※こちらは本家「WONDER TIME」のミラーブログです!!!
TBは本家の記事へお返し下さいませ!


また、FC2ブログからTBが飛ばない場合(楽天ブログさん アメブロさん ココログさん等)
ミラーブログよりTBを送らせて頂きます!


本家ブログへは下記リンクから飛べます!
WONDER TIME




本家ブログのトラックバックURL

http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1081-6a7f1596

↑TBは上記へ願います
クリックで本家記事へ飛べます!






「早瀬浩一、道は我々が切り開こう
後は頼むぞ、正義の味方」

ついに開始されたセントラルの侵略部隊との最終決戦!
理想の未来の想像と実現を託して司令がぁあ!!(涙)

鉄のラインバレル Vol.4 [DVD] 鉄のラインバレル Vol.5 [DVD] 鉄のラインバレル DJCD 鉄のラジオバレル Vol.1
【第23話 あらすじ】
次元を超え、敵の侵攻が始まった。浩一たちは地球防衛のために動き出す。ラインバレルの使命は、次元の歪みをエグゼキューターで断ち切り、全ての敵を時空の狭間に叩き込むこと。浩一はラインバレルで宇宙へと飛び出すが、その時、城崎たちが敵の奇襲を受……!?

ディメンションピーラーの起動により発生た空間の歪みが 怪奇現象を起こす中
異世界の侵略者の事が報じられる中、JUDAと加藤機関が共同戦線を組み、国連を含め世界政府に協力を要請!
シャングリラとフラッグはランデブーし 特殊自衛隊を中心とした地上部隊と連携しつつ、ラインバレルを全面に押し立てた地球防衛ラインを展開する事に!
…って、最終決戦らしい感じになってきましたね!(笑)

地上防衛部隊の配備が完了していく中、沢渡と道明寺のやり取りが面白いww
この二人って結構似たようなところあるから気が合うんじゃ(ぁ)
短時間で市民の避難が完了したのも、世界中が加藤機関の支配下にあるからスムーズに事が進んでるって事ですよね、司令は最初からそこまで全て計算してたのか・・・
思わず司令との思い出を思い返してた城崎ですが、通信のやり取りも他人行儀だったし 兄妹らしく会話するシーンもないままですね(汗)
それを心配する浩一だけど、セントラルとの戦いを終わらせる事が最優先だと!
…城崎も頭では分かってるんですね、ああするしかなかった事を…だけどまだ気持ちの整理がついて無いって感じでしょうか? なかなか複雑な問題ですね…

ついに次元の歪みを超え、セントラルの部隊が侵略開始ー!!!
フラッグはJUDAメンバーに任せ、シャングリラへと移動してきた社長(ホログラム/笑)
「手伝ってくれるのはありがたいが
鯖寿司だけはごめんだぞ」

鯖寿司に嫌な記憶でも!?
…えぇと、公式HPの用語解説によると『石神社長の手料理の一つだが、かつて彼が加藤機関に所属していた時に、組織に壊滅的なダメージを与えた存在でもある』
ちょっw 一体どんな破壊的ダメージを!? 調理法間違えると大変だとも書いてありましたが、社長の事だから きっと思いっきり間違ったんだろうなww
最終決戦突入なのに、緊張感ない二人のやり取りが良いなぁ♪

各地に設置したスフィアの機能を 何やらリバースさせ始めた司令ですが…
「シャングリラの壁、最大出力で展開!」
作戦開始の合図を出す司令@潤々がカッコ良いw
スフィアには、地球全域をカバーするシールドシステムまであったんですか!?(驚)
「テルミノ・クレメンティア、発動する!!」
今回の作戦は、加藤機関の部隊が突出して道を開き、JUDAのマキナ部隊がポイント・ヘリオスまで侵入し、ラインバレルのエクゼキューターでハブ・ダイナモを断ち切り、生じる時空の狭間にセントラルの敵部隊を叩き込むと言うもの!!
JUDAメンバーの最前線にいるヴァーダントと森次さんの姿がカッコ良い♪
「任せたぞ、山下」
ラインバレルのバックアップは必ずやり遂げると言う山下君を信頼して返事を返す森次さんの言葉が良いですね! 二人のやり取りが聞けて良かった(笑)

「森次さん… やっぱり凄い」
山下君は森次さんに惚れ直しましたかw
シャングリラの壁を中和し侵入を始めたセントラルの侵略部隊!
JUDAのマキナ部隊も行動開始ですが、森次さんがカッコ良過ぎる―――!!
これでも本気モードじゃないんだから 凄いですよねw
次々と敵を倒して行く姿が堪らない♪
大きな役目があるラインバレルは、出来るだけ力を温存しておかないといけないのに
周りの士気に煽られ 思わず飛び出しそうになる浩一を抑えるイズナとシズナ(笑)
浩一ってば 作戦内容を理解してないんじゃ…
やっぱり森次さんにビシッと言ってもらわないとw
あ、でもナーブクラックのコードはハブ・ダイナモを断ち切った時に 時空の狭間に落ちない為の浩一の命綱なんですね!
チームワークが大事なのに一人で突っ走るなと怒るシズナに、最終決戦なのにカッコつかないとか言う浩一が…結局はそれですかww

「加藤久嵩、貴方の行動はセントラルも予測済みです」
突如 前方に現れたグランネイドルの奇襲を受けたシャングリラ!
ちょっ! 司令の行動は全てセントラルに読まれていたようですね
…これじゃどちらが泳がされてたのか解らないじゃないですか(汗)
スフィアを介しての全世界のシールドシステムも消失、すぐさまフラッグをパージし シャングリラの緊急
プログラムを起動させる司令ですが…
「加藤機関総司令としての最後の命令を伝える
理想の未来を想像し、それを必ず実現せよ!」

ちょっ! そんな遺言みたいな事聞きたくないですからー!(涙)

司令は最後まで残って見届ける義務があると思うのに… しかも城崎には済まなかったの一言だけなんて! もっと色々話す事や伝えるべき事があると思うのに!!
…以前 浩一に妹を頼むと言ったのも 最初から生き残るつもりは無かったからなのかな
そのままシャングリラでグランネイドルと 後方に現れた艦に突っ込んで行った司令!!
あぁあー!! 司令―――!!!(涙)
社長も何も言わなかったから 覚悟の上だったんだろうなぁ…
あぁ…グランネイドルだけならまだしも あんな大きなものに突進したら…
お兄ちゃん!と叫ぶ城崎の声が切ないですよ(涙)

フラッグも爆風で飛ばされ攻撃を受けましたが、どうやら皆無事だったようで
…って、アレで無事ってある意味凄いなと(苦笑)
城崎はお約束通り浩一が助けだしたようでw
全てを終わらせてやると一人で突撃して行った浩一だけど、華麗に戦う森次さんが援護しに来てくれたー!(喜)
「早瀬、バックアップは引き受ける」
あぁもう! 何でこんなにカッコ良いんですか!!(笑)
シャングリラのおかげで ポイント・ヘリオスへの細いルートをあるのを確認し、山下君達には地上の防衛部隊の支援に回るように指示を出す森次さん!
攻撃は全て浩一に任せ 援護に回ると言う森次さんがカッコ良い♪

地上では道明寺や沢渡が防衛する中、次々と市民を捕らえるセントラルの侵略部隊の姿が! 回収して全員をマキナ人間にするつもりですか!? って、妹二人が捕まってますけどー!!(汗)
さらに理紗子までも…と思ったら ここでジャックと矢島が来たー!!(笑)
ようやく理紗子に良い所見せられたジャックがw
地上に降りてきた山下君達もセントラルの侵略部隊との戦闘を繰り広げてましたが
ナーブクラックで人格が変わったイズナ@釘宮さんの演技が良い感じに怖かったw

ポイント・ヘリオスへと向かう森次さんと浩一の前に現れたのは
マサキの乗る グランネイドルの本体ネイキッド!!
ラインバレルと同じくオーバーライド可能な機体とは(汗)
そして、マキナ人間だった事が判明! 髪の毛で隠してたのはこの為ですかw
更に 宗美さんまでマキナ人間にされてたー!!
…あぁ、マサキに良いように使われちゃって(苦笑)
地上の防衛部隊も善戦してるけど、やはり圧倒的な数の差に苦戦を……
各国政府との連絡も取れないようですし これはかなりヤバい感じじゃ(汗)

浩一の事をずっと観察してきたと言うマサキ…それってストー(自重/笑)
司令がそこまで期待を掛けた理由、カウンターマキナであるラインバレルが浩一を選んだ理由を探してようですが 答えは結局分からなかったと…特質すべき能力も無く、精神も未熟、優れた所は何もないと 淡々と何気に酷い事を言うマサキがw
人間の遺伝子は単独では無価値だけど、その多様性にはシステムを発展させる為に有用となるから 失われるのは無意味だと、戦闘を止め降伏しろと告げて来るマサキ!
どう考えても状況をひっくり返す方法が思いつかない、このまま戦っても結果は同じだと 早くも諦めムードの沢渡とユリアンヌが…なんだからしくないですよ!!(汗)

セントラルの目的は、地球人の殲滅ではなく あくまでも全てを一つにする事
古い価値観を捨てて新たな世界を築く為にも進化を受け入れろと言うマサキ!
全ては自然の流れであり、争いも苦悩も無い永遠の平和を教授せよ―――
自我の無い一つの意識になれだなんて嫌過ぎですから!!(汗)
一つになりたければ自分達だけでやって下さいよ、押し付けらて良い迷惑ですw

「俺は人間だ、正義の味方だぁ!」
マキナになんてなってたまるかと、浩一は真っ向から否定!!
正義とは何だと、小難しい事を並べ立てるマサキが…
ええと、原始的な拡張自我の単純な防衛反応に過ぎないとか、生物的条件反射に過ぎないとか・・・もう理屈過ぎて何が何やら〜 もっと単純に考える事が出来ないんですかね(苦笑)
頭が固いと言うレベルを越えてる感じでw
「俺は守りたいから守る、それだけだ!」
御託を並べるのはカッコ悪いんだと、長ったらしくグダグダ言ってたマサキを その方がカッコ良いと言う言葉で黙らせちゃいました(笑)
あはは! やっぱり浩一は単純と言うか…だからこそ誰にでも届く言葉になるのかな?
理屈なんて関係ない 守りたいから守ると言う真っ直ぐな言葉が良いですね!
主人公の言葉に周りが奮起するのはお決まりですがやっぱり良いなぁ(笑)
静かに士気を高める森次さんがカッコ良い♪

改めてマサキに勝負はこれからだと向かって行った浩一だけど
お前の守ろうとする者ごと消し去ってやろうと、オーバーライドでラインバレルの後方へ移動し、振り向きざまを貫いたネイキッド!!!
呆然とする浩一を庇うように血まみれで倒れている城崎…!!!
「現実は…貴方の 想像を 凌駕する…!」
あぁ…なんて事を! このセリフは原作でも好きなのでアニメで聞けて嬉しいですがこんな状況だと素直に喜べないですよ(涙)

本当の正義の味方になって下さいと言い残し 崩れ落ちた城崎
…浩一のあげたペンダントが落ちるのが また何とも言えない演出ですね…
その姿を見てラインバレルのカウンターマキナとしての能力を目覚めさせた浩一!
「ついに 真の姿を現したか…!」
森次さんも これを待ってたんですね!


…あぁ それにしても、浩一の成長には やはり犠牲が付きものなのかな(汗)
今回も城崎の事がなければ、自力で目覚めさせる事は難しかったんじゃ…
でも、城崎もファクターですから大丈夫だとは思いますが どうなんだろう?

個人的には城崎の事より 司令の事の方がショックでした…
何だかアッサリ過ぎて嫌ですよ(涙)


NEXT⇒『鋼鉄の華』
いよいよ最終回…!!!
どんなラストになるのか気になりますね!

マサキを倒せれば最終決戦に勝利って事でしょうか…
地球に向けて何か発射してたような??
…吐血してた森次さんが物凄い心配なんですけどー!!(汗)
最後の最後に森次さんまで…なんて展開になったら凹みますから…!

最終回前にして 予告から最低ですが消えましたね
罵ってくれよと言う浩一の叫びが…



にほんブログ村 漫画アニメブログへ