FIVBの発表によると、2022年の世界選手権はオランダ開催を規範にスタートするとしている。

GetImage

2022年の世界選手権はオランダとポーランドがホストと公表されている。この2022年、オランダが始めてFIVBバレーボール世界選手権大会を主催する。

FIVBプレジデントのコメント

「オランダは知能と革新の全部というイニシアチブを取る国である。それはまた、毎日の間私達がFIVBに向けているものと一致する。2015年のビーチバレーボール世界選手権大会は並みはずれたプロジェクトであり首尾よく実現された。そして今、ポーランドのそばでこの大いに名誉あるバレーボールイベントを共催出来ることを非常に誇りに思う 」

次開催は日本が外れることとなるが、24の世界的な国家が、全体の州がバレーボールの真実のお祝いになることを保証して主催される。

(FIVB HPより翻訳・部分抜粋)

世界選手権は長期間の開催となる上に参加チームの宿泊代、移動費まで主催国負担となるため、莫大な散財となる。これでテレビ視聴率が稼げないと日本バレーボール協会の経営は圧迫されるばかり。

現状、2回に一回の割合で世界選手権が日本開催となっているが、東京オリンピック後は、グラチャンとワールドカップが日本開催。世界選手権とオリンピックOQTも加わり、従来通りに戻る。

東京オリンピックまで2年を切った今、2020年以降の日本のバレーボールのありかたにも、そろそろ明確なビジョンと舵取りが必要となる。

V-leagueも含めた協会の指針と手腕が問われることとなる。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

全日本シニアの始動が、あと二ヶ月を切った中、一足先にアンダーカテゴリーが動き始めた。

IMG_20190215_124002

IMG_20190215_124005


U20(ジュニア)とU18(ユース)の代表候補選手たちが2月11日(月・祝)から味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で合同強化合宿を開始している。

ともに新学期、学年がひとつ上となる直前。各高校の新体制作りが始まるこの時期に代表選考も兼ねての稼働となる。  

U18と、U20の高校2年生メンバーは15日(金)に合宿終了。その多くが16日(土)からのジュニアオールスタードリームマッチに出場予定。

U20の高校3年生メンバーは18日(月)まで合宿を継続。なお両チームとも3月後半に、次の合宿を予定しているとのこと。     


 【合宿参加メンバー】

 U20女子(2/11~18)       

2吉田あゆみ選手(OH)古川学園3年176㎝
3鴫原ひなた選手(OH)古川学園3年175㎝
4石川真佑選手(OH)下北沢成徳3年173㎝
5西川有喜選手(OH)金蘭会3年180㎝
6宮部愛芽世選手(OH)金蘭会2年173㎝
7北林桃佳選手(OH)延岡学園2年177㎝
9西堀楓花選手(OH)近江兄弟社3年176㎝
10山下晴奈選手(OP) 福井工大学福井 3年171㎝
11曽我啓菜選手(OP)金蘭会3年172㎝
12合屋咲希選手(OP)東九州龍谷3年168㎝
13中澤 恵選手(OP金蘭会3年171㎝
15平山詩嫣選手(MB)東九州龍谷3年180㎝
16荒木彩花選手(MB)東九州龍谷2年184㎝
17伊藤麻緒選手(MB)静岡県富士見3年178㎝
18大﨑琴未選手(MB)下北沢成徳3年180㎝
19神田さくら選手(MB)就実3年181㎝
20安田美南選手(S)岡崎学園 2年  178㎝ 
21中川つかさ選手(S)金蘭会3年159㎝
22園田風音選手(S)東九州龍谷3年161㎝
24 大工園彩夏選手( L)鹿児島南3年163㎝   


U18女子(2/11~15)

1バルデス メリッサ選手( OH)古川学園 1年  183㎝ 
2佐藤吉野選手(OH)米沢中央1年183㎝
3麻野七奈未選手(OH)金蘭会1年182㎝ 
4舟根綾菜選手(OH)下北沢成徳1年180㎝
5西川吉野選手(OH)金蘭会1年178㎝
6吉武美佳選手(OH )大木町立大木中学3年178㎝
7小山愛実選手(OH)共栄学園1年176㎝
8和田由紀子選手(OH)京都橘2年175㎝
9川上良江選手(OH)金蘭会1年174㎝
10秋重若菜選手(OH)金蘭会1年171㎝
11亀井美子選手(OH)長井市立長井北中学3年171㎝
12髙橋蒼未選手(MB)米沢中央2年184㎝ 
13樫村まどか(MB/OH)水戸女子1年183㎝
14 平 ヴィヴィアンチディンマ選手(MB)都市大塩尻高校1年182㎝
15榊原菜那選手(MB)八王子実践2年180㎝
16大川愛海選手(S/OH)八王子実践1年173㎝
17加地春花選手(S)駿台学園1年172㎝
18近藤なつみ選手(S)氷上1年171㎝
19吉田奈都美選手(S)就実1年166㎝
20室岡莉乃(L)東九州龍谷1年161㎝
21西崎愛菜(L)金蘭会1年158㎝  

ポジション表記 S:セッター、OH:アウトサイドヒッター OP:オポジット、MB:ミドルブロッカー、L:リベロ


少し驚くのは、代表選考の段階でU-20のリベロが大工園彩夏選手ひとりだけというところ。

尚、U-20選手ジュニア選手権は7/12〜21、メキシコで開催。U-18世界ユース選手権は9/5〜14、エジプトにて開催されます。

時期を前後して全日本シニアはワールドカップの最終調整としてアジア女子選手権(8/17〜25 韓国)を選択。U-18世界ユース選手権の最終日である9/14よりワールドカップに参戦(9/14〜29)します。

尚、U-20選手ジュニア選手権は7/12〜21、U-18世界ユース選手権はともに「彼女はバレーボーラー」に掲載予定です。お楽しみに。