※こちらは本家「WONDER TIME」のミラーブログです!!!
TBは本家の記事へお返し下さいませ!


また、FC2ブログからTBが飛ばない場合(楽天ブログさん アメブロさん ココログさん等)
ミラーブログよりTBを送らせて頂きます!

※なお、FC2ブログへTBが飛ばない場合は こちらにTB送って頂いても構いません!


本家ブログへは下記リンクから飛べます!
WONDER TIME




本家ブログのトラックバックURL

http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1295-e6c3be34

↑TBは上記へ願います
クリックで本家記事へ飛べます!









「イン… もう 終わりにしよう――…」
ついにDTB流星の双子も最終回!
イザナミとイザナギが出会い 開かれたヘルズゲート!

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1) [DVD] DARKER THAN BLACK-流星の双子-オリジナル・サウンドトラック From Dusk Till Dawn

グッタリとしている紫苑を見つけた蘇芳、月が見たいと言う彼の願いで外へ向かう事に
イザナミに会いに向かったと言う事ですけど、知りながらも紫苑を止めなかったマダム
二人が出会えば災厄が起こるが、会わないと分からない事もあるとか最後まで結局何だかんだマダムに振り回されてるような気がしてならないんですけど(苦笑)
CIAの追手に見つかり、隠し通路から逃げる事になったけど、爆破装置を仕掛けていたりと相変わらず準備が良すぎる感じでw
何が起こるかまるで見てきたような感じですよね…

ヘイと葉月のバトルはカッコ良かったですけど、ヘイの活躍があまり見れなくて残念です…
やはり電撃使わずに葉月と対峙するのは厳しい感じですね(汗)
でも、葉月の攻撃をワイヤーを駆使してよけながら…な動きがカッコ良かった♪
って、同じくワイヤーを使う葉月に動きを封じられたと思ったら…
葉月が対価のキスをヘイに――!!!
ちょっ! 対価とは言え勝手にヘイにキスしないで下さいw
キスした後一発殴って対価だとか言ってる葉月が(苦笑)
振り降ろされる刃に動じなかったヘイがカッコ良いなぁ!

三号機関の本当の狙いが予言の成就を阻止する事だと曜子から聞いていたヘイ
「イザナミを殺すのは俺だ」
でもヘイにとってはもうそんな事はどうでも良くて、ケリをつけたいだけ…
やはりイザナミを殺す、つまりインを…って事なんですね(汗)
気になっていた曜子の一件は、現れた小林から色々と明らかになる事に!
耀子の遺体をMEスクイーザーにかけ、その時の記憶を取り出したのですね…
って、怪しかった鎮目@三宅さんがやっぱり犯人かー!!(汗)
CIAのスパイとして三号機関に潜り込んでたようで!
空港で耀子を拉致ったヘイを意味深な視線で見てたのは、耀子に狙いを絞ったって事だったんですかね…
小林も薄々気づいてたから蚊帳の外に置くような事をしたんだろうなぁ…
取り合えず、鎮目の事がわかってスッキリです(苦笑)

パンドラを含む国内外の主要機関は全てCIAにより抑えられた状況になり
徐々に追い詰められている感じだけど、耀子の事もあり裏切り者の始末は自分が引き受けると言う曜子を残してインのもとへと向かうヘイと小林
結局ヘイは拘束されたままなんですね(汗)
一方、CIAはマダムを追う為に博士のMEスクイーズを急いでるようですが…この博士ってやっぱり本物だったって事なんでしょうか?
パンドラから脱出するマダムと未咲さん達だけど、蘇芳を追って姿を消したジュライの頭上からいつのまにか未咲さんの頭に移動してて驚いてるマオがw
あはは、本当ゲートの中では何が起こるか分からないって感じですね(苦笑)

ようやくインと対面する事が出来たヘイ!
しかし、装置の中のインは既に抜け殻で中身は覚醒しゲートの中心核へと…
あぁ…せっかく会えたのに 既に遅かったんですね…(汗)
インの抜け殻を見るヘイの表情が何とも言えない感じで…

その頃、博士が作ったスパコンへとマダムに案内されやって来た未咲さん達
そこには大量の紫苑の形を模したドールですらない肉体が並べられていました(汗)
ドールネットワークにより観測された全世界の記録、そしてMEネットワークにより集められた全人類の記憶が集められている様ですけど…
紫苑の計画に夢を掛けたとか言ってますけど、結局マダムの目的って??
全ては紫苑の計画のようですけど、最初から予言を覆す為に動いてたって事でしょうか…

MI6もCIAも騙してロシアから博士と紫苑を連れ出したと言うマダム
「あれは月ではない、あれは人類が生きた証
紫苑君の能力を使ってコピーした もう一つの―――」

…って、ドールネットワークによる全世界の記録と、MEネットワークの全人類の記憶から もう一つの星…つまり地球を丸ごとコピーしちゃったって事になるんですかね?
紫苑が妙にやつれていたのはその代償って事になるのか…(汗)

全ての真実を博士から聞いた事を紫苑に話した蘇芳
記憶の大半は紫苑の想像によって作られたものでも、ああなりたいと言う夢でもあったし同じように紫苑も感じてくれてると思った蘇芳
社会生活を送るのに不自然になるから人間らしい思い出を想像しただけだと返すけど、どこか人間らしい部分も紫苑には残っていたんじゃないのかな? じゃないとあんな思い出想像出来ない気もするし…
蘇芳は契約者になっても感傷的に物ごとを考えると言う紫苑
それはヘイと一緒に居た事が大きく影響してるんでしょうね!
蘇芳は仲間意識も強いようだけど紫苑にとってそれは新鮮な事のようで… 彼にとって蘇芳の存在は仲間とかではなく あくまで自分のコピーって感じなんでしょうか…
蘇芳と紫苑、別々に違う場所へと飛ばされる事になっちゃいましたが…ホントなんでもありな空間ですね(汗)

「自ら覚醒を止めた…?」
イザナミを回収した三号機関はすぐさま抹殺するつもりだったようですが、直前でイザナミとしての反応が途絶えた為、急いで封印する事に…
函館の一件、蘇芳の銃弾がそれたとはいえ落下した衝撃によって…って事なんですかね?
この直後、潜水艦の傍を泳ぐインの観測霊…と言うかイザナミの力だったのかな? がありましたけど、あの時点で覚醒して動き出してしまったと言う事でしょうか
一度自ら覚醒を止めたと言う事で、再び奇跡が訪れるのを願ったけど…って事ですね(汗)
この星にゲートが誕生した時から、人類にはどうする事も出来なかったと言う小林だけど
ヘイにしてみれば、ますます自分を責めたくなってしまうんでしょうね…
もう終わりにしようと呟くヘイの姿が切ないんですけど!(涙)

彷徨う蘇芳を導くジュライの前に現れたのは…
退場したかと思ったオーガスト7@松風さんー!!!
おぉ〜! 何だかアッサリした退場だったから気にはなってましたが、あのままスルーされてたし本当にやられたのかと思ってました(苦笑)
ビックリしてるジュライの表情が可愛い♪
ジュライが蘇芳の傍にいるのはオーガスト7@松風さんの指示だったんですね
上層部が手を出さないとCIAと取引し、MI6は手を引く事になったようで…
任務終了って事で、迎えに来たって事ですか
って、この場所って1期のラストにアンバーが待っていた場所ですよね…

「貴方とは行かない
僕は蘇芳と一緒にいるのが好きなんだ」

自らの意志で蘇芳の傍にいる事を決めたジュライ、昔と比べてホント変化したなぁ…
蘇芳がヘイの影響を受けたように、ジュライも蘇芳の影響で感情が見えるようになった感じで!
そんなジュライに好きにすれば良いとシルクハットだけ残して消えたオーガスト7@松風さん!
あはは、最後の最後までマジシャンらしい感じでw
…って、このあと種明かししないといけないと思うと笑えますが(ぁ)
やって来た蘇芳に掛け寄って抱きつくジュライが可愛過ぎる〜♪

ついに出会ってしまったイザナミとイザナギ――!!
ゲートの中心核に未確認の次元が多数出現し、ヘルズゲートが開く!?
一体何が起こるのか(汗)
そして、葉月と鎮目も対決の時が…って感じですね
「俺と一緒で 変態なんだよ」
って最後の最後まで鎮目は違う方向へ突っ走ってる感じですけどw
ジュライに導かれ蘇芳が辿り着いた先では、やつれきって倒れてる紫苑の姿が…
「プレゼントだ… 僕の作った世界を 見て来てよ…」
取引終了だと告げ、最後にお姉ちゃんと言い残し息を引き取った紫苑――
てっきり黒キャラだとばかり思っていたけれど
紫苑のやっていた事は全て蘇芳の為だったんですね…

「望みを叶えた」
そう言ったインだけど、彼女の周りを飛んでるのは観測霊ではなくて…魂なんでしょうか?
蘇芳の体から抜けたものもその中へと入っていき、ジュライまでが…!!
あぁ… 癒しの存在だったジュライがこんな最期を迎える事になるなんて(涙)
この状況に、思わず銃を取り出しインへ向ける蘇芳!
「ボク達は決めたんだ、お互いの事にケリをつけるって!」
ヘイはこうなる事を知っていて、ケリをつける為に出て行った事に気付いた蘇芳
そして、ケリを付けると言う事はインを消す事なのだと……
しかし、インによって蘇芳の胸にあった流星核が砕けた――!

博士が手放すなと言っていた流星核、全ては実験だったとは(汗)
人間をコピーしてMEで記憶を植え付けても長く定着させる事は出来ないんですね
それで流星核の力を使い、どこまで記憶が定着するのかを確かめていたと…
ロシアから東京までの旅はその実験の一部でしか無かったとは(汗)
造りものの記憶のうえに、いつまで保っていられるか分からないなんて またしても蘇芳には辛い事実が突き付けられる事になっちゃいましたね
そして、流星核を失えばいままでの蘇芳の記憶は保っていられず失う事になる――

「やめて… 消さないでよ…
ボクの記憶なんだ… 消すなぁー!!!」

少しずつ思い出が白くなって消えていくシーンが何とも切ない演出で…
やっぱり流星核が無いと…って事なんですかね
叫びながらインに銃口を向け引き金を引こうとする蘇芳を止めたのはヘイでした!
ちょっ、相変わらず絶妙なタイミングで止めに来てくれるんだからw
「次に行く場所で お前にこれは必要無い」
そう言って蘇芳の手から銃を取り上げ投げ捨てると、後ろから抱き締めるとは!
私もヘイに後ろから抱き締められたいっ!(コラ)

これからも一緒にいて、旅を続けるんだよねとヘイに訊ねる蘇芳
あぁ…何だか一気に切なくなってきましたよ…
一緒にいると言うヘイに嘘だと言う蘇芳のシーンに、思わず外伝予告のヘイとインのやり取りを思い出しました
「俺はいつでも お前の傍にいる」
安心させるように良い聞かせ、優しく頬を撫でるヘイが堪らんですね!
こういう事をサラリとやっちゃうのがまた(苦笑)
結局そのまま蘇芳は…って事なんでしょうか…
最後にヘイの名前を呼ぶのが何とも言えない感じでした

「ヘイ… まだ遅くない 私を殺して」
白と黒のインがいたのは何か意味があるんですかね??
まだ遅くないと言うインに、静かに笑みを浮かべるヘイの表情が…
何だか物凄い切ないシーンでしたね(涙)
インとの間に何があったのかは外伝で明らかになるんでしょうけど
ヘイがインを殺すと言ってたのは、インの望みでもあったのかな?
覚醒すれば止められない、だったらヘイの手で…とインは思ってたんじゃないかと…
ヘイを追っていた未咲さんが見たのは、消えていたBK−201の星の輝き!!
再びヘイの能力が戻った…と言う事になるんでしょうか?
そして、光の中 自らの手でヘイはケリをつけた…と言う事になるんでしょうね…

紫苑が蘇芳にプレゼントした世界――
そこでは両親と共に暮らし幸せな日常を過ごす蘇芳の姿が…
何気に、海月荘の大家さんや ヘイの部屋の隣に住んでた黒人さん(名前なんだっけ?/笑)の姿があったりと、1期の登場キャラが何気に出てるのが面白いですね!!
家族や友人と過ごしていても、どこか物足りなさを感じる日々
でも誰かに見守られている感じがするのだと――…
作られた記憶だった家族で行った水族館、これが本当になっていたりと
やっぱりどこか紫苑の願いがこの世界にはあるのかな…
水族館ですれ違ったジュライ、普通の男の子って感じで手を振る姿が可愛かったです♪

会った事も見た事も、想像すら出来ない誰か――
だけど その人の事をとても良く知っている気がするのだと…
「そしていつかきっと、会える日がくる事を信じてる
さよなら」

紫苑の作った星で蘇芳が幸せに暮らす事、それが彼の望みだったんですね
それにしても、マダムはなんで紫苑の計画に手を貸したんですかね??
その辺の理由が何だかスルーされていたような…
結局最後までマダムは謎多き人物のままでした(苦笑)
彼女の正体も明らかになってないし、能力者なのかどうかも…

大きく崩壊した中心核、そこにはもうインの姿も ヘイの姿もなく――
一応終わったと言う事なんでしょうけど、いきなりシャツボロボロで銃を手に現れた小林がw
ゴルゴみたいに狙い打って来たんでしょうか、妙に銃が似合うのがまた(ぁ)
そのまま逃げるようにゲートを後にした未咲さん達
その後 東京はアメリカを始めとするかつての先進国に支配され、暗躍した組織の時代は完全に幕を下ろす事になったようですが
三号機関の黒幕っぽい人は割腹してたり、鎮目は葉月に倒されていたりと、何だかアッサリと処理されちゃってる人達が…(苦笑)
あ、葉月の姿がなかったですけど…ちゃんと生きてるんですかね??

予言の書に記された新たに生み出されたものとは何なのか、そしてそれが この世界をどのように変えてしまうのか――
ゲート内を調査していたスミス@譲治さんやCIAメンバーが
棺に納められていたインそっくりな子に魂を吸収されちゃってた感じですけど…
これがイザナミとイザナギが出会った事で生み出されたものだったりするんでしょうか!?
インに似てるけど髪の毛短いし、格好からすると男の子…??
何だか気になる伏線を残してのラストになりましたね(苦笑)

遠くない未来に 起こりうる何か――
その為に、未咲さんや小林、そしてマダムは同じ道を選んだようですね
そんな彼らを人々は組織と呼ぶようになったようで…
…ってマオもちゃっかり一緒に行動してるのがw
いつものスーツ姿じゃない未咲さんが何だか新鮮な印象でした!

またしてもヘイの行方は誰も掴めなくなっちゃいましたが
きっとどこかで生きてると信じる未咲さん
私もきっとまた出て来てくれると信じてます!
インを抱えて歩くヘイの後ろ姿がなんとも言えない感じです…
結局インは…って事になるんしょうか、色々と気になる事が〜
何と言う気になる終わり方w


取り合えず、これでDTB流星の双子は結末となった訳ですが…
正直、1クールじゃ足りないなって感じですね(苦笑)
もっとじっくりと見たかったです…
インの事にしても外伝じゃなくて、出来れば本編と絡めて見せて欲しかったですし
気になる事は山ほど残ってる感じですし…
1期の時と同じく、続きが見たくなりますよ(苦笑)

1クールと言う短い話数の中で、演出の見せ方は凄かったと思います!
先の読めないストーリー展開が面白くて 毎回先が気になって仕方なかったですし、1期の時と同じようなドキドキ感も味わえましたしね(笑)
ただ、やっぱり短い話数だっただけに 各キャラの魅力が全て出しきれないまま終わってしまった感じがして そこだけはちょっと残念でした…

蘇芳の物語だったからヘイの出番が少ないのは仕方無いのかもですが
やっぱりもっとヘイのバトルシーンが見たかったです!
力も戻ったようですし、今度はまたヘイ主役で新たな話をお願いしたいですね(笑)

未咲さんに関しても、これと言った活躍が今期はないまま終わっちゃったような…
アンバーからの伝言、結局はヘイに伝えられないままでしたよね
…何だか、アンバーが出てきた意味がイマイチ無かったような気が(汗)
今回のラストは、アンバーが予測してた未来だったんですかね?

一人 勝手に警察を辞めちゃった未咲さんを追いかけて
松本さんが何か動くんじゃないかと ちょっと期待してた部分もあったりしたのですが(苦笑)
考えるとまだ色々と謎が出てきそうな…
取り合えず、もっとヘイを見ていたいので 新たな話をお願いしますw

1クールと言う短い期間でしたが、スタッフ・キャストの皆さま
そして、TBやコメントでお世話になった方々、お疲れ様でした!!
また新しい作品でもお付き合い宜しくお願いします




にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://d.hatena.ne.jp/syousa/20091230/1262183822