通学道中。

8月バイト、9月暇→からのサークル合宿、そして夏休みの始まりと同時にある人と付き合い夏休みの終わりと同時に別れるというなんとも普通の大学生らしい夏休みを終え、大学の後期が始まって早くもひと月以上経ってしまいました。

今月始めの3日間で大学の学祭がありました。
私は軽音楽系のバンドサークルでベースをガンオラ弾いておりました。クオリティ的にはまだまだですが、いい経験になったように思います。

もともとそこまで忙しい生活に慣れておらず、課題やらバイトやらバンドやらに終われる日々に、時たま depression に陥ったりもしますが、悪い気もしません。まぁ、眠いんですけどね。

どうして週5で1限スタートなのか、二外を2年もやる必要があるのか、どうせ信仰してないのになぜキリスト教人間学は必修なのか、キリ教も含めて、必修科目なのに担当教員によって授業の内容から単位取得の難易度まで大幅に違うのはアンフェアじゃないのか、学校のコンピューター室のパソコンのキーボードを英語圏仕様(全角半角がなく、 Shift + Capitals Lock で平仮名、英語を切り替えるがその説明がどこにもない)にする意味はあるのかなどなど疑問は増えるばかりですが、こんなもんですね。

そもそもテーマのない日記であるせいで、中身もへったくれもありませんが、暇があったらまた書きます。

千代田線に乗ってる時間の大半使って書いたのに全然書けなかったー

さて、今日は二外のイスパニア語のテストだ……