和歌山県警橋本署は23日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、橋本市消防本部消防士長の亀谷誠容疑者(39)=同市隅田町=を現行犯逮捕した。同署によると容疑を認めているという。

 逮捕容疑は23日午前2時ごろ、橋本市市脇の国道24号交差点で、酒気帯びの状態で乗用車を運転したとしている。

 同署によると、警ら中のパトカーが青信号で発進しない車を見つけ職務質問したところ、亀谷容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたという。

 亀谷容疑者は「飲食店で酒を飲んだあと帰宅する途中だった」などと供述しているという。亀谷容疑者は22日は宿直明けで、23日は非番だった。

【関連記事】
消防士バス痴漢、ストッキング下げ脚触る
強制わいせつで消防士逮捕 「声掛けただけ」容疑否認
死亡事故起こした男性消防士を懲戒処分 東京消防庁
阪神高速で消防車横転 火災現場急行中、けが人なし 兵庫
隠し撮り目的で脱衣所侵入 消防士を停職処分
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

特別会計見直しに着手=首相が指示-刷新会議(時事通信)
雑記帳 ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
同日選で政権選択を=参院福岡で候補擁立-みんな・渡辺氏(時事通信)
迷走普天間どこへ…結びつき深い沖縄と米軍 現地ルポ(産経新聞)
<熟議カケアイ>教師と保護者ネット上で議論 文科省が開設(毎日新聞)