MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

なべさんの日記

ひとりのサラリーマンが夢を抱いたアメリカバストーナメント参戦記と日頃の日記です!

1881話目 国家休日 National Holiday

さて今日は月曜日で

アメリカではメモリアルデイと呼ばれる休日を迎えました。

ホイットさんは仕事で朝早くから出かけるからと

本人から昨日聞いていたので

自分も朝早く7時すぎから薪を割る作業の続きをすることにしました。

体調がいまいちでも、人の家に滞在させてもらっている恩義を忘れては

お互いの関係が確実に壊れますから大事な作業です。

ただ、機械の燃料が無いので

機械の中に入っている燃料が無くなるまでさっと済ませて休息にしようと考えていました。

2665

すると驚いたことにたったの15分ぐらいで機械が止まってしまい

燃料が空になってしまいました。

念の為にホイットにその旨を連絡すると

親父が持っていたら家から持って行ってもらうからと連絡がありましたが

来なかったので、無かった様です。

そして完成したのはこの山の8割ぐらい

2666

仕方ないので

外の屋根の下でそれでもそこそこかいた汗が引くまでゆっくりしていました。

すると

先日画像にも載せましたちびっ子のお父さんが朝方にホイット家にきて

そのちびっ子が今日が3歳の誕生日という事で

パーティーがあると言ってきました。

するとお昼前後から

次々に人が、、、

ホイットさんの両親を始め

兄弟関係とその子供たちで少なくても合計で20人前後が集まってきて

とても賑やかになってきました。

2667

自分もプールに入らないのか?

何て聞かれたりしましたが、そんな体調ではありませんで

丁重にお断りしながら、ちびっ子相手ぐらいなら、日陰を利用して少しは対応できるので

ひたすら子供たちを見守るようにしていました。

そしてそのうちケーキの登場

2668

非常に微笑ましい光景がそこにはありました。

2669

ちびっ子達を相手にしていると

本当に体の力が抜けてしまうと言いますか

元気の良さもさることながら

疲れを知らないかの様に動きまくり、無邪気な笑顔があちらこちらにあり

本当に精神的に癒されました。

小学生より大きな子供は誰一人も居ない今日で

幸せな光景がいつまでも続いてました。

そしてあっという間に日が傾いてきてしまう時間となりました。

2670

そして主人公の家族だけ残り

後は皆帰宅へ

ホイットさんが帰って来たあとは

家の中でまた雑談を

自分は朝食べてからあまり食欲が無かったので

流石に夕方に少しアメリカンな食事を

体調が悪い時の最適では無いかもしれませんが

家庭の味を作ってもらって頂かない訳には行きませんので

2671

全て頂きました。

こんな感じで今日が終わってしまいましたが

今年一番精神的に休息出来た1日となりました。

体調が良くてもこういう子供たちに癒される時間は自分には必要なのかなと

そんな事ばかり考えていた1日でした。

明日はどんな予定なのか

ホイットさんも早めにベットに行ってしまったので

ちょっと分からないですが

明日また体調と相談しながら動いてみます。

ではまた!


1880話目 色々 A lot of things

日曜日になりました。

昨夜パソコンにかじりついて

様々なスポーツの戦略などについて

色々なものに目を通していて

それでも朝5時過ぎの薄暗くなった頃に目を覚ましました。

一度寝なおして

朝少しメールなどをしていました。

するとホイットさんがわざわざ朝ごはんをノックして届けてくれ

2659

既に食事は済んで居たのですが

頂いておきました。

そして8時過ぎ頃またホイットさんが

少し仕事見てみるか?と言ってきて

先日なんの建物か分からなかった場所に行きました。

するとやはり鶏を飼育しているとの事で

さらにトータル155エーカーと言っていたので

ほぼ親分の土地と同じ広さ

メートルで言うと500m四方位の土地を数か所に分けて所有しているらしく

先日別の場所でも載せました芝を丸くロールにした、日本のお菓子のコロンみたいなものも

作って売っているらしく、土地に撒く肥料をトラクターで混合したり

細かい事を少しだけ手伝いながら敷地内を見せてくれました。

2660

雑草も生えてくるので

除草剤を撒いたりして

さらに建屋の中に入らせてもらいました。

当然中はクリーンルームになっていて

シャワーを浴びる事が義務付けられていて

自分もそのようにしては入らせてもらいました。

汚れた服と共にカメラを入れ込まなかったので中の画像はありませんが

生まれた卵を回収していました。

自分は横でただ喋っているだけで何もしていなかったのですが

途中何度か休憩を挟んで午後3時すぎまでやっていました。

他にも馬を飼っていたりするので

2661

少し草では無いエサをあげたり

やる事がいろいろあるのが分かりました。

天気は今日も茹だる様な暑さでしたが

室内に居られる時間が長かったので

大丈夫でした。

仕事をしながらでも

話は殆ど釣りの話、昼に家に入っても

次の試合で使うジグのスカートがどうのこうのなんていう話などで

話が止まりません。

2662

自分は喉に効く薬の飴をなめながら

いろいろな事を手伝っていまして

夕方になると

敷地内で乗るバギーで公道を思いっきり走り

今日も奥さんが預かっていた親戚の子供の家まで行ったり

こちらはたまに咳き込みながらも

道中の自然を満喫していました。

2663

日が暮れる前に家に戻り夕食を頂いていたら

話には聞いていたのですが

ホイット家にトレーラーが入ってきて

取れたての卵が出荷されていきました。

週に2度回収されていくようでした。

2664

卵はスーパー等に行くのではなく

ひなに返すための場所に行くそうです。

そのあと

最新のメジャーリーグフィッシングを見ていたのですが

真っ暗になってから

円錐状に短く切られた木を

プレスの機械を使って薪を割る作業を少しだけやりました。

以前ユウチューブでは見た事がありましたが

ちょっとやってみました。

体調絶好調ではありませんが

滞在させてもらっている恩義はここでも少しは返しておかないとですから

明日また少しだけでも続きをやりながら

休息に充てようかと考えています。

では今日はこの辺で!


1879話目 少しウイラーを Little bit Wheeler Lake

さて今日は土曜日

ウォルマートの駐車場で朝を迎えました。

体調が絶好超ならすぐさま動き出したい午前5時過ぎ。

2650

残念ながらそこまでの元気が出ませんで

少しだけ朝食べる物とトイレにお店へ

そしてまた少し横になっていました。

完全にヤバイ状態ではないのですが

大事を取って遅いスタート

少しずつ西へ向けて動き出しました。



今日少しだけでもいいのでウイラーレイクに浮きたいと思っていたんです。

昨日ホイットさんから”ピクイックでしょ”と連絡があったのですが

体調が崩れたお陰で予定していたガンダーズビルレイクを飛ばしたため

来週1週間ピクイックには時間を割けるので

ちょっと見ておきたい地域があったのでそちらへ向かいました。

そして一度も降ろした事の無いボートランプで11時頃船を降ろしました。

2651

降ろしてそんなに遠くない場所から早速開始したのですが

水温は80度前後

アッという間に真夏日の水温となっていて

ここは夏場は難しいと、地元のプロも言っていたのですが

何とかなるだろうとたかをくくってやり始めましたが

うんともすんともいいません。

2653

岸際から入ったのですが

今の自分の体に非常に優しいうす曇りの天気が

体には優しいですが、魚には無理にストラクチャーに入らなくても良い状態を作ってしまったのか

全然反応がありません。

なので少しずつ移動する事にしました。

するとポケットの奥でチャタ―にチビがヒット

産卵後にシャローに残ってしまったまだガタガタのバスでした。

2652

基本的にはもうこの時期だとチャターはシーズンオフなのですが

ちょっと他の道具が揃っていなく

使っていました。

そしてまた移動

過去にこの真夏の様なもう

人々が湖で泳いでいるような陽気の時に他のエリアで釣った事はあったので

やはり新規開拓はしてみたく

湾の中などはレジャーを楽しむ人で湖上はごった返していて

打ちたい桟橋があってもその前で人が泳いでいる光景も何度もあり

なんとも笑うしかない状態でした。

この水温が80度を超えるころから

自分はジャークベイトと言いますか、ログの出番ででして。

とりあえず1本出ましたが

2654

カウントに入れられるサイズではありませんで

どうも狙ったエリア自体が外れていた模様で

他所で効くこのルアーも

もう少し違うエリアに行かなければ

本当に良いのか悪いのかを判断できない状態となってしまいました。

このウイラーレイク

パッと地図で見るとそんなに大きく見えないのですが

やはり長さを考えると物凄い距離

地図でざっと見てもガンダーズビルレイクのダムからウイラーダムまでも約100キロ

更にエルクリバーを別で考えれば更に長い距離になるので

本当に良く分かってやらないとどこをとっても同じに見えてしまうと言いますか

金太郎あめ状態といいますか

2655

本気で探すなら結構な時間とお金を使わないと無理かもしれない湖です。

コアングラーサイドで過去15位と11位に入賞した事もあり

個人的には非常に好きな湖ですが

難しい事は確かです。

そして今日も炎天下となり

4時間ぐらいで不本意ながら限界

船を上げることにしました。

少しずつ西へ向かい

ゲンダ―マウンテンでズームのジク用トレーラーを2ドル台で1袋

続いてウォルマートでフィネス用フックを4ドル台で1袋購入

デスクワークで思い当たるところがあった道具を見つけられました。

そしてホイット家へ

途中トウモロコシ畑か

2656

それから

麦畑か

あまり農作物に詳しくないのですが

2657

田園地帯を抜けて

6時すぎにホイット家に着きました。

まだホイットさんは出かけていて

すぐに帰ってくると

どうやらゴルフに行っていたらしく

他2人の空軍仲間と行っていたそうで

自慢できるほどのスコアでは無かった様です。

そしてまた親戚の子供3人が遊びに来ていて

プールの周りで食事も頂きました。

2658

写真取り忘れましたが豚のスペアリブ

体調のお陰で沢山は食べられませんでしたが

自分では買えない大好物の一つであるこちらを頂き大変贅沢な食事となりました。

子供達にも風邪を移さないように

シャワーを浴びたら自分はすぐに車に移動

皆から距離を置くようにしています。

下手をすると次の試合まで

滞在させてもらうかもしれませんが

とりあえず体調次第です。

明日は多分1日動かない事にすると思いますが

次の日曜日からのツアー戦に向けて

特に深場の練習をピクイックでやりながら

体調を戻したいと思います。

ではそんなところで!







1878話目 移動のみ Just move little bit

金曜日になりました。

昨夜からだんだん風邪の症状が顕著になってきましたが

体は駄目でも頭の方は使えるので

昨夜は夕食後4時間半程バスマスターライブなどを見ながら

足りない知識を何とか増やそうと

鼻水を垂らしながら見入っていました。

そして今日

朝起きて外に出ますが

2645


体は思いまま

本当に不本意ながら釣りの予定を今日は飛ばす事にしました。

滞在しているステイトパークでネットが使えるので

何人かの人達にメールを送ったりしながら

ひたすらチェックアウトの時間までゆっくりする事にしました。

それでも

洗濯をしなければならないとか

2646

また

写真ボケてますけど

集中力は全くありませんが

最低限度の事だけこなして

横になりながらパソコンに向かっていました。

途中となりにチェックしてきた年配の方が

キャンピングカーに連結してきたトレーラーを外すのを手伝ってほしいとノックしてきましたが

それ以外は外に出ないようにしていました。

そして午後2時がチェックアウトの時間なので

南に向けて走り出しました。

2647

すると間もなくしてガンダーズビルにセカンドハウスを持つクリスから電話が

実は今日からガンダーズビルレイクでトレーニングに入ろうと

今夜から泊めてもらえるか連絡をしていたのですが

先日地元の人に聞いた月曜日が"memorial Day"と言っていたか

それがあるのを連絡後に知り、すぐに返信が無かったので

クリスはガンダーズビルで過ごすのだろうと思い始めていたら

やはりそんな話だったのですが、他の友達呼んだから家に泊められないけどTHマリーンの

ナベがエレキのハンドルつけてもらった

同じガンダーズビルに住むテイラーの家に泊まれるように手配したと

言ってきてくれたのですが

体調も崩して釣りもできないので丁重にお断りしました。

お勧めの風邪薬の名前も教えてくれました。

本当にクリスにはお世話になりっぱなしです。

会話中にこんな車が

2649

そしてまた運転を続けていきながら今度はピクイックのホイットさんとの連絡の取り合いになり

ピクイックレイク

今ファイアーしているとの事で

明日以降ホイット家にまたお邪魔するかもしれない旨を了承してもらいました。

そして夕方とあるウォルマートに到着

またこちらで一夜お世話になる事になります。

そして食事を作って食べ

食後にデザートと行きたいところですが

買った事の無い薬を服用してみました。

2648

こちらが効いてくれる事を祈ります。

では


1877話目 また新しい湖 My first time new lake again

さて木曜日になりました。

今朝もここセンターヒルレイクの隣のキャンプグラウンドで5時過ぎに目を覚ましたのですが

体が重たい、、

今週初めから真夏日の様な陽気が始まり

天気のせいかと思っていたら

どうも風邪をひいてしまった様で

咳も、熱も、鼻水も無かったので、天気と食べ物か、歳のせいだと思っていたのですが

ちょっと喉から来てしまった様で今ちゃんと声が出ていません。

今滞在している所に2泊したのですが、オフィスが昨日と一昨日がお休み

今日11時から始まるので、それまで休息にあてて

11時ちょうどに動き始めました。

山道を抜け

小さな町を抜け

2636

予定していたキャンプグラウンドに来てみると

何と満員御礼

今日平日木曜日なんですけど、、

とオフィスで伝えると

次の月曜日が何とかというナショナルホリデイの為に

有給などをくっつけて連休を取る国民が多い様で諦めざるおえなくなりました。

そしてさらに40分以上かかる場所で

行った事の無いキャンプグラウンドに行き当たりばったりで行くことに決め

何とか今夜は空きがありました。

既にダルダルの体が一度休んだら更にダルさが増すと思い

すぐにキャンプ場のボートランプに行きますが

滅茶苦茶フラットなスロープで船が降ろせませんでした。

どうりで他に1艇しか居ない訳がわかりました。

2637

そしてそこを諦め

オフィスでもう数マイル行った所にもスロープがあると教えられたので

行ってみると

今度は誰も居なく

車上荒らしをしてくださいと言わんばかりの立地条件

2638

駐車場の看板に

”価値のあるものは車に残さないように!”

何て書かれていて

普通書きますかね?

試合がこの湖で迫っているわけでもないのに

車をぼこぼこにされてもたまらないので

仕方なく諦め

もう隣の湖で船を降ろすことにしました。

2639

キャンプ場の受付の年配女性が

自分の装備をみたからか

こうなる事を予想していた様に

3つのランプを教えてくれていて

ここに来ました。

湖の名前も知らないし

船のマップを見ても全て青一色で等深線は一切無し

でも2時になってしまい

時間も無いし、とにかく始めていきました。

2640

全く分からない湖の開始方法は

降ろした所から釣るのが自分の基本

しかし

全く釣れる気配がありません。

バスが生息しているのかも知らない状態で始め

センターヒルの上流に当たるのですが

景色は似ていても

かなりの倒木、少しベジテーション、ボートドックなど

センターヒルには一切ない物があるので片っ端からやっていくと

超チビですが1本釣れました。

2641

そんなに遠くまで行く必要も無いというか

マップ上5マイル分程しかないので

その範囲でやっていました。

少しエンジンで移動したとき

川のド真ん中に頭が1Ⅿ四方程だけ出た岩があったのには驚きました。

そして続けていくとやっとまともな2ポンドが来まして少し安心しました。

2642

先日

バスプロショップで大量購入したもので来ました。

そして2時間程で戻る方向へ進むと

また2ポンドクラスとチビが釣れ

更にまたロケーションを替えようと

シャローを見つけると

2ポンド半がバズベイトにヒット

2643

バズベイトを壊されてしまいました。

何か本当に不思議といいますか

昨日一昨日とセンターヒルレイク

その前にその隣のオールドヒッコリー

さらにそのとなりのパーシープリストとやってきたのですが

本当に近所ないし、水が繋がっているのに

魚の居場所が全然違います。

どうなっちゃっているんだと自問自答を繰り返す日々を送ってきましたが

やはり状況、その湖に対応しないと隣の湖は隣だと

良い思いをした同じロケーションを隣の湖で見たとしても

駄目なら早々に切り捨てる潔さがとても大事です。

バスベイト昨日までの湖1度もヒットしませんでしたからね!!

本当に自然は不思議です。

結局今日はたったの3時間で、もう体がおかしくなってきたのでここまで

キャンプ場に向かう事にしました。

今日の湖、

コリンズ川、又はグレートフォルズレイクと言うらしいです。


さて明日はどうするか!!

1876話目 センターヒルレイク2日目 Center Hill Lake Day-2

さて今日は水曜日

昨夜から2〜3度目を覚ましては寝てを繰り返し

8時半を過ぎてしまいました。

やはり日が暮れるまでの8時頃まで釣りをして

片つけて、キャンプグラウンドまで車で走って。。

と諸々やっていくと朝日の出と共に、、が厳しくなってきてしまうので

少し考えないとですが、

色々ありまして

結局車を出せたのが11時

2628

もう朝昼兼用の食事をとってから走り出しました。

車で15分程山道を走って今の場所はボートランプに着くので

どんどん時間が過ぎてしまいました。

すぎに船を降ろし

最初の場所に急行しました。

2629

昨日少しやりましたが

1匹も釣れませんでしたので全く手探り状態

船を降ろす前に携帯の電波が入ったので少し過去のデータを調べると

どうも自分がやっている地域では無い情報。。

今更どうもできないし

降ろした近所エリアでも魚が居ないという事は無いだろうと

スタートしました。

最初は少し曇りがちだったのですが

また炎天下に

ピーカンベタ凪ぎ状況が続き

2630

この写真の場所で既に5か所目ぐらいだったのですが

本当に何も起きません。

これを起きたと言うべきか

こんな魚はトップに出ましたが

2632

カウントに入れられません。

ベイトフィッシュがたまに視界に入ってくる位で

バスの気配は全く無し

それでも少しずつの移動を繰り返し

2631

出来るだけタイプの違う場所をやっていこうと

炎天下でフラフラになりながら

給水を繰り返してやっていくのですが

駄目

もう駄目だと

精神的にも体力的にも限界

開始してから4時間程たった時、もうこれラストキャストにしようと

9割以上諦めたキャストで

起死回生の2ポンド半

2633

今のコンディションでは

全く想像できない場所からきました。

それじゃ昨日からヒットする訳ないと連呼していました。

すぐにマップを見ますが

似たような場所をやるなら

かなりランガンしていかないと叩けないので

戻る方向にあと数か所だけ似たロケーションを見つけたのでやってみると

3か所目でまた2ポンド

2634

もうこれ以上場所的に相当燃料を焚かないと良い釣りは出来ないと判断し

今日は非常に短い5時間強で終わりとなりました。

全く想像できないという場所のヒントを書きますと

水温78度〜84度の晴天無風の炎天下

日陰でも水通しの良さでも無いという事だけ書いておきましょう!

いずれにしましても

試合がこの湖で迫っているわけでは無かったので

ちょっと中途半端なエリアと時間の釣りでしたが

この状況下でも少し得られることがあって本当によかったです。

そんな事で早めに上がったので

キャンプグラウンドで久しぶりに船を洗って

2635

ワックスがけしました。

ボートの下部も本当はクレンザー等で綺麗にしないと

黄ばんでしまってますが

こちらはまた次の機会となります。

いつもこき使っている船ですが、なかなかやる機会が無いと言いますか

やる気が無いと言われても仕方ないですが

たまにはやらないとです!

では今日はこの辺で!



1875話目 また移動日 The day to move again

火曜日になりました。

この2日間炎天下のお陰でかなり体力を消耗しています。

昨夜も8時過ぎには横になって、深夜数時間起きながらも

今朝6時には起きましたが

2620

今日は早朝から動き出せませんでした。

もちろん湖に朝一から出る予定が無かったといえばそうなんですが

今日の目的地の1つ目がバスプロショップだったので

8時過ぎにキャンプグラウンドを出発しました。

9時の開店に合わせていくつもりでしたが、先にウォルマートで買い出しと

ブログの更新や今後の計画を練る為に1時間半程使ってしまいました。

そして11時前頃ナッシュビル市内のバスプロショップに到着しました。

2621

気になっていたのは

今使っているダイワの竿で7フィート1インチのヘビーアクションの物で

先日Sさんがこの竿のシリーズがセールをしていると聞いたので

チェックしてみたのですが、残念ながら別のスペックのみしかありませんで

もう廃盤のシリーズなので

手に入れられることは無いでしょう。

そして超ラッキーな事に春になってから使い込んでいる

バスプロショップのオリジナルセンコーが何とセールス中

通常価格が16本入りで5ドル79セントが

3袋で10ドルと破格の値段

グリーンパンプキンのみ欲しく、ちょうど6パックあったので在庫全てお買い上げ

これだけの量をだしたので、レジで若い男の店員さんにいろいろ聞かれまして

どう使うのか、針は何をどう刺すのかなど

先日パーシープリストレイクで活躍したのもこれでしたので

こと細かく教えてあげました。

そして移動開始

途中高速で事故があり渋滞しましたが

2623

そんなに影響も無く

車は下部がグチャグチャでしたが

ドライバーさんも無事な様で何よりでした。

そして1時過ぎに予定していたキャンプグラウンドに到着

昼を作って食べ

遅くなりましたが3時頃に船を降ろす事ができました。

2624

今日から何日間の予定か分かりませんが

テネシー州のセンターヒルレイクに来ました。

過去にこの湖で、エビンルードボーナスのみですが

2度賞金を稼いだことのある結構お気に入りの湖でして

早速始めたのですが全然駄目。

2625

過去に来た時は春真っ盛り

スポーニングに絡む時期に大会があったのですが

今日はクリークの奥では80度以上の水温

メインレイクでも77度もあり

もう真夏の様な陽気で何をやっても全くあたりませんでした。

この湖の特徴は水は緑系の色で障害物と言うとマリーナぐらいしか無く

後はひたすら岩盤の岸が続くという

特徴の少ない湖です。

2626

なので、どのような条件の場所が良いのか、傾斜はどうなのか

岩の大きさなど様々な事を加味して

様々なルアーを投げていきますが

全然駄目

マリーナで一度アタリ

トップでも1度アタリがありましたが

いずれも乗りませんで

アッと言う間に日が暮れてきてしまいました。

2627

先日のオールドヒッコリーに引き続き

夕方のみの釣りで感触を得る事が出来ませんでした。

明日また湖に出て

何とか見つけたいと思います。

では今日はこの辺で!

1874話目 オールドヒッコリー2日目 Old Hickory Day-2

さて

今日はオールドヒッコリーレイクでのトレーニング2日目

湖畔のキャンプグラウンドで朝を迎えました。

2609

今日は少し遅れまして

8時に船を降ろしました。

2610

今日は朝から茹だる様な暑さ

雲も無く快晴無風

水を多めに積んでスタートしました。

昨日入った場所で気になっている場所もあったのですが

やはり新規開拓へ

昨日あまりにもレジャーボートが多く

波が立ちにくい小さいクリークなどは

船のアンカーを降ろして固定している船も多く

入れない場所もあったので

今日はその辺から入りました。

しかしあまりにも浅いのと、透明度がよく見ると1フィート半程なので

それらは駄目、どんどん動いていきました。

2611

見た目がよさそうな場所があちこちにあるのですが

全く魚の気配がありません。

この湖の情報は当然何もありませんので

分からないので片っ端からやっていくしか方法はありませんでした。

そして何度も移動を繰り返すと

やっとバブルガムカラーワッキーで

チビを一匹釣る事が出来ました。

2612

やっぱりこんな感じなのかな〜と

ほんの少し感触を掴んだと思って

ルアーを替えると

根掛かりと間違えるようなアタリ

なかなか寄ってきませんで

何とか取り込むと

4ポンドフィッシュ

遠巻きに見える範囲に2艇バスボートが居たので

ポケットの中に入り込んで写真を撮りました。

2613

流石にびっくりしてしまいましたが

ルアーを替えてすぐに来たので

してやったりと思い始めました。

そしてこの場所で3本15分程の間に釣れ

ポイントとしなければならない事が一つ見つかりました。

一度折り返して再度その場所を釣ってみたのですが

アタリが遠のいたのでまた移動

この後入ったエリアは豪邸だらけ

1軒かなり大きい3階建ての家を見たのですが

そのクリークを出ると向かいに巨大な家が

2614

本当に個人の家なのか、全く持って???ですが

とにかくすごいとしか言えません。

この家があるクリークで釣れました。

そしてこのクリーク内で似たような場所を見つけ

もう2本チビですが釣れまして

更に感触を確かなものにしました。

そして粗方このエリアでの捜索を終えたので

もう一度ビックフィッシュが釣れた場所へ戻ると

2ポンドのスポッツと2ポンド弱のラージが釣れ

もう1バイト取りました。

先ほどのと合わせてこの3つで釣りました。

2615

濁った場所では

自分の中で得意にしているルアーの内の3つで来ました。

そしてまた移動

別のエリアをやっていきますが

こちらは水の色が緑なので少し期待してしまいましたが全く反応なし

たまたま会った地元の釣り人がトップウォーターを引きまくっていたので

ちょっと話をしましたが

2616

後ろの人がドラムを1本釣っただけだと

厳しい様でした。

そしてまた移動

グラスのエリアを昨日から結構やってきたのですが

この時1本ワームに反応を見せた2〜3ポンドのバスが居ましたが

食いつかず、ひたすらやっていくとその先に先行者が

仕方なくエンジンをかけて移動しようとすると

後部座席の人が3ポンド前後のバスをキャッチ

目の前でやられてしまいました。

そしてまた移動して

昨日良さげだった場所で濁りで潰れていた場所をチェックに

しかし、浅すぎの上に濁りが取れて底が見える状態で

駄目でした。

結局この最後の場所でランプの近くに戻ってきてしまう感じになってしまい

近所にもう良い場所も無く

今日は夕方5時半まで

写真ボケましたがここで終了となりました。

2617

トータルで10バイトで9匹キャッチ

1本2ポンドクラスをバラシ

2ポンドオーバーがルアーを見てUターンしていった奴を取りたかったですが駄目でした。

オールドヒッコリーレイク

1日半釣りましたが

なかなか苦戦しています。

では今日はこの辺で!!


1873話目 オールドヒッコリー Old Hickory

さて日曜日になりました。

朝5時半にウォルマートの駐車場で起きまして

2602

ちょっと今日は湖に行くのには船の充電が無く

先日キャンプグラウンドに下見に行ったときに今日からなら滞在できると

聞いていたのでウォルマートの駐車場で時間を潰して

誰かチェックアウトするであろう時間を見計らって今日をスタートする事にしました。

8時過ぎに結局出かけて9時前に行くと、何か所かだけ空いていたので

オフィスも開いていないので勝手にそこで充電を開始しました。

2603

湖畔沿いは24ドルですが

一つ内側なら1泊税込み20ドルと非常にきれいな場所です。

そして午後一に受付を済ませて

昼も食べて船の充電もまあ夕方まで何とか持つだろうと

特にクランキングバッテリーはしっかり充電しないと

エンジンがかからないのは困るので

午後2時に船をやっと降ろそうとスロープで降ろす直前

プロップを昨日曲げていたのを変えていないのに気づきました。

2604

段取りをしているラインに後ろに別の船も並んでいましたが

前の人が降ろしている間に交換しました。

で、今日は真夏日

とても暑い日で、周りはレジャーボートだらけ

船の引き波でシャローの泥が巻き上げられ

2605

ドちゃ濁りの湖になっている状態なので

シャローから始めていきますが

実際は2投目でチビをバラしたのですが

やはりカヌーやら他のボートの引き波で作られた濁りなので

シャローの非常に良さそうなベジテーションもやられている状態でした。

そして

ちょっと最初に入った場所が全然駄目なので

マリーナへ

1匹その中でチビが釣れまして

2606

これが生まれて初オールドヒッコリーバスとなりました。

そして少し移動

とにかくどこに行っても

レジャーボートの引き波はひどく

ウエイクボートをしている人達は特にクリーク内の波の少ない場所を選びたいので

かなり濁りを入れられてしまいました。

そんな中でも何とかアタリは出ますが

乗りませんでしたがチビでした。

なので更に人が来られないようなドシャローへ行きますが

残念ながらなにも起こらず

2607

さらに移動を繰り返していました。

移動と言ってもそんなに遠くでは無く

夕方頃同じクリーク内で良いカバーも見つけられたのですが

やはりさんざん波で荒らされて木のカスなどがシャローからかなり

波で散らばらされていて

見た目は完璧なカバーでしたが

何も起こりませんでした。

そして

今日はスタートが遅かったので、すぐに8時の打ち止め時間となってしまいました。

2608

ちょっと難しそうな湖ですが

明日また続きをしてみたいと思います。

では!

1872話目 パーシープリスト Percy Priest Lake

土曜日になりました。

今日はまたまた1年ぶり

3年連続で

友人2人と釣りに出かける予定の日となっていました。

朝5時に起きて、すぐに支度をして

定宿のウォルマートの駐車場を後にしました。

向かったのはテネシー州ナッシュビル近郊にある

パーシープリストレイク

2年前にも同じ友人2人と釣りをしたことがありこちらで紹介しましたが

友人Sさんは同じ静岡出身で、同僚のY君と同じ会社に勤めていてナッシュビルに住んでいます。

2年前はここパーシープリストレイクで

昨年は自分が滞在していたガンダーズビルレイクまで来てくれました。

今回はケンタッキーレイクがオフリミットに入る時期になったので

私がここナッシュビルに来ました。

昨日土砂降りの雨で何もしたくもしていなく5時半にはランプにきて準備していますと

2人が来てくれました。

2人は余裕で時間に遅れてきましたが

早速スタートしました。

2595

今回事前にこの湖に入れる都合がつかず

今日が今年初のこの湖で

もちろん情報何てある訳もありませんで

それでも2年前につった記憶を頼りに

その時爆発したエリアへ向かうことにしました。

しかしどう見ても水深が2フィート近く前回よりも低いのが良く分かりまして

厳しかな〜と思ってスタートしたのですが

開始早々Sさんが釣り上げる事が出来ました。

2619

小さいですが一応ライブウェルにキープ

すると少しして自分に4ポンド半のランカーサイズがヒット

2597

2人もびっくりしていました。

そしてまたしばらく続けていくと

今度はY君に3ポンドがヒット

2598

2年前に攻めていたストラクチャーは

全て陸の上になっていたのですが

その時釣れた周辺で今回も釣り上げる事が出来ました。

更にSさんにもナイスフィッシュがきて

朝一からライブウェルをまわし、夕方魚と一緒に撮影する

最低限度の魚をキープする事が出来

2599

だいぶ早い時間に3人共に落ち着く事が出来ました。

なのでどんどん新しい場所へ移動開始

メインレイクから岬からポケットから岩盤など

さらに2人はちょくちょく岸から釣りに来ているという事で

岸から良かった場所をやったりと

色々な場所を次々にまわっていき

やはり一番前で釣っている人にアドバンテージがあるので

毎年の様に一人が釣れると前後を交代して

楽しく進めていきました。

2600

しかし非常に面白い事に

3人ともに違うルアーを投げていたり

ワームが同じでもリグを替えている事で

必ずしも一番後ろに居る人が不利という事が無く

2人目の前で釣ったばかりの場所を一番後ろの人だけが釣れるという事も何度もあり

非常に不思議でした。

上流の方から今日は進めていき

夕方近くには下流のダムの近くまで行っていましたが

やはり朝そこそこ釣れた場所に比べるとどこもパワーに欠け

やはり夕方6時前後に下流から一気に移動して朝の場所へ

するとまた爆発

自分が1匹入れ替えている時にSさんに3ポンドがヒット

これで皆最低3ポンドが一番小さいキーパーとなり

非常に盛り上がりました。

お互いの数をカウントして

3人で夕方までに30匹は超えていて

7時になった所で光量のもんだいもあるので

記念撮影を

2601

いい感じの写真が撮れました。

そして

そのあと真っ暗になる8時直前まで釣り続け

自分がトータル20匹

Y君が12匹

Sさんが10匹を釣り上げ

逃した魚をいれたら50バイト以上取れた非常にいい日となりました。

ボートランプに戻るとかなり暗くなってしまいましたが

そのあとバーガーショップで更に楽しい話を続け

今回はお開きとなりました。

非常に楽しい1日となりました。

自分はそのあと近所のウォルマートにチェックイン

既に10時になっていましたが

ブログも書いてから寝ました。

そんな1日でした!!





1871話目 移動日 The day to move

さて今日は移動日

と言ってもそんなに遠い距離ではないので

午前中は湖に出る予定で居ました。

2592

写真ではわかりずらいとおもいますが

朝からまずまずの雨が降っていまして

そして大会参加者がスタートするのをしっていたので

少しゆっくりスタート、

そしてとりあえずランプへ行きますが

流石に380艇前後のトレーラーを見ると駐車場は物凄い事に

更に残念ながらボートランプが閉鎖されていました。

2593

というより

マリーナ自体入り口から閉鎖されていました。

これは予想していたので

湖の反対側から降ろそうかと昨日考えていたのを

夜洗濯をしている時にパークレンジャーが来たので話してみると

”そこは駄目だ!かなりの人が窓を割られて車上荒らしに遭っている!”

と指摘を受けていたので

雨もかなりひどくなってきたので先へ動く事にしました。

2618

まず向かったのは道中にあるウォルマート

明日は予定を決めてあるのですが

明後日からの予定をどのように組むのか

ネット環境で検討作業に入ることにしました。

検討すると共にテキサスでのエリートの試合内容が

ここ数日のケンタッキーレイクの試合とリンクしていると思える部分もあり

そちらのライブを見直したりしながら何時間も時間が過ぎてしまいました。

それらも非常に大事な作業なので

時間を作って確認したいとは思っていました。

そして朝昼兼用の食事を作って食べ

一路別の湖の下見へ

テネシー州にあるオールドヒッコリーという湖のキャンプグラウンドに来ました。

過去一度も釣りをした事の無い湖ですが

少し昔から気にはなっていた場所で

何日か検討しても良いかと思って様子を見てきましたが

週末は予約で一杯との事でしたが

1泊20ドル程の様で検討材料の1つとなりました。

そして

また移動して別のウォルマートへ夕方4時頃着いたのですが

もうここから今日は動かない事に決めました。

中途半端に釣りをすれば船の充電が必要となり

どこかに滞在しなければならないので

バスマスターのライブを見たりして

2594

今日は本当に大した事の無い時間の使い方をしてしまいましたが

少し体を休める事も出来ました。

そんな事で今日は終わりです!

ではまた明日!

2596






1870話目 ケンタッキーレイク6日目 Kentucky Lake Day-6

ハッと起きると既に外は明るい状態

出発しなければならない時間に起きてしまいました。

急いで車を飛ばして

今日チェックしたいエリアの近所のランプへ移動開始

2585

GPSで確認すると40分近くもかかる距離ですが

ボートで走っていける距離ではないので

車での移動となりました。

今日でトレーニングも6日目となりますが

今日予定しているエリアは本当は3日目にやりたかった場所でした。

2日目の夜から滞在した場所で既に3日分の滞在費を払った後

様々なデータを調べ上げ、その時いたエリアでは駄目だとおもったのですが

返金出来ずその後を過ごしてきました。

そして8時前に船を降ろし

早速スタート、こちらでもたくさんの他の船も降ろしていましたが

我関せずで進めていきました。

ちなみにこんな建物があるエリアです。

2586

今日はちょっとシャローにこだわってみたいと思っていたのですが

どこをやっても全く釣れる気配なし

半分諦めかけていたころ

こんな魚が

2587

笑うしかありませんが

この湖でのキーパーサイズは朝ボートランプで見て15インチ

それでも

周りの船はガソリンを焚きまくりで走り回っていますが

そうではないと、丁寧にやっていくと

11時頃来た1本目のキーパーは何と3ポンド

2588

やっぱりこうでしょう!と

自分に言い聞かせていました。

開始してから3時間で1本

時間はかかりましたが、OKサイズなので、パターン的にもやっぱり

“今”

はこうでしょうと思い始めました。

すると11時半頃また2ポンド半が

さらに同サイズをラインブレイクでバラシ

実はこの3本の最中

今週やけに船が多いので、大会が迫っているのか

その参加者らしき船とすれ違ったので聞くと金、土と2日間の大会であると

言ってきました。

釣れて居ない様で、聞かれましたがとぼけておきました。

自分の試合が迫っているのなら同じパターンを探していくのでしょうが

同じことをしていても駄目かなと思い

移動して別の場所の違うタイプの場所をやっていきますが

全然駄目

仕方なく午前中までのパターンの似た場所をやっていくと

また良いサイズが2本

3ポンドと2ポンド半が、、

やっぱりこれしかないのかな〜と

シャローにこだわって一つの正解を導きだす事が出来ました。

そしてある程度そちらのエリアがチェック出来たので

少しずつ戻る方向で何か所かまわりますが

思わしくなく

夕方もう一度朝からやっていた場所のチェックに行きました。

風向きが変わっていたので

余計に興味深い状況だったのですが

また出てしまいました。

2589

このサイズが2本

朝、確実に叩いた場所で出なかったのが

新しい魚が入っていた様で釣れました。

非常に今日の魚はコンディションが良く

かなり早くにスポーニングを終え

回復し終わった状況に見えて、いい感じでした。

結局今日7バイトあり

キャッチは6本

最初のチビは入れず

5本で13ポンド半のウエイトでした。

そして夕方7時にボートランプに戻り今日の釣りは終了

2590

また40分程かけてキャンプグラウンドに戻りました。

そして近所に滞在していた大会参加者と思われる人と話をすると

明日からの大会は

トライトンボートのオーナーズトーナメント

毎年1度開かれるらしく

そのボートの数何と380艇前後だと言うではありませんか!

優勝賞金が8000ドルプラスフルリグのトライトンボートらしく

かなりの規模の大会です。

明日半日釣りをしてから移動しようかと考えていましたが

諦めた方がよさそうです

というのもボートランプを使えないのではという話です。

そんな事で今日は内容も写真も少ないですが

ここまで!

1869話目 ケンタッキーレイク5日目 Kentucky Lake Day-5

水曜日になりました。

今朝は少し移動する予定で居まして

5時過ぎに起き薄明るくなってきたので

2578

5時半過ぎには食事もとらずひとまず走り出しました。

とりあえず最短距離にあるスーパーであるウォルマートまで14マイル

ふと携帯を見るとFLW本部からメールが来ていたので

ビルテイラーに携帯でメール返信したりしながら走りました。

ちょっと今日からの予定を立てる必要があり

特に滞在先が決まらないでいたので、ウォルマートの駐車場でネット環境を借りて

進めたのですが、非常につながりがスローで

1時間近くまでやりましたがイライラが限界

次のウォルマートに移動しましたが、こちらにはネット環境無し

食材を買い出しして、燃料を給油

そしてマックしかないかな〜と思っていたらLOWE‘Sがあり

そちらでネット環境を借りました。

そしてとあるキャンプグラウンドにチェックイン、昼も作って食べ

急いでランプへ向うともう昼になってしまいました。

今週末試合があるのか、FLWのツアー戦に向けて

先日ピクイック戦のワンツーコンビ、バディグロスと、写真右の緑の車

2579

マイケルニールの車もありました。

自分達ツアーに出る選手の練習可能日は今週まつ日曜日まで

そこから2週間禁漁期間になります。

他にも昨日も今日もトムモンスーアもやっていて、

バリーウィルソンも練習していました。

プロ達は必死です。

そして自分ものこのこ練習開始

何から始めようか迷っていましたが、やはり沖から

2580

今日もいい感じで荒れていたのですが

気にしている場合ではないので

またスクリーンにドットが映ったら都度多彩なルアーを投げまくっていました。

しかし。。

いくらやってもバイトせず

やっとの事でヒットしたと思ったら今日もナマズ

よく見るとドットの形がバスでは無かったかもですが

沢山の場所を叩いているのですが、それでも釣れないので

どんどん自信を失いかけてしまいます。

そして3時間やった所で仕方なく浅い場所へ

本当はやりたい場所、やるべき場所はこのエリアでは無いのかもしれないのですが

3週間後のツアー戦の練習をすべきか、“今“を釣るべきなのか

????となってしまっていますが

とにかくいろいろな事情をひっくるめて、今出来る事をやろうと決めました。

2581

しかし

釣れる気配は全く無し

朝から曇りがちの天気で水温も60度台後半

それでもどんどん進めていきました。

連日全く来た事の無い場所を新規開拓していくのは

釣れなくても、、は言い過ぎかもですが、非常に興味深いものがあり

本当にこれがケンタッキーレイクなのかと

沖しか見てこなかった過去数年であるので、新鮮な気持ちで居ました。

2582

更に水温計を見ると水温が何と65度しか無く

まだ産卵を終えていない魚も居るのか?と思う場所でした。

1匹駆け抜けていく奴は居ましたが

ここでは駄目でした。

さらに流していくとやっとチビが1本

そしてまた1本

そしてまた1本

同じエリアでチビが3本釣れました。

2583

皆同じサイズ

そしてもうこれ以上は無理だろうと

4時間程使ってしまいましたので

最後1時間沖に

また魚探には魚を捉えていると思うのですが

駄目

日が暮れてきてしまいました。

2584

真っ暗になる直前まで

ボートランプで最後から2番目で船を片つけました。

今日は昼からでしたが何とか8時間やりましたが

内容の方はイマイチ

明日また続きを進めるとします。

ではまた!





1868話目 ケンタッキーレイク4日目 Kentucky Lake Day-4

さて

ケンタッキーレイクでのトレーニングも今日で4日目

物凄いスピードで時間が過ぎていきます。

今朝は7時過ぎに船を降ろし

沢山の竿を用意してスタートしました。

2569

朝何か所か入りましたが、

すぐに先日車で大移動して空振りに終わった方向へ

一気に移動しました。

ケンタッキーレイクに初めてきたのは97年か98年だと思うのですが

その時の記憶は全く無し

2012年に来た時は親分の船で練習日3日間沖に浮いていただけで

さらに試合も沖

2014年も少しだけ岸に入りましたが

本当に見た事の無い景色の連日で

最初から開拓していかないと全く分からない状態です。

そして開始早々KVDの1.5で

2570

得意のセクシーブルーバックへリングカラーで

少しずつ移動しながら

気になったらビシバシルアーを投げていきまして

次に釣れたのはXD―5

2571

その場の条件を見て

次から次へ当たりそうなルアーを投げまくった結果です。

そしてまた移動

少し他の船も居たのですが

魚探掛けしているだけだったので

さっと入るとまた1本

2572

今度はシェイキ−ヘッドでトリックワームで釣れました。

意識して違うルアーを試しているわけでは無いのですが

違うルアーで当たってきました。

そしてまた移動

少しシャローに入りますと

またヒット

2573

今度は何と白のチャターベイトにヒットしました。

ここまでにヒットしたルアーも勿論投げているのですが

何故か違うルアーにヒット

更にキャッチ出来なかったのですが

この後スイムジグを投げていると

トレーラーにつけていたクローワームのツメだけ2本ともに魚に持って行かれました。

そして

次にまた移動するとまたヒット

2574

今度は何と

オレンジのバブルガムワームのワッキーで来ました。

本当に全て違うルアーでヒット

同じルアーで2本目が全然釣れません。

そしてまた移動

そしてまたまたヒット

2575

今度は先日ホイットさんから貰ったロボワーム

ヘビキャロで来ました。

ワームの種類はちょっと御免なさい!

そして4時も回り、大体予定していたエリアをチェック出来たので

少しずつ帰る方向へ

帰りしなもかなり色々な場所を叩いて行きますが駄目

そして夕方5時過ぎ

昨日ビックフィッシュが釣れた場所へ投げると

またヒット

2576

チューブワームで来ましたのは

3ポンド近くありました。

そして昨日かなり釣れた場所に入りますが

3バイト取ったのみ

今日は風が逆向きだったのが

バイトしても魚が乗らない要因だった様で

不発に終わりました。

そしてもう7時近く

11時間半程今日は釣った所で打ち止め

ここまでとなりました。

今日はどんな場所を釣ったのかは書きませんでしたが

キャッチで来た全てのルアーを書いてみました。

ツアー戦も控えている湖なので

伏せておきたい部分もありますが

今日は思い切って公開してみました。

ではこの辺で!!

1867話目 時間を無駄に I wasted my time

さて今日ケンタッキーレイクでのトレーニング3日目

過去2日あまりにも不甲斐無い内容だったので

ちょっとやってきた事が完全に間違っているのでは?と

昨夜紙のマップを広げ、過去のデーターを掘り起こし

幾つかの事に気づきました。

そして今朝また車で1時間近くかかりますが

マップ上見つけたランプへ朝6時半頃走り出しました。

2561

一度も行ったことの無いエリアで確信は無かったのですが

ボートランプが4つあるので

何とかなるだろうと行ってみたのですが

何と4つとも存在しませんでした。

さらに狭い道を進んで、戻る方向へ行くのに通りを一周できると思って進むと砂利道。

最後は物凄い登り傾斜で自分の車は登り切れませんでした。

2562

そして仕方なくUターン

結局滞在していた近所の場所で降ろすことに

朝6時半にスタートしたのにボートを降ろしたのは8時半過ぎ

2時間近くも走りっぱなしで、時間と燃料を思いっきり無駄にしてしまいました。

朝から体力的にも精神的にもやられてから

スタート

2563

さっき片道1時間近くかけて水際まで行った場所に

今度は船の燃料を焚いてまで行く気は無くなりまして

近場から開始

昨日ほぼ全てオフショア用に道具を準備しましたが

今日はシャローへ

すると2ポンドクラスがすぐにバイト

2565

そして4本までは30分ぐらいでヒット

そして11時前までにカツカツですが、5本揃いました。

2566

ちょっとノンキ―パーも入っていたと思いますが

少し釣れて落ち着く事が出来

この調子でシャローが良いのではと

続けてみる事にしました。

2564

すると断続的ですが

釣れ続け

ちょっと自分の過去のこの湖での経験が

シャローを叩いた記憶は、ゼルローランドと組んだ時ぐらいで

ガッツリ時間をかけてみる事にしました。

しかしサイズ的に限界があり

午後3時過ぎまでやった所で少しずつメインレイク方向へ

そしてとある場所から4ポンド半が

2567

近くで2艇に見られてしまいました。

そこから

オフショアの場所を少し

マリーナにリップラップとやっていきますが

チビのみ

もう今日は大移動する事は諦め

夕方もう一度朝一に釣れた場所へ

するとまた2ポンド強が釣れましたが

2568

やはりこのサイズが限界

それでも

今日は15匹か16匹か

その位はヒットさせることが出来ました

ウエイトは5本で12ポンド半ぐらいだと思いますが

一つの答えを見つけられたと思います。

もっとビックフィッシュが狙えるパターンを見つけなければですが

これだけデカい湖ですと

どれだけ燃料代を使えるかが、パターンを見つけれられるかに直結するので

やる気は満々ですが難しい問題でもあります。

自分に出来る範囲で全開行ってみます!!

1866話目 ケンタッキーレイク2日目 Kentucky Lake Day-2

さて

今日はケンタッキーレイクでのトレーニング2日目を迎えました。

5時台に起きて

6時ちょっとすぎに走り出しました。

2553

とにかくこの湖は長いので

釣りをする近所で降ろしてガソリンを出来るだけ使わずに

内容の濃いトレーニングをしようと企んで居まして

目をつけていたボートランプに行きますが

どうやらボーイスカウトの野外活動をする敷地内の物だった様で

マップ上1週して出られると思ったらあと20mで出口なのに行き止まり

2554

森の中をUターン、1キロ以上戻る事になり時間をかなりロスしました。

急いで戻って次に目をつけておいた場所で何とか船を降ろせましたが

数キロ船で走らなければならいロスが出る場所となってしまいました。

さっと支度をして釣り開始

2555

とにかく片っ端から魚探掛け

水温がまだ70度に届くかどうかで

本当に沖でいいのか半信半疑であるのですが

かと言ってシャローでいい感じでもないので、そのように進めていきました。

グラフに少しでも良さそうなドットが出たら

そのたびにルアーを投げていくのですが、一向に何も起こりません。

開始2時間以上たったころでしょうか

ようやくアタリがあったのですが乗らず

ワームのリグを替えたらヒット

でも4ポンド程のナマズでした。

2556

同じ場所に入っていた船が2ポンド前後のバスをキープするのを見ましたが

自分は駄目でした。

昼すぎまでひたすら魚探掛けをして釣るの繰り返しで

ひたすら沖に浮いていました。

しかし何も起こりませんで

10個程桟橋をやってみますが駄目でまた沖に

2557

何か所も叩いてみるのですが本当に何も起こりません。

魚探には魚を捉えていると思うのですが

ピクイックでも同じようなことがありましたので

様々なルアーを投入していきますが駄目

いい天気なので空を撮る位しかできませんでした。

2558

そして

今日もキャンプグラウンドを移るので

手続きの事を考えて、4時半までにはボートランプに戻らなければなりませんで

最後の最後

とあるマリーナの端で

やっとアタリが、2度のらなかったのですが

3度目で何とかジャークベイトにヒット

チビですが

魚を見る事が出来ました。

2559

そして引き上げる事に

2012年に滞在した事のあるステイトパークのキャンプグラウンドなのですが

受付には人が居ませんで

セルフサービスで支払う方式になっていました。

まだ日が高いので

少し道具の準備と船の整備をすることが出来ました。

2560

今日は全然駄目な日でした。

かなり燃料も焚いたのですが

今日のやり方をやってはいけないという事を学んだ1日でした。

また明日続きを進める事にします。

ではこの辺で!

1865話目 ケンタッキーレイク Kentucky Lake

さて

土曜日になりました。

ウォルマートの駐車場で目を覚ましまして

6時半頃そちらを後にしました。

2543

今日からケンタッキーレイクでトレーニングをすることにしました。

先日の隣であるピクイックレイクから移動してきたのですが

とにかく遠い

更に今日から一番最下流になるダムの所から始める予定でいたので

ピクイックの最上流からなので余計に遠い感じになってしまいました。

一応来週末にここでBFLの試合はありますが

今のところ参加する事はあまり考えていませんで

約3週間後にツアー戦があるので

その下見と言いますか、こちらのレイクにあまり時間を掛けた事が無かったので

ホームレイク並みにチェックしようかと考えています。

そしてキャンプグラウンドを探すのに苦労してしまいましたが

しかもせっかくついたのに受付は10時から

夕方また早く戻らなければならない感じでとりあえず船を降ろしました。

早速メインレイクに出ますが

突風で大変な感じに

2544

予報では風速18マイルは吹くと見ていたのですが

真北からの風で

自分もメインレイクから入ったのですが

ダムの影で何とか釣りが出来ている他の2艇以外はメインレイクに居る船は無し

ダダ荒れの状態でした。

暫くやりますがピンと来ませんで

仕方なくクリーク内へ

どうも大会が開かれて居る様で、土曜日ということも重なり

メインレイクに居られない人でクリーク内はボートだらけ

上手くすきをついてポケットを左回りに始めたのですが

反対側に入る船が居ました。

試合なら押し出してやろうかと思いますが、土曜日ですし、試合の参加者なら、、

と、遠巻きに見ると何とFLWのラッピングボートです。

え〜誰?

今年から個人でFLWのボートを普段使える人は居ないので

スタッフのみのはず

誰かと思って近づいてみると

何とびっくり、トーナメントディレクターのビルテイラーではありませんか!

2545

いくらこの湖がFLWの本部の近所とは言え

広大なケンタッキーレイクで会うとは偶然にも程があります!

“や〜ワタナ〜ベ”

みたいな感じでいつもビルは自分の事を名字で呼んで来ます。

ちょっと話をするとクラッピーと言っていたか

大会をしているそうで

少しだけ世間話をしました。

色々話は尽きませんが、お休みの日に釣りを楽しんでいるのを邪魔するのも何なんで

さっと話を済ませて場所をすぐに譲りました。

そして自分は大荒れの湖を横切り隣のバークレーへ

ちょっと試しておきたいルアーとエリアがあったので

数時間時間をかけてじっくりやってみたのですが

この1匹のみ

2546

午後になってしまい、仕方なくダダ荒れのケンタッキーレイクの

メインレイクに戻る事にしました。

相変わらずメインレイクには誰一人

釣りをしている人は居ませんで

自分は時間が無いので

条件は気にせず、床上浸水を繰り返しながら魚探掛けを繰り返し

2547

魚が映れば釣っていきました。

ピクイック戦の前の週にこの湖で

FLWの2番目のランク、コスタシリーズという大会があり

ほぼ上位者はまだ岸を釣っていたのですが

今もまだ完全には深い場所に落ちていない様に感じて居まして。

浅い所の魚がちょくちょく画面に映ってきました。

2548

しかしどのルアーが良いのか分からず、荒れすぎで駄目なのか

なかなか釣れませんで

やっと1本来たのですが

もうひと超え大きいサイズが欲しかったところです。

2549

体の傷を見てもアフターで回復し始めたばかりであろうことが

想像できる魚でした。

この後も何か所か魚影を捉えていたのですが

5時半になりタイムオーバー

オフィスが閉まる前にキャンプグラウンドにチェックインする事にしました。

それではまた明日!

2550

1864話目 隣の州へ Move to next State

今日は金曜日

ホイットさん宅で朝を迎えました。

2536

家の裏には

長い建屋があって

何か植物の栽培なのか、鶏の飼育なのか

US−AIRFORCE以外の仕事もホイットさんはしていて

今朝は自分だけのんびりしていました。

家にはプールもあり

2537

飛び込むにはまだちょっと寒すぎますが。。

時間があったので

ホイットさんの作業部屋へ

バスフィッシャーマンなら誰もが憧れる

男の隠れ部屋です。

2538

もちろん隅から隅まで

全てのルアーをチェック

船に積んであるものはロックがしてあったので

遠慮したのですが

自分が必要な物を

少し分けてもらいました。

ジグヘッドとロボワームを8袋もです。

10時前にホイットさんが一度家に戻ってきたので

銀行に出かける事に

2539

ホイットさんのお陰で

さっと現金を受け取る事が出来ました。

そして自分はそこから北へ移動開始

もう11時頃になってしまいましたが

走り出しました。

途中物凄い睡魔に襲われ

気づかないうちに何度も反対車線に半分顔を出して走っていたりして

大丈夫だと思いながら、大丈夫では無く

途中のウォルマートに1時過ぎに滑り込みました。

少し食事を取るとまた仮眠を取る事に

そしてまた移動、途中で予定していたスタンドに行くと

まだ1ガロン1ドル50セント台

ホイットさん家周辺では2ドル以上

2540

ここで54ガロン入れたので

この量を1ドル59で入れるのと2ドル以上で入れるのでは雲泥の差

溢れるまで車も船も満タンにしました。

そしてまた移動

この時点で既に夕方5時をまわってしまって

今日は釣りが出来る時間がなくなってしまったので

この機会を利用してまた別のウォルマートに行き

ピットイン

2541

少し予定距離をオーバーしていたので

オイル交換を

当然日中しかお店はやっていませんから

何かの次いでを見つけませんと

野暮用の為に湖に出られないのは無駄になりますから

今日はいいタイミングでした。

今夕方7時半をまわりますが待合室でブログを書いています。

さっきメカニックの人がきて

長らく待たせて申し訳ないと謝りに来てくれましたが

自分的には大丈夫です。

という事で当然ここの駐車場が

本日の宿になるのは決定です。

明日は釣りに出られると思います。

ではまた明日!!

1863話目 ホイット家に To Hoyt's House

木曜日になりました。

今朝も早く起きまして動き出しは6時半過ぎ

今日は車で走り出しました。

2528

まず向かった先はウォルマート

さっとブログを更新したりして

今日船を降ろす場所を確認したりして

また走り出しました。

湖で試したい事は沢山あるのですが

ピクイックを通りすぎて

ウイルソンレイクに向かいました。

隣なんですけどちょっと距離はありまして

途中スタンドも寄ったりで

釣り開始は9時半ぐらいになってしまいました。

2529

日曜日には

14ポンド程釣れましたが

今日はどうかと思って始めていきますと

割と早めに1本目は来ました。

チビですけど。。

2530

今日はあまりたくさんの竿は出さなかったのですが

やはり先日と同じことをしていても仕方が無いので

色々やっていきました。

その中で

今日面白かったのが

とあるクリークの奥の桟橋の周りに

沢山のバスの稚魚(フライ)が固まりで居て

それを守っているバスが居ました。

今日他の場所でも同じ光景があったので

早速ルアーを投げてみるのですが

寄っては来るのですが、食いつく事はありませんで

2か所目に入ったのこの場所で

さてこの看守は子供たちを守り切れるのか試してみようという気になり

ちょっと時間を使ってみる事にしました。

2531

ちょっと時間が前後してしまいましたが

この時点でスモールマウスを含む3本をライブウェルに入れていまして。

少しゆとりをもって試してみました。

最初はセンコーなどを投げて

様子をうかがってみたのですが全く相手にしてくれる気配なし

他のワームに変えて

近くに見えたベットになっている場所に狙いを定め

サイトフィッシングに持ち込めるのかやってみましたが

結局食いつかせることは出来ませんでした。

これまた新しい試みでしたが、

こいつをどうにか料理する事が出来るのかどうなのか

またチャレンジしたいと思います。

そしてそのあと風が強くなってきたので

風がザブザブしている所をやったのですが不発

仕方なく対岸に渡る事にしました。

しかし全く駄目で

良い時間になってきたので

そこまでのベストの3本の写真を撮って魚を逃がしてあげようとしました。

2532

魚が大きく見えますが

3ポンドちょうどがマックスです。

そのあと桟橋関係に入って

帰る方向に向かったのですが

やる気の無い魚がバレて終わり

結局トータルでは13匹ぐらいは釣る事ができ

新しいルアーのテストも出来ました。

そして4時になるので上がらなけれならない時間となりました。

先日から小切手を現金化する事で

ホイットさんと連絡を取り合っている中で

金曜日に銀行に一緒に行けそうだという事で

木曜の今夜泊まりに来いという話になりまして

移動する事になりました。

船を上げて移動する事40分ぐらい

何度か誘いが過去にあったのですが

タイミングが合わず

やっと今回初めてホイット家に向かったのですが、数軒まちがえていた様で

本人と電話でやり取りしながら何とかたどり着きました。

築9年と言っていましたが非常にきれいな家。

着いて早々当たり前の様にマップを見ながら釣りの話。

2533

新しいガーミンの魚探を使いこなせていない様で

余計に時間がかかってしまいました。

で、このホイットさんは

アンディーモーガンの練習パートナー

簡単にはアンディと一緒に練習する事は出来ません。

彼は戦地から帰国してそんなに経っていなく

今年はピクイック戦から試合に復帰

なので溜まった話はとにかく止まりませんで

一度家に入り奥さんも一緒に話をしたり

親戚の子どもを今日は預かっているらしく

とてもかわいらしい男の子でした。

以前にも書きましたがホイットさんは空軍のメカニック

今は主にカーゴの機体を担当している様です。

ホイットさん夫妻には子供は居ません。

今夜はサーモンがあるという事で

親戚のチビッ子と一緒に

チキンも合わせて美味しく頂いてしまいました。

2534

食後も話は尽きませんで

夜は更けていきました。

2535

では今日はこの辺で!

1862話目 ピクイック2日目 Pickwick Day-2

さて水曜日

ピクイックレイクでの復習作業2日目になりました。

今日も朝から大会で学んだことをおさらいしようと

朝早く起きたのですが

昨夜滞在費を払い損ねてしまい

今日途中でランプに戻ってくるなんてことはまっぴらなので

仕方なく8時まで待ちました。

支払いをしてすぐに船を降ろし

2520

ちょっと寄りたい場所があって一度そちらへ進路を取ったのですが

モーニングバイトが大事なので

Uターン

メインの場所へ真っ先に向かう事にしました。

10マイル程の距離がありましたがそこが一番最初でした。

この場所はマイクサーマンが釣っていたグラスエリア

3日目、オブザーバーとして乗り込んでいた時は

ボトムの様子が良く分からず

今日来てみて調べながらやっていきました。

1本はやめに取ったのですが

2ポンド弱程ですが多分ノンキーパー

2521

もうかなり叩かれたのか

更に時間も来たのが今日は遅いうえに

ピーカン天気でベタ凪ぎ

2522

このコンディションで釣れるのか半信半疑でしたが

沢山の竿を出して、様々なルアーを投げ続けました。

300〜400mぐらいの長さのグラスエリアなのですが

一度端まで行って折り返して反対側から投げる形でやっていくと

さっき釣れた場所のちょうど反対側からも1ポンド半ぐらいがヒット

非常に元気の無いバスで引きも弱く

食いも浅く船の横でバレました。

そして続けていきますが全くそれ以降反応なし

太陽が上がり気温がぐんぐん上昇

先週から一度も無いような猛暑日

それ以降釣れる事はありませんでした。

マイクサーマンからもこの場所は10時半までだと言われていました。

岸際にはバスの子供かシャッドの子供か良く分かりませんが

大量のちびっ子が

2523

その周辺にバスが居るかな〜と

やってみますが

全く釣れませんでした。

そしてお昼が過ぎたころでしょうか

グラスエリアは諦めて、沖に出る事にしました。

過去の場所も当たり前のように入ってみますが何も起こりませんで

もう新規開拓に入りました。

すると一度もやった事の無い場所で

スイムベイトに1本チビが来ました。

2524

他の場所も次から次へとやっていくと

物凄いアタリが

間違いなく6ポンドオーバーはある引きだと思い

慎重に寄せてきますが

5ポンドオーバーのドラム

写真も撮らず逃がしました。

本当にアタリと引きがバスにそっくりなので

心臓に悪いです。。

こんな場所でドラムは来ました。

2525

釣れた場所以外でも魚探で魚はとらえていると思うのですが

どうしてもアタリが取れません。

しかしもう時間切れ

日が暮れてきまして

終わりです。

ほんとうに毎回書いていますが

成長はほんの少しずつです。

今日11時間湖上に居ましたが

僅か4匹

明日はどうなるでしょう!

では

2526
カテゴリ別アーカイブ
Profile
  • ライブドアブログ

ゲームの時間です dallet