※こちらは本家「WONDER TIME」のミラーブログです!!!
TBは本家の記事へお返し下さいませ!


また、FC2ブログからTBが飛ばない場合(楽天ブログさん アメブロさん ココログさん等)
ミラーブログよりTBを送らせて頂きます!


本家ブログへは下記リンクから飛べます!
WONDER TIME




本家ブログのトラックバックURL

http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1136-6edcb27e

↑TBは上記へ願います
クリックで本家記事へ飛べます!







「賢者の石の材料は… 生きた人間だ!!」
マルコーの研究資料に書かれていた衝撃の事実!
そして、真実の奥の更なる真実を求めて第五研究所へと向かった兄弟!!

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]  嘘(アニメ仕様盤) again
【第7話 あらすじ】
マルコーの研究資料を探しに国立中央図書館第一分館へやって来たエドとアル。
だが彼らが見たものは、すっかり全焼した分館の跡だった。マルコーの資料が本当に分館にあったかを確認するためエドたちは、マリア・ロス少尉の手配により、分館の資料に精通しているという少女、シェスカの元を訪れる。けれどそこで判明したのは、資料はやはり焼けた分館にあったという残念な事実。落ち込むエドたちだったが、それを見たシェスカは思わぬ奇策を提案する。



今回も色々とカットされてるシーンが…
それにしても展開が早いですね(苦笑)

マルコーから賢者の石に関する研究資料の隠し場所を教えてもらって
早速国立中央図書館の第一分館へとやって来たエドとアルだけど…
先回りされたラストによって綺麗さっぱりと丸焼け状態でしたww
…って、マルコーとラストのやり取りは スパッと切られてお終いですか!?
何だかホント急な展開になってる感じが(苦笑)
ロス少尉達との対面もアッサリしたものになってたし・・・
お決まりでアルが国家錬金術師だと間違われるシーンも無くなってたw

イーストシティの様子を見に戻ったラスト、早速グラトニーがスカーの臭いを捉えたようで!
食べて良い?と言うグラトニーに許しを与えたラスト、地下水道を移動してたスカーの所へ向かい早速遅いかかって行きましたが、どうやら逃げられたようですね
そう簡単にやられる人物でもないですしw
この騒動はすぐに大佐の耳にも入る事になりましたが、大佐の不穏当な発言出た!!
中央でもてあましてた事件を解決すれば株があがるとニヤリな大佐が良い♪
「利用出来るものは全て利用する
私が大総統の地位に就いて
軍事の全権を掌握するまでは」

三木さんボイスにも慣れてきましたし、こういう大佐はカッコ良いですね!

スカーとグラトニー達の戦いによって生じた爆発
食べ損ねたと指銜えて見てるグラトニーを慰めてるラストが母親みたいだ(笑)
その跡地に残されていたスカーの上着から、何としても死体を見つけ出せと
昼夜問わず ハボックさんの隊に瓦礫撤去を命じる大佐の人使いの荒さがww
そりゃ 過労死させるのかと文句も言いたくなりますよ〜
それなのに、スカーの死体を見るまで落ちついてデートが出来ないとかw

アームストロング少佐から ロス少尉達に護衛が変更…!
丸焼けになった第一分館に詳しい人物がいると言う事で早速向かう事になりましたが
車中でアルが鎧なのにツッコミ入れられて、趣味です!と返してわざとらしく話をそらそうとしてる兄弟のやり取りが面白いんですけど(笑)
到着した部屋は大量の本で埋め尽くされ、雪崩を起こし埋もれてる人物がw
本の虫デター!!!! …ってやっぱりキャスト変更になってましたか
あぁ…もう色々と慣れないといけないキャラが多いのにまたですか(ぁ)
でも、シェスカはまだ慣れ易い感じですか(苦笑)

第一分館を退職したと言うシェスカだけど、大好きな本ばかり読んでてクビになっちゃったんですよね、病気の母が〜とかダメ自慢話しとか止めないとキリが無さそうな感じで(苦笑)
早速ティム・マルコー名義の研究所に心当たりがあるか訊ねるエドに、珍しく手書きの書類でジャンルがいの書架に乱暴に突っ込んであったから良く覚えていると答えるシェスカ!
つまり綺麗に燃えて無くなった第一分館に確かにあったと言う事…
燃えてしまっては仕方無いと諦めようとするエドに、一度読んだ本の内容は全て一字一句覚えているから複写しようとかと言うシェスカの驚きの一言がっ!!!

「ありがとう 本の虫!」
って事でシェスカの本領発揮ー!!!!
かなり大量の研究資料を5日で全て複写するシェスカの能力が凄過ぎますね!
「ティム・マルコー著、今日の献立1000種です!!」
どう見てもただの料理研究書ww
しかし、内容を見たエドはシェスカに大金の報酬を…っていくらだったんですかね?
引き出して渡すように頼まれたロス少尉と額面を見て驚愕するシェスカがww

早速 複写してもらった研究所を持って中央図書館へと戻ったエドとアル!
錬金術は悪用すると危険な技術、それを防ぐ為に錬金術書類の暗号化って事で
一見ただの料理のレシピにしか見えない書類だけど…全ては暗号で書かれている行動無錬金術書って事!! 確かにそれなら簡単に誰かに読まれて悪用される事も無いですしね!
解読には知識とひらめき、後はひたすら根気の作業…と言う事で気が遠くなりそうですw
関連書類を参考に早速 賢者の石に関する研究資料を解読し始めた兄弟ですが
さすがに超重要な研究資料って事で そう簡単に解けるものでもなく…
マルコーに聞いた方が早いと言うアルだけど、聞いたら負けになると言うエドw
エドの事だから意地でも解いてやるって事ですか、あ でも原作ではこれが解けないくらいなら賢者の石の真実を知る資格は無いって挑戦だとか言ってましたね(笑)

エドが報酬として渡したお金で母親を良い病院へと移す事が出来たとお礼を言いに来たシェスカだけど、研究資料の解読が進まず、仕事も見つからず…で互いにどよ〜んなシーンが(苦笑)
ヒューズ中佐――!! ここまで話が進んでくると登場するたびに切なくなりそうですよ…
気軽に中佐と話してるエドにヒソヒソ話をするロス少尉達がw
ヒューズ中佐も忙しいのに合間を見て こうやって会いに来てくれたりとホント良い人ですよね
色々と事件があって軍法会議も詰まってるようで・・・それなのに過去の事件の資料のある第一分館が丸焼けになって困ってるいると言う一言に、エド達が紹介したのはシェスカ!
確かに色々と覚えてるから便利そうですし…就職先見つかって良かったw
早速人攫いよろしく強制連行されて行っちゃいました!

「ダメ人間じゃないよ、何かに一生懸命になれるって事は それ自体が才能だと思うし、それに凄い記憶力もあるし自信もって良いと思うよ」
シェスカに掛けてあげたアルの言葉が良かったです!
でもこれはエドにも言える事…と言うか、エドを見て思った事なんですね(笑)
この言葉を受けて 再び賢者の石の研究資料の解読に没頭するエド!!
丸10日掛けて一日中 図書館に閉じこもりながら解読を続けた結果…ついにマルコーさんの研究資料の内容を解読した二人!!

「ふざけるなっ!!!」
しかし、その内容はあまりにも衝撃的なものでした…
「悪魔の研究 求めてはならないもの…
恨むぜマルコーさんよ…!
賢者の石の材料は… 生きた人間だ!!」

石の材料は生きた人間、しかも一個精製するのに複製の犠牲を必要とする――
そんな非人道的な事が軍で行われるいるのか?
あまりの内容に、ロス少尉達に聞かなかった事にしてくれと…

その後部屋に閉じこもってしまったエドとアル、訪ねて来てくれた少佐に こそこそ話してるのを怪しく思われ、暑苦しく詰め寄られしまったロス少尉達は 結局全て話してしまう事にww
今回も少佐の筋肉が〜〜!!! でも確かにあんな風に詰め寄られたら全部洗いざらい吐き出したくもなりますよね(ぁ)
手の届く所に来たら逃げれれる、その繰り返しでしんどいと弱音を吐くエド
やっとの思いで掴んだら蹴落とされる、神は禁忌を犯した人間をとことん嫌うのか…
一生このままなのかと言う思いが過ぎる中、今まで怖くて聞けなかった事をアルに聞こうとするエドだけど…早速少佐が部屋に乗り込んで来ちゃったよww
「聞いたぞエドワード・エルリック!!」
ちょっ! 少佐の前では部屋に鍵がある意味が無いんですけどー!!!(苦笑)

「なんたる悲劇!
賢者の石にそのような秘密が隠されていようとは!」

あぁぁ、そこまで喋っちゃったんだ… エドに思いっきり睨まれてるロス少尉がw
しかし、真実は時として残酷なものだと言う少佐の一言で、マルコーが言っていた『真実の奥のさらなる真実』のセリフを思い出し
表面に見える事は真実の一部にしか過ぎない、まだこれには何かあるのだと気付いたエド!

現在、政府関係の錬金術研究所はセントラル市内に四カ所――
マルコーが所属していた第三研究所が怪しいと言う少佐だけど、此処は既にエド達が回って見ているようで変わった事は無いようで… そんな中 気になった建物が一つ…
そこは以前は第五研究所として使われていた建物で、今は使われていないとか…
しかし、隣に併設してる刑務所を見て此処に間違いないと確信したエド!
賢者の石の材料は生きた人間、刑務所で死刑になる人物を表向きは処刑したように見せかけて、裏で囚人を石を作る材料にされていたのではないかと…!!
所轄の違う刑務所が絡んでいると政府が関係しているのか、この話は高度な政治的な問題が絡んでくるかもしれないと、調べるのを引き受けたアームストロング少佐だけど…
エド達がコッソリ忍び込んで中を調べようとしていた事を見抜いてましたww

思いっきり脅されましたが、結局はそんな事で止められる兄弟じゃないですよね(笑)
夜中に抜け出し、コッソリと第五研究所へと!!
「何が“現在使われておりません”だ、ビンゴだぜ!」
使ってないのにも関わらず門番がいて、建物内部には足元を照らす明かりまで!!
何をどう考えても怪し過ぎますよww

そう言えば建物内部へ侵入するのに通気口を使ったためエドしか中に入れず一人置いてけぼりのアルが
「好きででかくなったんじゃないやい!」
って しょぼーんってしゃがんでる姿が可愛過ぎる!!
エドはエドで、小さくて良かったとか言っちゃって、自己嫌悪に陥ってるしww

そして、ついに この第五研究所の番人が動き出した――!
おぉ! ホント久し振りに見る2人ですねw
…まぁ、この二人のキャストが変更になるのは仕方無いとして(ぁ)
一人建物の外で待っているアルの元へ、早速襲いかかって来た―!!!


今回も相変わらずサクッとしょうかして、第五研究所の番人まで登場でしたが
この二人も来週あたりで早々に…と言う事になりますかね…
いよいよエド達の前にアノ人が顔合わせに来るかな(笑)


NEXT⇒『第五研究所』
兄弟それぞれの戦いがメインになりそうですね!




にほんブログ村 漫画アニメブログへ