MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

なべさんの日記

ひとりのサラリーマンが夢を抱いたアメリカバストーナメント参戦記と日頃の日記です!

2369話目 上高地4日目  Kamikohch Day-4

さて今日はこの地での4日目

身の回りの全くご紹介出来てませんが

先に昨日からの続きのバスマスターのロスバーネット戦

最終日の模様を見ていたので

やはりそちらから。

大会2日目、3日目と大荒れの天気でしたが

遂に大きな天気の崩れとなり

日曜日の最終日が延期となり

6965

試合は

月曜日に持ち越しになった様です。

そしてその月曜日

トップで最終日を迎えたのは

エリートのルーキー

ダスティンカーネル

ブラストオフする前のインタビューで彼は泣いていました。

6967

ルーキーでここまで上り詰めてきていて

様々な思いが交錯していたのでしょう

何と言ったらいいのか分からないと言ってから少し間をおいて

”とにかく釣るしかない、天気がどう左右するか分からないけど

今日何があろうと、今週は最高にいい週になっている事は間違いない

5ポンドリードしているけど、とにかく頭を下げ続けて釣るしかない”



彼の熱い思いが伝わってくるスタート前のコメントでした。

そして最終日のこの日

開始早々に飛び出したのは

ケビンバンダム

僅か8分の間に5本のリミットを達成

6966

但し

3日目を終わって

トップに立っていたダスティンカーネルとの差は

前述の通り5ポンド

ケビン曰く

もしダスティンが15ポンド釣ってきたら捉えるのは難しい

と言っていたようです。

前半リードしていましたが5ポンドの差はやはり難しくなっていきました。

既に結果は知っていますので、詳細を今日再確認している感じですが

もう一つ気になっていたのが3日目の朝まで

初日からトップを走っていた

ブランドンカードのトップウォーターパターン

もし彼がぎりぎりでも今日の最終日に駒を進めていたら

どうなっていたのだろうか?と思っていたのですが

何と朝からそのパターンを完コピしたかのような釣りをしていく選手が

2人も居るではありませんか

それがブレットチャップマンとマークメネンデス

6969

しかし2人共に不発

この日は朝から快晴だったことが

このパターンが効かなかったのか、すでに取り切ってしまったのか

それは分かりません

そしてお昼ぐらいに

ダスティンは試合を決定づける4ポンド半をヒット

魚を持ったまま船上に寝転がってしまいました。

6970

”神様有難う!”



これでウエイトを61ポンド近くにまで4匹で引き上げる事に成功

ケビンバンダムも5ポンドオーバーを釣り上げ

6971

最終この日トップウエイトの16ポンド台を釣り上げますが

やはり5ポンドの今朝のスタートからの差を埋める事は出来なかった様で

ルーキーのダスティンコーネルがエリート戦初優勝という事で幕を下ろしました。


4日かけまして今回の大会のライブ18時間分を全て確認してみました。

このド茶濁りの湖で

KVDとJVDがジャークベイトを使っていたという事は良く取り上げられていますが

私にとっては既に2年前位でしたか、のメジャーリーグフィッシングで

KVDが同じパターンで優勝していたことで

こちらのブログでも既にKVDのジャークベイトばかりフロリダなど

私自身で濁った水域で投げまくっている事を

ご紹介してきましたが、それはKVDの優勝を見てからの影響です、

やっぱりな〜という様な感じでした。

それ以外にはやはりブランドンカードのトップウォーター

アメリカでトッププロと釣りをしていると

濁った水域ではボーンカラーを使う人が多く

当然の基本なのか、その強さを再認識させられたと言いますか

もちろんルアーの事より、天気の要素、シャッドスポーン、風のタイミングなど

多くの要素が重なっている事が確認出来ました。

そしてベジテ―ションをメインで釣っていた人も、強風下ではどのような場所が良いのか

非常に多くのヒントが得られる今回の大会でした。

この試合の分もエクセルにまとまったので

6972

また1つ引き出しを増やす事が出来ました。

何処でこれが役に立つのか

楽しみです!

それでは今日もそろそろ仕事へ行く時間なので

この辺で!!




Don't run me over
俺をひき殺さないでくれ


再渡米まであと112日

2368話目 上高地3日目  Kamikohch Day-3

今日は上高地での3日目

昨日早めに布団に入ってしまったので

深夜に飛び起き

バスマスターライブの昨日の続きを見る事に

ロスバーネットでの試合の大会3日目

6957

昨日より早い時間から見始めました。

何度もこちらで書いていると思いますが

LIVEの良い所はコンディションの変化によってリアルタイムで

他の選手がどういう行動をしている状態で、どんな結果が出ているのかが

比べられるという事です。

もちろん目から鱗が出るような場所を選ぶ選手も居るので

場所選びから、またルアーの選択など

驚きの連続です。

6958

この3日目

早い時間までは初日から飛ばしていた

ブランドンカードが

トップウォーターパターンで大成功していたのですが

昨日からのかなりの強風で場所がつぶれている様に見えます。

これはデビットムリンズの船でしょう

6960

ブランドンは早い時間から爆発していた場所を諦め

他の参加者も多く居るベジテ―ションエリアへ

これらは昨日の画像の様ですが

嵐が近づいて居る様で

連日大荒れの天気の様で

6961

見ていると

この強風の影響をを一番受けたのが

ブランドンカードの様に見えて仕方ありません。

そして

自分もこの湖でやらかした

ブランドンカードも見えないスタンプに船のフロントが釣っかかり

バランスを崩して湖へ

6962

こうなると最悪です。

この後残念ながら

スコアを伸ばす事が出来ず

2日間のトーナメントリーダーは

この3日目で試合を終えなければならない事に

そのリーダーに代わって上位に入ってきたのが

ケビンバンダムとジョナサンバンダム

3日目までにはほとんど画面には出てこなかった2人

最終日の動きに期待します。

ではそろそろ仕事へ行く時間なので

今日はここまで!






I ain't gonna live forever
俺は永遠に生きるわけでは無い


再渡米まであと113日

2367話目 上高地2日目  Kamikohch Day-2 

さて

上高地での2日目を迎えました。

昨日までの昼と夜がひっくり返った様な生活から

日中から夜までの生活になりますが

寝たり起きたりを今朝も数回繰り返しながら朝を迎えました。

場所が変わりましたが、スタートは今年のバスマスターエリートの見返し

もう見れないと思っていた

ミシシッピー州のど真ん中にあるロスバーネットの模様を

最初から見始めました。

6953

朝少し見てから

仕事開始

午前中きっちり仕事をして

夕方まで中抜けなので

午後からまた続きを見始めました。

6954

ここは1度だけ、3日間だけ釣った事のある湖で

基本ド茶濁りのシャローな湖で、あまり湖自体が大きくない場所です。

濁りがある場所が多いので

基本は岸沿いの釣りになる場所で

バスボートから湖に落ちた

思い出の場所でもあります。

試合前半はブランドンカードがリード

トップウォーターをメインにして

他の上位者はジグとフロッグを投げている人を多く見かけられました。

この2日目の天気は曇りで

シャッドスポーンの時期に当たっている様子で

シャッドに似せた白い色のルアーを選ぶプロが多く見かけられました。

6955

前半から

何艇も参加者が集中するエリアがあったのですが

自分も3日釣った時にはダムの近くのキャンプグラウンドに滞在したのですが

自分のレベルでもそのエリアに良い魚を釣る事が出来たのは

ベジテ―ションが集中しているからだと分かりました。

自分が釣りをした時は3月でまだベジテ―ションは枯れていた感じでしたが

この試合は4月最終週でベジテ―ションが青々している様でした。

今日の夕方の出勤前までに

何とか6時間分の大会2日目の試合の模様を全て見る事が出来ました。

また

続きを進める事にします。

では今日はこの辺で!




I don't care no matter who you are
あなたが誰だろうが私は気にしない

再渡米まであと114日

2366話目 決勝そして移動 Final and time to move

さて

昨夜から日を跨いでバスマスターの決勝を

自分も個人的に知っているジェイコブプロズニックと

昨日スモールマウスへの激的な対応を見せてくれたイッシュとの後半戦

日を跨いで何匹目だったか

ジェイコブが釣り上げた魚に

入れ替え時に使う、タグが付いていて

誰もが超ビックリ

6944

そのまま湖から釣り上げたので

タグの付いた重さで検量するのか?

無しの重さで検量するのか?

審議となりましたが

計ると同じ重量でしたので、事無きをえました。

こんなのは見た事も聞いた事も無かったのですが

ジェイコブ本人も含め

審議に携わった皆さん誰もが驚いていました。

そしてこの試合

前半ジェイコブは桟橋関係でウエイトを13ポンド前後でしたか

上げてから、昨日のイッシュ同様にスモールマウスのパターンに移行

見事なまでにトータルウエイトを16ポンド台まで持って行き

そのまま逃げ切り優勝

来季のバスマスタークラッシックへの参加権を奪取しました。

6945

あまりのジェイコブの見事なまでの勝ち上がり内容に関心しきりでした。

そして明け方になってしまいましたので

少しだけ寝て

いよいよ家を今日は出発する日

やっと仕事の手配が整いましたので

また交通費を払う事を条件に父に送ってもらう事に

早速富士市を離れて北へ

6946

あいにく富士山は雲に隠れて姿が見えませんが

すぐに戻るので

またの機会にという事で!!

そして山梨県に入り

富士山の周りを時計回りに

精進湖から向こう側へ降りていきました。

6947

そして

甲府のインターから高速に乗り

更に北へ

富士を出発してから3時間かかって

とあるインターでやっと降りる事に

長野県に既に入っていて

松本インターで降りました。

6948

私的に車でここまで来た記憶が過去ありませんで

全く初めての土地、軽井沢や白樺湖、草津でホテルの仕事をしていた時

松本城やこのインターまでなど案内をしていたのですが

情報だけで案内してきていました。

そしてそこから下道を進むと

景色はどんどん山に入って行き

綺麗な川やダムが幾つも視界に入ってきました。

6950

そして

高速を降りてから30〜40分位走ったところの

とあるバス停で車を駐車場に止めなければならない事に

そしてバスに乗り換えてまた進みました。

6949

そして

更にバスで進む事数十分

バスの前方に

ここから一般車は入れない看板を発見

6951

もうここまで

写真を見てもらえば

知っている人は知っている有名な場所へやって来ました。

長野県の上高地へやって来ました。

そしてバスを降りて

今回働くホテルへやって来ました。

正直私はこの上高地と言う場所

この数日まで全く知りませんでした。

父親は良く知っていて、若い時からこの地を訪れた事があると言っていて

今回は最初のバス停で自分を降ろしたら帰るのかと思っていたのですが

何と自分と一緒にバスに乗って今日は少し散策していくと。。

自分はホテルに入ると、

父は一人山の方へ向かってカメラを持って歩いていきました。

自分は早速入寮させてもらいゆっくりする事に。

まだ今回のホテルをこちらのブログにアップして良いのか確認していませんが

確認出来次第ご紹介していきたいと思います。

このオフシーズン帰国してから10日も仕事以外に時間を使ってしまいましたが

いよいよ今日夜から早速数時間ですが仕事が始まります。

少しでも多く来季の資金を調達する事にします。

ではまた明日!



What's the matter with you?
どうしたっていうんだい?



再渡米まであと115日

2365話目 準決勝 Semi Final

さて

また今日も深夜、日を跨いでバスマスターのライブの続きを見る事に

6939

このライブを3日前から見ているのですが

この準決勝の決着が

日本時間の朝4時頃に出たのですが

勝ち残ったのはジェイコブとイッシュ

特にイッシュのパターンといいますか

初日からの流れをずっと見ていると

その対応能力の高さに驚かされるばかりです。

6940

特には天気に応じて釣れる状況が変わっているのが明らかに見えてきます。

何年か前からこのライブを色々追いかけている中で

実践ではまだ感じられていないのですが

天気が曇っている日はスモールマウスの食いが悪いという事

天気が良いと良いので

それが上手くハマったのが今回の試合で良く分かりました。

アイコネリと僅差で競っていたイッシュとでしたが

終了間際のとどめの5ポンドオーバーのスモールは凄い1匹でした。

6941

非常に興味深いです。

そしてそろそろ午前10時頃で、出掛けようかと思っていると

仕事の営業担当から突然電話

仕事の内定が出たので、今からでも仕事に来てほしいとの内容

地元の町内の仕事では無いのでそれは流石に無理

明日の移動という事で

まずは髪の毛を切りに行くことに

昨年の11月から切っていなかったので

前髪も顎まである状態なので

バッサリ行きました。

QBHOUSE

と言いうお店で

6942

先日たまたま地元で見つけたのですが

カットの専門店で、顔そりもシャンプーも無い施設

入り口に発券機があり税込みで1080円と

貧乏人の自分には大変に助かる金額

聞くとニューヨークにもお店があるということでした。

時代はここまで来ているんですね

という感じです。

そして色々な買い物をして

お昼過ぎに1度家に戻りましたが

1時間半後、飲み物を箱で買おうと

車でないと運べないので家の車を借りて再度

細かな必要な物を購入しに行き夕方戻りました。

そして今日はバスマスターの最終日のライブなので

放送時間を楽しみにしていたのですが

このところ家にこもっているのですが

寝不足でいい時間に寝てしまい

途中から見始めました。

6943

今日も起きたまま日を跨ぎました。

明日移動日なので

少し加減しないといけないかもしれませんが

少し見続ける事にします。

ではまたあす!


再渡米まであと116日

2364話目 依然としてliveを Still watching live

さて

昨日から日を跨ぎライブを見続けて

また今日も外が薄明るくなってきてしまいました。

6936

流石に全く寝ない訳にはいかず

少し夜転寝をするようになってしまい

完璧に試合の内容が把握できていませんが

このように出来るのは後数日だと思うので

続けている限りです。

日中も色々なサイトに飛んだりしているうちに

今年のFLWツアーのポトマック戦の模様が数時間前にリリースされたので

それを見なおしていました。

6937

自分で大会を2日間釣って

その後2日間トップ20

トップ10の船に乗り

他のオブザーバー同士で話をしたりしているので

ある程度の事は把握できているので

細かなズレと、詳細を確認しなおしていました。

他にも

FLWマガジンを見直したりしていると

優勝者の文面を再確認したり

ついでにコアングラーの優勝者のパターンやルアーも載っているので

その辺も確認したりしていました。

そして夕方また仕事の担当と連絡を取り合い

内定している仕事までの繋ぎの仕事について

色々な話をしました。

もうそろそろ仕事をしないと家にこもりっきりも限界が出てくるので

早く決まる事を祈るばかりです。

そしてまた夜9時過ぎから

バスマスターのライブで

今日はセミファイナル

6938

今日は

マイクアイコネリVSイッシュモンロー

ジェイコブプロズニックVSデイブリフィーブレ

この展開を見る事にします。

ではまた!

2363話目 再び下調べに Back to home work again

さて

昨夜12時をまわっても

バスマスターライブを見続ける事に

この日2試合目はこの4人で戦うマッチングに

6929

前半の1試合目も

非常に見ごたえのある3時間の試合で

大したプラクティスを8人ともにしていないのに

ラージマウスとスモールマウスが混在する全く聞いた事の無い湖を相手に

非常に興味深い試合内容です。

コンディションと魚の関係

ルアーチョイスとスポットの関係

そして2試合目が上記画像の4人で始まったのですが

不覚にも1時間弱寝入ってしまい

一番最初に動きがあった部分を見落としてしまいました。

1試合目のキーは朝は岬でスモールマウス

後半は桟橋とグラスが結果をもたらしている内容でしたが

2試合目の午後からの展開は

桟橋とペンシルリーズがキーになった内容でした。

イッシュモンローがフロッグとフリッピングで結果を残していましたが

WEBに動画がアップされたらもう一度見落とした部分を

時間の流れとともに見直す必要がありそうです。

今日も試合が終わる頃には外が明るくなってきてしまい

6930

そして日中はダラダラ

夕方になり次の仕事の営業担当から連絡がり

何と内定が出たのに出勤可能日は来月20日前後から

寮が無いとの事

1カ月の繋ぎを考えなければならない状況に

まあ何とかするまでです。

そしてまた夜9時からライブの2日目

6931

マイクアイコネリが

昨日の最後の1匹からのヒントを元に

前半から爆発そしてスモールマウスの釣りにも対応

対戦相手のFLWツアーから移行したエイドリアンエビ―ナも

かなり追い上げますが

昨日リミットに1匹足りない4匹で終えた初日の出送れが

最後まで響く試合となってしまいました。

エイドリアンとジョナサンバンダムが消え

アイコネリとイッシュが

次のラウンドに進む事に

今日も日を跨ぎますが

後半の試合も見る事にします。

仕事が出来ないならデスクワーク

英語の勉強もできますので

来シーズンに向けてやれる事をやれるだけやる毎日にするまでです。

ではまた明日!




再渡米まであと118日

2362話目 少し外へ Go out side little bit

さて

連休も明けて平日になりました。

今自分はあまり曜日は関係ないので

今朝は家の中で

まだ開いていないFLWマガジンがあったので

6921

開いてみると今年の4月号

春先の試合のレポートも少しあったので

見てみると

オキチョビの試合の模様もあったので少し読み込んでしまうと

来季の開幕戦と全く同じ時期に開催されたレポートでした。

6922

2012年にアメリカトーナメントに戻ってから

4試合のツアー戦がオキチョビではあったのですが

そのうち賞金を稼げたのは2度

2013年と16年

2013年は39位だったのですが

初日に4〜5ポンドクラスをボートの近くでバラシた思い出もあり

この試合は勝つチャンスがあった組み合わせだったと思える試合でした。

6年で4試合は結構な試合の確率ですが

毎回開幕戦に当たり、同時期の開催なのですが

毎回コンディションが違います。

ここではシェイキーヘッドもドロップショットもワッキーワームも通用しません。

スイムジグにビックスイムベイト、チャターにスピナーベイト

ジャークベイトにトップウォーター

パンチングなどのフリッピングなどがメインになります。

昨日の話題とは打って変わって

ライトリグさえマスターしていれば

コアングラーで成功出来る訳ではありません。

これまでの試合でメインに使ってきたルアーは

2012年はスピナーベイトとラトルトラップ

2013年はパンチングとノーシンカーセンコー

2014年はスイムベイト

2016年はスイムジグとチャター

毎年の様にメインにするルアーが変わっていました。

もちろんこの試合だけでは無いのですが

その試合、その日、その場で最適ではないかと

思えるルアーを投げて来たのですが

試合数を重ねる度に

エリア的やバックシートからの条件的等

完全にどうもしようがなかった試合と

その場その場に合ったルアーを投げていなかった

又はルアーのアクションが悪かった。

リグが違っていたなど

チャンスを逃してしまっていたと思える試合が

幾つも思いだせるようになってきています。

その場でうまくかみ合わせられるルアーで対応しなければ結果には繋がりません

英語でいう所のDial it inと言うべきか、マッチザハッチと言うべきか

適材適所と言うべきか

それが出来ませんと賞金にはつながらないという事です。

まだ内容がまとまっていませんので

機会を改めて何かご紹介出来ればと思います。

で、今日は平日になりましたので

チャリで出掛ける事に

台風が去って炎天下の中まずは携帯ショップへ

6923

この何日も家に引きこもってなまった体で向かったのに

見事に定休日

仕方なく釣具屋さんへ

6924

日本にしか売っていない物など

特に小物を中心にいろいろ見ておくことに

今アメリカでもかなり色々な物が手に入る様になってきましたので

無理して予備も考えて。。。みたいな買い方はする必要が少なくなっては来ていますが

まだ今の為替レートですと日本で買って行った方が

という物など検討しておく必要があります。

今年1月から9月までで150日程あらゆるタイプのフィールドに出ているので

釣り具は大量に必要なのは間違いないのですが

予算がかなり限られているので

よく考えておくことにします。

それから郵便局へ

6925

少し野暮用をこちらでこなして

家に戻ろうかと思っていたのですが

やはり携帯を使えるようにするのが今日の一番の目的でしたので

駅南までもう1キロほど走る事に

この何日か家にこもっていたので

とても体がなまり気味

外に出ていないと駄目ですね!!

そしてだいぶ静かになってしまった富士の町を通って

6926

駅北へ向かいました。

富士山が奥に見えるのが分かりますでしょうか?

久しぶりの富士山です。

そして

駅南のドコモショップへ

やっている確信も無いのに来てしまいました。

6927

ラッキーにも営業中でしたので

止めていた携帯を再契約

今日の最低限の用事を済ませる事が出来ました。

そして昼頃家に戻り

再びパソコンに

夜9時過ぎから

バスマスターのクラシックブラケットのライブが始まりましたので

6928

こちらをまた見る事にします。

また今日も徹夜になりそうです。

では今日はこの辺で!





再渡米まであと119日

2361話目 下調べ4日目 Home work Day-4

さて

今日も

日を跨いでも

6919 (2)

バスマスターのアングラーオブザイヤーチャンピオンシップを見続けて

そのまま朝になってしまいました。

世間は3連休という事もあり

仕事の内定にはもう少し時間がかかりそうなので

こちらを優先しました。

トーナメントリーダーのキースコムの釣りよりも

アングラーオブザイヤー争いの2人の釣りがメインでしたので

情報が限られてしまっていましたが

それでもゼロではありませんので見続けていました。

この何日か

昨日のフロッグの事もあったのですが

ドロップショットについての事とスモールマウスの事

来季デトロイトでの試合を控えているので

スモールの情報を出来るだけ集めたいと考えての行動です。

6920

どの釣りについても

全く自分のレベルは話にならないのですが

コアングラーで出ている以上

プロが釣った直後を釣る事になるので

特にライトリグの強化が必要条件のなかでも上位に入るのは間違い無いです。

今年はネコリグの練習もかなり入れてきているのですが

少し前にフランクさんのドロップショットの釣りを見せられた時に

そのレベルの違いに驚かされました。

ロッドワークに道具選び、ルアーチョイスなど

並木さんと3人で釣りをしている時も

かなり色々な事を質問させてもらいました。

ドロップショットに特化して色々な人の釣りを見て来ても

人によってスタイルが違います。

最初はダッドリーに見せられ

その次ぐらいはブラントエイラーに試合中に見せられ

彼には試合中に自分の足元にルアーを投げ込まれたのは衝撃でした。

細かい事はまた機会を改めてご紹介するとします。

ではまた!



再渡米まであと120日



何処までも

2360話目 下調べ3日目 Home work Day-3

今日も前日と全く変わらず

部屋にこもりっきりでパソコンに向かうだけ

深夜12時をまわって日が変わっても

6917

どこまでやっても興味が尽きません。

色々見て行くとyoutubeなどにも脱線もしていくのですが

その中でも今日多くの時間を使ったのが

フロッグについて

まず

フロッグが効果的な条件とは何なのか?

リトリーブの基本は?

フロッグの道具のセッティングは自分にとってどれがベストなのか?

場所や条件によって色の基本はどうなっているのか?

通常のフロッグタイプとポッパータイプどこで使い分けるのか?

6918

ハードなフロッグとホニートードに代表されるようなソフトタイプ場所の使い分けは?

普通に考えて自分は何も分かっていません。

その要因として

今年かなりの練習の内容が濃かったFLWツアー第二戦のフロリダハリスチェンでの試合

かなり練習では釣れていたのに試合では3桁の話にならない結果

もちろん自分の釣りたい場所でやっていた訳では無いので

何ともですが

2日目のパートナーはフロッグを選択して

まずまずの成果を上げていました。

自分はホニートードでも練習でかなり成果を上げていたのですが1匹も釣れず

他のルアーも成功までは行きませんでした。

後日自分の初日と2日目のパートナーを入れ替えで組んだコアングラーと話をする機会があり

彼は賞金をゲットして帰ったのですが

前でプロがフロッグで釣った後の対処方なども含めて今日は考えていました。

フロッグと言えばディーンロハスやイッシュモンローに代表されるプロ達が

多くの動画を出してくれているので

成功した試合に失敗した試合

数多く見る事になりました。

そしてまた深夜になり日を跨ごうとしていますが

アングラーオブザイヤーチャンピオンシップの最終日が始まりました。

6916

暫くねられそうにもありません。

この2日間風呂にも入らず

食事とトイレ以外は部屋からまったく出ませんでした。

流石に今日は風呂に入りましたが

家の人にもどうかしてると言われています。

ここまで来たら

とことんやるまでです!

ではまた明日!



再渡米まであと121日




2359話目 下調べ2日目 Home work Day-2

さて

今日もバスマスターライブに釘づけの日

結局昨夜のライブを見ているうちに

6912

朝になってしまいました。

徹夜は避けたいかな〜と思っていましたが仕方ありません。

見て行くとのめり込んでしまい

明るくなってきてしまいました。

結局今日は

1歩も外に出る事は無く

テレビもつける事も無く

部屋に閉じこもってずっとバスマスターライブを見ていました。

6913

何故オットデフォーはそのルアーを選ぶのか?

何故ケビンバンダムは6時間半も1匹も釣れないエリアから動かないのか?

何故マークダニエルジュニアはドロップショットを選んだのか?

見て行くと本当にキリがりません。

自分も釣りをした事のある湖で

もちろん同じ日に釣りをしていた訳では無いので

本当にどんな状態なのかは想像でしか無いので

様々な事が展開していく映像はとても興味が尽きません。

結局今日も12時をまわってしまいますが

時間の許す限りこちらの作業は続けることにします。

ではまた明日!




再渡米まであと122日

2358話目 下調べ開始 Start home work

さて

日本に帰国して3日目となりました。

再渡米までにやらなければならないのは

最優先が資金調達、大会のある湖の勉強、そして英語の順

就ける仕事が決まるまで2番目から始める事に

6909

渡米中に

少し前のバスマスターライブを検索した所

見つからない物があったのですが

よく見たら出てきました。

ほんの少しでも釣りの関係に触っていると

様々なヒントが転がっているので

いきなり1つ目から7時間半もあるものでしたが

体を休めながら見続ける事に

日が暮れる位までずっと見続けるような1日になってしまったのですが

その時間に一度仕事の担当者から連絡があり

今回鳥取県の案件に興味が出ていたのですが

ちょっと内情が合わない感じでしたので諦める事に

なのでもう一件の方に決める事になりそうです。

ほぼ内定がでそうな感じなのか、もう内定が出ている状態と言ってもいいのか

詳細を詰めてから仕事開始になる予定です。

夜も9時から

今ライブでバスマスターのチャンピオンシップのライブがやっているので

それを見る事に

6910

12時をまわりますが

もう少し見てみる事にします。

地味な作業がオフは多くなりますが

来季の優勝目指して

コツコツと準備していく事にします。

それではまた明日!




再渡米まであと123日





2357話目 カメラ修理 Camera Repair

さて日本に戻って2日目

昨夜11時近くに家に戻ったので

3時位に寝たでしょうか

今朝7時半過ぎからスタートしました。

日本に居ない間に届いていた書類関係などに目を通し

FLWのマガジンなどにも目を通していました。

6904

そんな事をしている間に

次の仕事をどうするかの連絡を

担当者とやりとして

2件迷っている案件があるのですが

決まるのにはもう少しです。

毎年都合よく自分のスケジュールに合わせて働こうとしている訳なので

簡単ではありません。

今までこれまでの一生

働いてきた仕事で楽だった仕事は1つもありません。

お金を稼ぐという事は本当に大変です。

そして10時過ぎになった所で次にこちら

6905

前回日本に短い期間帰国した際に購入したカメラ

再渡米直後に見事にモニターが壊れてしまい

電気屋さんに持ち込むことに

自分がカメラを被写体にあてても

この左下だけの視界で撮影を繰り返してきたので

この数か月本当に大変でした。

数か月ぶりにまた

日本のシボレーを物置から出して

6908

行った先は1キロちょっとぐらい家から離れたイオンモール内の家電のノジマ

6906

ノジマのネット販売で買った物を持ち込んだ修理なのと

店員さんが見習い中の若い子に教えながらで

少し時間が掛かりましたが

何とか手続きを終えました。

汗だくになりながら

チャりを走らせ

銀行へ

6907

記帳だけして

流石に暑いので

久しぶりにガリガリ君をコンビニでブドウ味を購入

70円だと思っていたのですが

ブドウ味は100円強

レジで戻すわけには行かなかったのですが

高いのを買っちまったと!

仕方なく走り出しました。

そして家に帰り

昼を簡単に作って食べ

再度仕事について違う担当者と話をしたあと

午後一から深い眠りに入ってしまいました。

19時頃一度起きたのですが

また寝直してしまい

起きたら22時

通常帰国の際には時差ボケが無いのですが

かなりくるってしまっています。

少しずつ直していく事にします。

内容の無い今日ですが

また明日へ続きます。

では!





再渡米まであと124日

2356話目 シアトルから日本へ Seattle to Japan

さて

時差の関係があるので帰国までの話が2話に分かれますが

今回アメリカから初めてだと思うのですが

ANAの便で帰国する事になりました。

6897

機体全体が枠に収まる様に写真を撮りたかったのですが

搭乗ギリギリまで、座席の変更をお願いしていたり

少し食べるものを買いに行ったり

アメリカでお世話になった方々へメールを打ったりしているうちに

搭乗時間になってしまい

列に並んでしまったので

もう撮りに行けませんでした。

機内に乗り込むと日本の中学生の修学旅行生でしょうか

30人ぐらいが乗り込んでいて

自分の左2人もそうでした。

今の時代は海外なんですね〜

という感じでした。

そして定刻通り火曜日の午後1時過ぎにシアトルを飛び立ちました。

6898

ANAの機体は最新型のボーイングの

777か787のどちらかだと思うのですが

エコノミーでも足元がガチガチに狭い感じではありませんが

JALの方がもうほんの数センチゆとりがあるように思えました。

オセロでも出来るのかな〜と思っていたのですが

見事に新機体には搭載されていませんで

ドキュメントやら、モヤさまなどを見ながら

6899

その中でもANAの料理のプロスタッフが

老舗など名店の味を機内食に採用しようと

奮起しているドキュメントは興味深いものがありました。

飛行機の中では火を使えない、肉類は火を75℃までかならず火を通さなければならないなど

かなりの制約の中でぎりぎりの勝負をしている感じでした。

ドキュメント関係は非常に興味があります。

今回の最終フライト区間は9時間50分ぐらい

6934

このような感じで出来る限り乗り継ぐ飛行機の飛行時間が

半々に近い方が体には楽な感じですが

飛行機も良い機体で食事も問題無いのですが

今回は少し長く感じられました。

でも何とか10時間弱で無事成田に到着しました。

6900

今日の4時頃到着ロビーに出て来たのですが

電車で東京へ荷物を転がしながら向かうか

富士まで直行のバスを6時まで待つか迷いましたが

今回は直行バスで

第一ターミナルは待合室で便利な場所が5階のカード会社のラウンジしかなく

快適では無いのですが、適当にその辺でパソコンに向かいながら時間を潰し

富士行きの富士急行のバスに乗り込みました。

6901

乗り込むと

意識が飛んでしまい眠りについてしまいました。

都内で一度起き

6902

蛯名の休憩で一度バスを降りますが

その後御殿場まで記憶がありません。

そして夜10時すぎになんとか富士市に帰ってきました。

6903

チャタヌガのフィッシュファンからトータル28時間

近く無いですね〜という感じ

こんな感じで

今から来季の準備開始となります。

ではまた明日!



再渡米まであと125日

2355話目 チャタヌガからシアトルへ  From Chattanooga to Seattle

さて

今シーズンのアメリカでの活動も終わり

日本へ出発の日を迎えました。

6885

フィッシュファンのエディさんに毎年の様に送り迎えをお願いしていて

今朝も5時半にお店に車を置かせてもらって

空港まで送ってもらいました。

6886

多分今回はかなり久しぶりになるユナイテッド航空の便で出発

ほとんどがアメリカンとジャパンエアラインなので

何とも雰囲気が違う感じ

少し前に航空券を探していた時に1000ドル位でいつもの辺りの便があったのですが

夕方に検索しなおしたら500ドルもすべての値段がアップ

なので仕方なく格安の1000ドル台を探していたら

乗り継ぎ2回ですがありましたのでこちらになりました。

6887

パイロットさんには

安全にお願いしま〜すという感じ

そして

定刻通り7時16分にチャタヌガを離陸

6888

ハリケーンは何処に行ったのかチェックしていませんでしたが

小雨の残る中飛び立ちました。

ボーディングパス上は1時間のはずなのですが

最初の目的地のシカゴは同じ地域に思えて中部時間

2時間かかって到着しました。

シカゴオヘヤ空港はとても大きな空港で何処を見てもユナイテッドの飛行機だらけ

6890

反対側に行くとアメリカンだらけになります。

ハブ空港という事でしょうか

この6〜7年ここを利用する事がほんとうに多いです。

そして1時間程のトランジットで

一回り大きい飛行機に乗り換え

次の目的地へ

ボーディングパスをみて驚いたのですが

シカゴからの乗りつぎはテキサス方向だとばかり思っていたのですが

そこに書かれていたのはシアトル、格安チケットでもそんな遠回りする訳無いですよね!

6892

今日まで勘違いしていておよそ4時間

新しい飛行機の座席ですとコンセントも差せるので、

6893

文章を書きながらパソコンに入れてある雨トークなどを見ながら

飛行時間は2時間でしたか3時間ぐらいでしたか

チャタヌガとは3時間だったか、4時間だったか

時差があるので良く分からないまま

6894

シアトルに到着ました。

アメリカでも北のエリアにある町ですので

立ち並んでいる木も南部とは違い雰囲気が違います。

滑走路内の芝もすでに枯れ始め

秋が始まりだしているのが良く分かりました。

最後にこの空港を利用したのはいつだったか

思いだせませんが

多分乗るであろう飛行機が

遠巻きに見えました。

6896

日本は既に水曜日の朝

こちらはまだ火曜日のお昼に過ぎに全日空の177便でシアトルを後にします。

離陸時間を待っていますが

多分楽器だとおもうのですが

飾りが近くにあります。

6895

ではアメリカよ!!!

また来年まで!!

2354話目 帰国一日前 The day before leave USA

さて月曜日になりました。

深夜もやることだらけでなかなか眠れず

メールの返信やらなにやら帰国後の事などに追われてしまい

寝たのが3時過ぎ

起きたら7時半になってしまいました。

6879

9時までに

フィッシュファンに行きたいと思っていて

船の中身を全て車に移動させなければならず

その前に少し釣りに出たいと思っていたのですが

とても無理

南から押し寄せてきているハリケーンの影響がここも出るのが今日のお昼から

それまでに何とか片つけたいと思っていました。

朝を摂る気も無く

とにかく道具を車に移し始めたのですが

6880

何とか終わる予定の9時ぐらいには

昼から予定の雨がパラパラしてきてしまいました。

急いでフィッシュファンへ向かい

メカニックのトムと船の現状の話をして

燃料もまだ抜いていないで来てしまったのですが

修理依頼と同時にお願いしてしまいました。

少し前にお願いしていた

新艇を覆うカバーを頼んでおいたので

通常のカバーが無いので

それで船を覆い保管しておいてもらう事になります。

6881

サイズが非常に心配だったのですが

Z521Cのカバーでしたので

要らぬ心配でした。

そのころから雨もそこそこ降ってきたので

ぎりぎり間に合いました。

そして銀行など行かなければならないと思っていたのですが

手違いやら、勘違いやらで

それらは次回に持ち越し

次の予定の話など、こちらのお店が自分のアメリカでの拠点になっているので

6878

保険の話やら話は尽きず

店主のリーさんが何度も出掛けてしまって

ゆっくり話が出来なかったので

昼もご馳走になってしまいました。

非常に大きいバーガーでした。

6882

他の従業員の人も

かなり体の大きい人でしたが

結構ギリギリでした。

そして

リーさんと話をして、来季までに買っておいて欲しいルアーなど話をして

リーさん以外には来季の再会を約束して

2時半頃ですか、お店を後にしました。

お店に居ても日本とのやり取りのメールなどいろいろしていたのですが

帰国の荷物の準備をしなければならなかったので

キャンプグラウンドに戻り

少しずつ準備を

6883

雨もそこそこ

風もそこそこ強くなってきたので

もう出かける気にならず

何とか9割9分スーツケースに荷物を積み込み

シャワーを浴びて、洗濯をして

21時頃やっと今年アメリカでの最後の晩餐に

食べかけのパンとカップ焼きそばがあったので


盛大に缶のコーラもつけて頂きました。

外は大荒れ

取り合わせはめちゃめちゃですが

ぎりぎり食べるものがあって良かったです。

では明日日本に帰ります。

ではまた!!



2353話目 チャタヌガへ Move to Chattanooga

さて日曜日の朝になりました。

いよいよダグラスレイクを

そしてお世話になった

エディーさんのセカンドハウスを離れる時間となりました。

6864

7時半出発の予定ですが

色々遅れてしまい

8時に出発時間となりました。

フランクさんと並木さんはフロリダへ

自分はチャタヌガへ

2人とガッチリ握手して

お互いの方向へ向けて発進しました。

自分は高速に乗ってそのまま進もうかと思いましたが

船がトレーラーの上で暴れ出しました。

以前壊れた自分の船のトレーラーとの連結部分の部品が

完全に壊れ

6865

部品自体今週やっと

ダッドリーから受け取れたので

先に湖へ

一度船を浮かべてトレーラーの上で少し後ろへ船をずらして陸で作業しました。

折れている状態なので、外側と内側を同時に作業するのが大変で

近くで話しかけて来た人が手伝ってくれました。

そして完成したので移動開始

6866

最初にスペアのタイヤを修理した物にスタンドで空気を入れて

またスタートしました。

チャタヌガまではおよそ3時間強

しかし途中またひどい睡魔に襲われ

意識が何度も遠のいていくので

仕方なくレストエリアへ

かなりの睡眠不足の様で

1時間そこそこ

そこで横にならざるおえなくなりました。

到着すると隣にとても古い車を乗せた2人組が。。

6867

聞いてみると1950年と1964年製の車だと言っていて

驚きました。

そして休んでから

遅れてチャタヌガの町へ来ました。

そして、またお馴染みのLOWE’Sの駐車場で少しネット環境をお借りして

少しデスクワーク、そしてウォルマートへ移動して

朝から何も食べるものが無かったので

数食分を買い込み、やっとキャンプ場へ

早速チェックインしてから

すぐに湖へ向かいました。

6868

午後3時をまわっていましたが

今年の釣り収めと言いますか

船に燃料が1/8位残っているので

それを焚いてしまいたいと言いますか

船を空にして帰国したいので飛び出しました。

本当に行きたい場所は少し距離があるので

あまり行かない方向へ

6871

開始後なかなか釣れないので

一度カメラをセットしてバックショットだけ撮っておこうとしましたら

撮影中にいきなりヒット

6869

桟橋と桟橋の間から来ました。

今日1匹も釣れないと寂しいな〜と

思い始めてきた頃の1匹でしたので

嬉しい1ポンド半でした。

6870

その後

色々試していくのですが

クランクで1発

6872

スイムベイトで

2ポンド半

6873

シェイキーヘッドで

ちびが。。

6874

と、全部の魚が違う場所から釣れてきますが

何かすっきりしません。

そうこうしているうちに

もう終わらなければならない時間が近づいてきました

すると

今日も出てしまいました

4ポンド

6876

その後もどこまでもやっていくのですが

本当にキリがありません。

仕方なくボートランプの近くまで戻る事に

そして日が大分傾いてきたので

6877

終わる事に

多分今日で今年の釣りは終わり

シーズンオフに入ることになると思います。

それではまた明日!!






2352話目 大会3日目 Tournament Da

さていよいよバスマスターノーザンオープンも3日目

最終日を迎えました。

最終日は12人のプロとコアングラーのみなので

狭い会場でも問題なく6時ぎりぎりまで準備をして

2人を送り出し

しばらくして自分も会場へ向かいました。

6850

12艇が並ぶ場所へ行きますと

並木さんも準備をしている最中で

6849

さらにエレキのペダルが軽いというかワイヤーが緩すぎると言いますか

マーキュリーのスタッフが直してくれていました。

更にトップ12に残った選手全員

今週のキーベイトの撮影とルアー名を求められ

この2日間一番当たっていたOSP社の製品を紹介していました。

6852

そしてナショナルアンセムがかかり

並木さんとフランクさんは戦場へ出ていきました。

2人を送り出した後自分は一路ウォルマートへ

今日が大会最終日なので

明日にはこの地を離れる事が決定し

家をお借りしているので



各種消耗品を補充に走りました。

そして9時位に家に戻れたので

その辺を補充しながら

在庫品の数を準備して抜いた物があったので数を合わせて

明日この地を出発なので荷物をまとめ始めました。

そして粗方目処がついたところで

家の大掃除を開始

流石に2週間ほども滞在していますと

ゴミも多く

今日は4袋も捨てに行きました。

6854

そして掃除も何とか午後2時頃に終える事が出来

4時から検量開始の

バスプロショップへ向かいました。

6855

既に会場には沢山の人が検量場所のまえに集合し

今や遅しと選手達を待っていました。

そしてすぐにショーが始まり

12台のトレーラーを引いた車が順番に入ってきて

並木さんも6位の順番で登場しました。

6851

早速話をすると

今日は4本だったとの事でしたが

とことんやったという感じが非常に出ていて

いい感じでした。

6856

そして試合の方は

FLWからエリートへ転向の昨日2位のフロリダのドゥリューベントンと

トップのオットデフォーのアルミボート対決

ドリューは自分とFLWで組んだことがあるので

自分の名前で呼んでくれる仲

しかし船から取り出した魚は1匹のみ

何と朝元気にカっ飛んで行った船のロアーユニットがありません。

6857

釣りがまともに出来なかったのが分かりました。

そして最後に超地元のデフォーが登場

今日も見事なまでに

6858

15ポンド台を持ち込み

初日から一度もトップを譲らず逃げ切り優勝

家族も壇上に上がり、

さすがエリートプロの実力を存分に見せてくれました。

6859

そして試合終了後

落ち着いてきたところで

並木さんと記念撮影をしてもらう事になりました。

6860

そして

自分達は会場を後にしました。

食事をして

家に戻ると、少しして家のオーナーのエディーさんが来てくれて

早速反省会の開始

6861

遅くまでいろいろな話をして

そして自分は明日朝出発出来るように

9割方の荷物をお互いの車と船に積み込み

深夜12時頃になんとか段取りを取れました。

6862

バタバタの2週間でしたが

2人共にシングルフィニッシュが出来て

非常に良い週末になりました。

それではまた明日!!

2351話目 大会2日目 Tournament Day-2

さて今日は大会2日目

並木さん12位、フランクさん7位、ダッドリー14位と

良い位置で初日を終え今日の朝を迎えました。

昨夜も何とか夜10時過ぎには全ての準備を終えて

朝2人を5時過ぎに送り出しました。

初日家から2人を送り出す際にフランクさんから

朝スタート場所に駐車場が無いと聞いていたのですが

昨日の検量に行ったときに、少し一般の人にもスペースを開けてある事に気づき

今朝突入してみました。

すると全然空いていて

6840

スタートを見届ける事に

6837

今朝は少し気温も下がっていて

6841

参加者はそれなりに着込んでいました。

並木さんとは会えなかったのですが

ダッドリーと会えたので、初日終えて14位の全ての内容を教えてもらい

今年会うのが最後になるかもなので、彼のスタート直前まで少し話し込みました。

そしてその後並木さんがスタートしてカっ飛んでいるのを動画に収めて

会場を後にしました。

家に戻ると少しずつ掃除開始

まずはグリルから

6838

以前ガンダーズビルのクリス家に滞在中に

1階で働いている人にクリスがグリルを貸したことがあって

かなり汚されたまま返された事にがっかりしていたのを思いだして

綺麗にしておきました。

そして昨日在庫のルアーボックスから2人が抜き出したルアー関係を

リストから差し引いて、整理して

そして流石に寝不足のこの何日かだったので

数時間寝て

昼前に

夕食を仕込み始めました。

こんな感じの材料を残していたので

6839

今夜はカレーにすることにしました。

2人が戻ってきてすぐに食事に出来るように

他の事をしている間に煮込んで完成させておきました。

圧力鍋があればもう少し短時間でできたのでしょうけど

仕方ないですね!!

そして時間になったので検量会場へ

続々と選手が戻ってくる中

今日は遅めのフライトで並木さんが戻って来ました。

着くなり

今日も12〜13ポンドはあると言っていたので

6846

明日への進出を確信出来ました。

先にコアングラーサイドで検量を終えたフランクさんは

今日も5ポンドを持ち込み3位

これで2人共に明日へ進めるという状況でした。

並木さんが検量してみると

やはり12ポンド台あり

最終2日間を終えて

6位になりました。

6847

この後2人共に会場に残り

明日に進むTOP12人のミーティングへ

今回124艇と参加人数は減ってしまいましたが

バスマスターでもFLWでも

この中に残るのは大変な事です。

左から

6848

2日間終わって1位、エリートのオットデフォー、

次がエリートで兄弟のフレッチャーが戦っているハンターシェイロック

その右に同じくFLWからエリートに移行した現在2位のドゥリューベントン

そして我らが並木さんです。

最終戦で見せ場を作ってくれています。

そして今夜も11時頃にはなんとか明日の戦闘準備を整える事が出来ました。

受付で並木さんとフランクさん2人が手を差し伸べていた2つのトロフィー

6863

もう少しで届く所まで来ています。

ここまで来たら是非とも2人共に持って帰って頂きましょう!!

2350話目 大会初日 Tournament Day-1

さて

いよいよ今日からバスマスターノーザンオープンの最終戦

並木さんとフランクさんは

テネシー州のダグラスレイクにて大会の初日を迎えました。

朝4時10分に滞在先を後にしました。

6829

昨日の文章でちょっと説明不足かもしれませんが

今回のスタート場所であり船を下せる場所がかなり狭く

駐車できるトレーラーは50艇程度

なので3か所のランプに昨日の受付で振り分けられ

並木さんはスタート場所を引く事は出来ませんでした。

そんな場所なので朝スタート場所に一般の車の立ち入りも禁止

スタートを見届ける事が出来ない状況になってしまいました。

2人を送りだして寝なおすかと思いましたが

少しパソコンに向かう事に

そろそろ日本に戻る時間が近づいてきたので

自分自身の事も少しやらなければないタイミングになってきたので

色々準備している間に明るくなってきました。

軽く紅茶でも飲みながら外の雰囲気を見ましたが

6830

少し冷え込んできました。

のんびりしている暇は全く無いので

車庫で在庫の今日はワーム関係の数をファイルにて合わせ始めました。

6831

昨日大会前夜で少し動きがあったので

今日やっておきました

そして次にマックへデスクワークへ

6832

これ撮った時にはカメラのモニターが右半分と左上半分が

壊れているので気づかなかったのですが

アメリカの旗がなびいているのに今気づきました。

ここはアメリカです!!

そしてタックルショップへ

来年必要なスペシャルカラーのズームワームを

オーダーしておいたのを確認しに行ったのですが

残念ながら自分がこの地を去るまでに受け取れないとの事で

注文は取り消しておいたとの事でした。

残念!!

そしてシャトルバスでの会場まで送ってくれるという教会を下調べして

ウエイン会場も下見して帰りました。

そしてほんの数時間して大会会場へ向かおうとしたのですが

入り口に誰も居ないので、会場に直接行ってみると

観客用の駐車場スペースが確保されているではないですか!!

教会まで行く必要が無くラッキーと思いながら

徐々に戻ってくる選手を見ていました。

1番に帰ってきたのがジャッカルの加藤さん

6834

それから

エリートプロのチャドピプケンス

6833

そして

聞いていた時間に、聞いていた方向から

我らが並木さんが全開かっ飛んで帰ってきました。

6835

桟橋に戻ってくるなり

昨日自分も少し話をした並木さんのパートナーがOKサイン

ということで並木さんのウエイトに期待していると

“最後にドラマがあった!“と

1本4ポンド前後のサイズを入れ

検量してみると12ポンド台のスタート

6836

まだ検量が開始されて30人位でしたので

この時点で4位に居ました。

最終初日を終わって12位タイスタート

明日同じウエイトを持って来れば3日目に進出できる最高のスタートです。

家に戻っても明日の支度が10時過ぎまでかかりましたが

何とか頑張って欲しいと思います。

そしてフランクさんはローカルの

毎週末この湖に釣りに出ているというプロとの組み合わせもあってか

コアングラーサイドで7位スタート

そのプロも8位スタートと凄いです。

自分の親分のダッドリーも14位スタートという初日です。

明日も是非頑張ってもらいましょう!!

ではまた明日!!!





カテゴリ別アーカイブ
Profile
  • ライブドアブログ

ゲームの時間です dallet