全日本女子バレーボールの今日、そして明日 〜東京オリンピック編〜

装い新たに東京オリンピックに向けて歩む全日本女子バレーボールチーム。当ブログでは全日本女子バレーボールチームに関する情報を、全日本女子バレーボールチーム活動時期、並びに関連情報を筆者の独断と偏見で掲載いたします。

今年初の大会出場となった全日本女子バレーボールチーム。
初陣を飾ったワールドグランプリは6勝3敗:6位という結果以上に、鮮烈な印象をもたらした。

image


6勝のうち、タイ戦を除く全ての試合がフルセットという驚異の粘りが印象深い。
特にブラジル、セルビア、オランダといった世界の強豪国を打ち破った試合は称賛に値する。

こうした粘り強い試合運びは、全日本ジュニアチームにも強い刺激を与えたことだろう。
3位決定戦のトルコ戦や準決勝のロシア戦の粘り強さには、やはりその影を見る思いだ。

image


こうした粘り強さだけがクローズアップされていくが、第三次ラウンドからは特に、様々な試みがなされた。

対高さを意識した松本亜弥華選手の起用や、ミドルの動きも出来る石井里沙選手のスタメン出場。
そして、冨永、佐藤美弥選手という特性の違う二人のセッターを使い、変幻自在に試合展開を変化させた。特に高速コンビの申し子である佐藤美弥選手の速いトスは相手を攪乱するだけのスピードを持っている。

そして、冨永選手はアタッカーとしても攻撃参加する異色のセッター。

目下、この二人が全日本の司令塔を担う。

また、セットに応じて選手の入れ替えを効果的に行う「省エネバレー」を実践中。
外国との試合では激しく動きまわる日本が不利。

だから主力を入れ替え、また復帰させたり、試合を引っ張る古賀、新鍋選手を最終セット下げ、野本選手を第四セットの後半以降起用したりと、これまでやらなかった新しい試みをしている。

3


恐らく、中田監督は久光の監督に就任する以前、全日本の解説者時代も含め、Ⅴリーグ時代で培った経験を踏まえ、温めてきたアイディアを試しておられるのだろう。

ある意味、中田監督は一番のプレイヤーであり、ファンでもある。
その気持ちが全面に試合に出ている。

中田監督は久光のバレーに拘っている訳ではない。

敵として闘った速いサーブのNEC。高速コンビの日立。そして競り合いに強い全員バレーのJTなど、Vリーグの各チームの良いところを引き出して闘っている。

残念ながら、今季は手術で棒に降ったが、ここに大野果奈選手の一人時間差が加わったらなどと想像してしまう。

image


で、これは単なる予想にすぎないかもしれないが…。
今年の全日本は石井優希選手や宮下遥選手、佐藤あり紗選手など、キャリアと実績のある選手の起用が今のところ見られていないが、恐らくは新しい選手の方を先に試したい意向なのではないかと思われる。

サイドアタッカーは人数が多いので競争となるが、次のアジア選手権でも試されるだろう。
特に、中国、韓国との対戦は次のグラチャンへの試金石となる筈。

果たして、今年の最終的なラインナップはどのようになることか…。



さて、今年2017年は世界の代表チームの監督が入れ替わり、世代交代を迎えている。

・ワールドグランプリに参加した主要チームの監督交代


・オランダ
ジョバンニ・グイデッティ監督
(トルコ代表監督へ)

ジェイミー・モリソン監督

image



・中国

郎平監督

An Jiajie監督


・タイ

キャテポン・ラッチャタギャングライ監督

ダナイ・スイーワチャラメータワン監督
image



・トルコ
フェルハト・アクバシュ監督(日本のヘッドコーチへ)

ジョバンニ・グイデッティ監督
image




・ロシア
ユーリ・マリチェフ監督

コンスタンチン・ウシャコフ監督
image




郎平監督は手術をした影響で完治しないことから、2017年はコーチを務めていたAn Jiajieさんが代行する模様。

ジョバンニ・グイデッティ監督は代表チームとしてはこれまでドイツ、オランダの代表監督を務めてきた名物監督。世界中を股に掛けて歩くその立ち振舞いはバレー界のフーテンの寅さんさながら、バレー旅烏といったところ。

トルコリーグで無敵を誇るワクフバンクの監督としても有名で、現在、シュ・テイ、キンバリー・ヒル、教え子のロンネケ・スローティエス選手など世界有数のエースを抱える屈指の強豪チームを率いる。かつて木村沙織選手も在籍していた。

タイのキャテポン監督がどういう経緯で変更になったのかは存じないが、新任のダナイ監督はキャテポン監督時代のアシスタントコーチからの昇格。チームにも馴染みがある。

ロシアのマリチェフ監督はどうやら解任された様子。コンスタンチン・ウシャコフ監督は元ロシア代表セッター。ロシアのクラブチーム、ディナモ・クラスノダールの監督を歴任。


監督が変わればチームも変わる。
果たして、これが世界バレーの勢力図にどう影響してくるか、これから動いてくるだろう。

厳密に言うと、まだワールドグランプリ2017は終わっていない。

image


GalleryPic


ただ、日本がグループ1の決勝ラウンドに駒を進められないだけ。

■ グループ1 決勝ラウンド進出チーム

1位.セルビア 7勝2敗 勝ち点22
2位.アメリカ 6勝3敗 勝ち点19
3位.ブラジル 6勝3敗 勝ち点18
4位.オランダ 6勝3敗 勝ち点17
5位.イタリア 6勝3敗 勝ち点16
7位.中国 5勝4敗 勝ち点13(主催国)



■グループ2の成績(第三次ラウンド終了時点)


1位.韓国 8勝1敗 勝ち点25
2位.ドイツ 8勝1敗 勝ち点23
3位.ポーランド 7勝2敗 勝ち点21
4位.チェコ 7勝2敗 勝ち点19(主催国)


グループ2は成績上位の韓国、ドイツ、ポーランドと主催国チェコがファイナル4に進出します。



■グループ3最終結果

image


優勝:ハンガリー
準優勝:オーストラリア
3位:フランス
4位:ベネズエラ

グループ3は先週末で終わったものの、グループ1、2は来週、決勝ラウンドを迎える。



その因果関係を考えてみよう。

決勝ラウンドに駒を進めたチームのうち…。

・アジア選手権で当たるのが、
中国、韓国、そしてタイ。
厳密にいえば、カザフスタン、オーストラリアも含まれる。

が、グループ2の下位にいるカザフスタンや、準優勝とはいえグループ3のオーストラリアに苦戦しているようでは、とてもではないが優勝など程遠い。

勿論、油断は禁物だが、やはり、注意すべきは上記の3か国。

image


中国はモントルー・バレーマスターズ、ワールドグランプリからの連戦。
それを配慮し、エース、シュ・ティ選手を定期的に温存している。

そろそろ疲労が溜まってくる頃。
やはり最大の大敵。


image


韓国はワールドグランプリからの連戦。
とは言っても、相手が格下だけにそれほど疲れは残っていないかも。
OQT、リオデジャネイロオリンピックと手痛い連敗中。
リベンジしたい相手。

image


タイはモントルー・バレーマスターズ、ワールドグランプリと転戦。
そろそろ疲れて来ている頃だが、日本同様、第三次ラウンド敗戦でインターバルが開く。

前回大会となると2013年、決勝戦で敗れた相手。ワールドグランプリもブラジル、イタリアと大物食いに成功。熟年のコンビバレー。
油断は禁物。


更にその先、ワールドグランドチャンピオンズカップに目を向けると…。

image



アメリカ
ブラジル
ロシア
中国
韓国

ワールドグランプリの上位組のうち
ブラジル、ロシアとは一度ずつ対戦済み。
日本はアメリカとグラチャンまで当たらない。

中国と韓国はアジア選手権で対戦する。

この大会の鍵は初戦の韓国戦。
そのあと、ロシアと対戦。
移動日を挟んで、ブラジル、アメリカ、中国とあたる。

アメリカ、中国との連戦は2015ワールドカップと同じ、日本ガイシホールでの対戦スケジュール。

image


いずれにしてもグラチャンまでは間隔が開くので最後の国内合宿に入る。

今年は合宿期間が長かっただけに全日本シーズンが短い。

三大会のうち、一大会が終わったとはいえ、アジア選手権が終わればあっという間。

全日本の活動が終われば、国体を挟んですぐにVリーグが開幕する。

今年、ある程度の体制が固まるだろうが、それも来年になれば、また新しい選手の台頭もあるだろう。

東京オリンピックまであと3年。
残り二大会で東京への足場を固めるのは誰か?

まず、アジア選手権。
次なる闘いは、既に始まっている。

image


U-20も、そして全日本シニアもロシアが関門となった。
もちろん、日本が勝つだけでは決勝ラウンドにはいけない。

もっとも、中田監督はテストをしながら結果も求めるという、非常に高いハードルを促している。
もちろん、ここが最終目標ではない。

が、ここまできたら決勝ラウンドに向かう姿を見てみたい。

最後までベストを尽くして、頑張れ、ニッポン‼


日本(世界ランキング6位) 4勝3敗 勝ち点9
3-2
(23-25 19-25 25-20 25-21 15-10)
ロシア
(世界ランキング1位)6勝1敗 勝ち点18


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・サイド:古賀紗理那選手、鍋谷友理枝選手
・オポジット:新鍋理沙選手
・センター:岩坂名奈選手、奥村麻依選手
・セッター:冨永こよみ選手
・リベロ:井上琴絵選手、小幡真子選手

image


高みを目指して
頑張れ、ニッポン‼

日本 VS ロシア


第一セット、日本は5-3から新鍋選手のサービスエース、冨永選手のダイレクトアタック、そして鍋谷選手のブロックで3連続得点を奪い、8-3とリードする。さらに鍋谷選手のフェイントで10-5とリードを広げる。一旦、ロシアに2点差まで詰め寄られるも、奥村選手のブロードと速効などで得点を重ね、16-14で終盤へ。日本は新鍋、古賀選手のアタックなどで21-18とリード。しかし日本はロシアの強烈なクロスなどで同点に追いつかれる。ロシアはフェイントでセットポイントを取ると古賀選手のアタックで切るも、最後はロシアのアタックが決まり、25-23でロシアが先制する。

2


第二セット、岩坂選手の速攻で先制。新鍋選手のアタックで得点するもフェイントを多用するロシアが4-2と2点リード。さらに奥村選手のブロードをブロック、さらにロシアがブロックアウトを取ると、日本は古賀選手のレフトからのアタックで反撃。しかし、古賀選手のサーブアウトでロシアが8-4とリードする。さらにロシアの強打などで12-6とリードされるも、日本は岩坂選手の速攻、新鍋、鍋谷選手のアタックなどで反撃12-14に詰め寄る。ロシアはブロックなどで17-13とリードを広げるも日本は鍋谷選手のアタックで反撃。さらに石井里沙選手を投入。一旦16-17まで詰め寄るも、岩坂選手のアタックがブロックされ19-17.しかし日本は岩坂選手のブロックから鍋谷選手の軟打で18-20。しかしロシアはブロックが機能。最後は新鍋選手のアタックをブロックし、25-19でセットを連取。

3


第三セット佐藤美弥、内瀬戸選手を投入、佐藤選手のサービスエースで先制。日本は古賀、新鍋、内瀬戸選手の軟打などで得点するも一進一退のまま6-6。一旦7-6と抜け出したロシアだが、古賀選手のバックアタック、内瀬戸選手のアタックで8-7と逆転。
8-8から岩坂選手の速攻とロシアのコンビが合わない隙を突き古賀選手のバックアタックでリードするもロシアのコートの合間をつく軟打で再び同点。しかし、ロシアのアタックミスと奥村選手のブロックなどで再びリードし、奥村選手のブロードで日本16-14で終盤へ。日本は内瀬戸選手のレフトからのスパイクと内側に移動しながらのスパイク、ロシアのコンビミスなどで22-17とリードを広げ、古賀選手のアタックでセットポイントを奪い、最後はロシアのサーブアウトで日本が25-20で第三セットを奪い返す。

GalleryPic


第三セット、序盤は一進一退、岩坂、新鍋選手のアタックと奥村選手のブロックなどで得点を重ねる。日本はつないでのレシーブエースやロシアのサーブアウトで8-7と勝ち越し。さらに日本は内瀬戸選手のアタックや古賀選手のバックアタック、ロシアのアタックミスで11-8とリードを広げると、古賀、岩坂選手のアタックと奥村選手のブロードでリードを保ち、16-13で終盤へ。しかしロシアの反撃に遭い、内瀬戸選手のアタックがブロックされ17-17.日本はここで鍋谷選手を投入。佐藤美弥選手のサービスエースと古賀選手のバックからのフェイントで20-17とリード。内瀬戸、鍋谷選手のアタックで22-19。古賀選手のアタックがブロックに捕まり22-21.さらに野本選手と島村選手を投入。野本選手の2本のアタックで24-21。最後は奥村選手のブロードで25-21でついにフルセットへ。

5


最終セット、引き続き野本選手を投入。その野本選手のアタックなどで3-1とリード。さらに日本は野本選手にボールを集め、奥村選手のブロックで5-2。日本は野本選手のアタックなどで7-4とリードするも、ロシアはチャレンジ成功から反撃に転じ、7-7の同点。しかし、ロシアのアタックアウトで8-7と日本1点リードでコートチェンジ。日本はピンチサーバー冨永選手のサービスエース、鍋谷選手のアタック、佐藤選手のサービスエースで11-10.さらに鍋谷選手のサーブで崩して岩坂選手のブロックで13-10.最後は野本選手のアタックが決まり、日本が15-10で勝利。セットカウント3-2で勝利をものにしました。

・ベストスコアラー
イリーナ・ボロンコワ選手(ロシア)

GetImage


22得点

ロシアを牽引したボロンコワ選手は22歳。
日本は古賀選手が17得点をはじめ、新鍋、奥村選手が14得点、3セットから出場の内瀬戸選手が11得点。そして第四セット途中から出場の野本選手が6得点など、全員で勝ち取った勝利です。

日本の決勝ラウンド進出の是非は、このあとのブラジルVSアメリカ戦、ベルギーVSオランダ戦の結果で決定いたします。結果は
国際大会① ワールドグランプリ 第三次ラウンド三日目

にてお伝えいたします。

※結果は随時更新いたします。

↑このページのトップヘ