参院総務委員会は16日、原口一博総務相が遅刻したことに野党側が反発し流会となった。総務相が出席していた衆院本会議が長引いたためだが、総務委の世耕弘成筆頭理事(自民)は「何の連絡もなかった。(参院予算委に続く)2度目の遅刻で納得いかない」と批判、総務相の陳謝と再発防止策の徹底を求めている。
 原口氏が出席していた衆院本会議は、午後2時5分ごろ散会予定だったが、散会は2時10分すぎ。参院総務委は同10分の開始予定で、約5分遅刻した。この日は、地方税法の趣旨説明などが予定されていた。 

【関連ニュース】
首相、離党の邦夫氏にエール=本会議場で会話
鳩山元総務相、同調者確保に本格着手=自民離党を与謝野氏に報告
園田氏インタビュー要旨
総額は6954億円=3月特別交付税を閣議報告
地方議員年金「存続させたい」=原口総務相

【近ごろ都に流行るもの】おしゃれエプロン 女子力アップ(産経新聞)
三笠宮さまが白内障手術(時事通信)
能楽観世流シテ方の河村禎二氏が死去(産経新聞)
東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ(読売新聞)
<ニュース1週間>日米密約「あった」/文京区長、首長で初の育休/茨城空港が開港(毎日新聞)