ポンドはどうしても取らないとぎりぎりこのウエイトで

賞金に届かないぐらいの位置であるのは分かっていたのですが

流石に1時間半は長く

結局その通り12時ちょうどに開き

他の選手も何人か同じタイミングでスタート地点のあるプール8へ移動する事に

5769

朝と同じプロセスを逆に進め

水位があまり差がないので15分程で隣のプールに戻りました。

そして昨日も釣ったというエリアへ

5770

昨日トレーシーさんに

今日の作戦を聞くと

たった一言

”フリッピング”

ロックスルーをする際の時間つぶし以外

基本すべてフリッピング

自分も7本持ち込める竿の3本にフリッピングのセットをして

タイプの違うルアーを次々に投入していきました。

そして彼の釣りを見ていると

自分がもちろんこのエリアも練習中に3ポンド弱を実際に釣った場所だったのですが

細かな移動を繰り返しながら

打って行くのはブッシュのみ

5771

アイドリングゾーンで話し込んでいる時に

「この湖は何処も見た目パーフェクトに見えますよね〜」

”まったくその通りだよね!全部のストラクチャーに魚がついていてもおかしくない見た目だよ!”

と、この場所へ来る前に話をしたばかり

で、実際自分も立木の根元が非常に良く見えるのですが

このエリアで立木からは1匹も練習で釣れていないんです。

それを彼も練習で掴んでいて、一切投げないんです!

そしてそこそこの数をお互い釣り上げるのですが

5774

全てノンキーパー

そしてあえなくチェックインの時間に

1時間半ロックスルーでロスした時間は結構痛く

今日はフライトが速かったのでとても短い時間で終わってしまいました。

5777

とにかくトレイシーさんが釣った場所は自分も練習で釣った場所なのですが

その時は1匹も釣れませんでした

日が高く真夏日の様な陽気の状態が

試合では非常に寒い風の強い曇り空の状況

ここで結局トレイシーさんのウエイトは1匹デッドにもかかわらず14ポンド台あり

24位フィニッシュ

流石と言うしかない実力を見せてもらったと思います。

5773

前でパワポールを降ろしては綺麗に釣っての繰り返しをされてしまったので

結果的に自分の3匹釣れたのはかなり限界に近い数字だったかもしれません。

昨日の彼のパートナーは1匹だったと言っていましたので

そんな風に思うしかありませんでした。

最終自分は64位フィニッシュ

50位までが賞金圏内なので

今回も届きませんでした。

年間ランキングは順位が悪いにも関わらず39位に

しかしトップのゲーリーハラグチさん

年間賞金ゲットの10位までは相当な数字が開いてしまいました。

とにかく最終戦何とかしたいと思います。

今日は終わりました。

明日の3日目、オブザーバーとして大会に参加する事になります。

ではまた明日!


2237話目 FLWツアー大会初日 FLW Tour Tournament Day-1

さて

今日からFLWツアー第6戦

ウイスコンシン州ラクロスでの大会初日となりました。

早朝パートナーのマークさんと待ち合わせ

5745


サービストレーラー前で待ち合わせ

予定より15分も早く来てくれました。

2人で船を降ろして

桟橋に船をつけっぱなしにしてくれたので

自分は近くにいたアンソニーギャグリアティやスコットアシュモア

他のプロと話をして

少ししてから自分達もおしゃべりを開始しました。

5746

今日はナショナルアンセムも無し、

神へのお祈りも無しでスタートしました。

ボートを降ろした場所が湖岸にハウスボートが立ち並び

とても国家を早朝からかけられる場所が無かったからです。

そして今日は134番目でスタートしました。

5747

少しカッ飛び

長いアイドリングゾーンを抜け

最初の場所に到着しました。

5749

正直本当に釣れるのか半信半疑で始まったのですが

少し流れがある場所なんですが

マークさんの操船、ロッドさばきがとてもぎこちなく

更に開始早々アタリがありますが合わせもぎこちなく

ラインブレイク

大丈夫かな〜と

するとしばらくその場所を動かないでいると

1匹目の1ポンド半ぐらいのスモールがマークさんにヒット

自分で先ほどラインブレイクした物がその魚に着いたまま上がってきました。

マークさんも魚もどうかしてるぞ???という様な感じでした。

そしてまたしばらくすると

マークさんに1ポンド半のスモールがヒット

船がなかなか動かない位にゆっくりと言いますか

気になる場所船を固定して同じ場所にずっと投げていて

なかなか新しい水域を釣る事が出来ません。

そして更にマークさんに4ポンドがヒット

5748

この後からマークさんは余裕が出たか

少しお互いの喋る頻度が多くなりました。

聞くとマークさんの仕事は地元イリノイ州の

プライベートハイスクールのオーナーであり

Principalとも言っていましたので、校長先生でもあるとの事でした。

その間自分は5本のチビに

4ポンドクラスのドラム

5750

彼の場所は基本スモールマウスがスポーニングしているであろうエリア

自分はここまで練習してきたルアーが全く1つも効きません。

彼は1/4オンス位のジグに4インチのセンコーのテキサスとワッキーがメイン

それをほとんど船が動かない状態で投げられ後に釣るので

こちらも今週していないぐらいとことんフィネス感を強め

超フィネスワッキーで

やっと3ポンド半がヒット

ほとんど釣り残しが無いのでその中彼の逃した一瞬の場所で食いました。

5751

ボートがゆっくりでもある程度一定のスピードで流れていくと

もう少し何とかなりそうな気もするのですが

流れもある中で

少し流れがよどむ所を選んで投げているので

しょっちゅうボートがこの状態で

5752

竿を振るどころか

7本も積んでいる自分の竿がこれらの木に絡まれて

何度もまとめて折れそうな状態になるので気が気ではありませんで

写真を撮る位しかできません。

そして11時頃だったか

彼は10ポンド前後のリミットメイクに成功

どんどんベストな水域から離れるようになっていきました。

それでも同じストレッチに居るのでまだチャンスはあると思い自分も続けますが

釣っても釣ってもノンキーパー

5753

しかし画像の3枚目が2ポンド位のぎりぎりキーパー

ルアーのサイズを下げると少し当たるのですが小さく

大きいのを狙いたいので少しサイズをあげるとアタリがなくなり

良いサイズが来ません

しかしお昼近くなって気温が上がってきたからか

少しずつ練習で釣れて来たルアーに反応するようになり

これまでにないアタリがありフッキング

しかし彼が船をUターンさせた一瞬にベストと思えるスポットに投げ込んで来たので

ファイトし始めの時に彼はエレキをフルスピードで踏んでしまい

魚は流れの下流へまっしぐら

魚は行ってしまいました。

残念!!

そして

どんどん船は下流へ流れていき

もうエレキ全開でなければ止まってられないぐらいの場所で今日初めての移動

既に午後1時をまわっていました。

その間この場所には誰も来ませんでした。

今日は風速14マイル位の強風で

次の場所は濁りで全く駄目

また新しい場所にいって暫くやっていると

パートナーが3ポンドをヒット

5755

これでパートナーは12ポンド位にはなっていました。

画像の左に見えるような木の根元をメインにかなりスローに打っていくので

対岸をやっているプロ達はどんどん居なくなります。

先日話をした

ジェイソンランバートさんも近くに居て

スタックしていました。

5776

そしてこのエリアは丁寧に釣られると

後ろからはやはり厳しく

何とか彼が打った後でも

船が進まないので何種類ものルアーを同じ場所に投入して

2本その後まともな魚は出ますが

5756

いずれも14インチにはわずかに届かない魚

終了1時間も前にはもう今のウエイトで満足してしまったのか

まともなエリアを後にしてしまいました。

その後はスタート地点付近で時間つぶし

何も起きませんでチェックインしました。

5757

検量場所に来るとまたゲーリーハラグチさんとばったり

“10ポンド半釣れたよ!”

との事

流石だと、首をひねるしかありませんでした。

結局今日終わってみると

自分は5ポンド台で80位スタート

今回160艇なのでちょうど真ん中

マークさんは73位

彼自身過去最高のスタートを切ったと思われます。

5758

キャンプ場に戻ると

自分の近くに一人地元の人がコアングラーで参加している人が居て

話をすると

“お宅の親友のダッドリーさんと組ましてもらったので

12ポンド半釣れて今4位だよ!“

と、自分とはエライ差

ダッドリーのくじは自分はすでにテキサスで使ってしまったので

彼とはもう組むことは1年のうちではありません。

親分は15ポンド台で6位スタート

自分はトボトボ明日の支度にとりかかるしかありませんでした。

正直今日も最高のドローでは無かったのかもしれませんが

最悪の結果は避ける事が出来ましたが、

自分の反省2度バイトを今日逃したのがあったのを何とかしたかったです。

欲を言えば8ポンド〜9ポンドは出せた状況だった気がします。

もちろんノーミスでの話ですが

テクニック的にはもっとフィネス関係の対応力をあげないと

目の前でプロが釣った同じ場所をすぐその後釣るのには対応が出来ていないのではと

どうしても自分一人で練習していると

その辺の練習が不十分になっているのを感じます。

ゲーリーハラグチさんなどと比べると

話にならない自分のレベルで

話をしてもらっているだけでもありがたいと思わなければの差です。

明日また全然違うタイプの場所を釣ると思いますが

なんとかやってみましょう!

ではまた明日!

2236話目 受付の日 The day of registration

さて今日は水曜日

ツアー戦の週恒例の受付の日となります。

昨日午後1時過ぎには上がったので、少しは体力が回復

今朝も5時台には起きてしまい

5737

出来るだけのんびりするようにしていました。

朝キャンプ場のトイレに行くと

テネシーリバー系のスペシャリストでもある

ジェイソンランバートと鉢合わせ

過去一度も話をした事の無い方でしたが

少し話混んでみると、彼は結構釣れているとの話

周りはみんながみんな釣れている訳では無いと言っていましたが

自分の練習の結果でも釣れる条件が限られているので

見える美味しそうな風景に騙されるとハマってしまうかもしれません。

ジェイソンは今シーズンかなり結果が酷いらしく、幾ら最後の2戦捲っても

チャンピオンシップは無理だと言っていました。

プロの場合身近な人には突っ込んだ話はしても

他の人には一切内容を言う訳は無いのですが

コアングラー相手ですと、

ルールでコアングラーが他のプロに他のプロの情報を話せないので

どのプロも結構細かな内容まで話をしてくれます。

ジェイソンは試合の作戦まで話をしてくれました。

そしてキャンプサイトに戻り9時過ぎまでは何もせずにゆっくりすることに

朝一度雨も降ったので、落ち着いた頃道具の支度を始めました。

5738

今回の大会会場は川なので

基本はシャロー

マグナムクランクベイトやビッグスプーン、ヘビージグなど

そのような系統は基本無いはずなので

ある程度の竿も先発ルアーをセットして支度しました。

そして昼過ぎ

朝から食べるものも殆ど手元に無いので買い物や、スタンドなどへ

出かける事にしました。

それらを済ませてから、先日ルアーをオーダーしたタックルショップへ

連絡が無いので、今受け取れなければアウト

駄目なら親分に応援依頼を出すなりしないといけないのですが

期待を込めて

お店に行ってみました。

5739

到着するとお店の前にUPSの配達のトラックが来ていて

お店には大量の箱が到着。。

店員さんが全ての箱を順番に開けていき、6個目位を開けると

自分のオーダーしたルアーが出てきました。

ぎりぎり間に合いました。

今日手に入らなければ返金してもらうつもりで来ましたので

Just in timeってやつですね!

普段もまずつかうことの無い、ここでもかなり絞られた場所のみで使う物なので

もしかしたら出番が無いかもしれませんが

手を抜いてもしょうがないので

かなり重要なルアーなので調達しておきました。

そしてそのすぐそばのサービストレーラーの元へ

5740

先日ぶっ壊れました、モーターガイドのトローリングモーター

ダメ元でマーキュリーのスタッフに見てもらう事に

日曜日まで自分はこの町に居るので

彼らが帰る前までに見て欲しいとお願いしてきました。

そして更にダメ元で例のボコボコのプロップをエビンのスタッフに見せますが

流石に換えは無い様で、状態のあまりの酷さにお互い笑うしかない状態

ここでかなりの豪雨になったのでウォルマートへ移動

少し食材を買い出ししたりして時間を潰して

受付へ向かいました。

今回の受付でラクロス市から懐中電灯を頂きました。

5741

ボルボの懐中電灯がボロボロになってきたので

いいタイミングでした。

他にもペンやらいろいろ市の名前の入った物がありましたが

こちらだけ頂きました。

そしていつもの様に4時半からミーティングが始まりました。

5742

この前は隣に座っていたラリーニクソンが

今日は前に座っています。

となりにはテキサスのステソンパテク

あまり見えていないとの事です。

大体ミーティングは45分が基本でその位で今日も終わりました。

そしてテキストで送られてくるパートナーが終了後判明しまして

またも聞いた事の無い名前の方

マークフィッシャーという方になりました。

そして打ち合わせをして

豪雨の中キャンプ場に帰りました。

5743

戻るなり

早速明日のパートナーの戦歴を確認させてもらうと

今年の5戦での最高位が110位

今年の年間ランキングが164人中161位

ツアープロサイドで3年、コアングラーで2年の経歴があるようですが、

プロとコアングラーを行ったり来たり

ツアーではコアングラーでしか賞金を獲得した事が無い様で

非常に心配ですが

明日は新しい日

過去がどうであれ良い場所に浮いてくれることを切に願って

大会初日を迎えたいと思います。

優勝目指して頑張ります!!!

ではまた明日!

今回の大会会場は川なので

基本はシャロー

マグナムクランクベイトやビッグスプーン、ヘビージグなど

そのような系統は基本無いはずなので

ある程度の竿も先発ルアーをセットして支度しました。

そして昼過ぎ

朝から食べるものも殆ど手元に無いので買い物や、スタンドなど

出かける事にしました。

それらを済ませてから、先日ルアーをオーダーしたタックルショップへ

連絡が無いので、今受け取れなければアウト

駄目なら親分に応援依頼を出すなりしないといけないので

お店に行ってみました。

5739

到着するとお店の前にUPSの配達のトラックが来ていて

お店には大量の箱が。。

店員さんが全ての箱を6個目位を開けると

自分のオーダーしたルアーが出てきました。

ぎりぎり間に合いました。

かなり絞られた場所のみで使う物なので

もしかしたら出番が無いかもしれませんが

かなり重要なルアーなので調達しておきました。

そしてそのすぐそばのサービストレーラーの元へ

先日ぶっ壊れました、モーターガイドのトローリングモーター

ダメ元でマーキュリーのスタッフに見てもらう事に

5740
日曜日まで自分はこの町に居るので

彼らが帰る前までに見て欲しいとお願いしてきました。

そして更にダメ元で例のボコボコのプロップをエビンのスタッフに見せますが

流石に換えは無い様で、状態のあまりの酷さにお互い笑うしかない状態

ここでかなりの豪雨になったのでウォルマートへ移動

少し食材を買い出ししたりして時間を潰して

受付へ向かいました。

今回の受付でラクロス市から懐中電灯を頂きました。

他にもペンやらいろいろ市の名前の入った物がありましたが

こちらだけ頂きました。

5741

そしていつもの様に4時半からミーティングが始まりました。

5742

この前は隣に座っていたラリーニクソンが

今日は前に座っています。

となりにはテキサスのステソンパテク

あまり見えていないとの事です。

大体ミーティングは45分が基本でその位で今日も終わりました。

そしてテキストで送られてくるパートナーが終了後判明しまして

またも聞いた事の無い名前の方

マークフィッシャーという方になりました。

そして打ち合わせをして

豪雨の中キャンプ場に帰りました。

5743

早速明日のパートナーの戦歴を確認させてもらうと

今年の5戦での最高位が110位

今年の年間ランキングが164人中161位

ツアープロサイドで3年、コアングラーで3年の経歴があるようですが、

プロとコアングラーを行ったり来たり

ツアーではプロとして賞金を獲得した事が1度も無い様で

非常に心配ですが

明日は新しい日

過去がどうであれ良い場所に浮いてくれることを切に願って

大会初日を迎えたいと思います。

優勝目指して頑張ります!!!

ではまた明日!

2235話目 練習13日目 Practice Day-13

さて

いよいよ今日で練習日も最後の日

練習13日目の朝を迎えました。

5726

昨夜そこそこの雨が降り

夜も雷が鳴り響いていたのを聞いていました。

朝起きてみると

近所のサイトのエリアは冠水してしまっていて

5727

一瞬川自体も物凄く増水してしまったと思ったのですが

この1週間で減水した1フィート前後が

半分ぐらい、元に戻った感じに

で、

今日はまず最初に陸っぱりでちょっと行っておきたい場所があったので

朝一で行ってみる事に

5728

土管から水が出ている場所なのですが

道路の下を隔てて出ていて

陸からとても釣りやすい場所なので

朝一でも車でそこだけ釣って帰る人が既に一人

相当なプレッシャーの場所ですが

ここまで船で来るとなるとかなり面倒なので

本当に釣れるのか来てみましたが、

残念ながら不発に終わりました。

そして船を出す事に

5729

もう何人ものプロが出ていた後で降ろし

この地域に初めて来たときにいった場所に行ってみました。

するとその時とほぼ同じ位の水位に戻っていて

この何日かで水位が下がった状態で落ち着いてきた感じで釣れて来た方法が効きません

それ以前にこの場所は濁りまで入ってしまっていました。

この辺りのエリアには他のプロだらけ

自分は邪魔者でしかありません。

まあ邪魔だと言う人は誰も居ないんですがね!

彼はコアングラ―上がりのプロ

時々話をするジョシュアウェーバー

5730

今日はタイミングが合わず話はしませんでした。

流れに逆らって朝一移動してきたので

流れに乗りながら少しずつ下流へ

気になる場所はチョロチョロやってみますが

5731

全く釣れる気配がありません。

良さそうな場所には他のプロが入り

先日少し釣れた場所まで来ましたが

2艇が見える状況、対岸で時間を潰しながら彼らが居なくなるのを待って入ることに

するとここは濁りがあまり入っていなく

超チビが一匹釣れてきました。

5732

その後パイク、そしてマッドフィッシュと

魚の気配がある場所でしたがその後は続きませんでした。

で、この時点で1時過ぎ、

今日はもう上がる事にしました。

どこまでやっても本当にキリがありませんで

更に正直今日居る場所が良くないんです。

特にこの川は良い場所に行こうとすればリスクとガソリンがどうしてもかかってくるので

もう練習も13日連続で午後からの時間は準備と休息に充てる事に

ボートランプに戻ると

TBFという試合の昨年のチャンピオンの

ジョセフウェブスターというプロも船を上げている所で

5733

少し話をするとやはりよく無いという回答

幾つか釣れた場所の話をしてくれましたが

今から別のプールへ移動すると言っていました。

この人が1年で一人だけ、

バスマスターで良く言う所の

フェデレーションからの勝ち上がりの様な感じで分かりますでしょうか

車も船もエントリーフィーも確か経費もすべてFLW持ち

チャンピオンシップも自動的に参加可能

チャンピオンになるとFLWツアーにご招待という待遇です。

自分は船を上げて

キャンプ場の事務所内で少しパソコンに向かいました

川の水位を確認すると

5734

やはり水位が上がっていました。

2時間程パソコンに向かいサイトへ戻りました。

昨日までのサイトが船の傾きが前のめりで

またストレージが濡れてしまい

今日から新しいサイトに移動

中を乾燥させることに

5735

道具を整理したり

早めに夕食を摂ったり

少し片つけをしているだけであっという間に日が暮れてしまいました。

今日明日で出来るだけ体力を戻して

集中して試合に臨めるようにするだけです。

ではまた明日!!







2234話目 練習12日目 Practice Day-12

さて

今日は練習12日目

公式練習日の2日目になりました。

5714

朝5時半に起き

朝も取らず、そのまま移動を開始しました。

動き出すのには勢いが大事なので

こんな感じで動くのはいいでしょう。

そして船を降ろして

一気に船で移動

5715

今日は新規開拓に行くつもりでスタートしたのですが

減水が進み前回今日のエリアの近くで夕方に爆発したので

そこだけは朝一チェックに行ってみる事にしました。

するとやは減水のお陰で

どう見ても良くない状況に

しかし少しやってみるとそれでもヒットしてきました。

5716

キーパーぎりぎりのスモールマウスで

このまま続くのかと思ったのですが

やはり駄目

前回は20本以上釣れたはずですが

完全に違う状態になっていました。

なので切り上げまた移動

新規開拓を始めていく事に

すると新規の場所で簡単に1匹目が、

そしてまた2匹目が、そしてすぐに3匹目が、

どうなっているのか全くアタリが止まりません。

周りに気を使って他のプロが見ていないかそれを気にしながらも

とにかく止まりません。

今日も念の為、魚の写真を撮り続けていきますが

5717

本当に止まりませんで

キーパーサイズだけウエイトを計って

頭でウエイトを計算しながら

周りにプロがこちらを見ているような事だけは

無い様にそれだけには引き続き気を配りながら

釣り続けます。

それでも本当に止まらず

5718

釣り続ける事2時間丁度ぐらい

確か1匹だけ

ウエイトを計って写真を撮らずにリリースしてしまったので

合計で46匹

ウエイトで13ポンド位まで釣れた所で

もう移動しようと

少し気持ち的にも変になりそうだったので

まだまだ釣れたと思いますが、その場を離れました。

一番大きくて3ポンド半〜2ポンド半の重さでトータルそれだけありました。

少しその場を離れながしていくと

1艇プロがそちらの方向に向かったので

気づかれたかな〜と思いましたが

すぐに移動していたので

バレなかった様です。

それを見届けてからまた新規開拓の続きを

5719

先日もこの水路の様な場所を通ったのですが

やはり水深が浅くなっていたので

慎重に進みました。

そして釣りを再開していきますが

またも3ポンドのナイスフィッシュ

5720

暫くこの新規の場所で続けていくと

更に3本釣れ

一番小さいのが2ポンド半1匹、

それ以外は全て3ポンド以上という所までウエイトが伸びていました。

その場所がホワイトバスしか釣れなくなってきたのでまた移動

また新規開拓を再開

5722

このエリアで

1本だけですが

スモールマウスが釣れてきました

前回とは同じ系統のエリアながら

水位が変わっているので

どうかな〜と思っていたのが

前回釣れないやり方で今回は釣れたので、

また一つ回答を追加できました。

そして時間を少しかけたので

先ほどの場所に戻る事に

すると

また3ポンドがヒット

5721


これで3ポンド半が1本の4本が3ポンドなので

15ポンド半まで5本のウエイトは伸びていました。

このエリアで5本程また釣れ

アタリが出なくなってきたところでまた移動

念の為朝爆発したエリアにもう一度入れないか

走ってみる事に

するとローカルのアルミボートがアンカーを降ろしているのが遠巻きに見え

少しよそで時間を潰してから

少しずつそこに近づき

話しかけて少しやらせてもらうと

8本また釣れましたが

もう十分だと思い

新しい場所を始めていきました。

5723

どこまで

タイプの違う場所があるのか

本当にキリがないのですが

また1本この近所でヒット

そして他のプロが一人すれ違う時かれのパートナーを知っていたので話しかけられ

全然釣れていないと言っていました。

そして自分が練習したいタイプの場所がこの近くになく

もういい時間にもなってきてしまったので

後1か所でもう上がる事に

5724

すると1本だけ追加

天気も悪くなってきて雷も光るのが見えてきたので今日は5時で上がる事に

ボートランプへ戻ると

アンディーモーガンも雷を避けて

カッ飛んできました。

5725

聞いてみるとアンディーも全然駄目らしい話でした。

今日は11時間の釣りで

5本で15ポンド半のウエイト

釣れた合計は66匹

朝の場所に居座れば100匹では効かないぐらい釣れたのは間違いありません。

その場所が上位者の中の誰かが釣る場所になるのでしょうか?

全くトーナメントフィッシャーマンが来ないので

もしかすると誰もそこを叩くことなく終わるかもしれません。

そんな事で今日も終わります。

5736

明日は練習最終日となります。

ではまた明日!!!












2233話目 練習11日目 Practice Day-11

さて今日は練習11日目

プロ達は今日から公式練習日初日をむかえます。

今朝もウォルマートの駐車場で朝を迎え

5701

少しずつ動き出しました。

まずは少し釣り道具に関する買い物を

メインは右巻きのリール2個

今まともに使える右巻きリールが1つしか無く

3台潰れてしまったので

不便な状態で、ごまかしごまがしやって来ましたが

今日購入する事にしました。

5702

1つ39ドル台の値段なので

痛い出費です。

リールは良い物に越したことは無いのは当然ですが

投げて巻ければ用は事足ります。

1台毎のクオリティより台数が無い事が問題です。

最低でも12〜14本は竿をデッキに出しておきたいのが基本です。

そしてキャンプグラウンドへ向かいました。

途中のもう一軒のウォルマートへ寄って食材も買い込み

行ってみましたが8時台でまだオフィスが開いていないのでその前でパソコンに向かっていました。

そして9時をまわってオフィスが開いたので

滞在の手続きを

先週泊まっていた場所は既に埋まっているらしく

別に開いている場所もまだ今チェックアウト時間になっていないので

再度場所を確認して手続きをして

すぐに船の充電を始めました。

5703

ほぼ空っぽの充電状況なので

どれだけかかるのか

待つしかなかったのですが

リールを降ろしたので、ラインを巻き替えたり

船の中のルアーを整理したりして

結局船を出せたのが1時頃

9割ぐらいの充電で練習へ向かう事に

船を下したのにドレンプラグの閉めが甘く

ビルジがまわりっぱなしになる間抜けな開始で、すぐに直して

またも新規開拓を近場のやっていない場所から開始しました。

5704

iいい天気の中始めたのですが

今日もかなりの炎天下

全く釣れる気配が無く

定石通りやっていても駄目だろうと

ちょっと変わった事をすると

すぐに1匹ヒット

5705

これは新しい発見だ!



すぐにタックルなどをきちんとするべく

パワーポールを降ろして準備していると

遠くから船がやってきて自分の近くで釣り始めました。

すぐに誰か分かったのですが

5706

道具まみれだったので

折を見て話しかけてみました。

お相手は前回のビーバー戦のチャンピオンのジョニーさん

「ハ〜イジョニー!!ナベだよ!!前回優勝おめでとう!!」

”サンキューサンキュー!釣れてる?”

「もう9日も練習してるから釣れてるよ!優勝パターン見つけたかも

                                      とにかく頑張ってね!」

”サンキュー!!”

みたいな会話

そして彼も移動したので

自分は再び再開

他の船も何艇かすぐそばを通過したり

じっくり自分がやっている事を見られたりしたのですが

すこし時間をかけてやってみたく

するとまた1匹釣れました。

5707

この2本共にノンキーパーですが

とにかく今まで出て来た事が無かった場所から

このような場所では使わないルアーで来たので

本当に大発見でした。

これらはメジャーリーグフィッシングやバスマスターの試合がヒントになっています。

近いうちに折を見てご紹介できればと思います。

で、今日のエリアは練習を開始した頃に比べて

5708

減水が進行しているのが顕著に分かる状態になっていて

状況の違いを確認しなければと

大移動は無しですが様々な場所をやってみました。

5709

練習前半で釣れた条件などもやってみるのですが

天気も気温も水温も全く違うので

全く反応がありませんで

夕方遅くなって

やっとドカンとキーパーが出ました

5710

練習前半では出てこないような場所から

この一匹は出てきました。

そしてしばらく続けていると

更にチビがもう一匹

5712

その後は続きませんで

太陽がだいぶ傾いてきてしまい

自分の影もかなり長く。。

5711

今日は時間が短いですが

流れがある場所をガンガン行ってみました。

おかげで船が2度浅瀬に乗り上げ

大変でしたが

何とか船から降りないで

対処出来ました。

本当に20フィート以上もある船が乗り上げると

心中穏やかではありません。

この大会期間中は、

もし浅瀬に乗り上げて脱出できなくなった場合

無料で助けてくれるサービスを受けられることになっているので

救助費用の心配もなく安心なはずなんですが

やはり流れの中では不安になります。

そんな事で今日も日が暮れてきたので

終了とします。

5713

明日の予定は決めていませんが

多分新規開拓でしょう!

ではまた明日!!






2232話目 練習10日目 Practice Day-10

さて今朝もウォルマートの駐車場で目を覚ましました。

驚いたのが昨夜回しっぱなしにした発電機の静かな事

数年前にこの方法は深江さんにも勧められていたのですが

それを購入する1000ドル近くの費用も無く、自分の車のがとてもうるさい物だったので

市販のものがここまで効果てき面なのも知らず驚きました。

で、朝5時台にはジョーさんは出かけ

自分は少し落ち着いてから出かける事に

5688

朝用にマフィンを買ったり

ちょっと親分とメールでやり取りしたりして

そしてボートランプへ向かいました。

少しずつ今朝からプロ達が町に何人か到着して居る様でした。

そして今日も5ドルを払い

船を降ろしました。

5689

ちょっと今週携帯が入りずらい場所に居て

昨日まとめて何軒かのメールが確認出来

その中に毎回の5ドルのランプフィーを練習中には払わなくても良いってこと?

と思えるメールが来ていたのですが

自分には理解できず

昨夜ジョーさんに聞くと

それは逆

”大会中のみ払わなくて良いという事で、練習中は払ってくださいという事”

そうなんだ〜って感じ

一瞬今週払い続けて来たお金が無駄になったかと思いましたが

納得せざるおえませんでした。

そして練習開始

リップラップから始めていったのですが

いきなり超ビックフィッシュかと思ったら

残念ながらドラム

5690

6ポンドはあったと思います。

本当にバスにアタリも引きもそっくりです。

そして少しずつロケーションを変えたり

タイプを変えたりして

また今日の写真を撮ろうと、タイマーでセットした1分の間にヒット

5691

この前もこんなことがありましたが

非常に珍しいです。

試合前なので釣れたサイズはやめておきましょうか。。。

そしてまた移動するとヒット

キーパーサイズのラージでした。

5693

そしてまた移動

時間をかけてじっくりやっていくと

またノンキーパーですが2本

5694

そして

更に続けていくと

またキーパーサイズをゲット

5695

ぎりぎりが多いですが

今日は天気が非常に良すぎの暑い陽気

更に風もなく状況、更に土曜日で船も多く

決して楽な状況では無く

更に新規の水域をどんどん進んでいるので

いい感触でした。

しかし途中から

ルアーを少しコアングラー寄りの練習の比率を上げていき

予想していないところから突然スモールマウスのキーパー

5696

これは勉強になりました。

そしてその後にもノンキーパーですが

同じ条件で釣れてきました。

その後も新規開拓を進めていきますが

5697

思ったような結果は出ず

1か所だけ先日釣れたエリアへ行ってみると

トーナメントジャージを着た2人が乗る船が近づいてきました。

何気に聞いてみると

大会中との事

高校生の様にも見えたのですが

いずれにしてもその場所自体をもう譲る事に

そしてまた別のエリアをやっていきますが

大体今日やっておきたい場所をチェックする事が出来

猛暑の様な天候も手伝い、体力的にも限界

この辺で今日は終わる事に

5698

船を上げて

ディックスのお店へ

5699

先日どうしても必要なルアーが同じ物がこの町のショップに無く

別のメーカーの物を昨日、今日でテストしてみると案外大丈夫

なのでそれが後2個売っていたのでそれを追加購入

そしてウォルマートへ

そこにはFLWツアープロのスコットアシュモアが居たり

ゲーリーヤマモトさんの車も止まっていて

スコットさんとは少し話をして、店内へ

買い物をして戻ると岩堀くんがゲーリーさんと居て向こうも気づき

ほんの少し会話を

「もう今日で10日釣っているよ!」

”釣れます??”

「結構難しいよ〜」

みたいなやりとり

コアングラー同士も試合前に場所やルアーなどの内容の

情報交換は駄目なルールのはずなので

突っ込んだ話は試合後にしか出来ません。

そんな事で

今日も滞在費削減で、ウォルマート泊

5700

明日朝からの釣りは出来ませんが

明日からキャンプグラウンドに戻る事になります。

ではまた明日!








2231話目 練習9日目 Practice Day-9

さて今日で練習日も9日目

ウォルマートの駐車場で朝を迎えました。

5674

今日まずしなければならないのが

この8日間で自分なりに絞り込んだ

大会で必要だと思えるルアーの手配

昨日2軒のショップには無かった物なので

そのうちの一軒で紹介していただいたショップに

朝の開店と同時の6時半に向かいました。

5675

お店に入ると

同じブランドの物が結構あって、しかも欲しい色もあったのですが

望みのサイズのみが無く

オーダーする事に

やはり調べてもらうとその色は廃盤

似た色を厳選してオーダーする事が出来ました。

来週には入荷すると思いますが、定かではありません。

じっくり店内を見て

5676

他にも何か必要な物は大丈夫か

事細かくチェック

他にも欲しい物があったので

再びオーダーできるか確認するとこちらは無し

ワームシンカーを買って

お店を後にしました。

最悪今朝のお店で手配できなければかなり時間がかかる事が予想していたのですが

早朝に事が処理出来たので

そして今日は何処に行くべきかと、とあるボートランプで検討する事に

滞在費をセーブしたいので

昨日充電した船を今日と明日に分けて使いたいと考えていました。

そしてじっくり考えていっていないエリアへの新規開拓にしようと決め

走り出しました。

ボートランプの場所をこの町に来た初日に貰った町のマップで見つけ

初めての場所で船を降ろしました。

5677

このエリアは

この町に来た初日にやった場所ですが

そのエリアの続きからやっていく事にしました。

5680

まだまだ新規開拓の場所は沢山あり

片っ端からやっていっても終わりは見えないのですが

体力、気力、予算、練習日が続く限り

続けていくつもりです。

開始間もなくして1本目が来まして

今日は青空をバックに写真に収めてみました。

もちろんノンキーパー

5681

その後もすぐにもう一本

同じサイズがヒット

先日とある変わった色のルアーで釣れ

実はカンバーランドレイクの初日のパートナーが何気に持って行けと

ビーバーレイクで良いぞと言ってくれたものが

今週良く

しかしかなりマイナーなカラーなので

昨日も今日もショップに同じものは無く

メーカー違いが何とかあったのでそれをテストする事が出来ました。

そしてある程度釣ったら移動

すると

次のエリアで2ポンド半〜3ポンド弱が2本

5682

非常に良い魚です。

何としても試合中に欲しいサイズです。

そしてまた移動

今日も新規開拓をとにかく進めたく

少し流れのあるエリアへ突入

様々な場所を次々にやっていきました。

5683

画像ではわかりづらいですが

風も流れと同じ向きに吹いているので

今日はバッテリーもセーブしたいので大変ですが

とにかく基本的には流れがある様な場所がスモールの家

少しずつ動くうちに

5678

これまたバスマスターエリートで

セスファイダーが2位フィニッシュでしたか

のエリアに入ってきました。

5679

季節は全く違いますが

何度かこちらでも書いていますが

プロ達は何をどう考え

何故その時期にこの場所に浮いていたのか?

そしてどんなルアーをどのように使用して

上位入賞したのか

そこには必ず理由があります。

ただ単に岸際を流していって出た結果では決してありません。

それらの場所もただエリアだけをインプットするのではなく

そこへたどり着くまでの過程

内容を吟味して自分の糧とする必要があると考えます。

しかし今日はいい感触が掴めません。

そして時間も3時近くなり

5684

これでは明日の分の船の充電を使い切ってしまうので

今日の新規開拓はここまでという事にしました。

ボートランプへ戻り

船を上げて

5685

そのままウォルマートへ

ちょっと昨夜やり残したデスクワークもあり

早めにチェックイン

軽く夕食を取りながら順番にやる事を済ませて

のんびりしていると

カンバーランドの試合で2日目にパートナーになったジョーさんが

突然自分の車の横にやって来ました。

聞くとジョーさんはフロリダから30時間ドライブしてきたらしく

今夜は私の隣に車を止めて車中泊するとの事

そしてなんと発電機を貸してくれ

5686

船の充電ができる事になりました。

2人共にパソコンも充電しました。

今日のもっぱらの話題は例のカンバーランドでのジョーさんのボートポジションの話

もしきちんと距離を取っていたら、、、の話をすると

そのように釣る考えをやはり持ち合わせていなかったとの話

さらにそこから賞金圏内に2人も入っていた事はとても残念がっていました。

ちなみにジョーさんがその私と過ごしたカンバーランドでの試合の2日目を

YouTubeにアップしていますので

こちらに張り付けておきます。


私がこちらでよくご紹介してきました

アメリカトーナメントではバナナを船に持ち込むのはタブーの話を少し動画の中でしました。

そんな事で

今日はジョーさんの車と隣同士

ウォルマートの駐車場からおやすみなさいという事になります。

5687

ではまた明日。















2230話目 練習8日目 Practice Day-8

さて

今日で練習日も8日目

5665

ひとまず1週間の契約でキャンプグラウンドにチェックインしたので

今日アウトする日

なのでよくやる

チェックアウトの時間までに釣りをして、戻って満充電

そしてアウトの時間に出ていく

という計画で今日が始まりました。

朝から結構な霧に覆われていましたが

6時過ぎには朝も取らずに走り出しました。

そしてボートランプでさっと船をおろし

とある場所に向かいました。

5666

ここは先日入れ食った場所

過去のメジャーな試合、調べたデータには一切載っていない

新規開拓で独自で見つけた場所です。

今日は時間も無いので新規開拓はパス

ルアーのテストをメインにすることにしました。

すると開始早々1投目からヒット

サイズが小さいので

また写真を撮りながらテストを繰り返していきました。

そして最終的に20匹近くがヒット

5667

先日から有効なルアーは変わらないのですが

その動かしかたによってアタリが出やすくなっていたりするのが分かってきました。

更に昨日もアタリが多く出たルアーをテストすると

やはり出やすいもの、出にくいものが分かってきました。

流石にこれだけの魚を釣ったのでアタリも遠のいてきたのもあり

エレキを使い切ってしまうと充電が間に合わないので

そろそろ帰る方向に

しかし気になる場所がまだあったので少し続けていくと

スモールマウスが何匹かヒット

その最後の1匹が食べていたエサを吐き出し

これがまたヒントになりました。

そして急いで帰宅

釣っていた時間はずっと天気が悪かったのですが

帰る時間にはいい天気に

5668

それにしても毎日線路を行き来している列車の連結数はハンパ無いです。

50両では効かない位で

凄いです!

そして10時すぎにキャンプグラウンドに戻り

初めて昼間過ごす事に

5669

濡れたストレージを乾かしたり

朝から何も食べていなかったので朝昼兼用の食事を摂ったり

あっという間にチェックアウトの1時に

その時間からオフィスでパソコンに向かい

5670

今後の計画を立てたりしていました。

ちなみに画像はこの湖の水位を表している物で

今日から来週の試合開始間でには1フィート減水する様です。

4時過ぎぐらいまで

もう一度過去の試合の動画など

マップと照らし合わせて再確認

しかしそろそろ町へ

5671

非常に味のある車と街中を抜け

この8日間練習して2つのルアーが必要になってきたのでショップへ

しかしそう簡単に手に入らないもの

オーダーできないかゲンダーマウンテンで聞きますが

5672

ここでは出来ないとの事

店員さんが別のお店を紹介してくれたので

明日に出も行く予定にしてアドレスと店名をメモしてもらいました。

ここでは2番手ルアーが1個だけ売っていたので抑えで購入

ディックスへ

ここでオーダー出来そうでしたが、なんとディックスのオンライン購入

自分のカードが通らず、しかも自分が一番欲しい色では無かったので

今日は見送りに

もう7時近くなってしまい

1軒ショップを紹介されたのは明日行ってみる事に

で、ネットで再度確認すると、どうやら自分が欲しいルアーの色は廃盤の様子

明日確認する事にします。

という事で今夜はウォルマート泊

5673

今夜は充電が続く限りパソコンに向かってる最中です。

ではまた明日!

2229話目 練習7日目 Practice Day-7

さて

今日で練習も7日目

朝5時台には起きまして

5654

本日も新規開拓に向かう事に

車で移動開始

スタンドで車に燃料を入れ

とあるボートランプへ

5656

車の中で昼用のサンドイッチを用意していると

浮浪者の様な70歳ぐらいのおじいさんが車をノックしてきました。

自分のフロリダのタグを見たからか

”この土地は初めてだろ?どこに行くべきか教えようか!”

なんて言ってきたので

「ルール違反だから!!!」

と言ってドアを閉めて拒否しました。

暫くしておじさんも居なくなったので

船を降ろし一気に新規の場所へ移動しました。

5655

ちょっと今日はどれだけ釣れるのか

1本目から良いサイズだったので

魚を5本キープしてみる事にしました。

ちょっと今回の場所は結果的に言うとかなり釣れたので

場所の写真も何も無し

そしてそこに4時間半位居座る事になったのですが

最終的に

13ポンド程釣れました。

人も全く来ませんで

自分一人で一人占め25本は釣ったと思います。

そのうち7割はキーパーサイズかなりの手ごたえの場所でした。

すると雨が降ってきたので

なんとなく移動しようと

そして写真だけ収めて

5657

その場所で全ての魚をリリース

また別の新規開拓へ向かう事に

雨が降っているのですが

片っ端から見た目がよさそうな場所をやっていくのですが

5658

まったくよくなく

それでも何度も細かな移動を繰り返し

5660

また良さそうな場所を

順に進めていくと

何気なく1本釣れました。

するとその場所だけで5本が取れ

5659

写真の真ん中の一番大きくても2ポンドですが

今週は2ポンドはナイスフィッシュです。

1本目はアフターの様でガリガリで傷だらけ

それでもこの川ではまとめて釣れる傾向があるという事が分かってきました。

そしてまた少し進んだエリアをやってみると

また断続的にヒットが続き

この前の様なラッシュが始まりました。

今日も最初から1匹ずつ念の為写真を撮り始めたら

なかなか止まりません。

5661

大体この場所では。。と、思い浮かぶルアーを使っていきますが

幾つかルアーローテーションをしていくと

何と後半スモールマウスだけになってきました。

ルアーを変えたおかげか、ラージを釣り切ったからなのか

今週ちょっと効果が薄いルアーだったのが

ここで本領発揮か

そしてもう6時半をゆうに回っていたので移動する事に

そして何か所か寄りますが

もう今日は時間的に終わりかなと

オンプレーンに入ろうとすると

大トラブル

ガクガクガク!!!

と酷い音を立てて

エンジンがストップ

何と底はシャローのままの場所

メインリバーに居たと思っていたのですが、岬がテーパー状に長く伸びていて

マップもぼやけているのでやらかしてしまいました。

恐る恐るエンジンをあげてみると

何とペラをもろにボコボコに

とても走れる状態では無く岸に船をつけるとえらい状態

5662

過去ここまでやった記憶はないぐらいボコボコに

とりあえず、冷たい水に入ってスペアと交換

一番恐れていたのはシャフトが曲がってしまう事

しかし何とか最悪の状態は避けられた様で

ペラを手で回しても、まわり方はスムーズ

しかしシャフトのねじ山はかなりねじってしまいました。

5663

あと数メートル進んでいれば何もなかった場所でしたが

ほんの一瞬の気のゆるみでした。

トラブルが起きる時というのはそんなものでしょう。

帰りは気を使ってボートランプまで戻りました。

何とか日が暮れる前に船を上げる事が出来ました。

5664

今日は釣果が50匹ぐらいで

マックスウエイトが5本で13ポンド程

新規開拓が大成功で

釣りは良かったのですが、後味の悪い1日の終わりとなってしまいました。

ドシャローばかりのミシシッピーリバー

初めてのフィールドで7日間

これだけ走り回ってきて何も無いという訳には行かなかった様です。

全ては自分の不注意ですが

やっちまったーって感じ

ペラを直すなら最低150ドルです。

厳しい!!

こんな感じで7日目の練習を終える事になります。

ふ〜〜












2228話目 練習6日目 Practice Day-6

さて今日も

キャンプ場での朝を迎えました。

5638

昨夜雨が降り、今朝もどんより

携帯が圏外なので天気の確認も出来ず朝を迎え

身支度をしてキャンプ場のオフィス前へ

また今朝もどこへ今日は行くのか作戦会議からスタート

5639

マップを見てみると

まだまだやっていないエリアが沢山あり

それでも系統的にはおおよその種類はこなしてきたので

半分見切ってもいいだろうと思える場所も広大な範囲であります。

それでもちょっと興味が出そうな場所へ移動する事にしました。

列車と競争しながら

5640

こちらの制限速度が55マイル

あちらは50マイルで走っている様子なので

抜かさせてもらいました。

5642

そしてしばらく走って

計画したボートランプに到着

ごちゃごちゃ支度に時間を取られながらも

早速船を下し

その場所から開始しました。

5643

こちらのウイスコンシン州のラクロスというエリアは

もちろんアメリカ北部なので5月の2週目に入っていますが

まだ朝晩は肌寒く暖房を夜はかけています。

地元静岡で言うとまだ3月の陽気

なので今日の様な曇りですと日中でもそこそこ寒いです。

そして早速開始間もなくして

1本、幸先の良いスタートを切りました。

しかし残念ながらノンキーパー

5644

更にその後別のルアーで

一本バラシ

あわせた瞬間またルアーがすっぽ抜けました。

いい感じじゃんみたいな思いで進めていきますが

ここからアタリが遠のきます。

5645

いい感じの場所をやってるつもりでいたのですが

駄目なので

少し移動する事に

5646

今日はチェックしたいエリアにボートランプがちょうどあって

あまり移動する事は無いのではと思っていましたが

なかなかそうもいきません。

次々に色々な場所を試していくのですが

5647

見かけ倒しとはまさにこの事なのか

更に今回は“川”という事もあってか

通常の人造湖なら。。。

みたいな場所、ストラクチャーがことごとく通用しませんで

かなり苦労しています。

5648

今日入ったエリアが外れているんでしょう

この練習の何日かで良い魚が釣れている系統をもう少し絞り込む必要があるのでは?

なんてそんな思いを持ちながらも

また移動

また流れの強い狭いクリークに突入

メインリバーからの入り口でいきなりエンジンの下をガツンとヒット

アイドリンクで進んでいても

非常に流れが強く、半分命がけ

5649

そして何とかそこを通過していきますが

ひらけるはずの場所が流木で行き止まり

Uターンしますが

その流木の塊に強い流れで巻き込まれる寸前

何とか切り抜けますが心臓に良くありません

エンジンをヒットしたのはここです。

5650

流れの速さは画像では伝わりませんが

入り口の流木の右隣が浅くもあり

出るのにも流れが速くヒヤヒヤです。

こんな所でトラブっても誰も助けに来てくれない様な場所なので

すこし安全な場所まで戻る事に

朝やっていた地域の続きに入ってみました。

5651

ストラクチャーの種類的には

今日のエリアはどこも他のエリアと比べてもかなりいい感じ

しかし地形的にダメなのと

水位がかなりノーマルプールよりも上がっているので

魚が散ってしまっている事は間違い無いと思います。

もうこの手の場所はやめるべきかもしれません

このあと終わるまでに2本入れますが

ノンキーパー

5652

新規開拓はことごとく失敗に終わっています。

BFLの試合がこの湖では

毎年の様に開かれて居る様で

入賞の場所はいつも同じ

エリアは広大な様ですが

釣れるエリアは限られている様に見えますが

予算はかけられないですが

時間はかけられるので

何とか色々な種類の方法を見つけたいと考えています。

さて残りの練習日

どうなっていくのでしょうか?

今日もこれで終わりとなります。

5653

ではまた明日!






2227話目 練習5日目 Practice Day-5

さて

今日で練習日も5日の朝を迎えました。

5625

日が暮れてからキャンプ場に帰ってくると

どうしても早朝スタートはきついのですが

本気でやろうとすると朝は5時、夜は8時半ぐらいまで今は出来ますが

1日、2日ならまだしも2週間もこのような時間では無理です。

明るくなってからですが、また事務所前で今日の戦略を練って車で移動する事にしました。

そしてまたとあるランプで船を降ろして1日がスタートしました。

5626

今日も勿論新規開拓

全くどんな場所か分からず

船を進めて行っているので

パッと見良さそうな場所から

スタートしました。

5627

これまでの4日間やってきたので

ある程度は一目で良い悪いは

なんとなくは分かるのですが

それでもエリアが似ていても場所が違えば違う結果が出るかもしれないと

先入観を持ちすぎないように進めていきました。

今日のエリアは

様々なタイプのストラクチャーがあり

順にやっていきました。

5628

本当に広大なエリアに入って行ったので

とにかくチェックするのには時間がかかる感じ

時計を見ながら進めていくのですが

どんどん時間が過ぎていきます。

5629

そして

今日びっくりしたのが

かなりのクリアウォーターを発見してしまいました。

5630

今週平均して水温が55度前後

一番高い所で62度

後1週間するとどんどん魚が上がってくるのではと

練習を開始してから思っているのですが

ここまで3フィート前後の底が見える場所は初めてでした。

そしてまた移動して

こんな場所で写真を撮ろうとしたらヒットする瞬間が映りました。

5631

この場所で既に1時頃

実は今日ここまで

このバイトが1発目

どうなってしまっているのか?

今日はいってきた場所は完全に終わっていると言いますか

自分にはわかりません!!

という感じ

そしてここから戻りながらやっていきますが

夕方4時位

ちょっと連日夕方遅くなると

朝のスタートがどうしても押してしまうので

バッテリーが切れてきたところで

今日は終わりかな〜と思いながら

ビックエンジンで帰る方向へ

5633

しかし

途中気になる場所があれば止まって釣り

また異動して釣り

を繰り返していると

ようやく本日2本目が釣れました。

するとここから大爆発をします。

チビが釣れ続くのですが

まあとりあえず続けてみようと

5634

6本まではノンキーパーだったのですが

7本目に何とキーパーのラージ

5635

更に続けてみる事に

幾つかのルアーをとっかえひっかえするのですが

なんとなくですがアタリが取りやすいルアーを発見

とにかくサイズは小さいのですが、アタリが止まりません。

今日もすべての魚を写真に収めていったのですが

これが全て

5636

1枚足りなかったので、今日の1匹目も足してみました。

1匹スモールマウスも入りましたがノンキーパー

4本バラシたと思いますが

もう1匹キーパーっぽいサイズがその中に入っていました。

それにしても夕方の1時間位で30バイトのキャッチが26匹

入れ食いになりましたが

本当に唸ってしまうような場所でした。

朝から居たらどうなっていたんでしょうか?

試合前に1度テストしても良いかもと考えています。

プロなら見つけてくるかもしれません。

エレキのバッテリーももう駄目

日が暮れて来たので今日はここまでとなりました。

5637

明日はどうなるでしょうか

ではまた明日!!

2226話目 練習4日目 Practice Day-4

さて

今日は練習4日目

日曜日の朝を迎えました。

5607

また新規の開拓に向かう計画で

車で移動を開始しました。

ラクロスの町中を通過
5608

大きな町では無いのですが

味のある雰囲気があります。

ただ難点が

街中の舗装がガタガタです。

そしてとあるボートランプでボートを降ろしました。

色々検索してみたのですが

町から近いボートランプは何処も5ドル

これは仕方ない出費です。

5609

そして

計画しておいたエリアがあるので

一気に移動


5610

もちろん初めて来たエリアなので

慎重に船を進めました。

手あたり次第に進めていく事にして

見た目がよさそうな所から始めていったのですが

5613

全く釣れる気配がありません。

1時間ぐらいが経って

初めて当たったのですが、合わせて魚が飛び出して来たのですが

どう見てもノンキーパー

アタリ自体も、“今触った?”と聞きたくなる位

分からない様な感じ

それからまた30分以上経って

まったく同じ感じのアタリ

即合わせしたのですが、またもノンキーパーが飛び出し

ルアーがこちらにすっ飛んできました。

集中してその後また同じ様な事が起きますが

今度はマッドフィッシュ

同じ様にルアーがすっぽ抜けて来ました。

この後アタリすらなくなり、これは食いが悪い以前に

プレッシャーでスレれているのではと思うようになりました。

人が入りやすい場所なのでそんな思いでいました。

そして大きく移動して新しい地域を攻めていきますが

こちらも全く駄目、来た道を戻りながら1本出ますが

5614

後が続かず

それでも

できるだけタイプの違う場所、ベジテーションの種類の違う場所など

何か少しでも違いがある様な事をやっていくようにしてみました。

5615

それで駄目な状態は変わらず

更に移動

この時点で午後2時頃

5616

当初の予定ではここまでのエリアで今日1日を使ってしまうと思っていたのですが

あまりにも良い要素が見当たらないので

後日予定していたエリアへ

まずこの場所は

5617

メジャーリーグフィッシングで

ケビンバンダムが大爆発して優勝したエリア

少し過去の有名な場所も順にチェックしてみる事に

彼らの感覚を少しでも理解する必要があると思います。

5612

シーズンオフに

実際に試合があった季節は違いますが

色々な情報を一応準備してきているので

何か所かそのような場所に入ってきました。

ここで30〜40分

そしてまた移動

ここも超有名な場所と同類のエリア

5619

数年前のバスマスターエリートの試合で

オットデフォーが優勝した似た場所がもう一か所あるのですが

今日はこちら側をチェックしてみました。

5618

この場所には1時間近く居たと思いますが

岸釣りしていた2人組が入れ食っていて

5620

ホワイトバスやらパイクやら

何で釣っているのかよく見えなかったのですが

とにかくよく釣れていました。

そして自分は移動

今度はこの場所はアーロンマーティンスが大会でここに居座り

5621


好成績を収めた場所

こんな感じでどんどん広い範囲を今日はまわってきました。

そして

書いてしまいますと、この3か所の内のどこかで

3ポンド弱とノンキーパーが釣れました。

5622

そして

3か所の間のどこかの間で

同じナイスサイズが釣れました。

5623

実は朝の場所も

エリート戦でエドウィンイーバースが釣っていたエリア

何処に行っても記事で見たような場所になってきました。

かなり連日厳しい練習となっていますが

それでも今日がこの4日間で一番良いサイズが2本取れた事は確かですが

数が出ません

まあもちろん練習なので、ずっとそのエリアに居座る事もありませんし

良い場所のみをランガンしている訳では無いので

これでも良いペースなのかもしれませんが

そして何種類かのストラクチャーからも一切魚が出てきません

しかし初めてのフィールド

時間をかけて順に探っていくしか方法はありません。

結局夕方7時過ぎまで今日は出来ました。

5624

おぼろげではありますが

少しずつどんな湖なのかわかってきた気がします。

明日また続きをやっていく事にします。

では今日はこの辺で!

2225話目 練習3日目 Practice Day-3

さて今日は練習3日目

土曜日の朝を迎えました。

5592

今日は土曜日なので

昨日の夜からキャンプをする人が結構増えた感じ

キャンプ場は賑やかでないとですね!!

で、今日の練習は新規開拓へ行くことに

早速支度を整え船を降ろしました。

5593

昨日もご紹介しました様に

流れがそこそこあるので

ボート操船に非常に神経を使います。

船を降ろして早速始めていきたいのですが

フラットな場所ばかりで

チャンネルがはっきりしない為、

5594

オンプレーンで走っても大丈夫なのかがはっきりわからず

釣りをしていても強い流れのお陰で船が座礁して抜け出せなくなる可能性もあるので

慎重に船を進める事に

バスマスターエリートの試合で

ケーシーアシュリーの船が完全に座礁した画像を

以前こちらでも紹介しましたが

それが脳裏から離れませんです。

見た感じは何処でも釣れそうにも、どこも釣れなさそうにも見えるので

順番にやっていくしかありませんで

5595

まあ

とにかく慌てる必要は何もないので

ゆっくり安全に進めていきました。

昨日までに釣れたムービングベイトがあるので

その辺を中心にガンガン行ったのですが

手ごたえ無し

あまり昨日までのルアーにハマりすぎてもいけないと

新規のルアーをつけ

先ほど釣ったばかりの場所を再び攻めると

良いアタリ

2ポンド半オーバーのラージが来ました。

5596

まわりに誰も居ないので

雄たけびを上げていました。

お腹を見るとパンパンのプリスポーン

5597

やっぱりこういう場所で

こういうルアーか!!

と妙に納得してしまいました。

しかしその後が続かず

似たような場所で1バイト取りますが

乗せられず

どんどん船を進めていき

同じような場所が無いかとやっていきますが

なかなか美味しい場所は無い物で

5598

時間だけがどんどん過ぎていきました。

そして船を進めていくうちに

メインリバーへ出まして

過去2日間メインリバー関係は一切やっていなかったので

思いつく事を順にやっていくと

遂にスモールマウスがヒットしました。

5599

サイズは小さいですが

列記としたスモールマウス

どんな所に住んでいるのか確認する事が出来ました。

その後お昼を食べながらボートはどんどん流され

全く別の地域へ

このエリアには結構なウイードエリアが広がっていまして

5600

何て言う名前のウイードなのか分かりませんが

ミルフォイルやハイドリラではありません

他の地域にもあったのですが

正直あまりいい感じには思えません。

何故なら釣れないから。。

それでも時間をかけていくと

一本チビが

5601

そして

またしばらくすると

キーパーぎりぎりのサイズが

5602

2本釣れましたが

とてもランダムで

本当にグラスからきたのか

定かではありません。

この頃結構な強風も吹き荒れていたので

もう一度このエリアは日を変えてチェックする必要があるかもしれません。

そして少しずつ戻る方向へ

また中洲が沢山あるような場所へ突入していったのですが

正直厳しいです。

5603

とにかく流れがそこそこあるうえ

船が入れる場所が多くなく

1本まぐれか

その後来ますが

5604

もちろんノンキーパー

こんなサイズでも

居る場所は超一等地

ほとんどの場所は流れがある場所なので

魚が釣れるはずもないゾーンがひたすら続いているんです。

これはコアングラーにとっては本当に難しい大会になる気がします。

もうすこし時間を掛けなくても、または流れに、ボートでの走行にと、気を使わなくても良いような

5605

場所を探さないと大変です!

しかし

朝1本この3日間で一番いいサイズが釣れた事は事実です。

プロも非常に大変な大会になる気がします。

そしてオンプレーンで走行できるのか分からないエリアが広く

とことんなまでにに流れに船を流されながら

明らかにチャンネルが分かる場所まで流されてきて

ランプへ戻る事に

時間が中途半端でも

流れがあり時間を潰せるような場所もありません

そして

ボートの上げ下ろしも流れの中でなので

5606

非常に大変と言いますか、危険です。

そんなことで

今日も日が暮れるまでは出来ませんでしたが

新規開拓をして新しいルアーも発見出来ました。

試合までに少しずつ情報を蓄積出来ればと思います。

それでは今日はこの辺で!!!








2224話目 練習2日目 Practice Day-2

さて

今日は練習2日目となりました。

今朝も5時半には起き

5578

チョロチョロ支度を始めました。

昨夜船の上で何かがゴソゴソ言っている音が聞こえ

一瞬泥棒が道具を漁っているのかも?

びっくりしてしまったのですが

タヌキかアライグマがチョロチョロしているのが分かりました。

めんどくさかったので外にも出なかったのですが

朝起きてみると

プリングルスをガッツリやられました。

5576

昨日お昼に食べて

コンソールの下に立てかけておいたのを忘れていました。

仕方ありません

そして

朝食にドーナッツを食べようとすると

こちらはアリにやられ開けたばかりの箱の7個が全滅

7個すべてにありがべったり。。

5577

こちらは

先日木の下に車を止めて置いたら

枝が車にかかっていて

ありが車に侵入

何も食べるものが置いていなかったので

行き場をなくしていた連中を退治したつもりだったのですが

まだ居た様で、、食費が無いのに。。って感じです

そして支度をして湖に出る事に

5579

するとまたトラブル

今度は魚探のサイドスキャン、ダウンスキャンが映りません

アライグマにコードをやられたのか、また数年前の様にトランデューサーがやられたのか

トランデューサーが駄目なら200ドルコースです。

多分駄目でしょう!

頭が痛い!!!

そして釣りを開始しようとするのですが

結構な流れと超シャロー

ひとまずエレキを降ろしてやってみるのですが

釣れる気配もなく

流れが当たらないような逆ワンドになっている部分をやろうとすると

浅すぎて入れず。。。

これ大丈夫かな〜と

流れが強い中に浮いているのは慣れていないと結構不安です。

しかも水深が浅いのでどこで座礁するかも良く分からず

それでも仕方ないのでエンジンをかけて移動する事に

それなりに走った場所にまた逆ワンドがあったので

またそこから再開しました。

すると1匹ノンキ―パーですがゲット

5581

ようやく来ましたという感じ

そして引き続き続けていくと

遂にキーパーサイズの14インチオーバーがヒット

5582

非常にずんぐりむっくり体形で

キャッチした直後は無いのではないかと思ったのですが

計ってみるとしっかりキーパーサイズがあり

やっと来たかという心境でした。

昨日から本当にいろいろな種類のルアーを投げていたのですが

どうやらサイズも色も間違っていた様です。

その後もう一匹

5583

そして更にもう一匹

キーパーサイズには届かない1匹

5584

しかしこれだけ連発したので

2種類のルアーを使いましたが

自信につながった事は言うまでもありません。

そしてどんどん船を進めていくのですが

4本目以降アタリがピタッと止まります。

5585

雰囲気は似ていても様々な条件の場所を出来るだけ丁寧に

進めていくのですが

やはり最初に釣れた場所はロケーション的、ストラクチャー的など

幾つかの要素がやはり重なっていたのが

釣れない状態が続いている場所を見ながら

なんとなく分かってきました。

そしてお昼を食べ終わるまで

似たようなロケーションの場所を進めていたのですが大体釣りつくし

移動する事に

船の魚探用のナビオニクスのマップをこの地域の分を持っていないので

5586

携帯で少し確認しながら船を進めていきました。

試合に出るのなら

最初に見つけたような場所を探しに走るなりするかもしれませんが

大移動無しで新規開拓をすることに

5587

少しずつ雰囲気の違う場所をやっていくのですが

全く釣れません

ここまで違うかと

釣れる雰囲気を感じず少しずつ戻る方向へ

ローカルの釣り人に釣果を聞かれ

今日自分が釣れた全ての内容を教えてあげ

何故今居るの場所が釣れないのかを説明してあげると

関心していました。

そしてまた移動

これまで流れに逆らって進んできたので

全く逆に流れに乗せて行ってみる事に

5588

今日釣れた2種類のルアーがあるのですが

そればかりにならないように色々なルアーを投入していくのですが

パイクしか釣れません。

流れの速さを説明するのが難しいのですが

画像ですとこんな感じ

5589

自分のエレキで言うとダイヤルが8にして踏みっぱなしで

やっとその場所に留まれるほどの速さ

とても流れが効いている場所から釣れる気配はなく

これは今年のツアー戦の中で一番難しい湖かもしれません。

自然湖でもリザーバーでも岸沿いをひたすら流していけば

シーズナルパターンにも地形的に完璧でなくても釣れる可能性がありますが

ここでは無理です。

結局午前中に4本バタバタっと釣れた4本で今日が終わってしまいました。

まだ明るいのですが、船を下した所も流れがある川の途中なので

とても走り回れる燃料代も無いのでここで終了

5591

明日以降またじっくりやっていく事にします。

早めに上がったのでオフィスに行ってネット環境を借りて

他の試合の確認と明日以降の戦略を練る事に

5590

まだ明日の予定を決められませんで居ますが

新規開拓になると思います。

それではまた明日!




カテゴリ別アーカイブ
Profile
  • ライブドアブログ

ゲームの時間です dallet