VMware Cloud Foundry PaaS基盤のすべてのソースコードがRubyで書かれ、すべてオープンソース として公開されている。これらのコードをPC環境にインストールし、PaaS基盤を動かすことは可能だ。早速、試してみる。

VCAPのインストール手順

1.   Ubuntu10.04以降64bitLinuxサーバを用意、スペックとしては、CPU:core 2 duo、メモリ2GByte程度、Ubuntuダウンロードは以下のサイトから、http://www.ubuntu.com/desktop/get-ubuntu/download 

2.   sudo apt-get install curl #必要に応じて

3.    bash < <(curl -s -k -B https://github.com/cloudfoundry/vcap/raw/master/setup/install)

スクリプトを使ったインストール は1時間程度、途中、sudoによる実行のため、root権限のpasswordを求められる。

P1
 

~/cloudfoundry/vcap/services/mysql/config$ more mysql_node.ymlmysqlrootのパスワードが記述されている。

4.    source .bash_profile # bash_profileRVMPATHが記述、RVMのパスを有効にする。

インストール後は、vcapstart状態。

 ~/cloudfoundry/vcap/bin/vcap start  #vcap 開始

 ~/cloudfoundry/vcap/bin/vcap stop   #vcap 停止


VMCのインストールは、Cloud Foundry PaaSを自宅のPCで動かす(その2)に続く。