※こちらは本家「WONDER TIME」のミラーブログです!!!
TBは本家の記事へお返し下さいませ!


また、FC2ブログからTBが飛ばない場合(楽天ブログさん アメブロさん ココログさん等)
ミラーブログよりTBを送らせて頂きます!

※なお、FC2ブログへTBが飛ばない場合は こちらにTB送って頂いても構いません!


本家ブログへは下記リンクから飛べます!
WONDER TIME




本家ブログのトラックバックURL

http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1260-b9bc9558

↑TBは上記へ願います
クリックで本家記事へ飛べます!








「お前の 契約者としてのイレギュラーを撃ち抜く」
三号機関の追手がヘイ達に迫る!
そして、蘇芳に与えられた初めての任務…!

ツキアカリのミチシルベ(アニメ盤)(期間生産限定盤) DARKER THAN BLACK ~漆黒の花~ 1 (ヤングガンガンコミックス) 「DARKER THAN BLACK-黒の契約者-」 オフィシャルファンブック トーキョーエクスプロージョン調査報告
【第5話 あらすじ】
霧原未咲は、不思議な双子といるマダムに『三鷹文書』の存在を聞かされた。そのキーワードは「イザナミ」―――。そして未咲は、三号機関から暗号名「イザナミ」の指令を受ける。スオウは、諜報機関に隠れ家がバレてしまい、水を自由に操る契約者ミチルに襲われる。しかし、ミチルはノリオが子供の頃からずっと待ち続けていた人…。そんな時、シオンに初めての依頼がきた。それは港から輸送されるある物質を破壊せよというもの。


未咲さんに接触してきたマダム・オレイユ!
ロシアでの一件の事もかなり詳しそうな感じで、ますます怪しい存在ですねw
色々な組織がこの一件に関与してる訳ですけど、未咲さんはマダム・オレイユがBK-201の星が消えた訳も知ってるのではないかと!
とりあえずヘイの力が使えなくなったのは対契約者兵器、前期の時にパンドラで開発されていた『サターンリング』のシステムに近い??
シュレイダー博士も絡んでる様ですし、やはりパンドラと三号機関は何か繋がりが…?

BK-201に会いたいのなら星に願えと言うマダム・オレイユは
未咲さんに『三鷹文書』の存在と、キーワードが“イザナミ”だと言う事を教えてくれました
…相変わらずマダム・オレイユの目的が分からない感じですけど
また未咲さんがヤバそうな事に踏み込んで行くのは間違いなさそうですね…

そして、蘇芳は射撃の特訓を続けてる様ですが 大分慣れてきた感じで!
命中率も上がってきたようですが、銃を取り出す度に銃弾は6発が限度と言う事で数は毎回決まってるんですね
ただ、弾は勝手に補充されるけど、本体の傷や歪みは戻らないから手入れが欠かせないと…
そんな蘇芳にお金を渡すだけでヘイはまた一人でプラっと行っちゃうし(苦笑)
「逃げる前に強くなる
その為にまずは嫌いなものを乗り越えなくちゃ」

って事で、蘇芳は色々と割り切って考えるようにしたみたいですね

変なものを食べたくないと食事に向かった先がレバノン@大典さんの店とはw
アッサリと契約者だとバレちゃったけど、レバノンの奥さんミチルも契約者だったんですね!
だから雰囲気とかでわかったりするのかな、それにしても昔の写真との差が凄い(苦笑)
昔は普通の人っぽかったのに、人格変わった奥さんが出ってた事でレバノンは今みたいに?!
手際良くサッと料理を作ってくれたりと良い人ですね
しかも蘇芳の体調の事も考えてレバーですかw

食事を終えて店を出た蘇芳とジュライを待ち構えていたノリオ!
一体いつから向いの屋根の上でスタンバイしてたんですか…
ちょっ、灼熱の情熱星の元に生まれた自分の対価は蘇芳への愛とか鬱陶し過ぎるww
勿論そんなノリオをスルーな蘇芳ですが、それくらいで諦めるノリオじゃないですよね
後をつけて来て運命だとかキラキラ輝いてるとかウザイ事言うノリオに、自分の何を知ってるのだと一蹴する蘇芳、相手にするだけ疲れそうですよね(ぁ)

その頃、クライアントと連絡を取り合うヘイは蘇芳に任務を言い渡されたようですが・・・
取り合えず 何でそんな変な場所に電話があるのかツッコミしても良いですかw
しかも電話BOXじゃなくて、電話そのままむき出しって…(苦笑)
蘇芳の射撃の腕は認めてるようだけど、任務に関しては賛同出来ないようですね
自分一人でやれると言うヘイだけど、一方的に電話を切られちゃったようでw
ホテルへと戻ったら部屋がいきなり爆発した―!!!!
レバノン@大典さんが言ってた“良い物”って土鍋とコンロだったのか〜
…って、どうやらその中に 例のGな虫が入ってたから、銃をぶっ放しちゃったようで(汗)
ターニャの一件で虫が嫌いになったとは言え、例の虫に対して銃はやり過ぎです(苦笑)

「…調子が狂う」
どうせ殴るんだろうと蘇芳に言われ、この間殴られた右が痛いから左にしてくれとか自ら頬を差し出されたら さすがのヘイも殴る気が失せますよね(苦笑)
わざわざ風穴空いた部屋で寝なくても、廃ホテルだから他の部屋に移れば良いのにw
凍えるぜって言って丸くなってるモモンガなマオが可愛いなぁ!
「…俺はゴキブリと一緒か」
ターニャの能力を前にすれば誰しもショックを受けると嫌いになるのも分かるけど
どうやら前回蘇芳に“嫌いだ”と言われた事でヘイは何気に気にしてる感じですね(苦笑)
こういうマオとのやり取りが楽しいです!

一番寒くない場所だからとお風呂の浴槽の中でジュライと一緒に寝てる蘇芳に
契約者なのに行動に一貫性が無く、物ごとへの興味も失せない事に疑問を感じるヘイ
まだ幼く人間として未完成のまま契約者になってしまったから“合理的判断”するための材料を探している途中なのだとか、まだ色々と物事を吸収しないといけない時期って事ですね
人間としても契約者としてもまだ中途半端な存在って事になるのかな
そのまま出て行くヘイに対して、蘇芳とジュライの間に潜り込むマオが可愛いww

マダム・オレイユに言われた『三鷹文書』やイザナミに関して調べていた未咲さん
こっそり調べている辺り 三号機関のメンバーを信用してる訳じゃなさそうですね
そんな未咲さんに小林から言い渡された司令は、札幌の施設から暗号名『イザナミ』と言う重要物資を輸送すると言うものでした!
あくまでヘイを追いかける事を最優先にしたい未咲さんだけど、そのヘイが子供と一緒に行動する姿を札幌で見かけたって事でうかうかしていられない状況になったと言う鎮目
…って事で、未咲さんも札幌へ向かう事に!!
二人の再会の時も近いですかね、楽しみです!

寒さを凌ぐ為なのか、トイレで休んでるヘイがww
ジュライから外に追跡者がいると告げられ素早く確認したヘイは、囮になる隙に二人にエントランスから逃げ いつもの場所で合流するように指示!
新たに追手として登場した契約者は、水を操る能力のようですね!!
ホテルのあちこちが水浸し状態で、どこに逃げても水の攻撃が…って事ですか
水の攻撃をよけながら外へと飛び出したヘイは、すかさず能力者の動きを封じました!
その隙に無事に蘇芳とジュライは逃げ出せたようですね
…ってバトルシーンは相変わらずカッコ良い感じですが
やはりヘイの電撃能力が見れないのは寂しいです(苦笑)

追手の能力者は隙を見て足元のマンホールから水を放ったけど
蘇芳達も無事に逃げたと言う事で、あえてこれ以上戦わなかったと言う事ですかね?
能力が使えればもっと楽に戦えたんでしょうけど…
未咲さん達もホテルに駆けつけ、隠れ家になっていた部屋を調べていましたけど
ここで少女と一緒に居たと言う事で疑問を… 情報ではあくまでもヘイが連れているのは蘇芳じゃなくて紫苑と言う事になってるんですね
もし本当に少女なら…と考える未咲さんに嫉妬かと ちょっかい出す葉月@斎賀さんが相変わらず面白いですw
蘇芳が対価として折ったツルを手にしてた未咲さんだけど、どこまで辿り着けますかね…

花を手に蘇芳の所へ向かっていたノリオは、部屋を後にする未咲さん達の姿の中に母親であるミチルの姿を見つけて後を追いかける事に!
…って、ノリオが持ってた花がまさかトイレの花だとはww
それにしても、放っておいても問題と言い放ったミチルは 息子だと気付いてたのですね
その後、母親を見たとレバノン@大典さんに話をするノリオだけど
まさかミチルの方から乗り込んでくるとは! しかもオーブン貸してとかまさか対価ですかw
お菓子作りが好きだと言ってたけど、この感じだとお菓子作りが対価なのかなぁ?

電話の下に無造作に張り付けてあったお金を受け取ったヘイ
…誰かに先に取られる可能性があるのに不用心過ぎる(苦笑)
待ち合わせの場所へと向かったヘイは早速蘇芳に射撃の特訓をすると言い、再び動く標的として鶴を狙い撃てと!
動く標的なら別に生き物でなくても良いし、殺す理由がないから撃てないのだと言う蘇芳に
契約者としてのイレギュラーを撃ち抜くのだと言うヘイ、今度は嘘は無しだとか相変わらず容赦無いですね
結局蘇芳は銃を出して撃っちゃったようで… その後自分でも分からないけど涙がって やっぱり完全には感情が無くなってる訳じゃないのかな…? まだまだ不安定っぽい感じですね


今回の任務に関しての打ち合わせをする未咲さん
BKー201のクライアントは不明だけど、物資を狙って札幌へ潜伏させたのは間違いない考える未咲さんは、通常なら空路を使うが人が多いから今回は海路を使うと狙いを定めましたが
人に紛れて近づくとか やはり良く事情を知ってるだけに、今後のヘイの動きも色々と読まれる事になるのかな? こうしてるとまだ警察っぽい感じがしますね!
まどろっこしいやり方が好きじゃない鎮目は一戦交えれば良いとか言うけど、蘇芳にも逃げられ翻弄された事を葉月@斎賀さんに嫌味言われてるしw
痛いかも…って言う鎮目@三宅さんの反応がまた良いですね!

重要物資『イザナミ』の確認をする未咲さんだけど
厳重に警備されてる先で見たイザナミの正体って…何なんですかね??
意外な感じの反応をしてましたが、まさかインだったりするのでしょうか(汗)
同じタイミングで、マダム・オレイユと双子が見つけたと言ってますし…
「私たちの そして彼女の願いが叶う時は近い」
…共通する願いは勿論ヘイに会うって事になるのかな?

その頃 ヘイ達は蘇芳が作った雑草の料理を食べる事になりましたけど
雑草投入して直ぐに差し出してますけど明らかに煮えて無いですからw
一応蘇芳なりに壁壊したりと目立つ事しちゃったお詫びのつもりのようですね
受け取って口にするヘイだけど、その時の反応がww
栄養さえあれば味はどうでも良いって…そう思わないとやってられない味って事ですね
どうやら本人もマズかったようですが、せめて味見はして欲しいです(苦笑)
何だかんだ言っておかわりまでして全て食べちゃう辺りヘイの優しさがww
てか、最初からヘイが作った方が美味しいんじゃ… 前期は良く自分で調理してましたよね!!
お酒以外にようやくヘイが食べたのが 雑草とは〜
…そう言えば、何の反応もなく黙々と食べていたジュライが気になるんですけど(苦笑)

「お前に任務がある」
結局 ヘイは蘇芳に任務を任せることにしたようですね!
あれほど足手纏いになるとか言ってたのに どんな心境の変化ですかw
契約者として任務を受け 報酬としてお金を貰う、それは凄く分かり易い事だからやれると言う蘇芳、前金として渡されたお金は結構な額のようですが
思わず溜め息をつき 最低の夜だなと呟いたヘイ、そんな蘇芳の考え方がやはり気に入らなかったのでしょうか??

今回の任務は、港に入港する三号機関の船に物資が到着する前に破壊する事!
ヘイが港に着く前に破壊出来れば良いが、出来なければ運び出す隙を狙い蘇芳がそげきするって作戦ですね
車を爆破し運搬する車両を止め、爆竹と発煙装置を使い隙を着いて『イザナミ』が積載されている荷台へと乗り込んだヘイ!!
能力を使わなくても相変わらずカッコ良いですね!

しかしヘイを乗せたトラックはそのまま走りだしちゃいました!!
…って、これって三号機関の罠ですかw
未咲さん達も襲ってくるだろう事は分かってるから、このトラックはダミーだったのかな?
取り合えずヘイはこのまま連行で、未咲さんと再会する事になったり??
今回も気になる所で終わりますね〜!!


そして、エンディング後は入港する三号機関の船を見張る蘇芳とジュライ!
くじらの写真を取れば良かったと思う蘇芳は幼い日の記憶を思い出してました
水族館へと家族でやって来た時の事、この頃は普通に幸せだったんでしょうね
仲良く二人で楽しそうにしてる姿が微笑ましいです
…母親は日本にいるし、今後どう絡んでくるのか気になる所ですね!!
まさかどこかの組織に所属…なんて事は無いと思いたいですが(汗)

そんな蘇芳の前に現れた大きな潜水艦!!
これが三号機関の船って事ですかね
次回はまた色々と話が動きそうです!


NEXT⇒『香りは甘く、心は苦く…』
何だか予告の内容からすると嫌な予感もするのですが(汗)
ノリオに何も無ければ良いなと…
次回もバトルシーンがありそうですね!!



にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/22216409
http://d.hatena.ne.jp/kizaminatto/20091106/1257509952
http://blog.so-net.ne.jp/gomarz/2009-11-07-1/trackback