桜川市の社労士ブログ 「かぎりある命を全うする」

☆ 社会保険労務士 AEパートナーズ事務所 公式ブログ ☆                                           茨城県桜川市明日香2-18 カワチ薬品様より西へ50m、JR水戸線岩瀬駅より北へ800m                                                             この世に生を受けて、限りある命を全うするための日記です。(そんなに深刻な話は少ないですけど・・・。)

こんばんは。

茨城県桜川市の社労士 海老澤亮です。

今日2回目ですが、よろしくお願いします。


今自宅で布団に寝っ転がりながら

これを書いております。


10日前から読んでいたHolesという小説が

読み終わりました。

しかし。

大して面白くなかった...。

(面白いという人には悪いですが...。)


kindleで買うときにはレビューを見て

きっと面白いんだろう

と、思って買ったんですが...。


最後には、張り巡らされた伏線が集約されて

なーるほど!

と溜飲を下げると期待していましたが

なんか都合よくね?

などと思ってしまいました。


この本は、小学校高学年向けの英語で書かれている

との事でしたけど

多分よく理解できていなかったんでしょうね...。


amazonのレヴューを改めて見ても

つまんね

と言うレヴューは見当たらず

オジサンは少数意見でした。

(しかし少数派はいつものことか...。)


まあ...伏線の多い話って

普段から読まないし、

自分には性に合わなかったと思うようにします。

なんだか納得いかないけど。

でも、もう一回読む気にはなんないしな。


次は何読もう?

これで懲りずにまた読んでみます。

でも...一度失敗すると慎重になるなー

(今回が初めての「はずれ」だと思っております。)

そんなどうでもいい話でした。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 こんにちは。

 茨城県桜川市の社労士 海老澤亮です。

 本日もよろしくお願いします。


 最近は、社労士として何が提案できるか・・・

 珍しく真面目に考えようとしております。


 まあ・・・ハッキリ言って、手探り状態ですけど、

 新しいことに挑戦しようと思っております。

 開業から8年間の経験をベースに、

 自分の得意なことをもっと深掘りして行こう

 と思ったりして・・・。


 そんな中、とりあえず自分にできることと思い、

 11月に研修会を行うこととしました。

 11月14日(水)に

 「働き方改革法の実務」

 「今やる! 労基署・残業請求対策」講座

 というようなテーマで

 桜川市商工会で開催します。


 商工会さんと共催で、告知もして下さるそうで、

 少しは気合を入れていかなきゃ。
 
 ちなみに時間は14:30~16:00を予定しております。

 よかったら、ご参加くださいませ。

 内容は、先日参加させていただきました

 同業の先生の研修をパクろうと思います。

 (半分冗談です。(__))


 今後、社労士としてどんなことをやっていくか?

 今考えているのが、

 税務監査ならぬ労務監査

 税務署ではなく労基署に指摘される前に

 叩かれてもホコリの出ない体質に近づけていくお手伝いとか。


 その他、労使関係の対策として

 スタッフの方にヒアリングをする、

 などということを考えております。

 (元々やっておりましたが、最近はやっていなかった。)

 
 まあ・・・自分でもありきたりな話だとは思いますが・・・。

 色々と試行錯誤していこうと思います。


 この8月いっぱいで、一つお役が終わりました。

 (クビ?)

 それにより、時間が出来るかというと

 そんなこともないでしょうけれど、

 事務所運営に目を向けるいいタイミングですし、

 秋の夜長にじっくり考えたいですね。


 本日もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

 こんばんは。

 茨城県桜川市の社労士 海老澤亮です。

 本日もよろしくお願いします。


 さて。

 3連休、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 私は体調がイマイチでした。


 まず、歯茎が腫れて辛かった。


 9/15は出かけることになっていたので、

 無理して出かけましたが、

 バスの中独り、痛みに悶えておりました・・・。

 うっふん。


 バスの中で長時間同じ姿勢をしていますと、
 
 血行が鈍くなりまして、それにつられてか、

 はたまた気のせいか、段々痛みが強くなりました。

 
 このところ電子ブックリーダーの

 amazon kindleを愛用していましたが、

 いつの間にか「スマホっ首」になっていたのでしょうか?

 (スマホは持っていませんが・・・。)


 その他、首、肩が凝りまして、

 ラジオ体操やヨガなどをやりましたが、いまいち直らず、

 風邪薬を1回飲みましたら、よくなりました。

 以前も同じようなことがあって、

 風邪薬を飲んだら直ったので、

 またやってしまいました。


 たぶん、風邪薬に

 筋肉の緊張をほぐす成分が入っていて、

 それが効いたのかな、と

 テキトーに思っております。


 なにはともあれ良かったですが、

 やっぱ、運動不足でしょう。

 昨年一年間続けたように、

 鉄アレイで筋トレ、

 やっぱりやることにします。

 去年は肩こりなかったし・・・。

 (今日はなんとか、筋トレやりました。)


 歯医者も3年くらい通っているのですが、

 未だに疲れてきますと、

 歯茎が腫れます。

 どうにかなんないかな・・・。


 9/15にバスの中で悶えておりましたら、

 周囲の皆様から

 「歯医者替えろ」

 と散々言われました。


 前から言われ続け・・・

 全然変えずに来ました。

 「歯医者ばっくれる」のも

 悪い気がしてしまって・・・。

 今朝もその歯医者に行ってきました。


 そんな優柔不断なオジサンでした。

 本日もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

 こんにちは。

 茨城県桜川市の社労士 海老澤亮です。

 本日もよろしくお願いします。


 今週は、毎晩夜の予定がありまして、

 うちに帰るのが遅くなっております。

 今晩(金曜日)は予定がないので、

 家でのんびりしたいなあ・・・と思っております。

 私自身は、家で地味に過ごすのが一番です。


 昨日は水戸で社労士会の研修に参加してきました。

 社労士証票というものを見ますと、

 これまでの研修の参加記録が書かれておりますが、

 9月に研修に参加するのが一番多かった。

 23年、24年、しばらく飛んで28,29,30年と出ておりました。

 ちなみに、

 24年10月~27年5月の研修までの間は、

 まったく参加しておりませんでした・・・。


 開業したのは22年12月ですが、

 平成23年は計6回研修に参加していました。

 その後、24年は4回

 25年、26年となんとゼロ回。

 27年1回、28年2回、29年2回、今年1回。

 (茨城県社労士会で行うもののみカウントしています。)


 勿論、その他に県西支部で行ったもの、

 都内などで行われた研修会などにも参加しましたが、

 でも・・・こうやって振り返ると

 いかに勉強してこなかったか・・・

 分かります。


 昨日の研修会には100名程度は参加していたでしょうか。

 県内の社労士が、企業に勤務する方も含め

 400名ほどでしょうから4分の1は参加していました。

 (スミマセン。9/1現在で県内の社労士は502名でした。)


 研修会に参加する意義としては、

 仕事の延長線上では知りえない知識を吸収できる、

 ということでしょうか・・・。

 
 このところ、単なる「田舎の社労士」ではまずい、

 と危機感を・・・ようやくながら・・・持ち始めました。

 マイナンバーが浸透し、

 ITによる事務効率化がますます進んでいくと思います。

 そんな中、社労士として手続き業務は

 激減していくだろうと思います。


 そういった環境変化に対応できるよう、

 研修参加に力を入れていくぞ!

 と力んでいるこの頃です。


 でも、研修なども楽しみながらやっていかないと、

 きっと続かないでしょうし、

 新しいことを学んで楽しい!

 という気分で続けてまいります。


 本日もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

 こんばんは。

 茨城県桜川市の社労士 海老澤亮です。

 本日もよろしくお願いします。


 タイトルにも書きましたが、

 今日、村上春樹さんの小説

 色彩のない.....なんとかかんとか

 が読み終わりました。

 9/1にkindle版を購入し、
 
 毎晩家で読んでいましたが、

 いいペースで読み終わりました。


 村上春樹は初めて読みましたが、

 大雑把な感想としては面白かったです。

 話の筋も分かりやすく、

 続きが気になってグングン読んでしまいました。

 わからない英単語も多かったですが、

 kindleの辞書で、ある程度の意味は

 簡単に調べられるのでストレスは少なかったです。

 洋書で読むのにおすすめされていたのも納得でした。


 ただ、

 最後の終わり方がもやもやしました。

 主人公は色々と体験をし、

 過去のわだかまりもある程度解消したにも関わらず、

 精神的な成長が感じられませんでした。


 大切な人を失うことに恐怖を感じるのは分かりますが、

 最後の最後で煮え切らないなあ.....と

 オジサンは???でした。

 相手の気持ちを優先してしまう

 主人公のやさしさなのかもしれませんが...。

 途中で自分の気持ちに素直になったように思えたので、

 それを最後までとおしてほしかったです。

 でも、おいらも根性なしだから

 人のこと、とやかく言えませんけどね...。


 それ以外の人物の心情には共感できましたし、

 小説の良さを実感できる作品でした。

 でも、続けて村上春樹を読みたいとは

 今はちょっと思いません。

 おいらのような単純な人間には

 あまりあわない作家なのかも知れません。


 次はHolesという本をkindleで買いましたので、

 それを読んでみます。

 小学校高学年向けのようで

 村上春樹さんとは違いますが
 
 ミステリーみたいな奴のようで

 話についていけるか

 あまり自信はない。

 楽しめるといいですが。


 これから

 読書の秋とスポーツの秋

 にしたいとおもっております。

 本日もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

このページのトップヘ