※こちらは本家「WONDER TIME」のミラーブログです!!!
TBは本家の記事へお返し下さいませ!


また、FC2ブログからTBが飛ばない場合(楽天ブログさん アメブロさん ココログさん等)
ミラーブログよりTBを送らせて頂きます!

※なお、FC2ブログへTBが飛ばない場合は こちらにTB送って頂いても構いません!


本家ブログへは下記リンクから飛べます!
WONDER TIME




本家ブログのトラックバックURL

http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1498-7b971831

↑TBは上記へ願います
クリックで本家記事へ飛べます!











「決めたよ、奴らのサイバディは 僕が全部破壊する」
二人だけの世界――
ヘーゲントの力により作りだされた風景の中で タクトとワコの距離が縮まる!

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] STAR DRIVER 輝きのタクト 2011年 カレンダー GRAVITY 0

【第4話 あらすじ】
ある朝、ワコが目覚めると周囲には誰もいなかった。不思議に思いつつも海岸までやって来たワコは、そこでタクトの姿を見つける。歩けども歩けども他の誰もいない、タクトとワコの二人だけの世界。程なくタクトは「本土に行ってみる?」とワコに言うが、その言葉にワコは哀しそうに黙り込んでしまう。やがてワコは、彼女がこの島から出られない理由をタクトに話し始めた。

放課後、夜間飛行の歓迎会が演劇部の部室で行われていました!
…って、何だか知らない間にタクトは部員になっていたのですねww
顧問は学園長…と言う事ですが、何だか怪しいと思ってしまうのは考え過ぎでしょうか?
この学園自体にも何か秘密がありそうな感じですし、その学園長となれば…
まぁ、何も無ければそれで良いですが(汗)

今回も相変わらず副部長の動きがいちいち可愛いので目で追っちゃいます♪
ジュース飲んで、尻尾を綺麗にしてフリフリしたり、飛んでる虫を追いかけたりw
この部活、人数が少ないから人気が無いのかと思いきや、どうやらその逆のようで!!
ワコやスガタ狙いの子が多くて人気はあるけど、近寄りがたいのだとか(苦笑)
タクトもワコ狙いなのかと言われて、意味深な視線を向けるタクトが気になりましたw

今年度はタクトも加わり、美少年コンビの魅力を最大に生かして…と言う事で
それを聞いたワコの妄想が暴走ww
タクトを襲うスガタ…って、それを舞台でやったら大変な事になりますからwww
でも 個人的にはちょっと見てみたい(ぁ)
その妄想をしっかり読まれちゃってるワコが(苦笑)
そんなワコの歌は一度聞いたら惚れると言う事ですが、巫女の歌には意味がありそうですし
ワコの歌も今後の展開で重要になってきたりするのかな?

今回の綺羅星十字団の動きは少なめでしたが、ブーゲンビリアの代表である
イブローニュのケイトが タイガーを部室に誘い込む…!!
甘い匂いに誘われたタイガーは、ケイトに言われるままに楽しい記憶を呼び覚ます――
彼女の楽しかった思い出、それは幼い頃にスガタと一緒に読んだ絵本
スガタの笑った顔が可愛かったと言うタイガーはスガタの事が好きなのですね…

でも、スガタは皆水の巫女であるワコの許嫁――
ずっと自分の気持ちを隠してきたタイガーに
「でももし皆水の巫女がタクト君とくっついたら
スガタ坊ちゃまはフリーになるよね」

甘い言葉を囁くケイト!!
…これがケイトのやり方なのですね(汗)

そして、今回もヘッドに物語を話して聞かせるサカナちゃん!!
…って、何だか今回はやけに張り切ってる感じでしたね(苦笑)
いつもは座ったままで話しているのに、今回は身振りまで加わって楽しそうだしw
色々と意味深なサカナちゃんの話だけど、今回の事を考えると
何やらタクトとワコに 当てはまる感じなのが気になる所ですね…

翌日、目を覚ましたワコは街の異変に気付く事に!!
いつもと変わらない朝、変わらない街並み、だけど誰一人として存在しない風景
何も変わらないけど 人だけが消えてしまい 自分だけ取り残されたような奇妙な街――
携帯の呼び出し音は鳴るものの誰とも繋がらず、悪い夢だと…
そんなワコが向かったのは、倒れていたタクトと出会った砂浜!!
歌を歌いながら歩くワコの前に そのタクトの姿が!!

だれも居なくなった街の中で、とにかく一人じゃないとワコと会えた事を喜ぶタクト
一番最初に出会った場所と言う事で、思わず見つめ合う二人だけど
降り出した雨を凌ぐ為に 近くにあったライフセイバーの建物に避難し、濡れた制服を着替える事になったけど
ガラス越しに移る着替え中のワコの姿を見て反応しているタクトが可愛いw
「この島に人がいないなら 本土まで行ってみる?」
そんなタクトの提案に寂しそうな表情をするワコ
思わず振り返ってしまい焦って慌てて服を着るタクトがw

「巫女は封印を解かない限り 島から出られないの――」
一度も島を出た事が無いし、それが巫女の定めなのだと言うワコ
封印を解けば島を出られる、同時に綺羅星十字団のサイバディが外へ出ると言う事でもある
サイバディを島の外へ出さない為の巫女の封印と言う事なのですね…
サカナちゃんは既に封印を解かれているので、ワコを含めて残り3人
他の巫女がどうしているのか気になるところです

巫女もサイバディにアプリポワゼ出来るのですね!
とは言っても、乗り込む訳ではなくサイバディの記憶を共有する事になり、色々な事が分かるようになるのだとか…
本来なら中学生になって教えられるようだけど、ワコは小学生の時にアプリポワゼしてしまい、当時の夢であった歌手になる事なんて無理だと気付かされてしまったのですね(汗)
巫女の存在もまだ色々と謎が多いですが、どうやって選ばれるのかも気になります
生まれつき…と言う事なのかな??

誰も居ない街、完全にタクトとワコの二人っきりの世界に――
灯台に子供の姿を見たと感じ走り出したタクト、そして灯台の近くに立つトーテムポールを見つけたワコ
それはワコやスガタ達が作った物だけど、土砂崩れにより倒れたはずの物…
本来なら無いはずの物があると言う事で、ここは現実世界ではなくゼロ時間なのではと!
それならばと、早速タウバーンにアプリポワゼしようとするタクトだけど
いくらやってみてもタウバーンは現れず… やはりゼロ時間ではない!?
…ポーズ決めてるのに タウバーン来ないと何だかカッコ悪いですねw

こんな状況でもいつも通り元気印のタクト!
しかし、胸の傷が出来るまでは もっと閉じていたと…
…タクトの胸についた傷、これも気になる感じですよね
でも、そんなタクトがあったからこそ 今のタクトがあるのだと前向きなワコ!
二人で飲み物を回し飲みしたりと、何やら良い雰囲気になってきた感じですねww

始めて巫女のサイバディとアプリポワゼした日、泣くだけ泣いたワコ
だけど、世界は自分を苦しめる為にあるのではないとも感じたのだと…
それは今も変わらないし、タクトみたいな人と出会う事が出来たと言うワコ
思わず、ときめくだろうと言ったタクトだけど、随分と距離も縮まってきましたねw

こんな時だからこそ話せる心の内や 思い出があると言うタクトの言葉に
人の思い出や願望で架空の風景を作りだす事が出来るサイバディの存在に気付いたワコ!
今タクトとワコがいるこの場所を作り出しているのは、イブローニュに操られたタイガー!
強制的に電気柩に入れられ、サイバディにアプリポワゼさせられてる…って事なのかな?
今なら銀河美少年を倒す事が出来ると、タイガーを追い詰めるヘッド!!

タクトとワコの前に現れたサイバディ、ヘーゲント!!
これは本物なのか、それとも作りだされた風景なのか…
巫女ならそれが分かると問うタクトに、名前で呼んで欲しいのだと言うワコ
こんな状況で名前呼びイベントが入ってくるとはw
取り合えず、眼のサイバディは本物、つまりここはゼロ時間!!
タウバーンが現れ無かったのではなく、風景を作りだす力により隠されていると言うタクト
一番大事なものが目に見えない事は良くある事――
じいちゃんの教えを受けて、ワコの手を握りアプリポワゼするタクト!

今度はタウバーンが現れ、いよいよバトル開始!
…と思いきや、タウバーンが現れたのを見て あっさり退いたヘーゲント(苦笑)
ちょっ、せっかく登場したのにバトル無いまま終わりって残念過ぎるw
でもまぁ、今回はスタードライバーではなく タイガーでしたからね
ただの恋する乙女に過ぎないから戦いは無理と言う事で、強制終了だったようで…
とはいえ、今回のイブローニュの目的は達成
最初からタクトとワコの距離を縮める事が目的だったようですが…
巫女であるワコと、銀河美少年のタクトが近づくと何かあるのかな?

ゼロ時間が解除され、現実世界へ戻ったタクトとワコ
…しかし、今回のサイバディ・ヘーゲントの能力は怖いですね
今回はまだ良かったけど、これからは強敵になりそうな…
乗り込む人によって作りだされる風景が大きく変わる訳ですし(汗)


今回はタクトとワコの距離が近づきましたけど
二人だけの世界での思い出… これが今後どう影響してくるのか…
秘密の共有、名前呼び…と大きく進展しましたが
これに何やら反応していたスガタが気になる所です!
スガタの存在感がイマイチ薄いので、そろそろ動いて欲しいなと
彼には絶対裏がありそうな気がするので、いつ変わるのか楽しみですw


NEXT⇒『マンドラゴラの花言葉』
謎の美少女登場ー!
次回はまたしても新キャラの登場ですかw
…ただでさえ多過ぎて名前覚えきれていないのに(苦笑)

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jerid_and_me/51872221