小沢一郎民主党幹事長への批判発言を理由に副幹事長解任が決まった同党の生方幸夫氏は19日午前、TBSの番組に出演し、鳩山由紀夫首相が執行部の判断を是認したことについて「小沢さんに向けて何も言えない鳩山さん率いる民主党となってしまう」と述べ、批判した。
 この後、生方氏は記者団に「もうちょっと熟慮して発言しないと、首相への信頼もちょっと揺らいでしまうのではないかと心配する」と強調。小沢幹事長に対しては「辞めない限り参院選は戦えない」と述べ、辞任を重ねて求めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
DPC新係数に5.6倍の開き-厚労省が告示(医療介護CBニュース)
原爆資料館など視察=東ティモール大統領-広島(時事通信)
2歳男児が一晩連れ回され保護 50代の男逮捕へ(産経新聞)
<日仏外相会談>イラン核拡散問題で米仏などに理解示す(毎日新聞)